Googleアナリティクス4とは?機能の特徴やメリット・デメリットを徹底解説

googleanalitics4

Googleアナリティクス4とは、さまざまなアップデートが行われた新モデルのアナリティクスです。このアップデートに伴い、GA4とは一体何なのか?具体的にどのような機能やメリットがあるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、GA4の概要や導入方法などを詳しく解説します。

 

Googleアナリティクス4とは?

 

これまでのユニバーサルアナリティクス(UA)に比べ新たな機能が搭載された新しいバージョンが、Googleアナリティクス4(GA4)です。テクノロジーの進化に伴い、アナリティクスの機能やデータ収集の方法もさらに進化したものになっています。

 

アップデートした背景

 

GA4にアップデートが行われた背景として挙げられるのが、インターネット上でのユーザー行動の変化です。

 

ここ数年でインターネットの利用環境は大きく変化し、パソコンやスマートフォンは人々の生活に欠かせないものとなっています。一人一台スマートフォンを所有するようになったことだけではなく、スマートウォッチなどのIoTデバイスも急速に普及し始めました。

 

このような背景から、デバイスなどを超えたユーザーを判別する仕組が必要となったのです。

 

関連記事: Googleアナリティクスとは?導入手順・使い方・用語の意味まで

 

Googleアナリティクス4の特徴

 

GA4では、画面のレイアウトや見方も変わりましたが、具体的にUAとどのような違いがあるのでしょうか。

 

ウェブとアプリを横断的に計測できる

 

GA4 のプロパティ内にはデータストリームという新しい項目が追加され、ウェブ・iOS・Androidの3つに分けて、ウェブとアプリそれぞれでのユーザー行動を1つに統合してデータを計測できるようになりました。

 

横断的な計測をするためには、ウェブには「GTMかgtag.jsで新しい計測IDをウェブサイトへ追加」をし、iOS、Androidは「Firebase プロジェクト」とGA4プロパティを連携させる必要があります。

 

機械学習モデルを活用した予測機能がある

 

GA4では、機械学習(AI)を導入しているという大きな特徴があります。この予測機能を活用することで、ユーザーの過去の行動履歴から未来の行動を予測できるようになりました。

 

これにより精度の高い分析ができるようになるだけではなく、収益予測を行うこともできるようになります。

 

また、精度の高い分析や予測を行うことで、より的確なマーケティング施策を行うことができるようになるのです。

 

複数のデータを取得できる

 

これまでのUAでは、デフォルト機能にないデータは自身で設定を行ってレポートを作成する必要がありましたが、GA4では複雑な設定をせずにさまざまなデータを取得できるようになりました。

 

具体的には次のようなデータを取得できます。

 

  • スクロール数
  • 離脱クリック
  • サイト内検索
  • 動画エンゲージメント
  • ファイルのダウンロード数

このようなデータを簡単に把握することで、よりユーザーのサイト内行動を詳しく理解できるようになります。

 

これまで手動で設定して取得する必要のあったデータも、簡単に取得できるためデータ収集や分析の効率化にも大きく影響するでしょう。

 

プライバシー重視のデータ収集を行える

 

CookieやIDの利用などユーザーのプライバシーに関する技術の変化に伴い、GA4ではプライバシー重視のデータ収集を行えるようになっています。

 

プライバシー保護の強化は世界的な動きとなってきており、Cookieが徐々に廃止されてい今では、Cookie情報だけでユーザーの行動を追うことが難しくなってきています。

 

このような動きの中、GA4ではデータ保護規則を元にデータを収集するためよりプライバシー重視のデータ収集を行えるようになったのです。

 

BigQueryが無料で利用できる

 

有償版のGAにのみに搭載されていたBigQueryが、GA4では無料で利用できるようになっています。

 

BigQueryとは、Googleが提供するデータウエアハウス製品で、各種システムから分析用に収集した膨大なデータを蓄積しておく、倉庫のようなシステムを指します。

 

このBigQueryとGA4を連携させることで、生データをSQLによって自由に分析できるようになり、UAではできなかったユーザーインサイトを把握できるようになるのです。

 

BigQueryとGA4を連携させることでできることには、具体的に次のようなものが挙げられます。

 

  • BIツールのデータ可視化
  • 複数データソースを掛け合わせた高度な分析
  • AI / MLによるデータモデリングと広告・MAツールへの活用
  • Web行動データを用いたセールス・顧客サポートへの活用

 

計測方法でイベントが用いられる

 

UAでは、ページビュー・イベント・トランザクションといった異なるデータをページ単位で計測してレポーティングが行われていました。

 

一方でGA4では、すべてイベントとして計測されます。これにより、ユーザー行動を簡単且つ正しく把握できるようになりました。

 

UAでのイベントトラッキングと同レベルの計測を担保するためには、GA4で「イベントパラメーター」を設定する必要がありますが、設定を行うことで個々のイベントを具体的に判別できるようになります。

 

Googleアナリティクス4の導入メリット

 

GA4には現代のユーザー行動に合わせたアップデートが行われているため、サイト分析を行う上でのメリットもあります。

 

データ計測の設定が簡単

 

これまでのUAでは、カスタムイベントとしての設定やカスタムレポートの作成などと自身で実装する必要がありましたが、GA4では自動計測されるため簡単にデータ計測を行うことができるようになりました。

 

UAでは、次のような情報が操作一つで計測可能になっています。

 

  • スクロール数
  • 離脱クリック
  • サイト内検索
  • 動画エンゲージメント
  • ファイルのダウンロード

このような自動計測の設定を行うことで、データ収集や分析の手間や工数を削減することができ、より効率的にサイト運営を行うことができるようになります。

 

 

データをBigQueryへエクスポート可能

 

