SEOライターに依頼するメリットは?注意点や見分け方を解説

SEOライターに依頼するメリットは?

企業のSEO対策に欠かせない良質なコンテンツ制作は、クラウドソーシングサービスの普及により気軽に外注できるようになりました。

 

SEOコンサルタントしかし疑問に思うのは「そもそも外注するメリットとは?」あるいは「どのように良いライターの選ぶのか?」というポイントでしょう。そこで本記事ではSEOライターに依頼するメリット、注意点等を解説していきます。

 

目次

SEOライターとは

 

SEOライターとはWebライターの中でも、特にSEO対策に効果的なライティングが行える人材といえるでしょう。

企業がターゲットとする特定のペルソナ像や指定されたキーワードをきちんと汲み取り、それらの材料を記事のタイトルや内容へ適切に落とし込んでもらえるため、メディアのコンセプトを保ちつつ、検索エンジンも上位表示を狙うことができます。

 

コピーライターとの違い

 

コピーライターが意識することは、「読者に行動を起こさせること」であり、ユーザーに対して商品やサービスを購入させるのが目標であるため、いかに文章で心を掴むかが重要とされています。

 

一方、SEOライターは「検索エンジン上位に表示される文章を書く」というポイントが最重要課題であることから、魅力的な文章を書く以前に、検索エンジンの特性を理解して、ライティングに応用させるスキルの方が必要といえるでしょう。

 

SEO対策の重要性

 

ここまでSEOライターとは一体何なのかを簡単に説明しましたが、ここからは「どうしてSEO対策が企業にとって重要なのか」を詳細に解説していきます。

 

マーケティングに必要不可欠な要素

 

現代において、検索エンジンでモノやサービスを検索する、という行為はもはや生活の一部といっても過言ではありません。

そして、そういったマーケットの状況を考慮すれば、自社のWebページを検索エンジン上位に表示させて、より多くのユーザーにリーチしやすくするSEO対策の重要性は容易に理解できるでしょう。

また、現在の検索エンジンは従来と比べて性能が向上しており、市場のサイト運営者も軒並みスキルが高くなっています。そのため、Googleガイドラインやユーザーエクスペリエンス等の要点を押さえたSEO対策こそが、マーケティング分野において最重要施策といえるでしょう。

 

SEO対策の種類

 

SEO対策を大まかに分類すると次のようになります。

 

キーワード確認(内部施策)Webディレクターがキーワードを確認し、最適化。
HTMLの最適化・ユーザー体験の向上等(内部施策)マークアップエンジニア/システムエンジニアがHTMLタグの最適化、構造化マークアップの確認、ユーザー体験(ページスピード等)を改善。
外部施策Webマーケ/広報担当がWebページのPRによるリンク構築、自然発生的なソーシャルリンク構築のプランニング。
コンテンツ制作(コンテンツSEO)Webディレクター/Webマーケが検索ニーズに合わせたコンテンツ企画、商品やブランドの接点としてのコンテンツ企画、古いページのメンテナンス、サイトやページの信頼性向上。

ちなみに内部施策は、サイトの中身を検索エンジンが理解できるように修正するものであり、外部施策は他サイトからのリンクをどのように獲得するかが重要となります。

 

初心者はポイントが上手く掴めていないケースも少なくないため、しっかり押さえておきましょう。

 

関連記事: SEOの内部対策で最低限行うべき10個のチェックポイントをご紹介

 

具体的な6つの対策

 

SEOにおける具体的な6つの対策は以下の通りであるため、現在検討している方は是非参考にして下さい。

 

タイトルタグとテキストの設定(内部施策)

 

検索エンジンとユーザーにページ内容の理解をさせるために、特定のタグと文章に対策キーワードを設定します。

 

検索ニーズ・キーワードを把握し、ページを対応させる(コンテンツ制作)

 

ユーザーが求めている情報のうち、まだそのサイトにないコンテンツを新しく作成しましょう。

 

内部リンク構造を最適化(内部施策)

 

内部リンクを最適な場所に設定し、求められている情報へアクセスしやすくします。

 

コンテンツの品質や信頼性を明示(コンテンツ制作)

 

コンテンツを作成する際、その情報が信頼できる根拠を可能な限り明示しておきましょう。

 

プロモーションを行い良い評判やリンクを獲得(外部施策)

 

SNSやフライヤー、プレスリリースなどを利用して自社サイトや新しいコンテンツを告知して下さい。

 

ページスピードを改善(内部施策)

 

PageSpeed Insightsを利用してページの速度などの改善点がないかを確認します。

また、これらの手順でコンテンツを立ち上げた後は、定期的に流入数等を分析して適切にリライトを施していくのがおすすめです。

 

関連記事: ページ表示速度を早くする

 

SEOライターに依頼するメリット

 

WebマーケティングやSEO対策を始めたばかりの企業は、活かすべきポイントやベネフィットが理解できていないということも少なくないでしょう。SEOライターに依頼するメリットとしては、次の3つがあげられます。

 

  • SEOに強い記事作成が可能
  • 専門知識に長けている
  • メディア運営の労力削減

ここではコンテンツをSEOライターに依頼するメリットを解説していきます。

 

SEOに強い記事作成が可能

 

記事を作成する際は、ユーザーにとって魅力的な内容を意識することももちろん大切ですが、残念ながらそれだけでは検索上位を獲得することはできません。

 

一方、SEOライターは高水準の文章力に加えて、SEOに関する知識も豊富に持っているため、有益な情報を盛り込みつつ検索エンジン(Google)からの評価を受けやすい記事が執筆できます。

 

関連記事: アルゴリズムアップデートの歴史から見るSEO対策の本質

 

専門知識に長けている

 

多くのSEOライターは自身が得意とする分野を持っており、一般層よりも深い専門知識を豊富に持っています。

 

そして、コンテンツの専門性はGoogleガイドラインにおける評価基準の1つであることから、有識者、あるいは有資格者が書いた記事は評価に繋がりやすく、検索結果においても上位表示が期待できるでしょう。

 

メディア運営の労力削減

 

外部リソースを起用することによって、プロパー社員が業務を担当する必要がなくなり、企業全体としても時間と労力の負担が軽減されるでしょう。

 

ただし、体制構築の初動はコミュニケーションや連携に手間がかかってしまうケースもおおいため、運用効率向上はある程度軌道に乗ってから享受できるメリットと捉えておきましょう。

 

 

SEOライターに依頼するデメリット

 

SEOライターに依頼するデメリットとしては、次の3つがあげられます。

 

  • コストが発生する
  • コミュニケーション不足による認識の相違
  • 品質が悪いケースがある

ここからは、SEOライターを起用する上で注意するべきデメリットを見ていきましょう。

 

コストが発生する

 

外部リソースには当然コストを支払う必要があり「1記事あたりの報酬」または「1文字~円」というような料金プランが多くなっています。

 

ただし、スキルや経験値によって変動するのが基本であることから、良質な記事やコンセプトを正確に汲み取ってほしい場合はある程度高額コストになり得る可能性もあるでしょう。

 

そのため、案件に割り当てる予算、あるいはSEO対策にどれだけのウェイトを置くか、といったバランスをみて適切な価格のライターを選ぶようにして下さい。

 

コミュニケーション不足による認識の相違

 

社内におけるミーティングとは違い、外部ライターとのコミュニケーションは基本的にオンライン上で行われるため、ちょっとしたニュアンス等が上手く伝わらない可能性があります。

 

また、ライターは社員同士が当たり前に認識している会社の特性やターゲット、基本的なアイディアを備えていません。

 

そのため、「当たり前」という認識の違いにより間違いや誤解が生じることも少なくないことから、最大限丁寧にすり合わせてこまめに確認していきましょう。

 

品質が悪いケースもある

 

専門性や文章力の高さはSEOライターに依頼するメリットですが、必ずしも全てのライターにそのようなスキルがあるとは限りません。

 

実際のところ、現在はクラウドソーシングが活発化していることから、誰でも簡単に「ライター」と名乗れる時代になりました。

 

そのため、もしスキル不足で実績の少ないライターに発注してしまうと、納品された記事の質が求めている基準に至らない可能性もあるでしょう。

 

SEOライターを選ぶときのポイント

 

外部リソースから得られる利益を最大化するためには、いかに質の良く、スキルの高いライターを探し出せるかが重要といえるでしょう。そこでここからは、SEOライターを選ぶときのポイントを解説していきます。

 

スキルを確認する

 

SEOライターを選定する際は、必ず事前にスキルを確認するようにしましょう。特におすすめの手法は以下の通りであるため、初めて起用する方は是非参考にして下さい。

 

テストライティング

 

保有しているスキルや知識を図るためには、簡単なキーワードやテーマ、文字数を提示してテストライティングを行うと良いでしょう。

 

ライターが書く文章の性質や特徴の把握が可能となり、自社が求めるニーズとマッチするかどうかを最大限正確に判断できます。また、構成作成、あるいは執筆経過報告といったコミュニケーションの面でも相性を確認することができるでしょう。

 

ポートフォリオ

 

SEOライターのスキルを確認するには、ブログやポートフォリオ、あるいは過去の記事を直接提出してもらうのも有効です。

 

また、テストライティングは自社でテーマを設定するのが基本であることから、ライターの得意ジャンルをより深く知ることに繋がり、もし自社のニーズが一致すればSEO対策において重要な専門性の高いコンテンツが作れるでしょう。

 

稼働時間

 

SEOライターはフリーランスや企業に所属して、フルタイム稼働している場合もありますが、副業として空いている時間で活動しているパターンも少なくありません。

 

そのため、それぞれのライターの稼働時間を事前に確認しておくことで、緊急度の高い注文でもスムーズに対応してもらえるでしょう。

 

利用できるツール

 

ライターのスキルにも通ずるものがありますが、どんなツールが利用できるかは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

たとえば、Wordしか使えないよりも、WordPressやGoogleドキュメントに精通していた方が、納品物のやり取りを大幅に効率化できます。

また、自社と同じコミュニケーションツールをインストールしてもらえば、より円滑にプロジェクトが進められるでしょう。

 

SEOライターに依頼するときの注意点

 

次は、実際に案件を依頼する際の注意点について見ていきましょう。ライティングはコンセプトやターゲット層の認識がずれるだけで、大きく内容が異なってしまうため、しっかり押さえて下さい。

 

認識をあわせる

 

SEOライターと自社の認識を一致させましょう。求める内容や強く押し出したいポイント、話者のキャラクター等を明確に伝えることで、両者の誤解を未然に防ぐことが可能です。

 

メディアのコンセプト

 

SEOライターが記事を執筆する際は、掲載メディアの性質だけでなく、自身の記事がどのような役割を果たすのかまでを緻密に考えます。そのため、メディアのコンセプトや運用の方向性等は必ず共有するべきポイントといえるでしょう。

 

ペルソナやターゲット層

 

SEOライティングは、誰に、何を伝えたいのかを明確にしなくてはなりません。したがって、ターゲットとする層の性別、年齢、趣向などの情報は事前にライターと共有しておく必要があり、ターゲットに求めるアクションも伝えれば、よりSEOの精度を高めることにも繋がるでしょう。

 

関連記事: ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

トンマナ

 

トーン&マナーの略称であるトンマナは、「です・ます調」「だ・である調」を指示する際に用いられる業界用語であり、この認識がライターとずれていると記事のイメージが大きく異なってしまいます。

 

そのため、理路整然としたビジネスライクか、ユーザーが親近感を覚えるような記事を希望するのかを明確にシェアしておきましょう。また、既存メディアをサンプルとして提出、あるいはイメージの近い他のページを参考として共有するのも有効です。

 

契約内容の明確化

 

SEOライティングに限ったことではありませんが、アウトソーシングで繋がった人材と契約する際は、必ず事前に契約内容を明確化し、双方の認識を一致させましょう。後になって問題になると余計な手間や時間、最悪の場合は追加コストが発生するためです。

 

報酬形態

 

SEOライターの報酬形態としては文字単価が一般的ですが、1記事あたりの価格を事前に固定しているケースもあります。また、ライターによっては修正回数やオーバーした文字数による追加料金を求めてくる場合もあるため、事前に対応範囲を確認して認識をあわせておきましょう。

納期

 

最低限必要な情報、品質に加えて、いつまでに納品するべきかもライターに伝えるべきポイントです。また、納品後に修正が入ることもあることから、そういったイレギュラーも念頭に入れた余裕のある納期設定を意識しましょう。

 

著作権とNDA(秘密保持)契約

 

納品された文章の著作権(所有権)が、依頼者とライターどちらに属するのかを事前にクリアにしておく必要があります。

実際のところ著作権は、著作物が創作された時点でライターが所有することになるため、納品と同時に著作権譲渡と著作人格権の放棄を希望するのであれば、必ずその旨を契約書に記載しておきましょう。

また、業務中に知り得た情報の公表を禁じ、秘密を守ることを約束するNDA契約を結んでおくのもおすすめです。

 

複数のライターを確保しておく

 

複数のライターに依頼して比較してみるのも1つの手段です。数名のライターと取引をするなかで、自社メディアのコンセプトとマッチした高品質な記事を執筆できる優秀なライターの発掘が期待できるでしょう。また複数人のライターを確保しておくと、もし1人にトラブルがあったとしても他のライターをバックアップとして利用することが可能です。

 

SEOライターを外注する方法

 

ここまではSEOライターのアウトソーシングについての概要を解説してきましたが、より効率的に運用するためには、実際に依頼する方法も押さえる必要があります。そこで次は、SEOライターを外注する方法を具体的に見ていきましょう。

 

記事制作の代行会社

 

記事作成代行会社に依頼すれば、自社でライターを探す手間がかからず、コンテンツの品質保証や、SEO対策のアドバイスまでカバーしている会社も多いため、クオリティの高いコンテンツが期待できるでしょう。ただし、比較的コストが高額になりがちなポイントには注意が必要です。

 

関連記事: SEO対策を業者に依頼する前に知っておきたいこととは?

 

クラウドソーシングサービス

 

クラウドソーシングサービスには大変多くのSEOライターが登録しているため、比較的短時間且つ予算内でライターを見つけることが可能です。

 

しかし、登録しているライターは初心者からプロフェッショナルまで様々であることから、自社が求める質の記事を執筆できるかを見極める力が重要といえるでしょう。

 

フリーライターへの直接依頼

 

インターネット上での繋がりや直接紹介を利用すれば、フリーのSEOライターと契約することも可能です。

 

実際の相場はクラウドソーシングサービスより比較的高めの単価になりますが、ポートフォリオ等が充実しているケースが多く、事前によく吟味することで安心して依頼できるでしょう。

 

 

SEOコンサルタントSEOライターに外注することで、戦略的な検索エンジンでの上位表示、そして専門性の高い良質なサイト構築が可能となります。一方、最も重視するべきは予算や方向性といった自社のニーズとの親和性、あるいは共に仕事を進めやすいライターの見極めであるため、今回解説した内容を参考に、自社収益の効率的な向上を図ってみて下さい。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る