メディアコンテンツとは?意味や制作するメリットを徹底解説

メディアコンテンツとは?

メディアコンテンツという言葉を聞くことは多いですが、メディアやコンテンツが具体的に何を意味しているのか分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

メディアとコンテンツはまったく違うことを意味しており、お互いに欠かせないものであるといえます。そのため、2つの意味を知ってからメディアコンテンツの理解を深めることが重要です。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、メディアコンテンツの意味から、メリットやデメリットについて解説していきます。

 

メディアコンテンツとは 

メディアとコンテンツはそれぞれ異なることを意味します。メディアとは媒体のことをいい、コンテンツは発信される情報や記事のことです。そのためメディアコンテンツとは、媒体が発信している情報の内容を指します。ここでは、メディアとコンテンツのそれぞれの意味や違いについて詳しく解説していきます。

 

メディアの意味

 

メディアとは、人から人へ情報を伝えるための手段や媒体のことをいいます。日常的に活用しているテレビやWebサイトはもちろんのこと、Yahoo!知恵袋のようにユーザー同士がコミュニケーションを取り合う媒体もメディアです。主なメディアは以下のとおりです。

 

  • テレビ
  • 雑誌・新聞
  • ホームページ
  • ブログ
  • まとめサイト
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • ニコニコ動画
  • Yahoo!知恵袋

メディアは誕生してから既に100年以上の年月が経っており、現在の情報社会では欠かせないものとなります。従来まではテレビや新聞などのマスメディアが大半でした。しかし、いまではインターネットの進歩によって、ホームページをはじめとしたwebメディアが大きな割合を占めています。

 

コンテンツの意味

 

コンテンツとは、メディアを通して発信される記事や動画など、情報の中身を表した言葉です。主なコンテンツは以下のとおりです。

  • 記事
  • 動画
  • 映画
  • 音楽
  • アプリ

上記の例はコンテンツの1部となり、世の中には数えけれないほどのコンテンツが存在します。そのため普段生活をしているなかでも、たくさんのコンテンツに触れ情報を得ていることになります。

特に、現代では現物に触れることができるアナログコンテンツだけでなく、インターネット上にあるデジタルコンテンツが多く流通している点が特徴です。

 

メディアとコンテンツの違い

 

冒頭でも触れましたが、メディアとコンテンツはまったく異なることを意味する言葉です。

メディアコンテンツとひと括りで表すことは多いですが、そもそもメディアはなにかしらの情報を発信する目的で存在するため、コンテンツをもっているのは当たり前であるといえます。

逆も同じように考えられ、コンテンツがあるからには発信をするメディアが必要です。

つまり、メディアとコンテンツはお互いが存在するからこそ成り立つものであり、各々は欠かせないものであるといえます。

 

メディアコンテンツの必要性 

近年ではユーザーの求めるサービスや商品が変化しているため、従来までのマーケティング戦略が通用しなくなりました。そのため、新規の集客や認知度を高める目的として注目を集めるいるのが、メディアコンテンツとなります。ここでは、メディアコンテンツの必要性について詳しく解説していきます。

 

インバウンドマーケティングが求められている

 

メディアコンテンツが必要である理由の1つ目が、ユーザーから自社のメディアやコンテンツを見つけてもらうインバウンドマーケティングが求められているからです。

 

従来までは広告媒体を活用し、企業側からユーザーに向けて積極的にアプローチを行う方法が主流でした。しかし、膨大な広告が世の中にあることや、広告を嫌がるユーザーが増加したため、効果を出すことが困難になっているのが現状です。

 

そのため、ユーザーが必要としている情報を企業側が発信し、ユーザーを自社のファンにした上で商品やサービスを提供するメディアコンテンツが重要視されています。

 

ユーザーの心理や行動が時代の流れによって変化しているため、企業側もアプローチの方向性をユーザーに合わせていくことが大切になります。

 

良質なコンテンツが求められている

 

インターネットの活用が当たり前となりコンテンツの量が増加した現在において、ユーザーが求めていないコンテンツの場合はなかなか効果を出すことができません。

 

例えば、今まではダイエットをしたい人に向けて「ダイエットに関するコンテンツ」を発信すれば閲覧をしてもらうことができました。しかし、いまではメディア運営者の権威性や専門性が問われることや、コンテンツの充実度が求められることが大半です。

 

ありきたりの内容や充実していないコンテンツであれば多くのユーザーを集めることは難しいため、ユーザーがどのような内容を求めているかを追求する必要があります。

 

そのため、メディアコンテンツとして幅広い情報や専門性の高いコンテンツを発信することが、ユーザーにとって求められる形であるといえます。

 

費用対効果の高いマーケティング戦略を行うため

 

多くの企業が広告に予算をかけ継続的に集客を行うことが当たり前としていましたが、メディアコンテンツを活用し広告費用の削減を目指す動きが強まっています。

 

もしメディアコンテンツを軸にした場合、広告費用を削減することで費用対効果の高い集客を実現できるだけでなく、広告媒体の依存から脱却できることも魅力的なポイントです。

 

また、自社で影響力のあるメディアを持つことは多くのメリットがあり、企業や個人を問わずに誰もが集客面を強化できるチャンスであるといえます。そのため、将来的に集客力を手にしたいと考えている場合は、早めにメディアコンテンツを取り組むことがおすすめです。

 

メディアコンテンツのメリット 

 

メディアコンテンツは今の時代に求められている方法となり、自社で影響力を得られる点が最大のメリットであるといえます。また他にもさまざまなメリットがあるため、有効活用すべき方法です。ここでは。メディアコンテンツのメリットについて詳しく解説していきます。

 

自社の資産になる

 

メディアコンテンツは自社でメディアの設計や運営を一貫して行うため、資産として保有し続けることができます。資産として効果を発揮することができれば将来的に大きな武器となり、今まで必要としていた予算の削減も可能です。

 

例えば、集客に特化したメディアコンテンツを制作した場合は広告費用の削減に、採用サイトに特化したメディアコンテンツであれば採用コストの削減につながります。そのため現状の課題点が、将来的には180度変わって強みとなるかもしれません。

 

また企業として固定費や予算を削減することができれば、事業の拡大や新規事業を行うことも可能となり、長期的な視点でみると多くのメリットが得られる手法です。

 

低予算でも始めることができる

 

メディアコンテンツの立ち上げ時にかかる費用は、主にサイト制作費とサーバーやドメイン代となり、低予算でもメディアを立ち上げられることが特徴です。そのため、初期費用を抑えて実践することができ、だれにでも挑戦可能な手法であるといえます。

 

また社内でコンテンツの制作を完結して行う場合は、人手や時間は必要なものの予算をかけずに運営できます。

 

その他の集客方法と比較しても、メディアコンテンツ以上に初期費用や運営費用を抑えて高い効果を得られる方法はなかなかありません。予算をかけずに長期的な効果を得られるメリットは、かなりの強みであると考えられます。

 

SNSを活かしやすい

 

メディアコンテンツを運用するにおいては、SNSと組み合わせることで効果を高めやすい点も強みとなります。実際にSNSを上手に活用している企業のメディアコンテンツは、多くのユーザーから閲覧されており人気が高いことが多いです。

 

もちろんコンテンツの質があってこそではありますが、SNSの拡散力を活かすことができれば、短期間で効果を出せる可能性もあります。そのため、メディアコンテンツを制作した場合はSNSも積極的に活用することがおすすめです。

 

ただし注意点として、どのSNSでも有効であるとは限りません。業種業態によっても変わりますが、拡散力が優れているTwitterやFacebookがおすすめです。もし若者を明確にターゲティングしている場合であれば、InstagramやTikTokも活かせますが、基本的には拡散力を利用するほうが効果的だといえます。

 

メディアコンテンツのデメリット 

 

メディアコンテンツは、コンテンツを制作しただけで効果がでるわけではありません。長期的に運用することや、検索エンジンに向けた対策を行う必要があります。

 

ここでは、メディアコンテンツのデメリットについて詳しく解説していきます。

 

長期的な運用が必要

 

メディアコンテンツに取り組む際は、長期的に運用し続けることを考える必要があります。具体的な期間としては、早くても半年から1年程です。

 

メディアコンテンツで長期的な運用が必要な理由は、まずコンテンツの量を増やさなければいけないからです。一般的に成功しているメディアコンテンツの場合、記事の量はどんなに少なくても100個以上はあると考えましょう。

 

そのため、まずは100個以上の記事を作ることから始めなければいけません。また、メディアが検索エンジンに評価されるにも時間を要するため、最低でも半年から1年間程は必要であるといえます。

 

ただ、中にはSNSなどを活用することで早くに効果を出すメディアもありますので、コンテンツの内容や努力次第で短期間に縮められる可能性はあります。

 

SEOに対する正しい知識が必要

 

メディアコンテンツの運営で欠かせない要素が、SEOに対する正しい知識です。SEOとは検索エンジンに向けてメディアを最適な状態にする対策方法ですが、多くのユーザーにメディアを閲覧してもらうためにはSEOが最も重要であるといえます。

 

なぜなら、仮にSEOに対する知識がなくコンテンツ制作を行ったとしても、検索結果で上位に表示されなければメディアコンテンツの効果を発揮できないからです。検索順位の圏外にある記事が100記事ある場合と、検索順位が30位以内にある記事が100記事ある場合ではユーザーの閲覧数は雲泥の差があります。

 

また、メディアコンテンツを長期的に運営する中で、過去に書いた記事のリライトやメディアのアクセス解析は必要不可欠です。効果を高めるためにも、SEOに対する知識は必ず身に付けておきましょう。

 

継続的に効果を出すにはコストがかかる

 

メディアコンテンツで効果を高めるために外注を行う選択もありますが、長期的に効果を持続させるには外注コストもかかり続けることは考えておきましょう。外注を一切行わない場合は問題ありませんが、途中で外注を辞める場合はパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。

 

そのため、最初から外注費用を考えて運営を行うか、パフォーマンスを維持できるノウハウを確立するなどの対処を行うことが大切です。

 

 

SEOナビゲーターメディアコンテンツは媒体が発信している情報の内容のことをいい、インバウンドマーケティングが求められているいまの時代では効果的な方法の1つです。多くのコンテンツがあるからこそ、価値のあるコンテンツを発信できるメディアコンテンツは欠かせません。またメディアコンテンツの活用は、自社で影響力のあるアプローチを行えるだけでなく、将来的に価値のある資産にもつながります。長期的な運用が必要ではありますが、大きな費用をかけずに誰にでも実行できる手法のため、活用していくことをおすすめします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る