GA4の特徴の一つでもあるように、GA4にはデータをBigQueryと連携させる機能があります。これまでもBigQueryとの連携は可能でしたが、有償となっていたため使っていた人も少なかったのではないでしょうか。

 

BigQueryを利用することにより、SQLなどを用いて分析を行うことで、GA4上だけでは把握できなかった分析結果を得られる可能性があるのです。

 

SQLで分析できるだけではなく、既存データと統合して分析できたりデータをビジュアライズすることもできるようになります。

 

このようなニーズに応じた柔軟な分析を行うことで、たとえばユーザーがどこから流入してきてどのようにページを移動し、どこで離脱したのかといった詳細な行動を分析できます。

 

Googleアナリティクス4の導入デメリット

 

GA4にはさまざまな機能が搭載されサイト分析に役立つ一方で、デメリットもあります。これから解説するデメリットも十分に理解した上で、導入することが重要です。

 

学習する時間やコストがかかる

 

これまで使用していたGAであるとはいえ、GA4ではさまざまな機能の追加が施されているため、新たなツールを導入する時のように学習する時間やコストが発生します。

 

これまでになかった機能だけではなく画面レイアウトや見方なども異なるため、正しく使いこなすためには仕様の理解となれるための時間が必要となります。

 

特に社内で使う人が複数人いれば、その分学習コストもかかってしまいます。そのため、GA4を導入する際には学習しながら運用をしていく必要があるということを理解しておかなければいけません。

 

また、新たに設定しなければいけない機能もある場合はさらに時間がかかってしまうことを事前にしっかりと理解しておきましょう。

 

Googleサーチコンソールとの連携ができない

 

サーチコンソールでは、ユーザーがWebサイトを訪問する前のデータを取得できるため、サイト分析において重要なユーザー行動をより正確に把握できるようになります。

 

たとえば、ユーザーがどのキーワードで検索したかや、どこからの流入なのかを知ることができます。このようなデータはGAだけでは把握できないため、連携させることで、サイト訪問前と訪問後のユーザー行動を1つのレポートで分析していました。

 

しかし、GA4ではこの連携ができないためGA4とUAを併用しながらデータ分析を行う必要があります。

関連記事: Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは?導入方法と使い方

 

一部の機能が未だ実装されていない

 

GA4では一部の機能が未実装となっているため、これから追加されたりアップデートされる可能性が高いです。

 

そのため、追加される度に仕様の理解や慣れるための時間がかかってしまいます。特に新しい機能が実装された際には、情報も少ないため機能の理解や設定方法に手間取ってしまうことも考えられます。

 

便利な機能が追加される一方で、このようなデメリットがあることを事前に理解しておく、運用しながら機能のアップデートや新機能を確認しておくことが重要です。

 

Googleアナリティクス4の設定方法

 

GA4の設定方法はすごくシンプルです。

 

まずは、既存のUAからGA4のプロパティを作成します。管理からプロパティ欄にある「プロパティを作成」の青色のボタンをクリックします。

プロパティ設定

次に、「プロパティ名」「レポートのタイムゾーン」「通貨」を選択して次へをクリックします。

 

プロパティ設定2

次のステップでは、該当するものにチェックを入れビジネスの概要を入力します。

プロパティ設定3

プロパティの作成が完了したら、次にデータストリーム作成画面が表示されるので、設定したいプラットフォームを選択しましょう。

プロパティ設定4

選択したプラットフォームでアプリの登録が完了したら、次はサイト内のデータを測定するために必要なトラッキングコードをサイト内に設置します。

 

グローバルサイトタグ(gtag.js)で接続する場合

 

グローバルサイトタグ(gtag.js)で接続する場合では、「ウェブストリームの詳細」ページの「タグ設定手順」でコードを確認することができます。

 

「新しいページ上のタグを追加する」のタブから「グローバル サイトタグ(gtag.js)」の部分をクリックすると、コードが表示されます。

 

表示されているコードをコピーし、WebサイトのHTMLソースコードに設置します。WordPressの場合は、テーマエディターの「テーマヘッダー(header.php)」にコードを貼り付けます。

 

貼り付けるコードが誤っていると、不具合が発生する可能性があるため、変更作業をする際には必ずバックアップをとってから作業するようにしましょう。

 

Googleタグマネージャー(GTM)で接続する場合

 

Googleタグマネージャー(GTM)で接続する場合には、タグマネージャーコンテナ内にある「タグ」から「新規」をクリックして、「タグの設定」から「GA4設定」を選択します。

 

プロパティ作成完了後に発行された「G-」から始まるIDを入力し、配信トリガーに「All Pages」を追加すれば設定完了です。

 

Googleタグマネージャー(GTM)を利用している場合は、簡単に設置できるためぜひ活用してみましょう。

 

両バージョンの併用がおすすめ

 

GA4にはさまざまな便利な機能が搭載されている一方で、デメリットも存在します。

 

2020年と最近リリースされたばかりということもあり、慣れるのには少し時間がかかってしまう場合もあります。また、新機能の実装も考えられるため、現段階では従来のUAとGA4を併用して運用することがおすすめです。

 

これまでのUAを使用しながらも、UAでは取得できないデータや利用できない機能をGA4で補うといったような形で、両バージョンのメリットや特徴をうまく利用することが大切です。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】GA4では現代のユーザー行動に合わせたデータ収集機能を提供してくれていますが、まだリリースして間もないこともあり導入する上でのデメリットもいくつか存在します。そのため、まずはGA4の機能や特徴をしっかりと理解し、これまで使用していたUAとの違いを知ることが重要です。それを知った上で、本当に導入が必要なのかを検討してみると良いでしょう。これまでにない便利な機能は、より精度の高い分析やマーケティング施策に活用できますが、まずは理解するところから始めてみましょう。

 

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。