記事コンテンツの制作方法とは?成功させるために必要な5ステップ

記事コンテンツの制作方法とは

インターネット上に多くのWebサイトやコンテンツがある現代において、自社のホームページを所有しているだけでは多くの閲覧数を獲得できません。閲覧数を獲得するためには、他コンテンツよりもオリジナル性が高く、ユーザーのニーズを満たす記事コンテンツの制作が必須です。

 

 

SEOコンサルタントどのようなコンテンツを制作すればよいのか、具体的な制作方法を知りたいと悩まれている方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では記事コンテンツの目的や重要性、記事コンテンツを制作方法を5ステップから詳しく解説していきます。初心者の方は、SEOライティングとは?SEOを意識したライティングのコツとポイントを解説も併せてチェックしてみてください。

 

記事コンテンツの制作とは 

 

記事コンテンツとは、インターネット上の検索ユーザーに向けて何かしらの情報を発信するコンテンツのことです。インターネット上に数えきれないほどのWebサイトがある現代では、Webサイトへのアクセスを集めるために記事コンテンツの制作が欠かせません。

 

ここでは、記事コンテンツの目的や重要性について詳しく解説していきます。

 

記事コンテンツの目的

 

記事コンテンツの目的は、運営しているWebサイトのコンテンツを充実させ多くのアクセスを集めることです。記事コンテンツを活用したマーケティング手法はコンテンツマーケティングともいいます。

 

記事コンテンツを充実させアクセスが集まるWebサイトができれば、閲覧ユーザーをファン化させることや問い合わせにつなげるなど、ゴールに向けてさまざまな施策ができます。

 

しかし、どんなに良いWebサイトでもアクセスがなければ何も効果が得られません。

そのため最終的なゴールは運営しているWebサイトによって違いますが、アクセスを集めることはどのWebサイトにおいても共通している目的です。

 

記事コンテンツの重要性

 

どの企業でもWebサイトを持つことが当たり前となっている現代では、記事コンテンツを充実させなければ自分のWebサイトにアクセスを集めることはできません。

 

なぜならWebサイトが制作初期状態の場合は競合サイトよりも優位な部分がなく、インターネット上で関連するキーワードが検索されても上位に表示されないからです。検索結果の上位に表示されなければWebサイトを認知されることはなく、アクセスは一向に増えないでしょう。

 

仮に名刺代わりとしてホームページを活用している場合は問題ありませんが、集客や問い合わせを増やす手段として考えている場合は致命的な状態といえます。したがってWebサイトを活用するには記事コンテンツを充実させ、競合サイトよりも検索結果の上位表示を目指していくことが重要です。

 

記事コンテンツの企画を考えるには 

 

企画によって記事コンテンツの質や評価が決まってくるため、しっかりと考えたうえで制作に移行することが重要です。特に他のコンテンツと内容が類似してしまう可能性もあるため、他コンテンツの分析は欠かさずに行いましょう。

 

ここでは、記事コンテンツの企画を考える際に意識すべきことを5つにまとめて詳しく解説していきます。

  1. 自社商品の強み(USP)を理解する
  2. ペルソナを意識する
  3. カスタマージャーニーを考える
  4. オリジナルのコンテンツを考える
  5. 検索ユーザーのニーズを考える

 

自社商品の強み(USP)を理解する

自社のコンテンツを作るにあたって、最初は自社の商品・サービスの強みを理解することが大切です。

 

自社の商品の強みを理解していなければ商品をPRするコンテンツを作ることもできないため、自社商品の分析は最も重要と言えます。実際に自社商品の強みを確認する際には、商品の内容を可能な限り細分化して分析していく方法が効果的です。

 

細分化してリストアップすることで、商品の強みがどんなユーザーに刺さりやすいか想像しやすくなります。

 

また、自社商品の強みを分析する際には、マーケティング担当者だけではなく、営業担当や商品開発担当にも話を聞いてみることをおすすめします。他部署の担当者に話を聞くことで、別の視点から商品を分析することが可能です。

関連記事:USPとは?USPのマーケティング効果と作り方のポイントを解説

 

ペルソナを意識する

自社商品の強みを理解したら、ペルソナを意識したコンテンツ作成を行いましょう。ペルソナとは、商品を利用するユーザー像を設定するマーケティングの手法であり、ターゲットにするユーザーの存在を仮定して、ターゲット像を明確化する作業を指します。

 

ペルソナを作成することで、作成するコンテンツの軸がぶれづらくなる点に加え、全てのマーケティング施策がペルソナを軸に検討できるようになります。

関連記事:ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

カスタマージャーニーを考える

記事コンテンツの企画を考える際は、ユーザーがコンテンツの認知から購入や問い合わせまでの過程を可視化するカスタマージャーニーが重要です。

 

コンテンツを企画する場合、どうしても制作側の一方向で考えてしまいます。しかし実際にコンテンツを評価するのはユーザーのため、ユーザー目線でどのような心理や行動につながるのかを考えなければいけません。

 

カスタマージャーニーは以下の順序で考えましょう。

 

  • 商品・サービス認知
  • 比較・検討
  • 購入
  • 使用した評価
  • リピート

自分のコンテンツに当てはめ、フェーズごとの心理やその後の行動パターンを考えます。コンテンツを公開した後の効果検証にも活用できるため、企画段階でカスタマージャーニーを作成しましょう。

 

関連記事: カスタマージャーニーマップとは?作る目的と作り方

 

オリジナルのコンテンツを考える

ユーザーに評価されるコンテンツ内容を企画するには、他のコンテンツ内容との違いが感じられるオリジナル性が重要です。ユーザーは日々の生活の中で、多くのコンテンツに触れています。

 

そのため、ありきたりな情報しか書かれていない場合や他のコンテンツと違いがない場合は、新鮮さを感じるポイントが少ないと考えられます。コンテンツ内容に新鮮さを感じられなければ、感動することや興味を持つ可能性が低くなるため、良い評価にはつながりません。

したがって多くの人に価値を与えられるようなコンテンツを制作するためにも、オリジナル性を意識して企画を考えましょう。

 

関連記事: コピーコンテンツがSEOに与える影響や対処法について解説

 

検索ユーザーのニーズを考える

 

記事コンテンツの企画において最も重要な部分が、検索ユーザーのニーズを考えられていることです。そもそも、ユーザーは何かしらのニーズがあり、ニーズを解決する手段として検索をしています。

 

例えば、「分からないことを解決したい」や「気になっている情報を知りたい」などがニーズです。仮に検索ニーズと的違いな内容であれば、良い評価を得られないだけでなくユーザーの早期離脱にもつながります。そのため、ニーズを満たすコンテンツ企画であるかを意識することが重要です。

 

またユーザーのニーズを考える場合は、検索キーワードの上位に表示されているサイトやサジェストワードをヒントにしましょう。Yahoo!知恵袋もニーズ分析には向いているため、活用をおすすめします。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

Webコンテンツ制作におけるビジネス上のメリット

 

コンテンツから集客を行うことができれば、コストや時間をかけすぎずに売上を伸ばすことも可能です。今回は、コンテンツの中でも「Webコンテンツ」に絞って、Webコンテンツ作りを行うべき理由について解説します。

 

競合が少ない

Webコンテンツ作成は、ほとんどの企業が時間や費用をかけようと考えていないため競合が少なく、良質なコンテンツを作成すれば効果的に自社商品をアピールすることが可能です。

 

実際にWebコンテンツを作成しようとした場合、コンテンツを作るための準備や人員を割く上でコストが発生することは事実です。加えて、Webコンテンツは公開後にすぐ効果が出るという訳ではないことも多く、費用対効果が悪いと感じる人も一定数います。

将来的には多くの企業がWebコンテンツの作成に力を入れ始めることも考えられますが、現状は競合が少ないため、効率よく自社のコンテンツをアピールすることができます。

 

企業規模に関係なくコンテンツは作れる

Webコンテンツは、企業規模に関わらずすべての企業が作ることができるコンテンツです。コンテンツ作成のために費用は発生しますが、実際にはホームページ作成やコンテンツ作成にまとまった資金が必要となることはありません。

