東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO対策あるある外部リンク対策「インデックス除外された」

SEO対策あるある漫画‐インデックス除外された① SEO対策あるある漫画‐インデックス除外された② SEO対策あるある漫画‐インデックス除外された③ SEO対策あるある漫画‐インデックス除外された④ SEO対策あるある漫画‐インデックス除外された⑤ SEO対策あるある漫画‐インデックス除外された⑥

その四 脱サラ起(企)業家編 「インデックス除外された」

Googleにインデックスされたページは、”site:https://~.com”でGoogle検索すれば、出てきます。[site:]をURLの前に付けてもそのページが出てこなければ、そのページは、Goolgeにインデックスされていないということです。インデックスされない理由はいくつかありますが、今回のケースはあまりにもサイトページのコンテンツの質が低く、品質が低いサイトページがGoogleにインデックス除外されたケースです。

コンテンツの質が低いページとは、他のサイトや自社の同じサイト内で類似率やコピー率が高いページです。類似率が高いサイトは、Googleにミラーサイトと認識されてしまい、サイトの評価を下げてしまいます。ミラーページが多ければドメイン自体にぺナルティを受けて対策ワードで圏外に飛ばされてしまう事もありますので、注意が必要です。

Google Search consoleでは、除外された一覧を確認することができます。除外されたURLは、ページリダイレクトされたURLやno indexされているURLがありますが、これらは問題ありません。

問題なのは、今回のように、Googleのロボットがクロールしに来たにもかかわらず、インデックスされなかったページ群です。これらページ群は、Googleの方で品質が低く表示しないと判断したものです。

これらページ群は、他のサイトと類似率が高いページや中身のないコンテンツの薄いサイトです。

よって、これらのURLは、削除するかそのページのテーマで厚いコンテンツへのリライトをしてリッチコンテンツ化する必要があります。不用意にそのままにしておくとサイト自体の評価が下がる可能性もあります。

リッチコンテンツ化するには、Googleに評価されるWEBライティングが重要です。

>>Googleに評価される本質的なライティングはこちらをチェック

SEOコンサルタント
SEOコンサルタントより

WEBサイトを対策ワードで上位表示へと育てるには、サイトページ数=インデックス数(Googleのデータベースに保存されたページ数)+良質な外部リンクの両輪が必要不可欠です。ただ、インデックス数を増やすためにページ数を量産しても、現在のGoogleアルゴリズムでは、低品質と判断されたコンテンツページは除外されてしまいます。よって、1ページ1ページ内容の濃いページコンテンツを作成することが現在では求められています。一度プロのコンテンツ作成を依頼してみると良いです。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る