SEOライティングの基本と初心者が押さえておくべきコツ10選を解説

SEOライティングの基本と初心者が押さえておくべきコツ10選

近年、インターネット広告やコンテンツマーケティングの市場が拡大することに伴って、SEO対策におけるライティングの重要性も高まりつつあります。

 

SEOナビゲーターそこでSEOライティングの基本を学びたい人に向けて、SEOライティングにおいて意識することや押さえるべきコツ、注意点について解説します。

 

SEOライティングとは

 

SEOライティングとは、Google等の検索エンジンで特定のキーワードを検索した際に、自社サイトのページを上位表示させることを意識して記事執筆を行うことです。

みなさんも普段の生活において何気なく調べたい単語を入力して、上から順に気になるサイトを閲覧していった経験があるかと思います。

 

しかし、これらのサイトは検索エンジンがユーザーの検索したキーワードから検索意図を予測し、必要な情報を提供していると判断したものが上位に表示されています。

 

よって、ユーザーが検索したキーワードからニーズを予測した上で過不足なく情報を提供し、Googleから評価されやすいコンテンツを作成することがSEOライティングの目的です。

 

SEOライティングをする前に意識すること

 

SEOライティングの概要について解説しましたが、いきなりライティングを始めることはおすすめできません。

 

ここでは、SEOライティングをする前に意識することについて紹介します。

 

ユーザーの検索意図を予測する

 

SEOライティングを行う上で、ユーザーの検索意図を予測することは重要です。

 

前述した通り、Googleはユーザーがなぜキーワードを検索したかを予測し、その疑問に応えられるサイトを上位表示させる仕組みとなっています。

 

よって、ユーザーの検索意図を予測し、その意図に基づいてSEOライティングを行うことができれば、ユーザーの満足度の高いページを作成することができます。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

ユーザーの疑問に過不足なく解決する

 

SEOライティングを行う上で、ユーザーの疑問をすべて解消できる情報を提供することは不可欠です。

ユーザーは何らかの疑問や解決したい悩みを持った上でキーワードを検索しており、疑問を解決できないサイトと判断されてしまえば、あっという間に離脱してしまうことは容易に想像できます。

SEOライティングを行う際には、検索キーワードに対してユーザーの疑問に過不足なく回答できているかどうかを常に意識しておきましょう。

 

Googleのガイドラインを把握しておく

 

SEOライティングをする場合、Googleのガイドラインを把握しておくことをおすすめします。Googleのガイドラインとは効果的なSEO対策におけるルールブックであり、自社サイトを上位表示させる上で理解しておくことが必須の考え方です。

 

Googleではユーザーニーズを満たしていないサイトをガイドラインに沿っていないと判断するため、Googleから評価されるためにもニーズを満たす記事を作っていくことが大切です。

 

関連記事: 【上級SEO対策】品質に関するガイドライン

 

SEOライティングで抑えるべきコツ10選

 

SEOライティングを始める前に意識することについて紹介しましたが、ここではライティングの際に抑えたいコツを紹介します。

ここで紹介するコツは、SEOライティングを行う上で可能な限り実践することがおすすめです。

 

タイトルにキーワードを含める

 

作成した記事のタイトルには必ず上位表示させたい検索キーワードを含めるようにしましょう。

 

また、含めるキーワードはなるべくタイトルの前方に用いた上で、タイトル全体も短い方が検索キーワードに対して高い効果を発揮できます。

 

しかし、キーワードの位置やタイトルの長さを意識しすぎるあまり、日本語自体が不自然になることは避けなくてはなりません。

 

タイトルを見てそのサイトページを閲覧するかどうかを決めるのはあくまでユーザーであり、内容を理解しやすく魅力的な記事内容であることをアピールできるタイトルであることが望ましいです。

 

タイトルは30文字を目安に設定する

 

記事のタイトルは、30文字を目安に設定することがおすすめです。Googleでキーワードを検索していると、タイトルが途中で切れてしまい全文を読むことができないサイトを目にすることがあるかと思います。これは、Googleがタイトルの文字数の限界を設定していることが要因です。

 

また、モバイル版ではサイトによって表示文字数が異なるものの、内容が分かりづらいタイトルではユーザーのクリック数は増やせません。

 

記事を読む前から可能な限り多くの情報を伝えるためにも、30文字を目安に記事内容を端的に伝えられるタイトルを設定することが重要です。

 

内容が一目でわかるタイトルを設定する

 

タイトルは記事の内容が一目でわかるようなものを考えて設定しましょう。タイトルは、ユーザーがキーワードを検索して一番最初に目にする情報です。

 

よって、タイトルを見て自社サイトを詳しく見てみたいと思わせることができなければ、どんなに良質な情報を提供しても意味を成さなくなってしまいます。

 

タイトルを設定する際には、具体的な数字や「初心者」「上手くなりたい」といった単語を用いて、ユーザーがクリックしたいと感じるタイトルかどうかを考えるようにしましょう。

 

見出しにキーワードを含める

 

ページ内の見出しには可能な限りキーワードを含めることが重要です。見出しはGoogleからも評価項目として重要視されている要素であり、できるかぎりキーワードや関連した単語を含めることが望ましいです。

 

また、キーワードを含めておくことで、見出しを見ただけでユーザーが記事の全体像を把握できるという効果も期待できます。全体像がはっきりしている記事であれば結論や筆者の主張が分かりやすく、記事の途中の内容もストレスなく読み進めてもらえる可能性が高まります。

 

代名詞は多用しない

 

「これ」「その」といった代名詞は多用しないように注意が必要です。

 

指示語は、読み手に指示語が指す単語を追ってもらう必要があるため、読み手が内容をスムーズに理解する妨げとなることがあります。

 

スムーズに理解できない文章だと読み手に判断されてしまうと、途中で離脱されてしまい、最後まで文章を読んでもらうことはできません。

 

よって、SEOライティングを行う際には、指示語の数はなるべく少なくなるように調整し、読み手がストレスを感じずに読み進められるような文章を作るようにしましょう。

 

共起語を使う

 

共起語とは、特定のキーワードと一緒に文章に用いられることが多い単語を指します。SEOライティングにおいて、共起語の存在は検索キーワードに次いで重要です。

 

例えば、「大学生」の共起語には、「授業、サークル、時間、教育、アルバイト」といった単語が挙げられます。

 

共起語を用いてライティングができれば、ユーザーの検索意図に対して必要な情報を提供しているとGoogleの検索エンジンが判断する確率を高めることが可能です。共起語に関しては分析ツールを用いて検索することもできるため、文章の中で自然に盛り込んでいくことがおすすめです。

 

表現のゆれを考慮する

 

ユーザーが検索するキーワードに対して、表現のゆれを考慮することで上位表示の機会を増やすことにつながります。ユーザーは検索したい意図が同じであっても、さまざまなキーワードを用いて検索を行います。

 

例えば、海外旅行を検討している人がそれぞれ「航空券」「飛行機 チケット」と検索しても、検索結果に大きな違いは生じません。

 

よって、見出し本文に同じ事柄を指す単語を複数の言い方で説明することで、表現のゆれに対応し、他の類似したキーワードでも上位表示を狙うことができるようになります。

 

冗長表現を避ける

 

基本的に、SEOライティングにおいて冗長表現は避けることが不可欠です。ユーザーの検索ニーズに答えようとすることだけを考えて文章を執筆していると、どうしても文字数だけが多くなってしまい、全体的にだらだらと長い印象を与えてしまうことが考えられます。

 

ユーザーに豊富な情報を提供することはもちろん大切ですが、不必要な情報まで盛り込まないように、なるべくコンパクトな文章を書くことが望ましいです。

 

特にネット上の記事は流し読みする人も多いため、見出しや強調表現を活用して、端的に伝えたい情報をアピールすることも効果的です。

 

画像のaltタグを設定する

 

文中に挿入した画像に関しては、altタグの設定を忘れずに行うことが重要です。altタグとは、HTMLのimgタグの中に記述される要素のひとつであり、画像が表示できない場合にaltタグに設定したテキストが表示されるようになります。

 

altタグの設定はGoogleの評価においても重要であり、altタグを設定することで画像の内容を理解してもらい、上位表示されやすくなる効果があります。

 

ただし、不自然にキーワードを含めたテキストを設定することは逆効果となってしまうため、画像を表示できないユーザーが内容を理解できるように設定することが大切です。

 

キーワードを含めたURLを設定する

 

記事を掲載するページに関しては、キーワードを含めたURLを設定するようにしましょう。URLの設定を特に行わない場合、意味を持たない数字やアルファベットがURLとして設定されますが、上位表示を狙うならURLにも気を配りましょう。

 

URLを検索キーワードに関連したものに設定することで、わずかながら検索エンジンからの評価につながり、被リンクをもらう際にもキーワードを設定していない時と比べて、高いリンク効果が期待できます。

 

URLの設定は簡単に行うことができるため、基本的に全記事に対して設定することをおすすめします。

 

SEOライティングで注意するべき点

 

SEOライティングでは良い記事を作成するスキルを身につけるだけでなく、注意しなくてはならない点があります。ここでは、SEOライティングで注意するべき点について解説します。

 

1つの見出しに複数テーマを含めない

 

1つの見出しには、1つのテーマだけを含めるようにしましょう。

SEOライティングを進める上で、見出し下の文章が長くなってくると、途中で複数のテーマが盛り込まれてしまうことがあります。

また、見出しに複数のテーマが登場してしまうと、読み手の混乱を招いてしまい、理解しづらい文章という印象を与えかねません。

複数のテーマを扱いたい場合には、見出しを新たに作成するといった手法で対応するようにしましょう。

 

関連記事: SEOにおける見出しタグの役割|h1~h6の使い方とルール

 

同じ語尾の連続

 

同じ語尾の連続は極力避けなくてはなりません。

同じ語尾を連続して書いてしまうと、文章全体が単調な印象を与えてしまい、内容の魅力も満足に伝えることができなくなってしまいます。

文末表現は意識することで連続使用を防ぐことができるため、執筆後に自分の文章を読み返したり、執筆中に自分がよく使う表現が連続していないか注意するようにしましょう。

 

キーワードの使用頻度

 

キーワードの使用頻度は多すぎないように注意が必要です。

SEOライティングにおいて、キーワードを文章に盛り込むことは不可欠ですが、必要以上にキーワードを使用した文章は「過剰SEO」と判断され、Googleからの評価を下げることになってしまいます。

SEOライティングにおいては、「1コンテンツに含まれるキーワードは5%程度」が最適と言われているため、キーワードを意識しすぎて不自然な文章を書かないように心がけておきましょう。

 

誤字・脱字

 

誤字・脱字が文章に含まれていると、Googleからユーザビリティの低い記事と判断され、検索順位を落とすこととなってしまいます。

執筆終了後に文章を読み返すことで誤字・脱字を減らすことができるため、細かい作業であっても時間をかけて行うようにしましょう。

また、チェックツールもあるため、チェックする時間がない場合には活用するのがおすすめです。

 

盗用による著作権侵害

 

盗用による著作権侵害には十分に注意する必要があります。

基本的に、ネット上の記事や画像であっても無断で引用した場合には著作権侵害にあたるため、他人のコンテンツを使用する場合にはルールを遵守することが必須です。

具体的には、引用元を明記したり、参照元リンクを記載することで引用して自分の記事に用いることが許されます。無用なトラブルを避けるためにも、引用した際にはルール通りの記載があるか確認を忘れずに行いましょう。

 

関連記事: コピーコンテンツがSEOに与える影響や対処法について解説

 

関連記事のリンク切れ

 

関連記事に関してはリンク切れに注意が必要です。外部サイトの文章やデータを利用する際に参照元のリンクを貼ることになりますが、記載したリンク先にアクセスできない場合はサイト評価を下げることになります。

 

外部サイトに関しては記事が完成して公開後にリンク切れとなることもあるため、定期的にリンクが有効であるかどうか確認する作業を行うことが重要です。

 

SEOライティングでさらに上位表示を狙うために必要なこと

 

最後にSEOライティングにおいてさらに上位表示を狙うために必要なことを紹介します。基本を理解した上でさらに上位を狙いたいと考えている人は、ぜひ実践してみてください。

 

専門性がある記事

 

専門性のある記事を書くことができれば、SEOライティングの質をさらに高めることが可能です。

 

専門性がある記事はGoogleからも高い評価を得られることがガイドラインに明記されており、特に重要な指標として掲げられています。

 

また、専門性が高いコンテンツと判断されるためには1つの分野に関して情報を発信し続けることが効果的と言われています。複数の分野に関して情報発信を行うのではなく、特定の分野に絞って発信することで専門性を高め、上位表示されるコンテンツを作り出すことが可能です。

 

関連記事: 有用性の低いコンテンツを今すぐ改善するための10項目を完全解説

 

オリジナリティを出す

 

オリジナリティは検索上位に表示させる上で必須の要素です。

 

Googleも作成した文章にオリジナリティが含まれているかどうかを評価の対象としており、競合コンテンツと同様の内容を掲載してしまうとコピーの疑いがある記事としてペナルティの対象となる可能性も考えられます。

 

また、オリジナリティを出す上では、競合コンテンツに対して特定分野の知識の深さや、幅広い情報を提供できることが大切です。

 

よって、自分自身が独自性を発揮できる分野を発掘することも、上位表示において重要な要素の1つと考えられます。

 

 

SEOコンサルタントSEOライティングはさまざまなテクニックが必要であることも事実ですが、最も重要なのはユーザーのニーズを満たすことができる記事を書くことです。ユーザーのニーズを満たす記事を作成すれば、自ずと記事は上位表示されるようになります。まずはユーザーニーズを意識しながらライティングを行うように努めましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る