 

また、ホームページ等のWebコンテンツは公開できる情報量に制限がないため、小規模の企業であっても大量のコンテンツを公開することが可能です。

 

テレビCMやチラシ広告であれば、企業の資金力がそのまま発信できる情報量に直結するため、中小企業ではどうしても勝ち目が薄くなってしまいます。

よって、Webコンテンツを活用すればコンテンツを作成した分だけ企業規模に関わらず発信活動に活かすことが可能です。

 

他媒体よりも効率よく情報発信ができる

Webコンテンツは、他媒体でコンテンツを作成して発信するよりも費用や時間の効率が良い点が特徴です。

例えば、普段目にしているコンテンツの1つであるテレビCMの場合、構成や起用する芸能人を考え、撮影を行ってから公開されることになります。テレビCMはWebコンテンツ以上にユーザーの目に触れやすいケースもありますが、実際には費用や時間を大幅に消費するやり方です。

一方で、Webコンテンツは費用を抑えた上で、素早くコンテンツを公開することが可能です。

Webコンテンツの作成から公開までに発生する費用は、分析ツールやホームページのサーバー代等と限られており、個人でも支払うことができる金額です。また、コンテンツが完成し次第、すぐにネット上に公開することができるため、スピード感を持って自社商品のアピールをすることができます。

 

記事コンテンツ制作を成功させる3つのポイント 

 

記事コンテンツ制作を成功させるには、ユーザー目線でコンテンツの良し悪しを判断することが重要です。特にコンテンツの質と量は、Googleが評価するポイントでもあるため重要視しましょう。

 

ここでは、記事コンテンツ制作を成功させる4つのポイントについて詳しく解説していきます。

 

  1. コンテンツの質と量
  2. コンテンツの制作目的
  3. SEOライティング
  4. 情報収集

 

コンテンツの質と量を意識する

 

成功する記事コンテンツは、必ず質と量が高い基準であるといえます。具体的には、他のコンテンツと比べて専門性や信頼性の質が高く、情報の網羅性から量が意識されているコンテンツです。

 

またコンテンツの質と量は、Googleがコンテンツの良し悪しを判断するうえで重要視しているポイントにもなります。

 

なぜかというと、インターネット上に公開されているコンテンツ量が増えるに伴って、低品質なコンテンツも増加してしまったためです。低品質なコンテンツはユーザーの求めているものとかけ離れており、不快なイメージを与えてしまいます。

 

したがって、ユーザー目線でコンテンツの質と量が良いと思える制作を行いましょう。

 

コンテンツの制作目的を明確にする

 

記事コンテンツで成功するにはコンテンツの制作目的を明確化し、制作過程でブレない状態にすることが大切です。仮に一貫性のないコンテンツを制作した場合、上手く問い合わせにつなげる導線が作れないことや、そもそもアクセスが増加しないなどの問題が発生してしまいます。

 

また記事コンテンツの制作には時間や労力が必要となるため、結果的に無駄にしてしまうこともあるでしょう。

 

最初からコンテンツの目的を明確化させていれば、成果を出すための方向性が定まるため、最短で成果につながるメリットもあります。最短で成功させるためにも、記事コンテンツを制作する前に目的の明確化をしましょう。

 

SEOライティングを意識する

 

記事コンテンツで制作する中では、ユーザーの読みやすさやSEOを意識した執筆が欠かせません。特に現代ではスマートフォンなどのモバイル端末で閲覧するユーザーが多いため、モバイル視点での見やすさが重要です。

 

SEOライティングでは重要なことは以下になります。

 

 

  • 結論から伝える
  • 図や箇条書きを使う
  • モバイル端末の見やすさを考える

それぞれ、詳しく解説していきます。

 

 

結論から伝える

SEOライティングでは結論から執筆することが大切です。実際、ユーザーは1つの記事を最初から最後まで丁寧に閲覧することはなかなかありません。基本的には必要な部分に絞って閲覧するため、求めていることが書かれていない記事と判断されれば離脱につながります。

