Google画像検索の仕組みとは?活用方法から検索方法までを解説

Google画像検索の仕組み

Googleは日本人の大半が利用するほど、便利な検索エンジンの一つです。しかしキーワードが思いつかない場合や商品名などを知りたい場合には、テキストを入力する通常検索で調べられないこともあります。そのため、このような場合におすすめなのが、画像を用いたGoogle画像検索です。

 

SEO上級コンサルタント本記事ではGoogle画像検索の活用方法や仕組み、具体的な検索方法について詳しく解説していきます。

 

Google画像検索とは

 

Googleの画像検索とは、画像を用いた検索方法のことです。一般的な検索は検索窓にテキストを入力しますが、画像検索では自分が所有している画像やインターネット上の画像をアップロードし活用します。

 

そのためテキストでは言い表せない内容や、名前の分からない商品・人物についても検索できる点が特徴です。

 

他にも類似画像の検索や無断転載の確認なども行えるため、活用次第ではテキスト検索より便利に検索できるといえるでしょう。

 

ここでは、Google画像検索の仕組みについて詳しく解説していきます。

 

Google画像検索の仕組み

 

Google画像検索は主に以下の流れとなります。

 

  • 検索エンジンがアップロードした画像を認識
  • インターネット上から類似した画像情報を調査
  • 関連する画像を表示

検索エンジンでは日々インターネット上のサイトを巡回し、データベースへサイトの情報を登録(インデックス)しています。

 

本来、検索エンジンは画像を画像ファイルとして認識できません。しかしインデックスする際に本文のテキスト情報などから画像の内容を判断しているため、画像が表す具体的な意味を理解している状態となります。

 

そしてアップロードされた画像をもとに、インデックスされている情報の中から類似した画像情報を引き出すという仕組みです。

 

また検索エンジンは日々画像認識の精度が上がっているため、今後はさらに検索レベルが高まるといえるでしょう。

 

Google画像検索の活用方法 

 

類似画像の検索が一般的な活用方法ですが、人物名の検索やフリー素材の配布元の確認にも利用できます。その他にも無断転載の確認など幅広い活用方法があるため、積極的に使いこなしていきましょう。

 

ここでは、Google画像検索の活用方法について詳しく解説していきます。

 

類似画像を検索できる

 

画像検索には「類似画像検索」機能が備わっており、似ている画像を検索できます。

 

例えば犬の画像を検索した場合、検索エンジンが犬の種別を自動判断するため、同じ種別や似ている種別の画像が表示されます。

 

類似画像検索の例

  • 「柴犬」の画像を検索
  • 関連する検索結果:「秋田犬」や「北海道犬」が表示

そのため同じ画像が使用できない場合、複数の似ている画像を使用したい場合などには有効活用できるでしょう。

 

特に言葉では上手に表現できない雰囲気や様子を検索したい際には、類似画像検索がおすすめです。

 

画像の人物について調べられる

 

Google画像検索で人物の画像を検索すると、人物に関する情報を調べられます。

 

仮に「アインシュタイン」の画像を検索した場合、関連する検索結果に「アルベルト・アインシュタイン」の名前と関連画像が表示されます。

 

また画像の他にも、

 

  • 職業
  • 人物の概要

が表示され、人物に関する簡易的な情報収集が可能です。

 

「写真はあるが人物名は分からない…」といった状況は起こりやすいため、利用する機会が多い方法といえます。

 

気になる商品や商品名を探せる

 

前述では人物に関する情報でしたが、他にも商品画像を検索することで、気になる商品や不明な商品名について調べられます。

 

例えば実店舗で見つけた商品や数年前に購入した商品など、商品名が分からない状況の場合、商品写真を撮影し画像検索すると、

 

  • 商品名
  • 商品詳細
  • 販売元
  • 商品の販売サイト
  • 商品の販売価格

などが表示されます。

 

他にも以下のような活用方法が可能です。

 

  • 商品の一部のパーツについて知りたい
  • 商品の取り扱い店舗を知りたい
  • 在庫切れのため似ている商品を検索したい

画像を撮影するだけでどんな商品も検索できるため、商品名が不明な場合は「まずは画像検索してみる」といった選択ができます。

 

フリー素材の元サイトを探せる

 

画像検索では動物・人物・商品など実在する内容だけでなく、インターネット上にあるイラストや画像なども検索できます。

 

サイトを運営している方であれば、

 

  • 他サイトが使用している画像の配布元を知りたい
  • 他サイトが使用している画像の類似画像が欲しい

など、他サイトの画像を有効活用したい場合も多いのではないでしょうか。競合サイトであれば同じ画像を使うわけにはいかないこともあります。

 

このようなときに画像検索を活用すると、似たテイストではあるが異なるイラストや画像が入手可能です。サイト運営では画像を活用する機会も多いため、画像検索によって幅を広げられる点は強みといえるでしょう。

 

