格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

ページレベルの要因

200のアルゴリズムページレベルの要因Googleアルゴリズム200項目のうちページレベルの要因のアルゴリズムをまとめました。

  1. タイトルタグのキーワード・・・かつてほど指摘されることはなくなりましたが、現在においてもタイトルタグのキーワードはSEOにとってとても大切な要素です。適切なキーワードを行うことがとても重要です。
  2. キーワードで始まるタイトル・・・Mozによれば、キーワードで始まるタイトルタグは、タグの末尾にキーワードを配置したタイトルタグよりも、検索結果において優位だということです。
  3. 説明タグ内部のキーワード・・・Googleは、検索順位決定の際に、直接メタディスクリプションを使用しません。しかし、説明タグは、サイトのクリック率に影響しており、これは重要な決定要因の一つとなります。
  4. H1タグにキーワードが現れる・・・H1タグは、タイトルと同様大切です。適切なキーワードを配置しましょう。
  5. TF-IDF・・・TF-IDFとは、文書中に含まれる単語の重要度を評価する手法の1つです。ある単語が文章に出現する頻度はどれくらいなのか。その単語がページに表示される頻度が高いほど、そのページがその単語に関連するものである可能性が高くなります。
  6. コンテンツの長さ・・・充実したコンテンツは、多くの情報を持ち、中身のない表面的なコンテンツと比較しても、アルゴリズムにおいて優位性を持つ可能性が高い。文字数を増やすことが重要です。
  7. 目次・・・リンクされた目次を使用すると、Googleがページ内のコンテンツを理解するのを助けます。
  8. キーワードの密度・・・Googleはこの密度を利用してウェブページのトピックを決定します。直接のランキングには関係ないとされていますが、あまり無理に詰め込むとマイナスに働きます。
  9. Latent Semantic Index(LSI)・・・LSI(Latent Semantic Indexing)とは、単語同士の関連性に着目してコンテンツの内容を読み解くための技術です。現在、LSIという技術をGoogleは使っていません。
  10. 内容の濃いトピック・・・あるトピックに関しての情報が部分的に書かれたコンテンツよりも、そのトピックについての情報が詳細に記述されたコンテンツの方が、検索順位での優位性があるようです。
  11. HTMLによるページ読み込み速度・・・GoogleとBingの両方とも、ページ読み込み速度を検索順位要因として使用します。
  12. Chrome経由のページ読み込み速度・・・Googleでは、Chromeによって取得されたデータをページの読み込み速度を知る情報として利用しています。
  13. AMPの24.使用・・・AMPとはAccelerated Mobile Pageの略称です。これはGoogleが推進しているモバイルページを高速に表示させるための手法によって構成されているコンテンツを指します。現在、直接の検索順位決定の要因ではありません。しかし、今後AMPはモバイル版のGoogleニュースカルーセルの順位決定の要因になる可能性があります。
  14. エンティティの一致・・・そのページのコンテンツが、もしもユーザーが検索している「エンティティ」と一致しているとき、そのページはそのキーワードの検索順位を上昇させるかもしれません。
  15. Google Hummingbird・・・「Hammingbird」とは、2013年に導入された検索アルゴリズムです。一番の特徴は「Conversational Search」(会話型検索)能力の向上だとされます。検索クエリに含まれる特定の単語のみに焦点を当てるのではなく、この単語のまとまりや、意味を理解しようとします。そのため、自然言語の検索クエリでは見えてこないユーザーの意図や、クエリの意味を理解し、検索順位の要因とします。このアルゴリズムによって、キーワードを超える検索を可能にし、Googleはウェブページのトピックをよりよく理解できるようになりました。

ハミングバード

  1. 重複コンテンツ・・・コンテンツの重複は検索エンジンのインデックスやクロールに悪影響を及ぼすので、なるべく避けるべきです。中小規模のサイトであるならば、多少の重複コンテンツは問題にならないかもしれませんが、大規模のサイトで重複コンテンツがあると、同じページの内容を何度もクロールすることになるし、それによって新しいページを見つけにくくなります。やはり、重複コンテンツを避けることが、一番の良い方法です。
  2. rel =”canonical”・・・重複コンテンツの解消には、この「rel=”canonical”」を使用することが推奨されます。このタグを使用することによって、重複したコンテンツによって、サイトがペナルティを受けることを防ぎます。
  3. 画像の最適化・・・検索エンジンに画像の内容を的確に伝えるためには、「画像のファイル名」、「alt属性」、「画像周囲のテキスト」などを最適化することが大切です。簡潔で分かりやすいファイル名とaltテキストを使用しましょう。極端に長いファイル名をつけたり、alt属性にキーワードを並べたりすることは避けるたほうがよいでしょう。画像の周囲にあるテキストは、画像の理解を助けるとのことです。また、画像サイトマップの利用も、画像の発見に役立ちます。
  4. コンテンツの最新性・・・2010年の6月に、インデックスシステムを新たに構築する「カフェインアップデート」が実施されました。これによって膨大なウェブページがインデックス可能となり、また、検索結果を常時更新することによって最新のページも表示することが可能となりました。このカフェインアップデートは、インデックスに関するアップデートですが、インデックスの増加と、最新のページもすぐに表示できるという柔軟性から、間接的に検索順位にも影響があると考えられます。このカフェインアップデート以降、最新のコンテンツや更新されたコンテンツが優先されます。
  5. コンテンツ更新の規模・・・コンテンツの編集は、コンテンツ全体の鮮度を保つという意味でもとても重要です。セクションの追加は、語順の変更や些末な誤字の修正よりも重要です。鮮度の高い情報は、ユーザーにとって有益な情報となるからです。
  6. ページの更新頻度・・・ページの更新頻度も、サイトの鮮度を保つ役割を果たします。しかし、Googleのジョン・ミューラーは、「更新頻度は重要ではありません。重要なのはあなたのウェブサイトが素晴らしくあることです」と言っています。更新頻度も必要だとは思いますが、大切なことは良質なコンテンツを送り出すことです。
  7. キーワード配置・・・ページのコンテンツの最初の200文字以内に、キーワードを表示することは、検索順位に優位に働くとされています。
  8. h2、h3のキーワードタグ・・・HTMLの見出しタグは、ページの構造を理解するのに大変有用です。キーワードをh2、h3に配置することは、h1タグほどではありませんが、関連性はあります。
  9. 文法と綴り・・・文法や綴りは、検索順位の決定要因には含まれていません。しかし、ユーザーの事を考えれば 文法の間違いやスペルミスがない方が良質なページとなりますので、間接的には文法や綴りの正確さは大事だと言えます。
  10. 類似コンテンツ・・・同一サイト内に、類似コンテンツが多量にある場合、サイト内評価が下がる可能性があります。
  11. モバイルフレンドリーアップデート・・・モバイル対応の有無が、検索順位決定の大きな要因となります。モバイルj対応しているなら大丈夫ですが、そうでないならば至急対応をしたほうがよいでしょう。モバイル対応の有無がすべてを決定するわけではないですが、少なからず影響はあると考えられます。
  12. モバイルファーストインデックス・・・2016年、Googleは、インデックス対象をPC向けページから、モバイル向けページへと変更すると発表しました。それを通称「Mobile first Index」と呼びます。これはランキングアルゴリズムの更新ではなく、インデックスシステムの変更となります。従来は、PC向けのページの評価によって検索順位が決まっていましが。しかし、今後はモバイル向けのページの評価を基準にして出来上がった検索結果が提示されることになります。2018年、準備の整ったサイトから順次、モバイルファーストインデックスへと移行が始まりました。
  13. モバイル上の「隠された」コンテンツ・・・モバイルデバイスでの隠されたコンテンツはインデックスに登録されない可能性があります。キーワードを必要以上に隠すことは、ユーザーの利便性に貢献しないからです。ただ、表示領域がPCよりも極端に狭いモバイル向けのページでは、タブや展開型のUIを使用して、初期状態から隠されているコンテンツ等に関しては、モバイルファーストインデックスでは評価を下げられることはないようです。大切なことは「重要な情報は最初から見えるはず」ということです。重要な事柄はユーザーから見つけやすい場所に配置しておきましょう。
  14. 便利な「補足コンテンツ」・・・Gooleの検索品質評価ガイドラインによると、意味のある補足コンテンツはサイトの質を高め、優れたユーザー体験へとつながります。また、それによってランキングを押し上げる要素の一つともなります。
  15. マルチメディア・・・画像、動画などのマルチメディア要素は、ユーザー体験を高め、ページの質を高める要因となります。動画の埋め込みと順位変動に直接的な関係は無いようですが、ユーザー体験と順位の関連を考えると、結果的には動画・画像も(間接的にですが)順位にも関係していると考えられます。
  16. リーディングレベル・・・英語でのGoogle検索のオプションには、リーディングレベルというオプションがあります。コンテンツの「難易度」や「読みやすさ」といったポイントで検索結果を絞り込むことができます。しかし、日本語のサイトは対象外となっています。
  17. HTMLエラー/W3C検証・・・SEOにとって、正しいコーディングは必ずしも大切ではありません。ほとんどのサイトに間違いがありますが、その間違いもGoogleのロボットは上手に処理します。ただし、最低限の形は整えておく必要があります。タグ忘れなどは注意した方がよいと思います。

google200サイトレベルの要因

  1. ページのPageRank・・・ページランクとは「リンクがどれだけ集まっているか」を表す指標です。2014年、Googleはツールバーに表示されていたページランクの更新の廃止を表明しました。アルゴリズムとしてみると、ページランクは引き続き重要との見方もありますが、やはり、ページの「質」という観点が最も重要なようです。ページの順位を上げるには、対策ワードごとに「良質な被リンク」、「良質なコンテンツ」の両方の対策が必要です。
  2. URLの長さ・・・URLの長さは、ランキングには影響しません。とはいえ、あまりに長いURLだとユーザーに覚えてもらいにくいというデメリットもあります。
  3. URLの階層・・・URLのディレクトリ階層はランキング要因ではありません。一方でURLの発見という点においてはディレクトリ階層は重要です。ルートに近いほど、階層が浅いほどに重要視されます。
  4. 人間の手による編集・・・Googleは、自動生成コンテンツを上手に見抜きます。それらが、ランキング要因なのかはわかっていません。
  5. ページカテゴリ・・・コンテンツを分類するカテゴリは、ユーザー目線から見ればサイトの視認性を高めるのに役立ちますが、URLにカテゴリの名前が入っていても、Googleはその評価を上げることはありません。
  6. ワードプレスタグ・・・タグはワードプレスに関連する信号です。Googleによれば、WordPressだけが特別SEOに優遇されているというわけではないということです。優れたコンテンツを作り、良質な被リンクを受ければ上位表示は十分に可能だということです。ただ、WordPressは拡張性に優れているので、より、SEOに適した形にカスタマイズが容易にできるという点では、WordPressに軍配が上がるということです。
  7. URLのキーワード・・・Googleによれば、URLの中にキーワードを入れることは、ランキングに影響するとのことです。ただし、その影響は「非常に小さい」とのことです。あまり気にする必要はないかもしれません。もし、その点を考えるのであれば、新しいサイトを立ち上げる時に、有用かつ確実に意味を持つキーワードの配列を入れるなら、意味があるかもしれないとGoogleは述べています。
  8. URL文字列のカテゴリ・・・URL文字列のカテゴリは、Googleによって解釈され、ページ内容をテーマ別に関連づける場合があります。
  9. 参考文献と出典・・・研究論文のような引用文献と出典はサイトの質を保証する要素になるかもしれません。しかし、Googleはこれらの外部リンクを順位決定の要素として使っていないとしています。
  10. 箇条書きと番号付きリスト・・・箇条書きで書かれた番号付きのリストは、コンテンツの可読性を高め、ユーザー体験の質を高めます。
  11. サイトマップのページの優先度・・・検索エンジンのためのサイトマップにおける、「クロールの優先度」は順位決定に影響を与えることがあります。
  12. 上位表示された他のキーワード・・・もし上位に表示されるような、いくつかのキーワードがあれば、内部的な品質を高め、他のページの質を高める要因となる場合があります。
  13. ページ年齢・・・コンテンツの鮮度は非常に大事な要素ですが、定期的に更新される古いぺージは新しいページよりも優れている可能性があります。
  14. ユーザーフレンドリーなレイアウト・・・優れたユーザー体験を提供できるサイト構成が大切です。その観点でいえば、そのページのメインコンテンツはすぐに見えるはずです。
  15. 有用なコンテンツ・・・Googleは、「有益なコンテンツ」と「良質なコンテンツ」を区別することがあります。
  16. 意味のあるコンテンツ・・・Googleは新しい価値や洞察を提供するサイトを評価します。独自コンテンツや独自の価値を持たないアフィリエイトサイトなどにはペナルティ課すと述べています。
  17. 連絡先ページ・・・Googleの検索品質評価ガイドラインでは、「適度な連絡先情報」を持つサイトが優遇されるとしています。記述された連絡先とwhois情報が一致している場合も、評価が上がると述べています
  18. ドメイントラスト/トラストランク・・・多くの人は、このドメイントラストやトラストランクといったものが重要であると信じていますが、Googleはトランクトラストや、オーソリティランクといった要素はないと述べています。いずれにせよ、良質なコンテンツを構築し、Googleからの信頼(トラスト)を獲得していくことが重要です。
  19. サイト構造の最適化・・・最適化されたサイトは、コンテンツをテーマ別に整理し、Googlebotがサイトのすべてのページにアクセスしてインデックスを作成するの助けます。そうすることで、上位表示を目指すことができます。
  20. サイトの更新頻度・・・多くのSEOでは新しいコンテンツがサイトに追加されたとき、サイト全体の鮮度が保たれていると考えます。しかし、Googleは「更新頻度よりも質が重要」と述べています。ただし、更新頻度がまるで関係ないとは述べていません。
  21. サイトマップの存在・・・サイトマップは、検索エンジンのインデックスを促進させ、それによってサイトの視認性を向上させます。
  22. サイトの稼働時間・・・サイトのメンテナンスや、サーバーダウンにによってサイトにアクセスできなくなると、検索順位に悪い影響を与える可能性があります。2,3日で復旧できれば問題はあまりないようですが、それが1週間や1ヶ月かかってしまう場合は、影響はあると考えられます。
  23. サーバーの場所・・・サーバーの場所は、Googleがコンテンツを把握するために重要だと考えられます。特に、地理的な検索においては重要かと。特別な事情がなければ、自国サーバーを利用するのが無難だと言えます。

サーバー

  1. SSL証明書・・・Googleは、HTTPSをランキングシグナルとして使用すると名言しています。
  2. 利用規約とプライバシーページ・・・利用規約やプライバシーポリシーなどの有無は、そのサイトが信頼できるサイトであるということをGoogle側に伝えるのに役立ちます。
  3. サイト内のメタ情報の重複・・・サイト内でタイトルタグや、メタディスクリプションが重複している場合、ページが検索結果に表示されなくなる可能性があります。
  4. Search Consoleでは、これらの重複が多すぎる場合、警告を発します。
  5. パンくずリスト・・・パンくずリストは、サイトの視認性を高め、ユーザー及び検索エンジンがサイトのどこにいるのかを知るのに役立ちます。結果的に、ユーザー体験を高めることにつながります。 
  6. モバイル最適化・・・現在、多くの検索がモバイルデバイスから行われており、Googleはそのサイトがモバイ対応しているかどうかを重要視し、その対応の有無を検索結果に反映する要因の一つとして使用することを発表しました。モバイル対応していないサイトは、モバイル検索時に順位を落とす可能性があります
  7. youtube・・・YouTube動画を埋め込むとSEO効果があるといわれています。ユーザーが興味を持つ優れたYouTube動画にリンクを埋め込むことは、有用であると考えられます。
  8. サイトの利便性・・・サイトの使い方や、ナビゲーションが粗雑で閲覧しにくいサイトは、閲覧ぺージや、直帰率、滞在時間などを低下させて、間接的に順位決定に影響を与えることになりそうです。優れたユーザー体験を提供することが何よりも大切です。
  9. Googleアナリティクスと、Google Search Consoleの使用・・・これらのツールをサイトにインストールすることで、インデックスの促進に役立つと考えられます。もちろん、登録するだけで即座に検索順位が上がるということはありませんが、必要なデータをより多くGoogleに伝えることができるという点を考えると、検索順位の決定に何らかの影響を与えている可能性は十分にあります。
  10. ユーザーレビュー及びサイトの評判・・・Googleはレビューなどのサイトの評判を検索結果に反映している可能性があります。
  11. IP分散・・・別のクラスC以上のIPアドレスからのリンクは。幅広いサイトからリンクを獲得していることを示し、結検索順位決定に影響を与えます。
  12. Altタグ・・・画像のAlt属性は、、アンカーテキストとして機能します。
  13. ゲスト投稿・・・ゲスト投稿はかつては効果があったようですが、元Googleのマット・カッツ氏はこの方法を推奨していません。キーワードを豊富に使用したゲスト投稿によるリンクの獲得が、スパム化したのが原因のようです。ゲスト投稿自体を否定したのではなく、大規模なゲスト投稿によるリンクの獲得をGoogleは否定したようです。
  14. ホームページ権限・・・ホームページドメインへのリンクは、サイトの評価において重要な役割をするようです。
  15. 301ページへのリダイレクト・・・301リダイレクトによって転送元のページランクはいくらか減少する、とされていましたが、Googleによるとこれらのリダイレクトによってページランクが喪失することはなくなったと述べています。
  16. ページレベルの関連性・・・Googleは、ページと関連性が高いページからのリンクを高く評価します。 
  17. タイトル内のキーワード・・・Googleは、キーワードがタイトルに含まれているページからのリンクを優遇するようです。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン