SEOに効果的な記事の書き方とは?上位表示に重要なポイントも解説

SEOに効果的な記事の書き方

様々な対策を施したWebサイトでも、SEOを意識したライティングや適切なリライトをしていなければ、ユーザーの検索にヒットせず、検索順位も上がらない状況に陥ってしまうでしょう。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、効果的なSEOライティングや上位表示における重要ポイントについて解説していきます。

 

マーケティングに必須のSEO

 

検索エンジンの技術は日々進化しているため、現在はWebサイトを開設、あるいは単純にコンテンツを作るだけではサイトを上位表示させることは困難といえるでしょう。

 

したがって、検索エンジンからの評価に繋がりやすい情報や要素を適切に盛り込むSEO対策は、マーケティングにおいて必須といっても過言ではなく、効果的に運用できればコストを抑えながら長期的な顧客の獲得、そして利益の向上に繋がります。

 

SEOとは

 

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称であり、キーワード検索時にサイトを上位表示させるマーケティング戦略です。

 

そして、Google検索エンジンはユーザーの検索意図に対して最適なコンテンツの表示を最優先事項に掲げていることから、市場ニーズやトレンドにあわせて日々アルゴリズムの改善を図っています。

 

そのため、情報をこまめにチェックして高評価を獲得し続けることが大切なポイントとなっており、最終的な目標としてはリピーターの維持や利益拡大が挙げられるでしょう。また、それらに繋げるための新規ユーザー獲得、広告閲覧数向上、サイトや企業自体のブランディング等も重要です。

 

関連記事: 「SEOとは」をわかりやすくまとめました【2021年完全版】

コンテンツSEO

 

コンテンツSEOとは、サイト内に記事系コンテンツを配置し、ユーザーにマッチした良質な記事を多数作成することで、全体の専門性を高めてSEOの評価獲得を狙う施策です。

 

具体的には、ユーザーの検索意図を分析してキーワードを選定、そして求められている情報を盛り込んだ記事を掲載して、タグの最適化等を行います。

 

また、定期的に内容を見直し、語句の入れ替えや最新情報への差し替えといったリライトを行い、質の向上を図ることも重要なポイントといえるでしょう。

 

関連記事: コンテンツSEO

Googleガイドラインが重要ポイント

 

Googleガイドラインには、検索エンジンの評価基準や方針が記載されているため、多くのサイト運営者にとって記事作成、あるいはサイト構築の指針といえるでしょう。

 

たとえば、需要のある情報やテキストのみが盛り込まれたコンパクト且つシンプルなコンテンツは、ユーザーにとってベストであっても、肝心のガイドラインに沿っていなければ評価が上がることはなく、検索結果も上位表示されることはありません。

 

また、Googleガイドラインにおける基本的な方針は変わらないものの、コンテンツの系統によって頻繁に異なる評価基準が更新されることから、定期的な確認は必要不可欠です。

 

関連記事: 【上級SEO対策】コンテンツに関するガイドライン

 

記事を書く前のステップ

ここからは、サイトに掲載する記事を書く前のステップについて解説していきます。コンテンツは闇雲に作成すればSEOに繋がらないだけでなく、質の低下にも繋がるでしょう。そのため、ターゲット設定や対策キーワードの策定等は欠かさず行うべきアクションとなっています。

 

ターゲットの設定

 

ターゲットの設定はマーケティングにおけるスタートラインであり、その後の効果を左右する重要なステップといえるでしょう。

一方、1人のユーザーに対して記事を掲載するわけではないため、まずはサイトの運営方針にマッチする大枠を設定してみて下さい。

たとえば、「幼いお子さんのいるママ」という大枠なら、記事毎のターゲット設定はより細かく「0歳のママ、ワーママ、育児に悩んでいる」といった形に設定していきます。

そうすることでサイトの専門性が高まり、ブランディングはもちろん継続的な流入の増加にも繋がるでしょう。

 

対策キーワードの策定

 

サイトの検索表示に繋がるキーワードの策定も重要なステップですが、その際頻繁に検索されているビッグキーワードだけを採用すると競合サイトを増やし過ぎてしまう結果となるでしょう。

 

そこでおすすめなのがロングキーワードの設定であり、2つ目、あるいは3つ目のキーワードも盛り込むことで競合サイトが減少し、検索上位に表示されやすくなります。

 

関連記事: SEOに強いコンテンツ作成方法【キーワード選定~ライティングまで】

 

ユーザーニーズを掴む

 

SEOに効果的な記事を作成するには、市場におけるユーザーニーズを満たすような内容に仕上げなくてはなりません。

 

そこで、頻繁に検索されているロングキーワードを抽出すれば、ユーザーの動向や悩みの具体的な想定が可能となります。

たとえば、「デスク 自宅 おすすめ 安い」からは安くて良質な在宅ワーク用デスクを探しているユーザーが多いという判断に繋がり、記事の内容はもちろん、今後の情報発信における切り口やマーケティング対策の指針にも活用できるでしょう。

 

競合サイトの調査

 

策定したキーワードで上位表示されている競合サイトをチェックして、文字数やコンテンツ内容を調査していきましょう。

一方、数十サイトにアクセスしていては大変な労力が発生するため、上位の5~10サイトに絞り、平均的な水準を把握するのがおすすめです。

ちなみに平均文字数が6000文字である中、2000文字程度の記事を掲載しても上位にランクインすることは難しく、ある程度見出しは模範にしつつも同じ内容ばかりでは効果的ではありません。そのため、より詳細に信頼性が高い内容を意識して、コンテンツ全体の質を高めることが重要といえるでしょう。

 

SEOに効果的な記事の書き方

 

SEO対策においては記事内容の決め方やコンテンツの拡充方法を理解するだけでなく、検索上位に上がるような内容も意識しなくてはなりません。ここからは、SEOに効果的な記事の書き方を見ていきましょう。

 

キーワードを盛り込んだ記事タイトル

 

記事タイトルは検索エンジンとユーザー双方に影響することから、最も重視したいポイントの1つであり、文字数はもちろんキーワードの盛り込み方も注意する必要があります。

実際のところ、ユーザーは必要な情報を探すために流し読みをするケースが多いため、記事タイトルに探しているキーワードがなければ簡単にスルーされてしまいます。

一方、策定したキーワードを文頭等に盛り込めば記事の内容が簡潔に伝わり、訪問数の増加に繋がるでしょう。

 

関連記事: テーマのキーワードは先に書くのが基本

 

理解しやすい見出し構成

 

サイトに掲載する記事は、策定したキーワードやユーザーニーズを的確に押さえる必要があるため、内容がブレないように見出しを設定して骨組みを作っていきましょう。

 

また、ユーザーは求める情報をピックアップする際に見出しをチェックする傾向があるため、大見出し、中見出し、小見出しと理解しやすい流れに整えて、情報を分かりやすく分類して下さい。

 

結論を冒頭で伝える

 

作文や小説における構成は起承転結が基本ですが、SEOライティングにおいては必ず結論を冒頭で伝えましょう。

実際のところ、ユーザーは求める情報があらかじめ決まっているため、有益な内容でなければ半分もスクロールせずに他サイトへ移動してしまいます。

したがって、冒頭で結論を伝えればユーザーの検索意欲を解消することに繋がり、リンク等を設けておけば他ページへの誘導も可能となるでしょう。

 

適度に画像を挿入する

 

ユーザーはテキストだけの記事よりも、適度に画像が入っている内容を好む傾向であるため、最大限関連性の強いものを選定して挿入していきましょう。

ただし、画像に頼りきった記事になってしまうと、Google検索エンジンでの評価は上がらず、表示速度の低下に繋がり、ユーザーが離脱してしまう原因となります。

そのため、解像度やサイズを調整しながら、全体的に読みやすい良質なコンテンツに仕上げましょう。

 

関連記事: 画像の最適化方法

 

オリジナリティとユーザーの利便性を意識

 

記事のテーマによっては競合サイトと似通ったコンテンツになってしまうケースは度々散見されますが、そこにオリジナリティがなければ、Google検索エンジンにコピーコンテンツと見なされてしまう要因となるでしょう。

したがって、競合サイトの見出し内容やキーワードを適度に盛り込みつつ、自社のサイトでしか得られないような体験談や取材内容、あるいは最新情報等を提供するように意識して下さい。

 

リライトを継続する

 

ある程度記事が増えてきたら、継続的にリライトを行うようにしましょう。リライトはコンテンツの質が向上することで、Google検索エンジンからの評価に繋がるだけでなく、ユーザーにとっての利便性にも寄与することから、SEOライティングにおいては重要な施策となっています。

 

リライト記事の選定

 

リライトはサイトに掲載されている全ての記事を対象とするわけではなく、閲覧数や検索順位が伸び悩んでいる、あるいは1ヶ月以上経過している記事を選定して下さい。ちなみに記事を探すのにおすすめなのは、Googleサーチコンソールという無料ツールです。

 

これは、掲載順位と記事毎の「クリック数」「表示回数」「検索キーワード(流入元)」を簡単に分析できるため、リライトを検討する際は指標にすると良いでしょう。

一方、検索結果10位以内にランクインしているような記事は、内容を変えることでかえって逆効果になってしまうケースもあるため、一先ずはそのままにしておいても問題ありません。

 

掲載順位で変わるリライトのポイント

 

記事の質を全体的に底上げし、より良いコンテンツへと昇華するためには順位毎に目標を決めてリライトしていくことがポイントといえるでしょう。

そこでここからは、リライトのポイントを検索順位毎に解説していきます。

 

10位以内

検索ページの1枚目に表示されている10位以内のページは、検索エンジンに対して効果的に働きかけられている記事になることから、まずはクリック数、閲覧時間、サイト内を回遊しているかどうかというポイントに着目しましょう。

 

そして、もし上位表示されているにも関わらず、クリックされていないのであれば、検索時に表示されるタイトル、あるいは記事の概要に問題があり、閲覧時間が短くサイト内の回遊に繋がっていないのであれば記事の書き方、導線を見直して下さい。

 

11~30位

11〜30位以内の記事は検索1ページ目に表示されるようリライトする必要があるため、同じテーマで上位表示されている記事内容との共通点が盛り込まれているか、ユーザーに対して記事の情報は足りているか、テーマと策定キーワードにズレはないか、共起語の設定は適正かどうかをチェックしてリライトを進めていきましょう。

 

特にテーマと策定キーワードにズレが生じるとGoogle検索エンジンから定評価を受ける可能性もあるため、しっかりポイントを押さえることが重要です。

 

31位以下

31位以下はGoogle検索エンジンから低品質な記事として評価を受けている状態であり、そのまま放置してしまうとコンテンツ全体にも悪影響を及ぼす原因になります。そのため、まずは記事のSEO対策が適正に行われているか分析し、加筆修正をしましょう。

一方、クリック数が多いにも関わらず検索順位が低い記事に関しては、キーワードよりも内容自体が充実していない傾向があることから、全般的なリライトを講じるのがおすすめです。

 

 

SEOを意識して記事を書くメリット

 

ここからは、SEOを意識して記事を書くメリットについて見ていきましょう。マーケティングの効果を高めるためには、押さえておくべきポイントでもあるため、是非参考にしてください。

 

高い拡散性

 

検索上位に表示されれば多くのユーザーの目に留まることから、より拡散性の高いTwitterやインスタグラム、FacebookといったSNS、あるいはブログにリンクを掲載してもらえる可能性が高まり、更に多くの流入に繋がるでしょう。

 

そのため、SEOに効果的な内容だけでなく、拡散されやすいトピックスや最新情報を盛り込むのもおすすめの手段です。

 

低コストで実施できる

 

Webマーケティングといえば、本による情報収集から始まり、ツールの導入時、場合によってはオンラインレッスンや講座を受講する等、ある程度まとまったコストが発生することも珍しくないでしょう。

 

一方、SEOライティング単体であれば自社で記事を投稿、リライトしていくだけである程度成果に繋がり、利用ツールもGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールといった無料サービスで十分となっていることから、低コストで実施できるメリットがあります。

 

自社ブランディングの確立

 

検索上位に表示されるということは、それだけでサイトの権威性をある程度証明することが可能となり、十分なコンテンツを備えていれば専門性に関しても認知されるでしょう。

 

そのため、効果的に運用できれば業界におけるブランディングの確立にも繋がるメリットがあり、信頼度の向上に加えてリピーターの獲得、そして価格競争を行わずとも新規ユーザーが増加する期待も持てます。

 

記事を書くときの注意点

 

記事を書く際は、炎上リスクや順位が低下するリスクについても注意する必要があります。また、効果がでるまでに時間がかかるケースがほとんどであるため、ここからは今後の運用のために詳しく見ていきましょう。

 

炎上リスク

 

インターネットは需要が大きく高い拡散性を誇ることから、1度炎上すると、それまでに育て上げたイメージの低下や、サイトの品質が簡単に崩れてしまうリスクがあります。

 

また、問題となるコンテンツをアップした瞬間、多くのユーザーから認識されることになり、すぐに削除しても誰かが保存していれば半永久的に記録が残ることになるでしょう。

 

また、違法性の疑われる内容、個人情報、コピーコンテンツ、そして宗教・人種・ジェンダーに関わる不適切な記事は炎上に繋がる可能性が高いことから、抵触する恐れのあるテーマを執筆する際は、特に注意が必要です。

 

効果が出るまでに時間がかかる

 

ある程度コンテンツが充実している既存サイトに記事を追加するケース、または著名人による執筆でない限りは、検索順位がすぐに上昇することはほとんどないといえるでしょう。

ちなみに毎日1記事投稿した場合でも上位表示されるまでには1年以上、テーマやキーワードによっては2年かかる場合もあります。

そのため、SEO対策においては短期目線ではなく、Google検索エンジンに情報を少しずつ読み込ませて、長期的に信頼を築いていくイメージを持つのがおすすめです。

 

放置すると順位が下がる

 

掲載記事が増えてくるとついリライト作業を忘れてしまうケースもあるでしょう。しかし、最新の情報に更新されておらず、品質が低い記事をそのままにしておくとサイト全体の低評価に繋がり、結果として検索順位も下がることになります。

 

そのため、チーム内で役割分担をして記事の掲載時期を管理しつつ、定期的に分析を行う等して、漏れのないように対策を講じるのがおすすめであり、ツール等を駆使すればより効率的に運用していけるでしょう。

 

 

SEOコンサルタントインターネット上には日々新たなコンテンツが増えており、SEO対策を施しているサイトも大変多くなっていることから、競合率も高まっています。しかし、自社ブランディングの確立や高い拡散性は、チャレンジする価値のある大きなメリットであるため、本記事を参考に是非検討してみて下さい。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る