画像の無断転載を確認できる

 

前述では他サイトや競合サイトの画像活用でしたが、自サイトの画像を検索することで、無断使用や無断転載を確認できます。

 

自分が制作した画像には著作権が存在するため、他サイトの活用を見過ごさないようにしましょう。特に多いケースは、通販サイトの商品画像における無断転載です。あたかも自社商品のように利用していることも多く、問題視されやすい要素といえるでしょう。

 

後々さまざまな問題発生も考えられるため、定期的な無断転載の確認を行ううえでも、Googleの画像検索は活用できます。

 

Google画像検索のメリット

 

Google画像検索のメリットは、文字化できない情報や内容でも検索できることです。

 

現代では検索エンジン=Googleといっても過言ではないほど、Googleの検索エンジンでは多くの情報を調べられます。ただし検索にはキーワードを入力する必要があり、検索キーワードが分からなければそもそも検索ができません。

 

そのためキーワードに表せない内容は検索しづらいことがデメリットでしたが、画像検索であれば一つの画像で通常の検索と同等の情報を調べられます。

 

また撮影さえすれば、どんなものでも検索できる点が魅力的なポイントです。

 

類似検索においてもさまざまな用途に活用できるため、通常検索のデメリットを補うためにも欠かせない方法といえるでしょう。

 

Google画像検索のデメリット

 

画像検索のデメリットとして考えられることは、検索する画像の関連画像や類似画像がインターネット上に存在しない場合、検索の精度が下がることです。

 

当然ではありますが、インターネット上に存在しない情報の検索はできません。画像検索であれば、画像としてアップロードされている必要があります。

 

そのため内容によっては通常検索では調べられても、画像検索では調べられないといった可能性も考えられます。

 

とはいえ画像検索では調べられても通常検索では調べられないというパターンも存在するでしょう。したがって画像検索と通常検索の両方を活用し、検索の精度を少しでも高めることが重要です。

 

Google画像検索の方法 

 

Google画像検索では、スマートフォンのなかでもGoogleアプリやchromeアプリからの検索、そしてPCからの検索など複数の方法があります。

 

  • スマートフォンで検索する
  • PCで検索する
  • 画像のURLから検索する
  • 画像の色やサイズを指定して検索する

今回は、大きく分類した上記の4つの方法から詳しく解説していきます。

 

スマートフォンで検索する

 

スマートフォンで画像検索を行うには、Googleアプリのchromeアプリを活用します。iPhoneを使用する場合、Safariで画像検索は行えないため注意をしましょう。

 

具体的な方法は以下のとおりです。

 

キーワードから画像を検索

  • Googleアプリを開くか、chromeアプリでimages.google.comにアクセス
  • 検索窓にキーワードを入力する
  • 検索結果から画像を選び、右上アイコンの「この画像を検」を選択
  • 関連する検索結果や類似画像が表示

 

画像をアップロードし検索(Googleアプリのみ)

  • Googleアプリを開き、カメラのアイコンを選択
  • 画像アイコンをタップし
  • デバイス内の画像一覧から該当する画像を選択
  • 画像がアップロードされ、関連する検索結果や類似画像が表示

 

インターネット上の画像を検索

  • インターネット上で、検索する画像を長押し
  • chromeアプリの場合は「この画像をGoogleで検索」をクリック
  • Googleアプリの場合は「Googleレンズで検索」をクリック
  • 関連する検索結果や類似画像が表示

 

PCで検索する

 

PCを活用した画像検索は、基本的に「images.google.com」にアクセスする流れとなります。

 

具体的な方法は以下のとおりです。

 

キーワードから画像を検索

  • images.google.comにアクセス
  • 検索窓にキーワードを入力する
  • 検索結果から画像を選び、右上アイコンの「この画像を検」を選択
  • 関連する検索結果や類似画像が表示

 

画像をアップロードし検索(Googleアプリのみ)

  • images.google.comにアクセス
  • カメラのアイコンを選択
  • 「画像アップロード」をクリックし、ファイルを選択
  • 画像がアップロードされ、関連する検索結果や類似画像が表示

 

インターネット上の画像を検索

  • インターネット上で、検索する画像を選択
  • 「Googleで画像を検索」をクリック
  • 関連する検索結果や類似画像が表示

 

画像のURLから検索する

 

Google画像検索では、キーワード入力や画像のアップロード以外にも、画像のURLから検索できます。

 

具体的な方法は以下のとおりです。

 

  • インターネット上で、検索する画像を選択
  • 「画像アドレスをコピー」を選択
  • images.google.comにアクセス
  • カメラのアイコンを選択
  • 「画像のURLを貼り付け」を選択し、コピーしたURLをペーストする
  • 「画像で検索」をクリック
  • 関連する検索結果や類似画像が表示

手持ちの画像を使用する場合は、画像アドレスをコピー次第「images.google.com」にアクセスしましょう。

 

画像の色やサイズを指定して検索する

 

最後に紹介する方法は、検索ツールを活用し画像の色やサイズを指定した検索です。通常の画像検索よりも結果を絞り込めるため、検索精度を高めたい場合に活用できます。

 

絞り込みの条件はこちら。

 

  • 色:すべての色・フルカラー・透明・白黒・オレンジ・緑・ピンクなど
  • サイズ:すべてのサイズ・大・中・最小サイズ・サイズ指定など
  • 時間:指定なし・24時間以内・期間を指定など
  • 種類:すべての種類・写真・線画・顔・アニメーションなど
  • ライセンス:ライセンスでフィルタリングしない・再使用が許可された画像・非営利目的での再使用が許可された画像など
  • その他のツール:サイズを表示・すべての検索結果など

 

画像検索に活用できるサイト・検索エンジン 

 

画像検索ではGoogle以外にも、専用のサイトや検索エンジンが存在します。特に画像検索エンジンでは、40個以上のフリー素材サイトをまとめて検索できるため、効率良く画像を調べる際にはおすすめです。

 

ここでは、画像検索に活用できるサイト・検索エンジンを以下の4つに絞って紹介していきます。

 

  • TinEye
  • SauceNAO
  • O-DAN
  • タダピク

 

TinEye

 

TinEyeは類似画像だけでなく、画像の出典や使用方法について調べられるサイトです。検索方法は画像URLの入力と画像のアップロードになり、無料で利用できます。

 

表示される情報はこちら。

 

  • 画像のURL
  • 画像のファイル名
  • 画像サイズ
  • インデックスの日付
  • 掲載されているサイトURL

またサイト版以外にもchromeのプラグインで「TinEye Reverse Image Search」があり、ブラウザ上から直接画像の検索が行えます。頻繁に画像検索を行う方であれば、プラグインのインストールもおすすめです。

 

SauceNAO

 

SauceNaoは無料で利用できる画像検索サイトで、シンプルなサイトデザインが特徴です。

 

基本的には画像をアップロードし、類似画像を検索する流れとなります。表示される情報はこちら。

 

  • 画像のURL
  • 画像のタイトル・サムネイル
  • 掲載されているサイトのユーザーID
  • ユーザー名
  • 類似度

またSauceNaoでは類似画像をもとに、さらなる類似画像が検索できます。連鎖的に画像を探せるため、効率良く類似画像の検索を行いたい場合におすすめのサイトです。

 

O-DAN

 

O-DANはフリー素材を扱う41個のサイトを、同時に検索するための画像検索エンジンです。

 

Pixadayをはじめ、UnspashやPexelsなど有名なサイトの検索も行えます。

O-DANの主な特徴はこちら。

 

  • 全ての画像が著作権フリー
  • 全ての画像が商用利用可
  • 登録不要
  • 41個のサイトからまとめて検索可

シンプルなデザインかつ簡単な操作のため、画像検索の軸として活用している人も多いといえるでしょう。また利用する際は会員登録やログインが必要なく、日本語に対応している点もポイントです。キーワードから多くの画像を検索したい場合には、O-DANをおすすめします。

 

タダピク

 

タダピクは44個のフリー素材サイトから検索できる画像検索エンジンです。

 

海外サイトだけでなく、日本のサイトを活用できる点が特徴になります。

 

タダピクの主な特徴はこちら。

 

  • 全ての画像が著作権フリー
  • 全ての画像が商用利用可
  • タグから検索可能
  • 44個のサイトからまとめて検索可

キーワード検索はもちろんのこと、タグ付けを活用しさまざまな絞り込み検索が行えます。

 

検索エンジンのサイトは表示される画像数も多いため、画像選びに時間をかけてしまうことも多いでしょう。そのためタダピクのように条件で絞り込めると、効率良く求めている画像を検索できます。

 

 

SEO上級コンサルタントまじめ【まとめ】本記事ではGoogle画像検索の仕組みや、活用方法から検索方法までを詳しく解説してきました。Googleの通常検索も十分優秀ではありますが、なかにはどうしても言葉で表せない内容も存在します。そのため画像検索を活用し、類似画像の検索や無断転載の確認など、画像の強みを活かしていきましょう。またより多くの画像検索を行う場合には、本記事で紹介した画像検索サイト・画像検索エンジンも参考にしてください。

 
 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

上級SEOコンサルタント

上級SEOコンサルタント 坂口 直樹

新潟大学大学院を卒業後、事業会社で10年働く間にSEOに出会う。自身でサイトを多数立ち上げ、実験と検証を繰り返しながらSEOを研究。お金に変えることを目的とはせず、ユーザーに何が有益かを問い続け改良を繰り返すうち、「インターネット上の真実ではない情報を正してユーザーのためになる情報を発信する」という天啓を得る。現在は東京SEOメーカーの上級SEOアドバイザーとしてアサイン。