FC(フランチャイズ)向けのコンテンツマーケティング手法4選を紹介

フランチャイズ向けコンテンツマーケティング

フランチャイズは本部からのビジネスモデルや経営ノウハウを活用した集客が一般的です。しかし現代ではフランチャイズ店舗が増加している影響によって、店舗独自で集客力を得る必要があります。中でもフランチャイズに向いているマーケティングの手法が、コンテンツマーケティングです。

 

SEOコンサルタント本記事ではフランチャイズ向けのコンテンツマーケティングの手法や、コンテンツマーケティングで成功させるポイントについて解説していきます。またフランチャイズ向けのコンテンツマーケティングに取り組むメリット・デメリットについても紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

FCのコンテンツマーケティングとは? 

 

フランチャイズとは、フランチャイズ本部に加盟することによって、すでに構築されたビジネスモデルやサービスを利用する仕組みです。すでにあるビジネスモデルを活用できるため経営に必要なノウハウを得られますが、その対価としてロイヤリティを本部に支払う必要があります。

 

対してコンテンツマーケティングとは、自社で制作したコンテンツを活用して集客やユーザーとのコミュニケーションを目的とするマーケティング手法です。

 

一見フランチャイズとコンテンツマーケティングでは関係性がないように感じます。しかし現代ではフランチャイズにおいてコンテンツマーケティングは必要不可欠だといえます。

 

コンテンツマーケティングの必要性

 

フランチャイズにおいてコンテンツマーケティングが必要な理由は、他店舗との差別化を図るためです。

そもそもフランチャイズは本部と加盟店の共同事業によって運営されているため、経営ノウハウやマーケティングの軸は元から備わっています。しかしここ数年でフランチャイズの店舗数は増加しており、同じ地域であってもフランチャイズ店舗が新たに建てられることも珍しくありません

例えば大手コンビニチェーンのセブン-イレブンはドミナント戦略を取り入れています。ドミナント戦略とは、一定の地域で複数の店舗を出店することによって、地域に顧客を独占する手法です。

 

本部の立場では総売上を高められる戦略ですが、店舗の立場で考えると近くにライバル店舗が増えるため、お客の奪い合いといえるでしょう。

 

したがって同じフランチャイズ店舗に勝つためにも、差別化を図り自店舗への集客を行うコンテンツマーケティングへの取り組みが必要となります。

 

関連記事: SEOとコンテンツマーケティングの違いを徹底解説

 

FCがコンテンツマーケティングに取り組むメリット 

 

フランチャイズはコンテンツマーケティングとの親和性が高く、効果を高めやすい点が特徴です。特に大手のブランド力を活かせる点は、普通の企業では活用できないため非常に強みになります。

ここでは、FCがコンテンツマーケティングに取り組むメリットについて詳しく解説していきます。

 

店舗の力で集客できる

 

フランチャイズがコンテンツマーケティングマーケティングに取り組む最大のメリットが、自店舗の力だけで集客を行える点です。

 

フランチャイズ店舗の場合、通常は本部の運営方法に従いながらマーケティングの活動を行います。本部の運営方法で利益が出続けるのであれば問題ありませんが、競合店舗がいる場合には差をつけることはできません。

 

しかしコンテンツマーケティングであれば、本部ではなく自店舗を軸にした集客方法です。そのため他店舗が行っていない取り組みによって差別化を図ることができ、集客面で差をつけられます。

 

また本部の運営方法だけを頼る必要がないため、フランチャイズ全体の売上が悪化した場合でも影響を回避できる点が特徴です。

 

本部のブランド力を活かせる

 

フランチャイズの強みである本部のブランド力や知名度は、コンテンツマーケティングに非常に適しています。

 

なぜなら元から備わっているブランド力を活かすことで、コンテンツマーケティングの効果を短期間で見込めるからです。

 

本来コンテンツマーケティングに取り組む場合は、まずはユーザーへの認知を増やすために多くのコンテンツを発信するなど、長期的な対策が必要となります。

 

しかしフランチャイズであればすでに認知が得られているため、一般的な企業よりもアクセス数を増加させやすい点が特徴です。

 

コンテンツ内容を丁寧に考える必要がありますが、もともとの認知度があるかないかによって、成果を出すまでの期間は大きく異なるでしょう。

 

長期的に活用できる

 

コンテンツマーケティングのメリットは、一度制作したコンテンツであれば長期的に活用できることです。

フランチャイズの店舗が新しく集客を行う場合、時期に合わせたキャンペーンの打ち出しや、地域に向けたポスティングなどがよくある手法です。

しかしキャンペーンの打ち出しやポスティングなどはその場でしか効果が得られないため、繰り返し行わなければいけません。

その反面コンテンツマーケティングの場合は定期的な発信は必要なものの、集客の対象に限度がなく長期的に効果を発揮し続けます。

Web上でアクセス分析なども行えるため、将来的な知識やノウハウとしても有効な手法になります。

 

FCがコンテンツマーケティングに取り組むデメリット 

 

フランチャイズは本部の方針に従う必要があるため、中には店舗ごとの広報活動を禁止している場合もあります。またコンテンツマーケティングに取り組む場合でも発信内容には注意を払い、本部と問題に発展するような事態は避けなければいけません。

ここでは、FCがコンテンツマーケティングに取り組むデメリットについて詳しく解説していきます。

 

発信内容に注意しなければいけない

 

フランチャイズ店舗がコンテンツマーケティングに取り組む場合は、不適切な内容や問題となる内容を発信しないように注意しなければいけません。

なぜならフランチャイズはあくまで加盟店のため、本部の看板を背負っているからです。

仮に世間から問題になるようなコンテンツを発信してしまった場合、多額の賠償金を支払う可能性もあるでしょう。

特にコンテンツマーケティングは内容が決められているわけではないため、発信する内容は自由に決められます。

そのため発信するコンテンツにはしっかりと責任を持ち、間違っても不適切な内容を発信しないように細心の注意を払いましょう。

 

時間と労力が必要になる

 

コンテンツマーケティングのデメリットは、長期的にコンテンツを発信するための時間や労力が必要となることです。

 

フランチャイズは本部のフランド力を活かせる点が強みではあるものの、それでも数週間や1ヶ月ほどの期間で成果を出せるわけではありません。

 

ユーザーのニーズを深く考えることや、コンテンツ内容を細かく設計するなど、コンテンツマーケティングに取り組む場合には多くの時間も必要になります。

 

特にフランチャイズでは、オーナーが自ら店舗に立つことも多いでしょう。

コンテンツマーケティングは中途半端に取り組んでも効果は見込めないため、事前に設計を行い、計画通りに進めていくことが重要です。

 

本部の許可が必要な場合もある

 

フランチャイズは本部によっても広報活動の範囲が異なるため、コンテンツマーケティングに取り組む前に一度確認しましょう。

 

中には本部で運営方法が明確に定められており、広報活動も指定される場合があります。何も確認せずに始めてしまうと、後から問題になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

どの範囲までなら店舗で行ってもよいのか、どのような取り組みは本部の指示に沿って行うのかを明確にしておきましょう。

 

FCがコンテンツマーケティングを成功させるポイント 

 

フランチャイズがコンテンツマーケティングを成功させるためには、明確化したターゲットに向けて店舗のオリジナリティを伝えていくことが重要です。

具体的には以下の流れで行いましょう。

 

  • ターゲットを明確にする
  • 拡散されるコンテンツを考える
  • 店舗のオリジナリティを意識する

各々、解説していきます。

 

ターゲットを明確にする

 

フランチャイズのコンテンツマーケティングでは、どのようなターゲットにむけてコンテンツを発信するのかを事前に明確化しましょう。

地域に特化したターゲティングの場合もあれば、年齢層や家族構成を軸にしたターゲティングなど、店舗によってもターゲットは異なります。

 

もしターゲットの設定が難しいと感じる場合には、普段店舗に来店するお客さんから考えてみましょう。どのような客層が多いのかを分析し、具体的な理由まで突き詰めて考えることが重要です。

また新規開拓を軸に考える場合には、店舗の周辺地域における土地柄などから考えることも効果的です。フランチャイズ店舗の業種や業態によっても違いはあるものの、周辺地域にいるお客さんがメインのターゲットになることは多いと考えられます。

自店舗の特徴や強みを活かせる要素も重要となるため、意識しながらターゲット設定を行いましょう。

 

関連記事: ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

拡散されるコンテンツを考える

 

ターゲット設定のあとは、コンテンツの内容を考え制作する段階に移っていきます。

コンテンツ内容を考える際は、ユーザーに響きやすい内容や拡散されやすい内容を意識しましょう。

 

フランチャイズ店舗のコンテンツマーケティングは、基本的に本部のブランドをベースとした内容になります。そのため比較的、ユーザーの目を引きやすいコンテンツが作れるといえるでしょう。後は多くのユーザーから注目を集められるコンテンツが求められるため、拡散されやすい内容を考えることが重要になります。

 

拡散されやすい内容を考えることは簡単ではありませんが、他店舗や同業種の成功事例をみるとイメージがわきやすいため参考にしてはいかがでしょうか。

 

店舗のオリジナリティを意識する

 

フランチャイズのコンテンツマーケティングで最も重要な要素が、店舗のオリジナリティを意識することです。

コンテンツマーケティングに取り組む目的でもありますが、コンテンツを制作するからには他店舗との差別化を図らなければいけません。

そのため本部のブランド力だけに頼るのではなく、プラスαでオリジナル性を加えていくことが重要です。

またオリジナリティを確立できれば、自店舗のファンを獲得しやすくなるなどのメリットもあります。

ファンを獲得できれば長期的な効果も期待ができるため、店舗のオリジナリティの要素はしっかりと考えていきましょう。

 

FC向けコンテンツマーケティングの手法4選

 

ここではフランチャイズ向けのコンテンツマーケティング手法を、以下の4つに厳選して紹介していきます。

 

  • 店舗のホームページを運用する
  • SNSアカウントを運用する
  • YouTubeを配信する
  • グーグルマイビジネスを活用する

 

店舗のホームページを運用する

 

最もイメージのわきやすい手法が、店舗のホームページを制作し記事コンテンツを発信していく方法です。

記事コンテンツの内容は、店舗の事業と関連性の高いことを考えましょう。

例えば高校受験向け学習塾のフランチャイズであれば、以下のような内容になります。

 

 

  • 高校受験に向けた勉強法の解説
  • 高校受験に適した参考書の紹介
  • 受験生の理想的な生活リズム
  • 受験生におすすめの勉強スペース紹介

どのコンテンツも高校受験や受験生に関連している内容のため、学習塾のターゲットにマッチしています。もし地域でターゲティングを行う場合には「受験生におすすめの勉強スペース紹介」で地域を絞るなども行えるでしょう。

勉強スペース紹介の一つに自店舗を紹介できれば、自然な流れでアプローチもできます。コンテンツの内容によってもさまざまなアプローチ方法があるため、積極的に複数の案を出していきましょう。

 

SNSアカウントを運用する

 

SNSアカウントの運用は気軽に取り組めるコンテンツマーケティングのため、忙しいフランチャイズ店舗にもおすすめできる手法です。

 

コンテンツの内容は店舗の新着情報や、現在行っているキャンペーン情報などが軸になります。

特にキャンペーン情報の中でもユーザー参加型の内容などは、SNS上で拡散されやすい特徴があるため、店舗の認知を広げるためにも効果的な方法だといえるでしょう。

またSNSはユーザーとのコミュニケーションを取りやすいサービスとなり、店舗へ来店させるきっかけにもなります。

他のコンテンツマーケティングと組み合わせることもできるため、SNSアカウントの運用は積極的に活用することをおすすめします。

 

関連記事: SNSマーケティングの特徴とは?メリット・デメリットや手法を解説

 

YouTubeを配信する

 

YouTubeはいま最も市場が拡大している需要の高い分野になります。写真や文章以上に印象付けられるため、コンテンツ内容が明確に定まっている場合にはおすすめの手法です。

また最近ではマンガやイラストを活用したYouTubeも増えてはいますが、コンテンツの制作に多額の費用が必要となる点がデメリットになります。

そのため費用を抑えながらも効果の見込めるコンテンツを作るには、フランチャイズ店舗のオーナーか代わりとなる出演者を用意することになるでしょう。

顔を出すことに抵抗がない場合は問題ありませんが、抵抗がある人の場合は難しい方法といえます。

 

グーグルマイビジネスを活用する

 

グーグルマイビジネスの活用は、どのフランチャイズにもおすすめできる手法です。

特に地域に特化したビジネスモデルの場合はグーグルマイビジネスとの親和性が高く、周辺地域のユーザーへ効果的にアプローチできます。

またグーグルマイビジネスはGoogleが無料で提供しているツールのため、費用をかけずに対策できる点が強みです。

検索結果の表示順位においても、最上部に表示されるGoogle広告の下に表示されます。

したがってSEOの欄よりも閲覧されやすい点から、ホームページやポータルサイト以上に効果を見込める可能性も秘めています。

関連記事: Googleマイビジネスは強力な集客ツール!メリットや登録方法など

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】フランチャイズ向けのコンテンツマーケティングは、本部のブランド力を活かしながら取り組めるため、ユーザーからの認知を集めやすい点がメリットです。またコンテンツマーケティングによって自店舗で集客できれば、将来的にはフランチャイズ本部の経営戦略や運営ノウハウに頼らない状態を作れます。ただしフランチャイズは本部の看板を背負っているため、情報の発信内容には責任を持たないといけない点は重要視しましょう。本部のフランド力を活かしつつ、店舗のオリジナリティをもたせることが成功のポイントになります。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。