オウンドメディアとは?企業に必要な理由や作り方、運用手順など

 

オウンドメディアとは

企業がメディアの運用を考えるにあたって「オウンドメディア」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。なかには、オウンドメディアとは何を指すのか気になる方もいるはず。

 

SEOコンサルタントそこでこの記事ではオウンドメディアの概要や作り方、運用手順などを紹介します。これからメディア運営を考えている企業は、ぜひ参考にしてください。

 

オウンドメディアとは?

 

オウンドメディアとは、自社が所有するメディアです。インターネット上で所有するメディアのほかにも、TwitterやFacebookなど自社所有のSNSアカウント、メルマガもオウンドメディアに該当します。

 

オウンドメディアの特徴は、自社で管理運営しやすい点です。元からあるメディアを使うのではなく自社で作成して運営するので、もっとも柔軟にメディアを管理するのが可能です。

 

メディアは3種類に分類できる

 

オウンドメディアを含め、メディアは3種類に分類できます。3種類のメディアは、別名「トリプルメディア」です。

 

トリプルメディアは、次の3つのメディアを指します。

 

<トリプルメディアの3つのメディア>

  • ペイドメディア
  • アーンドメディア
  • オウンドメディア

 

このうち「ペイドメディア」と「アーンドメディア」「オウンドメディア」について、次から詳しく解説します。

 

1: ペイドメディア

 

ペイドメディアとは、広告料を支払って利用できるメディアです。ペイドメディアは、次のような媒体を指します。

 

<ペイドメディアの一例>

  • テレビやラジオや雑誌、新聞などのマス媒体
  • リスティング広告やディスプレイ広告、バナー広告などの広告

ペイドメディアのメリットは、閲覧するユーザーを最初からある程度確保できる点です。オウンドメディアを1から作り上げて、ユーザーから読まれるようになるまでは6ヶ月から1年はかかります。

 

一方でペイドメディアの場合は、すでに閲覧するユーザーを確保しているので、広告料を支払うだけで最初から見られる数が多いのがメリットです。即効性のある効果を得たいときに、ペイドメディアはぴったりです。

 

2: アーンドメディア

 

アーンドメディアとは、評判によって成り立っているメディアです。アーンドメディアが指す”メディア”は抽象的な表現であるものの、次のようなメディアを指しています。

 

<アーンドメディアの一例>

  • 人気ブロガーが書いたブログ記事
  • SNS上の評判、つぶやき
  • テレビや新聞、ラジオなどに取り上げられること

このようにアーンドメディアは、簡単にコントロールできないものばかりです。SNS上のつぶやきなど企業にコントロールするのは不可能ですし、こちらから依頼しない限りテレビや新聞にいつ取り上げられるかはわかりません。

 

一方、アーンドメディアで人気が出るようになれば、無料で集客を見込める大きなメリットがあります。拡散性も高く、広告料も支払わずにお客様自ら自社製品を利用してもらうのはとても魅力的です。

 

3: オウンドメディア

 

オウンドメディアとは、自社のニュースや情報を自分のサイトでリリースする自社メディアです。オウンドメディアは、検索順位を上げることで収益アップにつながります。SEOがオウンドメディアの命運を握っているといっても過言ではありません。

 

<オウンドメディアの一例>

  • 自社商品やサービスの記事
  • 自社コラム
  • 商品特化サイト

オウンドメディアにペイドメディアとアーンドメディアを足したトリプルメディアで、デジタルマーケティングを展開していくことが大切です。

 

なぜ企業はオウンドメディアを運用するのか?

 

現代では多くの企業が自社サイトをもち、またTwitterやインスタグラムで企業アカウントを作成して運用しています。それではなぜ企業は、オウンドメディアを運用するのでしょうか?

 

企業がオウンドメディアを運用する理由について4つ紹介します。

 

理由1: 見込み客に訴求しやすいから

 

オウンドメディアは見込み客の訴求に適しています。オウンドメディアは継続してコンテンツを配信できるメディアとしてもっとも向いており、見込み客を成約まで育成しやすいからです。

 

見込み客とは、自社製品を利用したことがないものの、興味や関心を寄せている顧客を指します。見込み客は自社製品を購入する可能性が高く、あと一押しで成約までいたります。

 

そこであと一押しするために役立つのが、オウンドメディアで配信できるコンテンツです。コンテンツによって自社製品が必要な理由や購入するメリットなどを訴求することで、見込み客は納得して成約までいたるのです。

 

露出を増やして認知を拡大し、コンテンツを通じて見込み客を育成し成約までつなげられるのが、オウンドメディアを運用する大きなメリットとなっているのです。

 

理由2: 広告料を払わずに集客できるから

 

2つめの理由は、広告料を支払わなくても集客できる点です。自社で所有するWebサイトやSNSで情報を発信して集客する場合は、当然広告料は必要ありません。

 

自社ですべてのWebサイトを管理・運営する場合、かかる費用はサーバー代やドメイン取得費用、SSL費用ぐらいです(人件費は考慮していません)。月額1万円程度から運用可能で、多くの顧客を集客できるようになれば、コストパフォーマンスは絶大です。

 

またTwitterやYouTubeなどのSNS運用も、広告を出稿しない限りは、当然広告料を支払う必要もありません。一部、企業が運用するSNSには費用がかかるものあるものの、それでも一般的な広告料と比べればコストを抑えられます。

 

情報過多な現代社会では、広告が多く表示されることに人は疲れ、故意または無意識に避ける傾向があります。広告の効果が昔ほど高くないと言われる現代において、コンテンツを通じて顧客との接点をもてるオウンドメディアは、重要な存在であるといえます。

 

理由3: 効果を検証できるから

 

オウンドメディアはアクセスしたユーザーを、ツールを使って分析できるようになっています。つまりオフラインに比べてユーザーの行動を分析しやすく、オウンドメディアの運用改善や、新製品の開発で役立てられるからです。

 

たとえばWebサイトのアクセスを解析できる「Googleアナリティクス」というツールがあります。Googleアナリティクスでは、次のような数値を分析できるようになっています。

 

<Googleアナリティクスで分析できること>

  • PV数(ユーザーがページを閲覧した回数)
  • セッション数(特定の期間内にユーザーが訪問した回数)
  • 直帰率(サイトのセッション数のうち、最初のページだけを見て離脱したユーザーの割合)
  • 離脱率(特定のページのPV数のうち、そこでサイトの閲覧を終了したユーザーの割合)
  • コンバージョン率(サイトのセッション数のうち、目標に達した割合)

たとえば、Googleアナリティクスの重要な指標の1つである「コンバージョン率」では、Webサイトの目標に対してどれほどの成果を上げられているかを把握できるようになっています。コンバージョン(成約)には「お問い合わせ」や「商品購入」など、企業がWebサイトに定める目標に応じて自由に設定可能です。

 

コンバージョン率が悪い場合、お問い合わせまでの導線設計がわかりづらかったり、そもそもコンテンツで顧客に訴求できていなかったりすることが考えられます。そこで、お問い合わせのボタンをわかりやすいデザインにしたり、コンテンツを書き直したりする(リライト)などの具体的な改善策を考えられるのです。

 

理由4: コンテンツは企業のストック資産になるから

 

オウンドメディアのコンテンツは、WebサイトやSNSなどが閉鎖されることのない限り、未来永劫残り続けます。つまり、オウンドメディアで一度つくったコンテンツは企業の「ストック資産」となり、ずっとユーザーを集める集客装置になるのです。

 

広告は一過性のものが多く、期間が終了すれば当然、情報が顧客に知られることはなくなります。一方でオウンドメディアの場合、Webサイトで配信したコンテンツはインターネット上に残り、SNSで発信した情報はそのアカウントに残り続けます。

 

たとえばWebサイトで魅力的なコンテンツを1つ作れば、それはインターネット上にずっと残り、長くユーザーを集客し続けるようになるのです(ただし、定期的な情報の更新は必要)。

 

このように集客におけるコストパフォーマンスの良さが、オウンドメディアならではの魅力です。

 

オウンドメディアの作り方(Webサイト)

 

オウンドメディアのなかでも、Webサイトを作る方法は主に2つあります。

 

<オウンドメディア(Webサイト)をつくる方法>

  • WordPressのようなCMSを使う
  • 外部にサイト制作を依頼する

CMSとはコンテンツ管理システムのことで、専門知識がなくてもWebサイトの作成や管理、更新などができるシステムです。CMSの代表が「WordPress」で、簡単にWebサイトを作成できながらも、高度な管理運営ができることで定評があります。これまでメディア運用をしたことがない場合、まずはWordPressから始めて操作感を知っておくのもおすすめです。

 

またCMSとは別に、制作会社やフリーランスなどにサイト制作を依頼する方法もあります。ページの規模によっては数十万~数百万円の予算が必要になるものの、自社の要望にあったページを作成してくれるのがメリットです。本格的なWebサイトを運営したい場合は、外部に制作を依頼するのがおすすめです。

 

売上につなげるための具体的なオウンドメディア運用手順

 

オウンドメディア運営によって売上につなげるための、具体的な運用手順について紹介します。

 

1. ゴールを設計する

 

オウンドメディア運用で失敗するケースの多くが「サイトを運営すれば儲かると思った」「とりえずやってみた」のような、ゴールが曖昧なケースです。ゴールが曖昧な場合、日頃何をすべきかわからず、またアクセス解析の精度が低いので、思うような効果を得られず途中で挫折してしまうのです。

 

そこでオウンドメディア運用を考えるときは、まずゴールを明確化しましょう。ゴール設計はKGI(重要目標達成指標)とKPI(重要業績評価指標)の設定から始めます。まずは、次のようにKGIの設定から始めてみましょう。

 

<オウンドメディアのKGI設定例>

  • 自社製品をWeb上で販売する
  • 自社製品に関するお問い合わせが入る
  • 資料請求される
  • オウンドメディア経由で広告収入を得る など

次に上記で設定したKGI設定を、KPIで目指すべき数値に落とし込みます。

 

<オウンドメディアのKPI設定例>

  • オウンドメディア経由の売上月間50万円
  • お問い合わせ数月50件
  • 資料請求月30件
  • 広告収入月100万円 など

このようにまずは「なんのためにオウンドメディアを運用するのか」を明らかにすれば、目標達成のために何をすべきなのかが明らかになります。

 

2. ペルソナを設計する

 

オウンドメディア運用の目標が明らかになれば、次はペルソナを設計します。ペルソナとは、自社がターゲットとするユーザー像のことです。ペルソナ設計では仮の人物像を作成し、どのようなユーザーに向けてオウンドメディアを運用するのか明確にします。

 

<ペルソナの設計例>

性別女性
年齢27歳
職業会社員
収入350万円
会社文房具のメーカー
既婚・未婚未婚
同居家族構成1人暮らし
居住地域東京都内
学歴大学卒
仲のよい友達の数10人
SNSでの友達の数100人
休日の過ごし方友達とカフェやインスタ映えスポットに行くこと
よく買い物をするお店近くのショッピングセンター
所持しているPC、モバイル端末スマホ1台
好きな雑誌女性誌
習慣友達と夜に飲みに行くこと
趣味お酒を飲むこと

ペルソナ設計は詳細に設計するのが理想ですが、あまりにも細かくつくる必要はありません。細かすぎると自社本位の勝手なユーザー像ができあがってしまい、往々にして現実的ではなくなります。そのため上記ぐらいの粒度で、ペルソナを設計してみてください。

 

またペルソナ設計は1人のみではなく、2~3人で設定するのが一般的です。また「自社製品について知らない人」から「もうすぐ購入までいたる人」まで、顧客の購入フェーズ別にペルソナを設計するようにしましょう。

 

3. カスタマージャーニーマップを作成する

 

ペルソナを設計したあとは、カスタマージャーニーマップを設計します。カスタマージャーニーマップとは、顧客が自社製品を認知してから成約にいたるまでの一連の流れを、旅(ジャーニー)のように設計したものです。

 

顧客は商品・サービスを購入するまでに次のような流れをたどります。

 

<カスタマージャーニーマップの流れ>

  • 認知
  • 情報収集
  • 比較・検討
  • 購入

この一連の流れに、先ほど作成したペルソナをカスタマージャーニーマップに当てはめます。たとえばBluetoothイヤホンを販売する企業を例に、カスタマージャーニーマップを作成してみましょう。

 

<Bluetoothイヤホンをカスタマージャーニーマップに当てはめた例>

  • 認知(ランニングで音楽を聴くためにBluetoothイヤホンがいいことを知る)
  • 情報収集(Bluetoothイヤホンの特徴や性能、使い方などをインターネットで調べる)
  • 比較・検討(1万円の予算でBluetoothイヤホンを比較する)
  • 購入(家電販売店でBluetoothイヤホンを購入する)

このようにペルソナをカスタマージャーニーマップにマップに当てはめることで、顧客のフェーズごとにコンテンツを企画できるようになります。顧客フェーズを意識したコンテンツは、顧客への訴求ポイントが明確になるメリットがあります。

 

4. コンテンツを企画・作成して公開する

 

カスタマージャーニーマップをつくったあとは、顧客の購入フェーズに合わせてコンテンツを企画・作成します。2で設計したペルソナに向けて、コンテンツをつくってみましょう。

 

コンテンツは「検索キーワード」に基づいて作成します。検索キーワードとは、インターネットで検索ボックスに入力する単語です。検索キーワードからユーザーが求める情報を分析し、それに合ったコンテンツを作成しましょう。

 

コンテンツは文字媒体の記事に限定する必要はありません。漫画のイラストを掲載してもいいですし、YouTubeで動画をつくってWebサイトに埋め込むのも有効な方法です。何はともかく、顧客の求める情報に合わせたコンテンツづくりを意識しましょう。

 

5. アクセス解析で精度を高めて成約につなげる

 

コンテンツを公開したらそれで終わりではありません。公開後は定期的にアクセスを解析して、成約までの精度を高めましょう。

 

Webサイトの解析には「Googleアナリティクス」や「Google Search Console(サーチコンソール)」など、Googleが無償で提供しているツールがあります。これらのアクセス解析ツールを駆使して自社サイトを分析することで、日々クオリティを高めていきます。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】オウンドメディアとは、自社が所有するメディアです。インターネット上で所有するメディアのほかにも、SNSアカウントやメルマガなどもオウンドメディアに含まれます。オウンドメディア運用は、カスタマージャーニーマップを使い、顧客の購入フェーズに合わせたコンテンツづくりを意識しましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。