誰でも反響を得られるコンテンツの作り方8ステップを解説

コンテンツの作り方8Step

コンテンツ作成は自社商品をアピールする上で有効な手段の一つです。しかし、ユーザーが満足できるコンテンツを作ることができなければ、コンテンツを作成した効果は期待できません。

 

SEOナビゲーター自社商品を効果的にアピールするためにも、コンテンツを作る上で重要な考え方や、良質なコンテンツを作る手順について解説します。

 

コンテンツを作る上で重要な考え方

 

コンテンツ作成のためには、自社商品の強みやプロモーション戦略がない状態では、難しくなります。そこで、以下の3つのポイントを抑えることが必要です。

 

  • 自社商品の強みを理解する
  • ペルソナを意識する
  • カスタマージャーニーを意識する

各ポイントについて見ていきましょう。

 

自社商品の強みを理解する

 

自社のコンテンツを作るにあたって、最初は自社の商品・サービスの強みを理解することが大切です。

 

自社の商品の強みを理解していなければ商品をPRするコンテンツを作ることもできないため、自社商品の分析は最も重要と言えます。実際に自社商品の強みを確認する際には、商品の内容を可能な限り細分化して分析していく方法が効果的です。

 

細分化してリストアップすることで、商品の強みがどんなユーザーに刺さりやすいか想像しやすくなります。

 

また、自社商品の強みを分析する際には、マーケティング担当者だけではなく、営業担当や商品開発担当にも話を聞いてみることをおすすめします。他部署の担当者に話を聞くことで、別の視点から商品を分析することが可能です。

 

ペルソナを意識する

 

自社商品の強みを理解したら、ペルソナを意識したコンテンツ作成を行いましょう。ペルソナとは、商品を利用するユーザー像を設定するマーケティングの手法であり、ターゲットにするユーザーの存在を仮定して、ターゲット像を明確化する作業を指します。

 

ペルソナを作成することで、作成するコンテンツの軸がぶれづらくなる点に加え、全てのマーケティング施策がペルソナを軸に検討できるようになります。

 

カスタマージャーニーを意識する

 

ペルソナと同様に、カスタマージャーニーを意識することも重要です。カスタマージャーニーとは、「特定の消費者が自社サービスの顧客になるまでの過程を示す地図」を指します。

 

一般的には、設定した1つのペルソナに対してそれぞれカスタマージャーニーを作成することとされています。

 

カスタマージャーニーが重要な理由は、ユーザーが自社商品を選ぶまでに求める情報等を可視化できる点です。カスタマージャーニーを通してユーザーが欲しい情報をイメージできれば、求める情報をコンテンツ化することで商品や自社に対する興味を強く持ってもらえる可能性が高まります。

 

 

Webコンテンツ制作におけるビジネス上のメリット

 

コンテンツから集客を行うことができれば、コストや時間をかけすぎずに売上を伸ばすことも可能です。

今回は、コンテンツの中でも「Webコンテンツ」に絞って、Webコンテンツ作りを行うべき理由について解説します。

 

競合が少ない

 

Webコンテンツ作成は、ほとんどの企業が時間や費用をかけようと考えていないため競合が少なく、良質なコンテンツを作成すれば効果的に自社商品をアピールすることが可能です。

 

実際にWebコンテンツを作成しようとした場合、コンテンツを作るための準備や人員を割く上でコストが発生することは事実です。加えて、Webコンテンツは公開後にすぐ効果が出るという訳ではないことも多く、費用対効果が悪いと感じる人も一定数います。

 

将来的には多くの企業がWebコンテンツの作成に力を入れ始めることも考えられますが、現状は競合が少ないため、効率よく自社のコンテンツをアピールすることができます。

 

企業規模に関係なくコンテンツは作れる

 

Webコンテンツは、企業規模に関わらずすべての企業が作ることができるコンテンツです。コンテンツ作成のために費用は発生しますが、実際にはホームページ作成やコンテンツ作成にまとまった資金が必要となることはありません。

 

また、ホームページ等のWebコンテンツは公開できる情報量に制限がないため、小規模の企業であっても大量のコンテンツを公開することが可能です。

 

テレビCMやチラシ広告であれば、企業の資金力がそのまま発信できる情報量に直結するため、中小企業ではどうしても勝ち目が薄くなってしまいます。

 

よって、Webコンテンツを活用すればコンテンツを作成した分だけ企業規模に関わらず発信活動に活かすことが可能です。

 

他媒体よりも効率よく情報発信ができる

 

Webコンテンツは、他媒体でコンテンツを作成して発信するよりも費用や時間の効率が良い点が特徴です。

例えば、普段目にしているコンテンツの1つであるテレビCMの場合、構成や起用する芸能人を考え、撮影を行ってから公開されることになります。テレビCMはWebコンテンツ以上にユーザーの目に触れやすいケースもありますが、実際には費用や時間を大幅に消費するやり方です。

一方で、Webコンテンツは費用を抑えた上で、素早くコンテンツを公開することが可能です。

Webコンテンツの作成から公開までに発生する費用は、分析ツールやホームページのサーバー代等と限られており、個人でも支払うことができる金額です。また、コンテンツが完成し次第、すぐにネット上に公開することができるため、スピード感を持って自社商品のアピールをすることができます。

 

良質なコンテンツの作り方8ステップ

 

良質なコンテンツを作るためには、正しい手順で必要な工程をこなしていくことが必要です。ここでは、良質なコンテンツの作り方についてご紹介します。

  1. サイトのコンセプトを決める
  2. サイトのゴールを決める
  3. ターゲットを設定する
  4. 対策キーワードを決める
  5. 構成を考える
  6. ライティングを行う
  7. ユーザー目線で読み返してみる
  8. 公開後に反響を分析する

 

サイトのコンセプトを決める

 

最初に、自社サイトのコンセプトを決める必要があります。サイトのコンセプトを設定する際には、売りたい商品やアプローチしたいユーザーを踏まえて決定することが重要です。

商品や狙っているユーザーに適したコンセプトを設定することで、読み手がWebサイトに対して興味を持ちやすくなります。サイトのコンセプトが曖昧なままコンテンツを作り始めると、必ずどこかで担当者間に認識の相違が生じることになります。

最後まで方向性を一致させてコンテンツを完成させるためにも、コンセプトの決定が重要です。

 

サイトのゴールを決める

 

サイトのコンセプトが決まったら、次にサイトのゴールについて考えます。ゴールを設定せずにコンテンツだけを量産した場合、「このサイトのコンテンツは面白い」と感じてもらえたとしても企業の売上が伸びることはありません。

具体的には、自社商品の販売に促したり、店舗を保有する企業であれば来店しようと思ってもらうことがゴールとなることも考えられます。よって、サイトのゴールは実際に企業の売上アップに繋がる行為であることが必要です。

 

ターゲットを設定する

 

サイトの最終的なゴールが決定したら、情報を伝えたい「ターゲット」を設定します。情報を伝えたい人物を具体的に設定することで、コンテンツの説得力が増し、ユーザーがコンテンツを目にした際に納得感や満足感を感じてもらえるようになります。

また、ターゲットを設定する際には、そのユーザーが困っていることや悩んでいることを仮定することが重要です。

基本的に、人がネット上で情報を検索する時は何かしらの悩みや疑問を感じていることがほとんどであり、検索することでその悩みを解決しようと考えています。よって、ターゲットが抱える悩みまで想定できると、コンテンツの具体性を高めることが可能です。

 

対策キーワードを決める

 

ターゲットの選定まで完了したら、どのような対策キーワードで検索上位を狙うのか考えます。対策キーワードに基づいたコンテンツを作成できなければ、検索順位を上げることができず、せっかくのコンテンツもユーザーの目に触れないまま埋もれてしまうことになります。

また、キーワードによっては検索ボリュームや競合サイトが多い「ビッグキーワード」と呼ばれるものがあります。このキーワードは競争が激しく、上位表示をさせることは非常に難しい領域です。

一方で、「ロングテールキーワード」と呼ばれるキーワードに関しては検索ボリュームも少なく、ユーザーの検索意図もビッグキーワードに比べて明確です。よって、最初はロングテールキーワードから対策キーワードを選定することをおすすめします。

 

構成を考える

 

対策キーワードが決まったら、いよいよ実際にコンテンツを作成する段階に移ります。

しかし、いきなり執筆を行うのではなく、最初に記事の構成を考えることが必要です。

構成を考える際には、1つの見出しに対して1つのテーマだけを盛り込むことを意識することが重要です。見出しに含まれるテーマを1つに限定することで、ユーザーはストレスを感じずに文章を読み進めることができます。

また、見出しを適切に作成することで、ユーザーが読みたい部分をすぐに判断することもできます。読みたい部分がすぐに分からないサイトはユーザーがすぐに離脱することも多いため、わかりやすい見出しによって離脱を防ぐことが重要です。

 

ライティングを行う

 

構成の作成が完了したら、あとは構成に従ってコンテンツの執筆を行っていくだけです。

実際にライティングを行う際には、構成の流れやサイトのゴールを意識して執筆を行うことでユーザーが納得しやすい文章を書くことができます。

 