 

したがって記事の流れは最初に結論を述べ、その後に結論に対する理由や具体例を執筆しましょう。記事全体はもちろんのこと、各見出しや小見出しにおいても結論から伝えることが重要になります。

 

図や箇条書きを使う

記事の執筆では、文章のみで埋め尽くすことがないように注意しましょう。効果的な方法は、適度に図や箇条書きを使用し重要点を伝えることです。

 

普段Webサイトを閲覧していれば感じやすい部分ですが、文章のみで構成された記事は読みにくいだけでなく、読んでいて疲れてしまいます。

 

したがって少しでも説明が分かりづらいと感じるような場合は、積極的に図や箇条書きを使って説明しましょう。また、アンダーラインや太字などの文字装飾も効果的な方法です。

 

モバイル端末の見やすさを考える

基本的に記事を執筆する場合はパソコンで編集や更新を行うことが多いですが、モバイル端末で表示された場合の見やすさを意識することが大切です。

 

現代では、パソコンよりもモバイル端末でWebサイトを閲覧する人が多いと言われています。モバイル端末はパソコンと比べて幅が狭くなり文章が密集したように感じてしまうため、適度な改行や1文の長さを短くしましょう。

 

記事を公開する前は一度モバイル画面のサイズで表示し、見やすさを確認することが効果的です。

 

コンテンツ作成における情報収集方法

 

最後にコンテンツを作成する際の情報収集の方法について紹介します。

良質なコンテンツを作るためには、良質な情報を集める必要があるため、ライティング同様に情報収集は重要です。実際に、情報を集める効果的なやり方についてみていきましょう。

 

情報ソースを確認しながら調べる

 

コンテンツ作成にあたって情報収集をする際には、情報ソースを確認することが重要です。

情報を集める際には基本的にインターネットを通じて集めることになりますが、ネット上の情報にはウソが含まれていることも大いに考えられます。

特に、個人が運営しているブログ等に書かれている情報はソースを特定できない限りは引用することは危険です。

また、Webサイトの中にはアクセス数の増加だけを第一に考えて、いい加減な記事を書いているケースも少なくはありません。自分が使いたい情報に関しては、ソースを確認する作業もセットで行うように心がけておきましょう。

 

検索上位サイトを中心に調査する

情報収集する際には、最初に検索上位サイトを中心にみていくことをおすすめします。

検索上位に表示されるサイトは、Googleからユーザーの欲求を満たしているコンテンツだと判断されています。

よって、上位サイトを分析することで検索キーワードに対して、ユーザーが求めている情報を具体的に把握することが可能です。

また、上位サイトを調査する際には、見出しに注目することも効果的です。見出しにはそれぞれテーマが設定されており、良質なコンテンツに含まれるテーマはユーザーの欲求と重なる場合がほとんどであるため、盛り込むべきテーマを瞬時に掴むことができます。

 

SNSでキーワード検索してみる

SNSで特定のキーワードを検索してみることも効果的です。Google等の検索エンジンを通して情報収集を行う場合、サイトによっては自社商品の販売を促したり、アフィリエイト目的でコンテンツが作られているため、本当の評価が見えにくくなるケースがあります。

一方で、SNSではネットの情報にはない「リアルの声」を聞くことができるため、正直な評価やクチコミを見つけることが可能です。

SNS単体で満足な情報量を集めることは難しいですが、他のやり方で集めた情報の裏付けとしてTwitter等を確認することをおすすめします。

 

 

記事コンテンツを制作する5ステップ 

 

記事コンテンツの制作はいきなり取り掛かるのではなく、ユーザー分析から始めるなど順序に沿うことが成功のポイントです。

 

具体的には以下の5ステップで行いましょう。

 

  • ペルソナの設定
  • キーワードの選定
  • 構成案の作成
  • ライティング
  • 効果検証

それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

 

 

ペルソナの設定

 

記事コンテンツの制作前に大切なことが、コンテンツのターゲットを明確化するペルソナ設定です。コンテンツをどのようなユーザーに向けて制作するのか、どのポイントをユーザーに響かせるのかを定めるために必要な作業となります。

 

ペルソナ設定では性別・年齢・職業など、できるだけ現実にいる人物像に見立てて考えましょう。基本情報以外にもライフスタイルや趣味などを設定し、ユーザーの心理状態までを意識することが効果的です。

 

また一度設定して放置するのではなく、定期的な見直しも大切です。設定するタイミングごと時代の変化を取り入れることができれば質の高いペルソナを設定でき、よりユーザーに響くコンテンツが制作できます。

 

関連記事: ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

キーワードの選定

 

記事コンテンツは、1コンテンツに対して1つ以上の検索キーワードを選定し対策しましょう。仮にキーワードに向けた対策がなければ検索ユーザーのターゲット化が行えず、不特定多数のユーザーに向けたコンテンツとなってしまいます。

 

不特定多数と考えると一見多くのユーザーに閲覧されるように感じますが、中途半端な記事は検索の上位に表示されないため閲覧数は多くなりません。したがって、ペルソナ設定やコンテンツの目的から検索キーワードを考えることが大切です。

 

また、キーワード選定では検索ボリュームも意識しましょう。基本的には検索ボリュームが多い「ビッグワード」ではなく、複数のキーワードから構成され月間検索ボリュームが1,000程度の「ミドルワード」や「スモールワード」がおすすめです。

 

キーワードに対する需要はあるが、検索上位の表示が現実的である点を重要視しましょう。

 

関連記事: SEOに強いコンテンツ作成方法【キーワード選定~ライティングまで】

 

構成案の作成

 

記事コンテンツのライティング前には必ず構成案を作成しましょう。構成案を考えると、他コンテンツと比較しながらコンテンツ内容を決められることや、スムーズにライティングを進められるメリットがあります。

構成案で考える項目は以下になります。

 

 

  • タイトル
  • 見出し
  • 書き出し
  • 大枠のライティング内容

構成案の中でも、見出しは競合となる他コンテンツを分析したうえで考えましょう。見出しはコンテンツの骨組みとなるため、構成の雑な見出しであれば質が低いコンテンツになってしまいます。

 

他コンテンツの内容を網羅しつつユーザーのニーズを満たせる構成案の作成が、最終的に質の高い記事コンテンツへとつながります。

 

ライティング

 

ライティングにおいては、ユーザー目線での読みやすさとニーズを満たす内容を重点的に意識しましょう。ユーザー目線での読みやすさではSEOライティングが効果的です。モバイル端末でも見やすいように、適度な改行や図の活用が重要になります。

 

そして記事コンテンツのライティングにおいて最も重要といえるのが、ユーザーのニーズを満たす内容です。ユーザー目線で求めている内容とかけ離れていることがないように注意しましょう。

 

適切な内容をライティングするためには、ユーザーのニーズを徹底的に考えることが大切です。記事コンテンツの制作前にカスタマージャーニーやペルソナを設定できていない場合は、再度考え直してからライティングすることをおすすめします。

 

効果検証

 

記事コンテンツを制作し公開した後は、選定したキーワードにおける検索流入数や検索順位の確認が欠かせません。予想通りに閲覧されている場合でも、より検索上位に表示されるための対策を考えることが大切です。

 

また公開から期間が経過しているコンテンツは、構成案の練り直しやリライトすることをおすすめします。なぜなら、期間が経過すると検索ユーザーのニーズや選定キーワードに変化が起こり、ニーズからズレた内容になっている可能性があるためです。

 

どの記事においても定期的な更新を意識し、質の向上を目指していきましょう。

 

まとめ

SEOコンサルタントWebサイトを活用して集客を行うには記事コンテンツの制作が欠かせない要素です。また良質な記事コンテンツを制作するには、いかにユーザーの立場から客観視できるかが重要となります。記事コンテンツは順序に沿って制作し、定期的な更新を踏まえて成果を上げていきましょう。実際に記事コンテンツを制作する際は、本記事で紹介した5ステップを参考にご活用ください。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら