【令和3年10月最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値、安く激安で上位表示を獲得します。YMYLのサイトやEATが必要なサイトもOK。プロのSEOチームが上位表示へと導きます。

ソーシャルとブランドに関わるとされるアルゴリズム一覧

  1. ブランド名アンカーテキスト・・・ブランド名が入ったアンカーテキストは、大きな要因となるといわれています。
  2. ブランドの検索・・・ブランドおよび企業の場合、ブランド名や企業名・住所などがあるようならば検索を上位表示させやすいとされています。
  3. ブランド名+キーワードの検索・・・ブランド名単体で検索した場合と、ブランド名+キーワード(一般名詞)で検索した場合では、検索結果が異なってきます。
  4. Facebookページ・・・ブランドとしてのネームバリューを持っている企業などは、多数の「いいね」を集めているFacebookページを持っている確率が高いといわれているようです。
  5. Twitter・・・ブランドとしてのネームバリューを持っている企業などは、多数のフォロワーにフォローされているTwitterアカウントを持っている確率が高いといわれているようです。
  6. ソーシャルネットワークアカウントの正当性・・・ソーシャルネットワークのアカウントが正当なものであるかどうかも、Googleの検索結果に影響を与えているのではないかという見方もあるようです。
  7. リンクされていないブランドの覚え書き・・・例えリンクされていなくとも、ブランドに関する覚え書きのような文章があれば、ブランドとしての要因としてカウントされている可能性があります。
  8. 実店舗の場所・・・店舗にて販売を行う形式の企業の場合、その実店舗の場所が要因として影響している可能性があります。

>>ドメインに関する要因とされるアルゴリズム一覧

>>ページレベルの要因とされるアルゴリズム一覧

>>リンクに関わるとされるアルゴリズム一覧

>>キーワードとサイト滞在に関わるとされるアルゴリズム一覧

>>ソーシャルとブランドに関わるとされるアルゴリズム一覧

>>アルゴリズムアップデートの歴史から見るSEO対策の本質

>>2021最新Googleアルゴリズムについて

>>2021年最新Googleアルゴリズムで気を付けること

>>Googleアルゴリズムを考えてコンテンツを作るには

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン