格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2019年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO内部対策

 

SEO内部対策とは、対象となるサイトの内部を修正することにより検索の上位を狙うことです。

「具体的にどのような対策を行う必要があるか」は、サイトによって異なってきます。
ここでは、東京SEOメーカーが行う主なSEO内部対策をいくつかご紹介しましょう。

 

サイト内コンテンツを充実させる

かつての検索エンジンはキーワードさえ入っていれば検索対象として認識していました。

ですが現在Googleでは、ハミングバードというアルゴリズムを導入しています。

 

ハミングバード(Hummingbird)とは?

いわゆる「会話型検索」を実現する目的で2013年に導入された、従来と異なる検索アルゴリズム。検索キーワードにおける個々の単語を認識するだけではなく、複数の単語の組み合わせを文章ととらえて全体を理解しようとする。

 

ハミングバードの導入により文章認識の精度が高まった結果、
検索エンジンにおいては、検索したワードに対し
「より適合すると思われるコンテンツ」が上位表示される形となりました。

「ただキーワードさえ入っていればOK」という時代は終わりを告げたと見てもよいでしょう。

 

ハミングバードに対応するためには、
サイト内のコンテンツ(特に文章)のクオリティを高めなければなりません。

サイトトップページには
キーワードを内包したクオリティの高い文章が必要です。

トップページ以外にも
キーワードに関連する内容の有用なコラムを掲載したり、
キーワードに特化したページを作るなど、
十分な文章コンテンツを用意する必要があります。

しかも同一ドメイン内の重複コンテンツ
・他サイトとの重複コンテンツ・コピーと判断される文章は
評価を下げる要因になる
ため、
全てオリジナルで作成しなければなりません。

 

弊社では、検索エンジンから評価を得やすくなるよう

既存のコンテンツの修正方法の提案
追加コンテンツ作成に関するアドバイス

を行っております。

 

またご希望の場合、

・弊社でのコンテンツの追加作成

を行うことも可能です。

>>各作業に関するお見積りのご依頼・ご相談はこちらから

 

コーディングにより、サイトを最適化させる

SEOの内部対策では、検索エンジンのクローラビリティを向上させることが有用です。

 

クローラビリティ(Crawlability)とは?

サイト内の構造が、クローラー(膨大な数のWEBページを巡回して情報を取得するプログラム)にとって巡回しやすいものであるかどうかを表す言葉。「クローラビリティ改善」もしくは「クローラビリティ向上」は、クローラーが巡回しやすくなるようサイト内を修正することをさしている。

 

クローラビリティが高いサイトとは、正しいソースコードでコーディングし、
検索エンジンにとって分かりやすいサイトということです。

しっかりとクローラビリティ向上を行うかどうかは、SEO導入後の効果を左右します。
これは大変重要であり、SEOの基礎を支えるものと言っても過言ではありません。

 

弊社ではクローラビリティを高めるべく、様々な改善策を提案しております。

 

titleの変更
(30文字程度)
対策ワードを前の方に配置します。極力文字数を30文字以内に調整し検索結果にタイトルの全文が表示されるように調整します。各ページが同一タイトルにならないように修正します。
meta description
の設定

※80~120字程度
meta descriptionは検索結果に表示される可能性の高い説明文です。何のサイトであるかを説明する文章です。ユーザーアクセス向上の為にも重要です。対策ワードを含んだ説明文を最大で120文字程度で設定します。その他のページもタイトルと同様全てのページが異なったテキストになるように調整します。
h1タグの修正h1タグに対策キーワードを記述します。タイトルに使った文とは違う文章にします。
meta Keywords
の設定
対策ワードを先頭に設定し、5個程度に抑えます。多すぎるとスパムの原因になる可能性があります。ワードが重複しないようにするほか、トップページと同一ワードにならないようにします。
アンカーテキスト
の見直し
アンカーテキストは、aタグで囲まれた他ページや画像へのリンクを貼るときに使うタグです。アンカーテキストとリンク先の内容を一致させるよう見直します。 
■例:この場所がアンカーテキスト
alt属性にて
画像情報を伝える
画像は、それだけでは検索エンジンは何を表す画像か認識することが難しくなります。
そこでalt属性を付与することで、画像情報を明確にします。
サイト更新頻度
の向上
コンテンツの更新頻度はウェブサイトの評価に影響します。
新着情報などで少なくとも月2回程度以上、対策ページの更新をするのが効果的となっており、サイトに合わせた方法で更新頻度を向上させます。
CSS、Javascript
の外部化
検索エンジンは、100KB以上のhtmlはうまく読み込みません。そこで膨大なCSSファイルやJavascriptの記述があれば別ファイルにしてファイルサイズを小さくするなどで、検索エンジンのクローラビリティを向上させます。
URLの最適化URL表記を「www」あり、または「www」なしに統一します。
サイトマップ
の登録
サイトマップを作成しGoogleへの送信を行います。
これにより、すぐにGoogleに認識されます。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

 

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

SEO対策のお申込みボタン