【2019年最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ドメインに関する要因

サブドメイン

  1. ドメイン年齢・・・ドメイン取得からの時間自体は、アルゴリズムと関係があるようですが、決して重要視されているというわけではないようです。Googleのマットカッツ氏も「6か月と1年のドメインの違いはそれほど大きくはない」と述べています。それ以上に質の良いコンテンツが重要なようです。
  2. トップレベルドメインの中のキーワード・・・ドメイン内にキーワードを持つことは、わずかながら影響を与えますが、(ゲイリー・イエーシュ)は、「期待するほどではない」と述べています。
  3. ドメイン内の先頭にキーワードを配置する・・・キーワードを先頭に配置されたドメインは、ドメイン内にそのキーワードを含まないサイト(またはドメインの中央および末尾にキーワード配置されたサイト)よりも優位な検索結果を示します。
  4. ドメイン登録期間・・・ドメインを登録してからの期間のことです。Googleの特許には「不正なドメインと正当なドメインを区別するために、特定のシグナルを使用することができます。… 正当なドメインは、しばしば数年前から支払われますが、不正なドメインは1年以上使用されることはめったにありません。したがって、将来、ドメインが期限切れになる日付は、ドメインの正当性を予測する要因として、したがってそれに関連する文書として使用することができる。」とあります。
  5. サブドメインのキーワード・・・Mozの分析では、サブドメインの中に配置されたキーワードは、検索順位に影響を与えるとしています。
  6. 完全一致ドメイン・・・完全一致ドメイン(Exact Match Domain)とは、検索されるであろうキーワードをそのまま使ったドメインのことです。ドメイン名だけでテーマとのつながりを想起させることができるので、非常にわかりすく、かつては完全一致ドメインは非常に強い力を持っていました。しかし、EDMアップデートが行われて以降、低品質なサイトの完全一致ドメインは上位表示されなくなりました。
  7. ドメインのwhois情報の公開の有無・・・元Googleのマット・カッツ氏によれば、whois情報は公開したほうが良いそうです。何かしらの隠蔽が疑われることがあるからです。
  8. ペナルティを受けたWhoIsオーナー・・・Googleが特定の人物をスパム発信者だと認定した場合、その人物が所有する他のサイトを精査することもある。
  9. 国別コードトップレベルドメイン・・・「.jp」などの国を示す国別コードトップレベルドメインを持つことによって、特定の国では優位に働くこともありますが、グローバルランク付けの能力を制限する可能性もあります。

domain

  1. ドメインの履歴・・・ドメインの所有権などが頻繁に変わると、サイトの履歴をリセットしてドメインが示すリンクを無効にすることがあります。またペナルティを受けたドメインが、新しい所有者にペナルティを課す可能性もあります。
  2. パークドメイン・・・2011年のGoogleの更新により、ドメインだけを取得してサイトとして使用していないパークドメインは、検索表示が減少しました。
  3. ドメイン年齢のリンク・・・新しいドメインよりも、古いドメインからのリンクの方が、検索エンジンに高く評価される可能性があります。
  4. ルートドメインのリンク数・・・参照ドメインの数は、Googleのアルゴリズムにとって、最も重要な評価要因の一つだと言えます。様々なサイトからリンクを獲得することによって、検索順位の上昇が望めます。
  5. 109.ccTLD国別コードトップレベルドメイン・・・国別コードトップレベルドメイン(.jp, .de, .cn, .co, .uk)からのリンクを取得すると、その国でのランク付けが上がる可能性があります。その一方で、グローバルな検索においては制限を受ける可能性もあります。
  6. ドメインオーソリティー・・・ドメインオーソリティーとは、MozのOpen Site Exploerという調査ツールで、サイト全体の強さなどを決定するためのパワーとして、表している数値のことである。また、各ページにはページオーソリティーという値も示されている。 一般的に、コンテンツの内容が同じであるならば、オーソリティーの強いドメインが弱いドメインのページよりも上位に表示されるとされるが、Googleは「ドメインオーソリティ」というシグナルを順位決定には使用していないと述べており、あくまでもオーソリティとは、コンテンツ全体の要素を概念的に把握するものに過ぎないとしています。やはり、大切なことはコンテンツの質を維持することのようです。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン