格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

リンクの要因

リンク

    1. 外部リンクの品質・・・ 質の高いサイトへの関連性の高いリンクは、サイトの信頼性を高め、検索順位に優位に働きます。
    2. 外部リンクのコンテンツ内容・・・Googleは、リンク先のページのコンテンツの内容を、ページとの関連性を把握するための要因として使用することがあります。
    3. アウトバウンドリンクの数・・・発リンクが多すぎると、ページランクを落とす可能性があります。多いからといってペナルティが存在するわけではないですが、「関連性のあるもの」「適切な数」、という点を守るのが良いでしょう。
    4. ページを指す内部リンクの数・・・ページへの内部リンクの数は、そのページの他のページに対しての重要度を示す要素の一つとなります。
    5. ページの指す内部リンクの品質・・・より権限のあるドメインを持つページからの内部リンクは、ページランクの低いページからのリンクよりも強い影響があります。
    6. つながらないリンク・・・Googleの検索品質評価ガイドラインによると、リンクが切れたページや、何も表示されないなどのページが多いと放置されたサイトとみなされ、評価を落とすことがあるようです。
    7. アフィリエイトリンク・・・アフィリエイトリンクそのものはサイトの順位には関係ないとされています。
    8. 多すぎる発リンク・・・発リンクが多すぎると、ページの可読性を低下させ、メインコンテンツが埋もれてしまって、ユーザーが体験の質の低下などの要因となります。
    9. リンクページ数・・・文字数の多いコンテンツが上位表示されやすいことから、リンク先ページの総数は、たとえ、同じドメインからのリンクであったとしても、検索順位に影響を与えると考えられます。

内部リンク

    1. 被リンクアンカーテキスト・・・アンカーテキストは、以前ほどの重要性を持ってはいないとされています。しかし、キーワードを豊富に含んだアンカーテキストが、検索順位に強い影響を与えていることは間違いがないようです。ただ、過剰に最適化されたアンカーテキストは、ペナルティを受ける可能性もあります。
    2. ページのリンク権限・・・ページランクが高いサイトからのリンクは、ページランクが低いサイトからのリンクよりも高評価を獲得する可能性が高いです。ページランクは、Googleの初期のころから重要なランキング要素であり、今も重要な指針です。
    3. リンクドメインのオーソリティ・・・参照ドメインのドメインオーソリティは、リンクの価値において影響を与える可能性があります。
    4. 競争相手からのリンク・・・同一テーマを扱う競合サイトからのリンクは、特定のキーワードに関して検索順位決定に良い影響を与える可能性があります。
    5. 「期待される」ウェブサイトからのリンク・・・推測ではありますが、一部のSEOでは、その業界内で評判があるサイトからリンクされるまで、Googleはそのウェブサイトを信頼しないと考えているようです。
    6. 否定的なのリンク・・・否定的なリンクがある場合、それは検索順位決定に悪い影響を及ぼすことがあります。
    7. 教育機関、及び政府機関からのリンク・・・Googleは教育機関や、政府機関のドメインからのリンクを重要視しているわけではないようです。しかし、だからといってSEOとは無関係ではなく、多くの場合これらの重要機関は良質なリンクを得ているので、良質な被リンクを持つこれらのサイトからリンクを獲得すると、結果的にはサイトの高評価につながることもあるようです。
    8. 広告からのリンク・・・Googleによると、広告からのリンクはnofollowする必要があります。しかし、Google自体でも広告からのリンクそのものを特定し、フィルタリングすることができる可能性は高いです。
    9. Nofollow Links・・・Googleによれば、Nofollowのリンクは、原則としてそれらのページランクを転送することはしないそうです。
    10. リンクの種類の多様性・・・多様なリンクが集まるのが自然なことであり、特定のソースからのみのリンクはスパムとみなされることもあります。もちろん、リンクの質も問われるのは言うまでもありません。
    11. スポンサーリンク、またはその他の言葉のリンク・・・「スポンサー」「リンクパートナー」「スポンサーリンク」などと表記されているリンクは、通常のリンクよりも低い評価をされる可能性があります。
    12. 文脈リンク・・・何もない場所に張られたリンクよりも、コンテンツ(文章中)に埋め込まれたリンクの方が、高く評価されます。
    13. 内部リンクアンカーテキスト・・・Googleによれば、内部リンクに同一のアンカーテキストを繰り返し使っても、常識的な利用ならば特に問題はないということです。
    14. リンクのタイトル・・・リンクのタイトル(リンク上のにマウスを置いたときに表示されるテキスト)は微弱ですが、検索順位上昇に影響を与える要因の一つです。
    15. コンテンツ内のリンク位置・・・コンテンツの初めの方に配置されたリンクは、コンテンツの最後に配置されたリンクよりも重要視されると考えられています。各言語の文章構造によっても多少の差異はあるようです。
    16. ページ上のリンクの位置・・・ページにリンクが表示される場所はとても重要です。フッターやサイドバーからのリンクよりも、コンテンツ内のリンクの方が高い評価を得る可能性が高いです。
    17. 関連性のあるリンク・・・自分のサイトと関連性の高いサイトからのリンクは、無関係のサイトからのリンクよりも高く評価されます。
    18. リンク速度・・・良質なリンクが増えていくことは、ユーザーの関心の高さを示す指標の一つとなります。自然な速度で被リンクを獲得しているサイトは、検索順位結果において優遇されるようです。
    19. リンク解除速度・・・リンク獲得とは反対に、良質なリンクが離れていくことは、ユーザーの関心の低下を示すことになります。結果的には、検索順位が下がる要因となります。
    20. 「ハブ」ページからのリンク・・・ハブページとは、その分野における関連性が高く、優良なコンテンツを持つウェブサイトやウェブページにリンクしているサイトを指します。このようなハブページからのリンクは、特別な効果を期待することができると思われます。
    21. オーソリティサイトからのリンク・・・ある分野で非常に認知度が高く、権威性があると認められるサイト(オーソリティサイト)からのサイトは、他の認知度が低いサイトよりも高く評価される可能性が高いです。
    22. Wikipediaとしてリンクされている出典・・・Wikipediaからのリンクには、nofollowがついているので、検索順位決定の要因にはなりません。しかし、Wikipediaからのリンクを取得すると、検索エンジンの目にとまりやすくなると考えている人もいます。
    23. 共起語・・・リンク周辺にあるキーワードや共起語は、そのページがどんなページであるかをGoogleに伝えるのに役立ちます
    24. 被リンクの年齢・・・Googleによれば、被リンクの年齢は古い方がより評価が高いとされています。しかし、一概に古ければ良い、新しければダメ、というわけではなく、その他との要因との関係性も重要だとされています。
    25. リアルサイトとフェイクサイト・・・Googleは「実際にあるサイト」からのリンクにより大きな重みを与えていて、リンクを与えるために作られたスパムブログからのリンクは、通常のリンクよりも低い評価を与えると考えられています。
    26. 自然なリンクプロフィール・・・大量のリンクを購入して上位表示できる時代は過ぎ去りました。現在、「自然な」リンクを獲得しているサイトが高い評価を得るようになっています。
    27. 相互リンク・・・Googleの「品質に関するガイドライン」には、「過度なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること」と記載されています。過度なリンク交換はサイトに悪影響を与える可能性もあります。あくまでも自然なリンクを獲得することが大切です。
    28. ユーザー生成コンテンツリンク・・・Googleは、実際のサイトのコンテンツと、ユーザーが作成したコンテンツ(User Generated Content=UGC)を識別することが可能だとされます。また、コメントなども含めユーザー生成コンテンツは、有益なコンテンツとなります。しかし、それが原因でペナルティを受けることもあるので注意する必要があります。例えば、広告と同じようなコメントや、不特定サイトへのリンクなどはスパムとして扱われることもあります。
    29. 301からのリンク・・・以前までは、「301リダイレクトからのリンクによって、数パーセントページランクを減少する」とされていましたが、現在、Googleはリダイレクトを繰り返してもSEOには影響はないと発言しています。
    30. マイクロフォーマット・・・マイクロフォーマットをサポートしているページは、有利に働く可能性があります。
    31. リンク先のコンテンツ・・・Googleはあるリンク先のコンテンツ内容を、そのサイトとの関連性を理解するための要因として使用している可能性があります。 
    32. ページ上の発リンクの数・・・PageRankは有限です。あまりにも発リンクが多いと、PageRankの流出を招き、一つのサイトに流れるPageRankが少なくなります。結果として、ユーザー体験の低下などの悪影響を生む可能性もあります。
    33. フォーラムリンク・・・スパムのため、フォーラムからのリンクは通常のリンクよりも低評価となる可能性があります。 
    34. 被リンクのコンテンツの語数・・・コンテンツの量が多いサイトからの被リンクは、順位決定において大きな要因となります。
    35. 被リンクのコンテンツの品質・・・質の悪いコンテンツや、転載されたコンテンツからのリンクは、十分に吟味され作成されたコンテンツからのリンクほどの価値はないとされています。
    36. サイトワイドリンク・・・「サイトワイドリンク」とは、サイドバーやフッターなどのテンプレート自体に埋め込まれたリンクで、ほぼすべてのページに存在するリンクのことです。Googleによればこのサイトワイドリンクを上手に圧縮して読み込むことが可能だということです。例えば100ページのサイトから100本のサイトワイドリンクが貼られていたとしても、その100本分の評価を得られるわけではありません。実際には圧縮され、単一のページとしてしかカウントされないこともあり得るということです。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン