求人サイトSEO-SEO対策で重要な求人案件の掲載方法

求人サイトは収益性が高いこともあり業界大手がビッグワードをほとんど占有している現況もあり、SEO対策がかなり難しいジャンルです。しかし、自社の強みを把握しターゲットを絞ることで収益化することは可能です。全体のページ数はもちろん必要ですが、特に体系だった対策が必須となります。

 

SEOご相談

 

求人サイトのSEO対策

 

競合が強く、上位表示が難しいこともあり、求人サイトのSEO対策は企業で体系だって対応する必要があります。その上で、できることを全てやらなければ収益化はできません。具体的には求人サイトのSEO対策では次のことを行ってください。

 

  • 最重要は求人情報
  • 特集記事は必須
  • ジャンルは特化型がおすすめ
  • キーワードは可能な限り網羅する
  • 回遊性を高める構造にする
  • 外部リンクは積極的につける
  • 広報活動もSEO対策になる

 

最重要は求人情報

 

当たり前のことですが求人サイトにユーザーが求める情報は「求人情報」です。求人情報をしっかりと分かりやすくユーザーに示すことはもちろんですが、サイト内で見つけやすくする導線の確保や詳細検索機能など細かいところまで作りこむ必要があります。

そして、似たような求人情報は他社でも出していますので、そのサイトを使うことでどのようなメリットがあるのかがはっきりと分かるような差別化や独自性を確保する必要があります。

 

求職者の応募が高い求人案件は、”具体的に働く環境がイメージできる求人案件”です。まず、求職者は、自分ができる職種、給料、勤務地に絞って求人検索します。よって、求人を絞りやすい検索導線は必須です。

 

次に、ある程度絞った求人情報の中で、より具体的な情報で構成された求人案件にユーザーは進みます。実際に働く場所なので、少しでもユーザーは情報が欲しいのです。

よって、他社にないオリジナルな情報をいかに載せられるかがその求人サイトの価値になります。条件の良い求人案件を集めることも大事な事です。

 

  • 条件のいい求人案件を全面に出す
  • 各求人案件はできるだけ具体的に詳しく掲載
  • 検索しやすい検索導線づくり
  • 他社サイトの明確な違いを打ち出す

 

特集記事は必須

 

求人情報は最重要ですが、検索で直接流入を確保するのも難しく、別途特集ページなどの記事を作成して流入の確保をする方法があります。

ビックワード以外に複合ワードで、2語ワード、3語ワードを細かく調査し、検索ボリュームを意識するよりは自社の分野に関連するワードを網羅するくらいロングテールで様々な記事を作ると良いでしょう。

具体的には次のように、企業そのものに焦点を当てたり、スキルに焦点を当てたりすることで自社の求人ジャンルとの関連性を高めることができます。

 

  • 年間休日数が120日以上の求人特集
  • 子育て中でも働ける職場特集
  • 福利厚生の手厚い企業特集
  • 未経験から始めるデータ分析の求人特集
  • 社内SE募集特集
  • 夜間に働ける職業特集

様々な求人特集を組んで、情報の優劣を決めて求人情報を訴求しましょう。集まった求人案件で何の特集を組むか考えるのも良いかと思います。

 

ジャンルは特化型がおすすめ

 

求人ジャンルは非常に多く、業界大手には知名度でも資金力でも太刀打ちすることはできません。余程の資金と時間をかけることができるのであれば対策は可能ですが多くの場合には現実的ではありません。

そのため、業界やジャンルを特化させることで業界大手にはできない集客を実現することができます。

最近では、業種や職種特化型の求人サイトが増えています。

就職や転職であればリクナビ、マイナビが有名ですが、業界特化型には次のようなものがあります。

  • MSエージェント(管理部門・士業特化型)
  • コメディカルドットコム(医療・介護系)
  • ワークポート(IT系に強い転職エージェント)

これらの特化型も業界では成功していますので直接戦うことは難しいものの、弊社には夜間の看護師求人に特化したサイトで成功した事例 などがございます。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

 

キーワードは可能な限り網羅する

 

就職・転職ではユーザーニーズは無数にあり、キーワードは考えれば考えるほど出てきます。自社で特化しているジャンルに関連するキーワードは特集ページでできるだけ多く網羅しましょう。

 

流入数が少なかったり、流入後に求人情報への回遊が少なかったとしても求人サイトそのものがそのジャンルに関連すると検索エンジンに認識させるためには必ず対策しましょう。

ただし、価値の低いコンテンツや内容の薄いコンテンツでは逆効果ですので、量よりも質を担保しつつ増やすことでSEOに強いサイトにできます。

 

回遊性を高める構造にする

 

求人サイトはページ数が1万を超えることもよくあります。これは特集ページが多いということもありますが、単純に求人情報が多いためです。

そのため、ユーザーが自分が欲しい情報にどのようにたどり着くかという導線は極めて重要です。求人情報の検索機能はもちろん、関連する特集記事や特定のユーザーにおすすめ求人など高い回遊性を高めるサイト構造にしましょう。

エリア別求人一覧ページなどでは、動的URLではなくて、静的URLにして(https://sample.com/kyujin-tokyo)などのようにURLをして””求人職種+エリア”でSEO順位を狙うのも良いです。

 

外部リンクは積極的につける

 

2020年の現在でも自社サイトから外部にリンクをつけるとサイトパワーが外に出てしまうと警戒しているウェブ担当者もいますが、ユーザーにとっては内部リンクであろうと外部リンクであろうと自分に欲しい情報であればクリックします。

 

求人情報で企業名を出すのであれば当然、その企業がどのような企業なのかは調べます。ということは公式サイトや関連サイトへのリンクがあればユーザーニーズに応えることにつながります。無駄なリンクをつける必要はありませんが、ユーザーニーズを高めるための外部リンクであれば積極的に貼るようにしましょう。

 

広報活動もSEO対策になる

 

特に近年では自社の内部対策だけではなく広報活動もSEO対策に繋がることが往々にしてあります。

これは自演被リンクを付けたり、サテライトサイトを作るということではなく、プレスリリースやメディアに取り上げて貰うなどの自然な広報活動のことです。

さらに求人情報を掲載している企業へのインタビューを載せたり、利用者へのインタビューなどを特集記事にすることで、その記事に対する被リンクが確保できることもあります。

 

求人サイトでは営業と広告も重要

 

求人サイトはSEO対策が特に難しいジャンルです。そのため、SEO担当者だけではなく組織全体でサイト強化をする必要があります。

そのためには営業担当は新規求人情報を確保することや広告担当が関連ワードを網羅することで露出を増やしブランディングを進めることは最終的にはSEOにとってもプラスに働きます。

サイトの内部対策だけではなく、各々の担当者の協力を得て総力戦で対策することが重要です。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

>>格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

 

 

SEO対策のお申込みボタン