コンテンツ制作会社の選び方とは?メリットと注意点についても解説

コンテンツ制作会社の選び方とは?コンテンツはターゲットユーザーの購買意欲を掻き立て、認知度を向上させるために便利な表現手法であり、現代市場においてはマーケティングに欠かせない要素となっています。

一方、スタートアップには相応の労力が発生し、社内でノウハウを保有していなければ効果的な制作は困難といえるでしょう。

 

SEOナビゲーターそこで今回は、専門家集団であるコンテンツ制作会社の選び方や注意点を解説していきます。

 

コンテンツ制作会社とは

 

コンテンツ制作会社とは、ペルソナプランニングやストーリーテリングによるサービスの紹介、あるいは自社で運営しているアンケートモニターサイトでユーザーの口コミ等を収集して、より信頼度の高いコンテンツを制作する専門集団です。

 

また、マーケティングにおいて必須のSEO対策(検索エンジンの最適化)にも長けているところを選べば、アクセス数とコンバージョン(成約)向上も見込めるだけでなく、社内リソースだけでは手が回らないスタートアップや、KPI、そしてKGIの構築もサポートしてもらえます。

そのため、インターネットがメインプラットフォームのECサービスはもちろん、実店舗を伴う業種においても効率的且つ高い専門性を持って販路開拓ができるでしょう。

 

関連記事: SEO対策会社の選び方

 

コンテンツ制作会社に依頼するメリット

ここからは、コンテンツ制作会社に依頼するメリットを解説していきます。自社に足りていない要素を適切にカバーできるように、しっかり押さえて下さい。

 

社内リソースを使わずに済む

 

オウンドメディア等を構築する際は、市場調査にターゲットやキーワードの選定、そしてコンバージョンに結びつくサイト設計といった緻密なプロセスが必要不可欠であり、多忙な中片手間で行えば、肝心の本業に支障がでてしまう可能性もあるでしょう。

 

一方、コンテンツ制作会社に委託すれば、打ち合わせや進捗管理といった最低限の労力で済むため、社内リソースを消費せずに進められるメリットがあります。

 

良質なコンテンツを制作できる

 

専門的なスキル、あるいは知識を持たないまま取り組んでしまうと、キーワードや訴求効果の薄い低品質なコンテンツが出来上がってしまうでしょう。

 

また、Googleガイドラインと市場ニーズにマッチしていなければSEOの観点から低評価となり、企業イメージも損なうケースがあります。

 

そのため、コンテンツ制作会社はそういったリスクも解消できる良質なコンテンツが手に入るサービスであることから、社内でノウハウを保有していない場合は特に利便性が高いといえるでしょう。

 

スケジュール通りに進められる

 

先ほど触れた通り、自社で制作する場合は社内リソースを起用しなくてはならず、必然的に本業を調整しながらプロジェクトを進めることになります。そのため、当初設定したスケジュールから遅延するケースも多くなっており、様々な施策が後手に回ってしまうリスクもあるでしょう。

 

しかし、コンテンツ制作会社はプラン通りに遂行してくれることから、大幅な仕様変更等が発生しない限り予定通りにメディア公開できます。

 

 

コンテンツ制作会社に依頼するデメリット

 

コンテンツ制作会社の起用においては、メリットだけでなくデメリットに関しても把握しなくてはなりません。特に知識を持っていない企業は押さえておくべきであるため、しっかり押さえておきましょう。

 

認識に相違が生まれるケースがある

 

コンテンツ制作会社は業界のプロ集団ではありますが、打ち合わせの段階でしっかりターゲットやコンセプトを伝えておかなければ、企業が求めていたコンテンツにならないケースもあります。

 

そのため、認識の相違が発生しないようあらかじめ情報を整理しておき、事業やサービス内容が明確に判断できる資料、あるいはレギュレーション等を作るようにしましょう。

 

スピーディーに変更作業ができない

 

メディアの内容に変更が生じた場合、自社制作であれば比較的早く対応することが可能です。

一方、コンテンツ制作会社はあくまでも外部リソースであることから、コンテンツの追加やレイアウトの変更にはまず再見積もりが必要となり、そもそも担当の手が空いておらず連絡が取れない可能性も考慮しなくてはなりません。

 

ただし、現在はベースさえ構築してもらえば初心者でも簡単に編集が行えるシステムもリリースされているため、そこまで危惧するべきデメリットではないでしょう。

 

コストが発生する

 

コンテンツ制作会社に依頼すれば当然コストが必要となるため、どうしても自社制作より割高になってしまいます。

 

また、高額であるにも関わらず粗悪なコンテンツを提供する業者も存在するため、後述するコンテンツ制作会社を選ぶポイントを参考にして、実績を持ちつつサービスや事業内容にマッチしたところを探すのが重要といえるでしょう。

 

コンテンツ制作の流れとは

 

コンテンツ制作会社に依頼する際は完全に一任するよりも、全体の流れを俯瞰して進捗具合を計るのがおすすめです。

 

特に知識のない企業は見通しが判断できないことから、不安な思いに駆られてしまうケースもあるため、是非参考にして下さい。

 

企画立案

 

プロジェクトの名称から始まり、サイトのコンセプトや目的、ターゲット、予算、スケジュール等を記したRFPを作成して、更にヒアリングを重ねていきます。

 

また、この段階で具体的な企画に基づいた見積書も提示されるため、まずは費用と内容が見合っているかどうか、そして別途割増料金が発生するタイミングを確認しておきましょう。

 

設計

 

実際に制作をスタートする前に、コンテンツ制作会社はサイトマップや要件定義書、ワイヤーフレームといった資料を作成してくれます。

 

そして、この段階で自社の認識と相違していないかをチェックするのも大変重要なポイントであるため、少しでも理解できない内容があれば、すぐに担当へ質問して下さい。

 

実際のところ、先ほど解説した認識の相違が発生するのは、この工程をないがしろにしているケースが多いことから、入念に行うのがおすすめといえるでしょう。

 

制作

 

ウェブサイトの骨子となる設計に合意できれば、コンテンツ制作がスタートします。制作会社は適宜デザイン案等を提示してくれるため、内容をよくチェックして、必要があれば修正指示をだしていきましょう。

 

そして、ある程度ベースが固まった段階でHTMLやCSS等を用いたコーディングの工程に入りますが、その段階では依頼者側がやるべきことは基本的にありません。

 

公開

 

コーディングが完了すれば、実際に普段目にするようなページが構築されるため、テスト領域で誤字脱字、不自然なレイアウト等をチェックします。

 

また、現在のSEOにおいてはモバイルサイトにも対応している必要があることから、スマホ、あるいはタブレット等のデバイスでもしっかり表示されるかを忘れずに確認しておきましょう。そして、問題がなければ自社の独自コンテンツがインターネット上に公開されます。

 

運用

 

コンテンツは公開すれば終わりではなく、むしろ熾烈な競争の始まりといっても過言ではないでしょう。

 

実際の制作は3ヶ月もあれば終了しますが、そこから先は日々SEO対策、SNSの並行運用、広告の打ちだしといった戦略が肝心となります。

 

ちなみにコンテンツ制作会社の中には、公開後の運用に関しても委託できるケースがあるため、マーケティングに自信がない場合は検討してみて下さい。

 

コンテンツ制作会社を選ぶ時のポイント

 

コンテンツ制作会社は専門知識やスキルを備えていることから、自社で制作するよりも効果的なサイトが構築できます。

ただし、最大限の効果を引き出すには事業内容にマッチしたところを選び、コストに見合ったサービスを提供してくれるところを起用しなくてはなりません。

特に初めて利用する場合は、適切な選び方ができないケースも多いため、ここから解説する内容をよく確認しておきましょう。

 

SEOに精通しているか

 

現在のwebマーケティングにおいて、検索上位を狙うSEO対策はもはや必須といっても過言ではありませんが、内部、外部対策やアクセス解析といったスキルが必要となる上に、市場ニーズやトレンドが細かく反映される特徴も持っていることから、初心者はその潮流についていけないケースも少なくありません。

 

一方、SEOに精通しているコンテンツ制作会社を選べば、たとえノウハウを保有していない企業であっても効果的な対策が行えるため、ビジネス成長や自社ブランディングの確立にも繋がるでしょう。

 

ただし、重要となるのは制作会社の実力であるため、MFIやCore Web Vitalsといった最新の検索アルゴリズム、そしてSNSがもたらすSEO効果等も熟知しているかどうかを慎重にチェックして下さい。

 

関連記事: SEO対策の基本

運営支援まで含まれているか

 

先ほど触れた通り、コンテンツは公開するまでの過程よりも、その後の運用・管理の方がずっと大切といえるでしょう。

 

そして、市場ニーズの調査やトレンドにマッチしたサイト作り等は初心者がこなすには難易度が高い作業となり、効果的な対策が講じられないケースも少なくありません。

 

したがって、コンテンツ制作会社を選ぶ際は、公開後の運営支援までサポートしているかどうかも重要なポイントであり、分析、レポート提出等も親身に対応してくれるところを選ぶのがおすすめです。

 

一方、制作のみのパッケージよりも当然コストはかかるため、費用対効果に関してもしっかり考慮しておきましょう。

 

得意分野は何か

 

コンテンツ制作会社と一口にいっても、それぞれ特化している分野が異なっていることから、自社の事業内容にマッチしているところを選ぶ必要があります。

 

たとえば、サプリメントや化粧品を取り扱っている場合は、医療広告ガイドラインに則したサイトの内容や製品表記を心掛けなくてはならず、もし委託先がそういったノウハウや知識を持っていなければ、企業イメージを損なうだけでなく、ペナルティを受ける結果になってしまうでしょう。

 

そのため、得意分野のチェックも重要なチェックポイントであるため、専門用語や業界知識を投げかけて適切な回答があるかどうかで判断してみて下さい。

 

マーケティング戦略の提案をしてもらえるか

 

サイトの運営においては、コンテンツの質だけでなく、それを活かしたマーケティング戦略の構築も大変重要です。

 

一方、市場調査とコンテンツ制作を長期的に継続しなくてはならないため、専門知識を持たない企業が取り組んでも、上手くいかないケースが少なくありません。

 

そのため、コンテンツ制作会社を選ぶ際は、制作スキルだけでなくマーケティングに精通しているかどうかも確認するのがおすすめであり、現代のニーズにマッチした戦略が提案できるところを選んでみて下さい。

 

ちなみにコンサルティングだけを行う企業もありますが、委託先を分けるよりも一本化した方がコストと管理の面でメリットがあります。

 

関連記事: Webマーケティングとは?注目される理由と抑えておきたい手法を解説!

 

実績を確認する

 

コンテンツ制作会社を選ぶ際は、ヒアリングや業界知識の問答に加えて、過去の制作物を確認するのがおすすめです。

 

自社が求めるデザイン、コンテンツ、そしてユーザーへのアプローチを行っているか、本当に事業内容に精通しているかどうかが判断できるため、できるだけ多くの実績を見せてもらいましょう。

 

一方、スタートアップしたばかりでないにも関わらず、十分な実績を提示できない業者は少々信頼性に欠けるため、そういった判断基準としても是非活用してみて下さい。

 

制作料金

 

コンテンツ制作会社を選ぶ上で最も注意したいポイントの1つが、制作料金です。確かに安く抑えられるに越したことはありませんが、肝心の制作物が低品質では別の業者に依頼し直さなくてはならないケースもあり、結果的に余計なコストが発生してしまいます。

 

一方、高額設定であってもスキルや知識が伴っていなければ、全く効率的とはいえませんので、自社の求める技術を保有しつつ、コストに見合ったサービスが受けられるかどうかをしっかりチェックしましょう。

 

ちなみに一般的な相場は以下の通りであるため、是非参考にして下さい。

料金相場内容
10万円以下・コンテンツ制作のみ

・サイト構築はなし

10~30万円・アクセス解析

・良質なコンテンツ

30~50万円・SNS運用等も支援

・定期的な修正

・インタビュー系記事

50万円以上・サイトのアップデートも一任

・動画コンテンツ等も対応

・SEO対策もフォロー

 

コンテンツ制作会社に依頼するときの注意点

 

ここからは、コンテンツ制作会社に依頼する際の注意点について解説していきます。これまで利用経験がない場合は特に重要であるため、しっかり押さえておきましょう。

 

プロジェクトのゴールを明確化する

 

コンテンツ制作会社は戦略やサイト構築の「提案」はしてくれますが、肝心のゴール(目的)に関しては自社が設定しなくてはなりません。

 

そして、もし不明瞭なまま進めてしまうと、ターゲットや設計はもちろんコンテンツの内容すらちぐはぐな結果になってしまうでしょう。

 

そのため、サービスの認知度向上、ブランディングの確立、リピーターの育成、といったゴールの設定が非常に重要であり、制作会社としっかり足並みを揃えるのが成功の鍵となります。

ちなみに検討しているゴールが複数であっても問題はありませんので、優先度を設定して全てを伝えるようにしましょう。

 

依頼業務を明確化する

 

依頼する際は目的だけでなく、依頼業務に関しても明確にしておかなくてはなりません。

たとえば、コンテンツ制作の中には以下のような工程が存在しており、どの程度委託するかでも費用に差が発生します。

  • CMSへの入稿
  • 図や表の作成
  • 画像取得と選定
  • 記事構成案の作成
  • 検索キーワードのリサーチ

この中で、構成案やキーワードリサーチは初心者にとって難易度が高いことから、基本的には依頼するものとして考えて良いでしょう。

一方、画像選定等は自社でもできるため、コストを抑えたい場合はチャレンジしてみて下さい。

ただし、この段階で依頼業務を確定させると「依頼していない内容」に関しては再見積もりと追加費用が発生するケースもあり、スケジュールの遅延要因になってしまいます。

 

すぐに効果がでるわけではない

 

プロのノウハウが盛り込まれたコンテンツだとしても、実際に効果が表れるのは数か月程度の期間が必要となります。

 

その背景としてはGoogle検索エンジンの処理スキームといった、致し方ない要因が多々存在するため、高額費用を投じてもそこだけはどうしようもないものとして、割り切るようにしましょう。

 

一般的な目安はサイト公開から3ヶ月程度ですが、取り扱うサービスの内容や市場ニーズにも大きく左右されるため、中長期的な視野を持って運用して下さい。

 

 

SEOナビゲーター現代の市場において、インターネットを活用した販路確保はECサービスだけでなく、実店舗を持つ事業でも必須の施策となります。一方、十分な知識を持たない企業にとっては、何から始めれば良いかも分からず、運用も難しいのが実情です。そこで、コンテンツ制作会社のノウハウと専門スキルが役に立つため、実績や得意分野をよく確認して、最大限効果的なコンテンツを作ってもらいましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

海外SEOコンサルタント

海外SEOコンサルタント サファウェット パヴィーナ(suphawet paveena)

タイのアサンプションインターナショナル大学(BBA in Business Information Systems at Assumtion Internation University (Bangkok) 卒業後、英国大学院留学。英国のグリニッジ大学大学院国際ビジネス学科(MA in Internation Business Management at Greenwich University (London))卒業後、米国エクゾンモービル社タイ支局勤務。英語、タイ語、日本語のトリリンガル。海外SEOの実績多数。