東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

RankBrain(ランクブレイン)-漫画SEO用語集⑥

ランクブレイン①‐漫画SEO用語集⑥ランクブレイン②‐漫画SEO用語集⑥ ランクブレイン③‐漫画SEO用語集⑥ ランクブレイン④‐漫画SEO用語集⑥ ランクブレイン⑤‐漫画SEO用語集⑥

漫画SEO用語集その6‐RankBrain(ランクブレイン)

 

RankBrain(ランクブレイン)とは?

RankBrain(ランクブレイン)とは2015年頃にRankBrain(ランクブレイン)というものが導入されました。RankBrain(ランクブレイン)とは、検索ユーザーが入力する検索キーワードを理解するため自ら学習して進化する人口知能システム(AIがベース)です。話し言葉や中途半端な言葉に対しても、検索ユーザーがほしい検索結果を表示できるように、学習して精度を上げています。音声解析、画像解析などもでき人間の脳以上の働きをします。1秒間に数百万もの検索キーワードを処理し、初めて検索されるキーワードも処理出来るようにRankBrain(ランクブレイン)の機能が使われています。

SEOの王道は、ユーザーがキーワードを入れて検索したときに、ユーザーが本当に欲しい情報を提供するサイトを構築して運用していくことです。

あらゆる点において明らかに優れていて、付加価値をユーザーに提供している、そんなページが上位表示されるべきとgoogleも言及しています。

RankBrain(ランク ブレイン)というアルゴリズムはユーザーの検索クエリをより的確に理解し、そのクエリに最も関連性が高いページを検索結果で表示します。

よって、各検索クエリによって関連する文章はどういうものなのかGoogleのアルゴリズムは理解しているという事になります。

しかし、Googleが最終的に目指していることがRankBrainの登場によって変化したわけではなく、やはり、今後ともユーザーが本当に欲しい情報を提供するサイトを構築して運用していくことが大事です。

 

 

SEO最適化MENRankBrain(ランクブレイン)はいかがでしたか。GoogleのAIアルゴリズムと言えば、このRankBrain(ランクブレイン)がすぐに思いつきますね。検索クエリと関連性の高い良質なコンテンツを作ることは、このRankBrainという検索アルゴリズムの役割を意識したうえで対策していくと良いです。ユーザーファーストを実現するために投入されたと言っても過言ではないアルゴリズムです。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る