東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO対策あるある 検索品質評価「YMYL」

SEO対策-YMYLとは1 SEO対策-YMYLとは2 SEO対策-YMYLとは3 SEO対策-YMYLとは4 SEO対策-YMYLとは5 SEO対策-YMYLとは6

その四 ショップオーナー編 「YMYL」

SEO対策の落とし穴ともいえる「YMYL」について取り上げました。

人の幸福、健康、安全、お金などに大きくかかわる可能性のある特定の7つのジャンルでは、Googleはコンテンツの評価基準をより厳しくして、より検索結果の品質を高めようとしています。YMYLの領域では、厳しくコンテンツページをチェックするガードマンのロボットがいるようなイメージを持って慎重に対応した方が良いです。

>>YMYLとは?対象ジャンルの詳細はこちら

YMYLに該当する分野でSEO対策をする場合、YMYLそのものをスコア化するアルゴリズムは存在しない(※Google・Gary Illyes氏がコメント)ので具体的に「こうすれば大丈夫」といった対策はありません。

こういう場合こそ、王道のSEO対策を思い出し、「信頼性の高い、ユーザーにとって安心できる有益な情報を提供する」にはどうすればよいかを考える必要があります。

そう考えていくと、その情報の裏付け、根拠、記事を書いた人の情報を明記するのはもちろんの事、正確な情報を伝えていきましょう。

SEOコンサルタント
SEOコンサルタントより

GoogleのガイドラインによればYMYL以外にも様々な評価基準があります。YMYLとともに押さえておきたいのは、E-A-Tです。E-A-Tとは専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness )の頭文字を取った言葉で、YMYLページはほとんどの場合で大きくかかわってきます。E-A-Tについてはこちら
YMYLとE-A-Tについては一度専門家の対応とやり方を聞くと良いでしょう。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る