また、特に意識しておきたいのが、ユーザーの欲求を満たしているかどうかという点です。ユーザーがコンテンツを閲覧するのは、自らの悩みを解決したいといった「欲求」が理由となっています。

Googleが良質なコンテンツの条件として「ユーザーの疑問に回答しているかどうか」という点を挙げていることからも、ユーザーの欲求を満たしているかどうかを常に考えながらライティングを行うことが求められています。

 

ユーザー目線で読み返してみる

 

ライティングが完了してコンテンツが完成したら、自身が作成したコンテンツをユーザー目線で読み返してみましょう。ユーザー目線で読み返す際には、テーマが一貫していて読みやすいか、ターゲットが求めている情報が含まれているか、わかりづらい表現はないか、といった点を確認することが必要です。

読み返していると、ライティングに集中していた際には気づかなかった不自然な箇所や、複数テーマが含まれてしまっている見出し等を発見することができるはずです。冷静な視点で読み返すだけでもユーザーにわかりやすいコンテンツを提供することができるため、少し時間をかけてでも読み返すことをおすすめします。

 

公開後に反響を分析する

 

自社コンテンツを公開したら、公開したままで放置してしまうとコンテンツがもたらす効果は半減してしまいます。コンテンツ公開後は、ユーザーからの反響を分析することで、データを効果的に活用することが可能です。

Webコンテンツは分析ツール等を活用することで、人気のコンテンツや、売上に繋げることができたコンテンツを判断することができます。このデータを元に、新たにコンテンツを増やしたり作成したコンテンツの編集を行うことで、ユーザーの満足度を更に高めることが可能です。

コンテンツから得られるデータは、今後のコンテンツ作りや企業の企画等にも活かすことができるため、積極的に活用していきましょう。

 

 

コンテンツ作成における情報収集方法

 

最後にコンテンツを作成する際の情報収集の方法について紹介します。

良質なコンテンツを作るためには、良質な情報を集める必要があるため、ライティング同様に情報収集は重要です。実際に、情報を集める効果的なやり方についてみていきましょう。

 

情報ソースを確認しながら調べる

 

コンテンツ作成にあたって情報収集をする際には、情報ソースを確認することが重要です。

情報を集める際には基本的にインターネットを通じて集めることになりますが、ネット上の情報にはウソが含まれていることも大いに考えられます。

特に、個人が運営しているブログ等に書かれている情報はソースを特定できない限りは引用することは危険です。

また、Webサイトの中にはアクセス数の増加だけを第一に考えて、いい加減な記事を書いているケースも少なくはありません。自分が使いたい情報に関しては、ソースを確認する作業もセットで行うように心がけておきましょう。

 

検索上位サイトを中心に調査する

 

情報収集する際には、最初に検索上位サイトを中心にみていくことをおすすめします。

検索上位に表示されるサイトは、Googleからユーザーの欲求を満たしているコンテンツだと判断されています。

よって、上位サイトを分析することで検索キーワードに対して、ユーザーが求めている情報を具体的に把握することが可能です。

また、上位サイトを調査する際には、見出しに注目することも効果的です。見出しにはそれぞれテーマが設定されており、良質なコンテンツに含まれるテーマはユーザーの欲求と重なる場合がほとんどであるため、盛り込むべきテーマを瞬時に掴むことができます。

 

SNSでキーワード検索してみる

 

SNSで特定のキーワードを検索してみることも効果的です。Google等の検索エンジンを通して情報収集を行う場合、サイトによっては自社商品の販売を促したり、アフィリエイト目的でコンテンツが作られているため、本当の評価が見えにくくなるケースがあります。

一方で、SNSではネットの情報にはない「リアルの声」を聞くことができるため、正直な評価やクチコミを見つけることが可能です。

SNS単体で満足な情報量を集めることは難しいですが、他のやり方で集めた情報の裏付けとしてTwitter等を確認することをおすすめします。

 

 

SEOナビゲーター世の中の企業は自社の商品やサービスを利用してもらうため、さまざまな施策を展開しています。その中でも、コンテンツは誰でも作成可能であり、投じる費用に対して大きな効果が期待できる手法です。また、1度コンテンツを作成してしまえば、コンテンツは企業の資産となって形式を変えながら活用することも可能です。特に、最近では同じ内容のコンテンツをホームページやYouTubeといった複数の形式で公開しているケースも見られます。今後もコンテンツの重要性は増していくと考えられるため、自社の商品をアピールする際には積極的に活用していきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る