格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

MEO対策

 

MEO(Map Engine Optimization)とは?

モバイルSEO地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)のこと。
主に自社のサイトやサービスの所在地がGoogleマップ(Google MAP)内に表示されることを目指して対策を行っていく。Googleマップは検索結果に表示されることからも、その反響や効果は絶大だと言われている。

 

MEO対策を適切に行うことで、
Googleマップにて「対策キーワード」を入力し検索した場合
経路案内キーワード検索結果上位に自社サイトが表示されることとなります。

またGoogleマップは、検索キーワードによっては
通常のGoogle検索結果の上位に表示されるケースが多くなります。
この際、検索キーワードに関連があると思われる店舗等も同時に表示します。

こういった機能を活かしていけば
来店に繋げることが可能となってくるのです。

 

特に最近ではスマートフォンでの検索が非常に多く、
Googleもモバイルファーストを提唱しています。

企業のWebサイトへのアクセスも
iPhoneやAndroid携帯・iPad等のモバイル端末から行われるものが非常に多く、

WEBサイト自体スマホ向けに最適化されていることが大前提と言っても過言ではありません。

 

プライベート利用での店舗検索等の場合はさらにスマホ利用の母体数が増えます。

行きたい店舗を探す際に外出先からスマートフォンで検索し、
表示された検索結果地図を元に店舗へ向かうというユーザーも増加の一途です。

 

ユーザーは「行きたい業種名&行きたい地域名」で検索する時点で
検索目的はほぼはっきりしています。

あとは「どの店舗にするか」だけを探しているわけですから
検索結果で表示された時点で非常に集客(コンバージョン)に結び付きやすい施策です。

 

特にスマートフォンの場合、GPSがついていますので
検索する際に“位置情報”という要素が付加されて検索結果を表示することから、
スマホ検索対策においてMEO対策は
検索結果に絶大な効果を発揮するとても重要な要素といえるのです。

 

 

今後はさらにMEO対策が必要になってくることでしょう。

 

 

Google検索とGoogleマップ

 

MEO対策において、エリアをうまく設定しておけば
Google MAPでその所在地を表示することができます。

 

MEO対策のGoogleMAPこの際、GoogleMAPの下にテキストで
「サービス名or店舗名」
「営業時間」
「直電話へのクリック」
など、運営企業等の情報や導線が表示されるのです。

このMEO枠は自然検索のSEO枠と共に表示されるため、効果が出やすくなります。

 

これを行うのと行わないのではWEB集客に大きな差が出やすいことから、
通常のSEO対策と同時にMEO対策を行っていくことをおすすめします。

業種やエリアによっては
通常の検索結果よりも上位表示されやすいことから、
SEO対策以上に重要な場合もあります。

特に店舗や施設への集客を担うサービスであれば
今後アクセス増加を狙う上で、MEO対策は効果を発揮することでしょう。

 

しかもリスティング広告のように
「1クリックいくらで課金」というようなシステムではなく、
表示に関しては無料で行うことが可能なため、予算面でも心強いはずです。

 

 

検索結果に自社バナーを表示できる

 

MEO対策による表示MEO対策では、エリア以外で検索した場合、
「SEO対策しているキーワード」で
自社サイトが上位表示できていれば、
検索結果枠の上に
自社サービス紹介ページを表示することができます。

うまく利用すれば、キャンペーン企画宣伝や情報リリースを行うこともできます。

しかもこの枠も特に表示やクリックされることで課金されることはありません。
低予算で反響を見込むことが可能となるのです。

 

スマートフォンの場合、
検索キーワードに対して1番上位に表示されます。

表示位置は、
他のリスティング広告枠や検索結果枠よりもさらに上。

表示される内容は、
自社サービス名・写真・投稿メッセージ
・直電話のクリック導線・経路案内・サイトへのクリック導線など。

さらには地図にバルーンマーク付きで表示されるので目立ちやすいため、
検索結果において目にとまるチャンスが非常に高く、クリックされやすくなります。

 

店舗誘導につなげたいビジネスやサービスをもつ場合においてはとても有効なWEB集客手段の為、
こういった意味でもMEO対策は必須の対策といえるでしょう。

 

 

ローカル検索結果に影響する仕組み

 

MEO対策でローカル検索で検索順位を上げるには
検索順位を決定する仕組みの要素を理解する必要があります。

 

ローカル検索の順位は、主に
関連性、距離、知名度の要素で検索順位を決定しています。

 

関連性
検索語句とマイビジネスの内容が合致する程度が影響します。距離
検索語句で指定された場所からマイビジネスまでの距離を指します。
検索しているユーザーの現在位置情報をGPS等から把握して距離が計算されます。知名度
その店がどれだけ知名度があるかで変わります。
既に世の中で有名なお店はネット上でも色々なサイトに露出致するので
Googleはそれらの情報も収集して知名度を確認しているといえるでしょう。

 

 

MEO対策のやり方

 

主なMEO対策手法

・GoogleマイビジネスでGoogleプレイスの登録と最適化
・Google+ページの登録と最適化
・クチコミ(レビュー)評価を集める
・ストリートビュー(室内)の掲載

 

マイビジネスのユーザー評価を集めるには、
ユーザーからネットから投稿してもらう必要があります。

ユーザーからの評価を集めるには、色々企画して投稿してもらうことが大事です。
店舗の写真掲載も費用は必要ありません。

MEO対策は、
リスティング広告等の継続的にコストがかかる施策に比べて
極めてコストパフォーマンスの高い店舗へのWEB集客です。
コツさえつかめばSEO施策よりも地域に絞り込んで戦えるので
簡単で効果抜群の集客対策なのです。

SEO対策を実施しているからMEO対策を行う必要が無いということはありません。

この2つは別の施策ですので、異なるロジックで上位表示が狙えます。
むしろ同時に行うことによりWEB集客をさらに軌道へと乗せることができるでしょう。

SEO対策を十分に実施し、加えてMEO対策を行うことで
露出を増やし、アクセス数を伸ばすことができます。

 

逆にMEO対策をしたからSEO対策が不要という事でも有りません。

SEO対策で上位表示可能になったキーワードがあれば、
そのキーワードでMEO対策により自社サイトへ誘導できるサービスサイト(バナー)も表示可能になります。

やはりSEO対策、MEO対策の両方を十分に行うことが
WEB集客でライバルに差をつける重要な成功要因なのです。

 

弊社では、SEO対策およびMEO対策の全てを代行しております。
詳しくはお問い合わせください。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン