SEOライティングとは?SEOを意識したライティングのコツとポイントを解説

SEOライティングとは?

インターネットの普及によりコンテンツが重視されている今の時代、サイト運営者にとってSEOライティングは欠かせないものとなっています。

 

SEOナビゲーター検索結果上位に自社のコンテンツを表示させることで、アクセス数が増えコーバージョン数の増加も期待できます。そこで本記事では、SEOライティングのコツやポイント、またその勉強方法を解説します。

 

SEOライティングとは

 

SEOライティングとは、検索結果の上位表示を目指すSEOを考慮したライティング技術のことを指します。検索結果の上位表示を目指す上では、ユーザー及び検索エンジンの二者に分かりやすいコンテンツである必要があります。

 

<SEOライティングのポイント>

  • ユーザーに分かりやすいライティング
  • 検索エンジンに分かりやすいライティング

以下では、各SEOライティングのポイントについて解説します。

 

ユーザーに分かりやすいライティング

 

ユーザーに分かりやすいライティングとは、ユーザーにとって読みやすく役に立つコンテンツであるかどうかを指します。

Googleは、ユーザーにとって有益な情報を提供しているページを評価するため、ユーザーの欲しい情報が分かりやすく記載されているコンテンツは上位表示されやすくなります。

 

そのため、SEOライティングでは読み手であるユーザーを意識した文章や構成である必要があります。検索エンジンに評価してもらうために、単に対策キーワードを散りばめたコンテンツはユーザーにとって有益とは言えません。

 

あくまでも、ユーザーに届けるコンテンツであるということを意識してライティングすることが重要です。

 

検索エンジンに分かりやすいライティング

 

検索エンジンに分かりやすライティングとは、検索エンジンのクローラーにとって分かりやすいコンテンツであるかどうかを指します。検索エンジンのクローラーは、定期的にサイト内を巡回しコンテンツを評価します。

ユーザーを意識したコンテンツ作りもそうですが、Googleがコンテンツの内容を理解し評価してくれるような構造になっている必要があります。検索エンジンに分かりやすい構造とは、キーワードの配置やHタグの最適化などがこれに当たります。

 

Googleに評価されなければ上位表示もされないため、検索エンジンにも分かりやすいライティングが重要となります。

 

 

SEOライティングの流れ

 

SEOライティングを行う際には、ユーザーを第一に考えつつ検索エンジンにも評価される内容である必要があります。次の3つの流れをふむことで、記事作成を行うことが可能です。

 

<SEOライティングの流れ>

  • 対策キーワードからユーザーニーズを考える
  • コンテンツの構成を作る
  • ライティングをする

ここでは、SEOライティングを行う際の各流れについて解説します。

 

 

対策キーワードからユーザーニーズを考える

 

まずは、対策したいキーワードを選定しそのキーワードからユーザーの求めているものが何かを探ります。ユーザーニーズを考えずにライティングを進めてしまうと、ユーザーが求めていない情報を記載したコンテンツができあがってしまう可能性もあります。

 

自身でイメージしてみることも大切ですが、実際に検索エンジンで対策したいキーワードを検索し、競合サイトのコンテンツ内容を見てみましょう。上位表示されているサイトは、ユーザーにとって有益なコンテンツであると検索エンジンに判断されているため、ユーザーニーズを満たしているコンテンツである可能性が高くなります。

 

コンテンツの構成を作る

 

ユーザーニーズを満たしたコンテンツを作成するために、まずは構成を作成します。いきなりライティングを始めてしまうと話がまとまらず方向性を見失ってしまうこともあるので、ユーザーと記事コンテンツのゴールの橋渡しができるような構成を作成しましょう。

 

まずは、骨組みとなる記事の見出しを完成させましょう。見出しに対策キーワードを含めることで、ユーザーはどのような内容が書かれてあるコンテンツであるかを簡単に理解することができます。

 

最終的にユーザーに伝えたい内容を伝えられるよう、記事内にきれいに導線を作ってあげることが重要です。

 

ライティングをする

 

コンテンツの構成ができたら、見出しに文章を肉付けする形でライティングを行います。同じ語尾を使わないことや代名詞を多くつかいすぎないなど、ユーザーにとってわかりやすく読みやすい文章を心がけることが重要です。

 

また、検索エンジンにもコンテンツの内容を分かりやすく伝えるために、検索キーワードや関連するキーワードを自然な形で散りばめることでユーザーニーズに沿ったコンテンツであると判断されやすくなります。

 

 

SEOライティングの5つのコツ

 

では、SEOライティングを行うためには具体的にどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。次にあげる5つのコツを意識することで質の高いライティングを行うことが可能です。

 

<SEOライティングの5つのコツ>

 

  • ユーザーファースト
  • 専門性
  • 独自性
  • 対策キーワードとの関連性
  • 読みやすい構成や文章

ここでは、SEOライティングを行う際に、必ず意識したい5つのコツをご紹介します。

 

 

ユーザーファースト

 

ユーザーに分かりやすいライティングを行うためには、ユーザーファーストである必要があります。ユーザーファーストとは、ユーザーを優先することを指します。ライティングをする際は、常にユーザーを意識して書いてみましょう。

 

分かりやすく読みやすいコンテンツは、文章のみを指す分けではありません。文字の大きさやフォント、画像や表の利用など、ユーザーの理解を助けるための工夫も必要です。ユーザーニーズを満たしたコンテンツにするためには、ユーザーを第一に優先しユーザー目線に立ってライティングを行うことが重要です。

 

また、Googleはユーザーファーストを企業理念としているため、検索エンジンに評価してもらうためにもユーザーファーストを意識することは大切です。

 

専門性

 

コンテンツは専門性のある内容である必要があります。専門性は、Googleの検索品質評価ガイドラインにて公式に定義されてる項目であり、「E-A-T」の中に記載がある内容です。

1つのテーマについて多くの情報発信することで専門性を高める事ができます。違う分野のキーワードのコンテンツを作成するよりも、専門的な分野に絞って作成したほうが専門性の高いコンテンツとして評価されやすくなります。

 

特定の分野に詳しい人の話に信憑性があるように、コンテンツも同じく専門性が高いと信憑性のあるコンテンツになりやすいです。専門家の監修や経験者が書いたコンテンツなど、ライティングの際には専門性も意識してみましょう。

 

独自性

 

独自性も専門性と同じように、Googleの検索品質評価ガイドラインにて公式に定義されてる項目であり、「E-A-T」の中に記載がある内容です。独自性とは、コンテンツがオリジナルであるかということを指します。

 

誰でも書ける内容やコピーした内容は、オリジナリティがあるとは言えません。数多くのコンテンツが存在するネット上で、差別化をするためには独自性が重要なポイントとなります。

 

文章その中にオリジナルのノウハウや体験などを交えることで、独自性のあるコンテンツとして検索エンジンにも評価されやすくなります。構成を作成する段階で、独自性を意識した作成が重要です。

 

対策キーワードとの関連性

 

対策キーワードとコンテンツ内容に関連性がないものであれば、ページの離脱率が高くなり当然ユーザーからも評価されにくくなります。ユーザーが検索したキーワードに対する答えになるようにライティングを行う必要があります。

 

対策キーワードを軸に文章を作成するこだけでなく、対策キーワード以外にもサジェストキーワードや共起語などの、関連性のあるキーワードなどをつかいながらライティングすることが重要です。

 

コンテンツの文章もそうですが、まず始めにユーザーの目につくタイトルやディスクリプションに対策キーワードや関連語を含め、対策キーワードとの関連性を示すことが重要です。

 

読みやすい構成や文章

 

ユーザーファーストと共有しているところはありますが、SEOライティングでは読み手であるユーザーが読みやすい構成や文章を意識することが大切です。専門的な用語を使用しすぎないことや、代名詞をつかいずぎないことなどだれにでも読みやすいコンテンツである必要があります。

 

専門的な内容や情報量が多い場合などの文章だけでは読みづらいときには、箇所書きや画像・表の使用などできるだけ内容が伝わりやすいように心がけましょう。読みやすい文章や構成は、ユーザーファーストなコンテンツだと判断され検索エンジンからも評価されるため、上位表示される可能性が高くなります。

 

また、見出しなどの構成はユーザーニーズを満たしてい内容や順序になっている必要があります。

 

SEOライティングに必要なSEOの知識

 

SEOライティングでは、クローラーに対して認識されやすいコンテンツであることが重要です。そのためには、ライティングをする上で見逃せないSEOの知識について抑える必要があります。そこで、SEOの内部対策として抑えるべき知識を解説します。

 

ページタイトル

 

SEOライティングにおいてページタイトルは非常に重要な部分です。ユーザーが検索エンジンで検索しする際に、一番最初に目につく部分がページタイトルであり、ユーザーはページタイトルを見て自分の知りたい情報であるかを判断します。

 

そのため、ページタイトルには対策キーワードを必ず含めましょう。また、検索結果画面にきれいに表示されるよう30文字程度におさめ、対策キーワードをタイトル前半にいれることもポイントの1つです。

 

また、タイトルはユーザーのクリックを訴求するような文章でなくてはいけません。ユーザーから見て、コンテンツ内容が分かりやすく表現されているかや魅力的な文章になっているかを意識して考えることが重要です。

 

ディスクリプション

 

ディスクリプションは、タイトルの下に表示される説明文のことを指し、ページタイトル同様に検索結果画面に表示され箇所となります。コンテンツの中身を分かりやすく簡潔に伝えることができるため、ユーザーが最初に読む文章にもなりその他のコンテンツとの比較対象となります。

 

そのため、ユーザーの興味をそそりユーザーニーズを汲み取った文章を設定することが重要です。対策キーワードを含めることはもちろん、関連語を含めるなどしてキーワードとコンテンツの関連性を示しましょう。

 

また、タイトル同様文章の前半にキーワードを含め、130字前後で書くようにしましょう。他のコンテンツとの比較対象となるため、オリジナリティがありユーザーの興味を引くような文章にすることでクリックされやすくなります。

 

見出し

 

SEOライティングでは、見出しはページタイトルの次に重要な要素となります。見出しを設定することで、ユーザーはコンテンツの構成や内容を簡単に把握できます。

 

また、ユーザーだけではなく検索エンジンもこの見出しを見てコンテンツの内容を判断しているため、見出しにも対策キーワードや関連語含めるる必要があります。不自然にキーワードを詰め込まないように、自然な形で対策キーワードや関連語を含めることで対策キーワードとコンテンツの関連性を高めることができます。

 

特に長文コンテンツの場合は、見出しを階層に分けて組み立てることでユーザーの可読性も高められ、検索エンジンにも理解しやすいコンテンツとなります。

 

本文

 

作成するコンテンツは、対策したいキーワードで検索してきているユーザーのニーズに応えた内容になっている必要があります。キーワードとの関連性を高めるために、対策キーワードや関連語を含めながらライティングを行うことが重要です。

 

特に対策キーワードは、記事の前の方に入れたほうがより効果的とされています。しかし、無理にキーワードを含めようとすると分かりづらい文章になるため、不自然にキーワードを多用しないようにすることが重要です。

 

また、ユーザーニーズに応えようとして長すぎる文章にならないように気をつけましょう。ユーザーが本当に必要とする情報をコンパクトに分かりやすくまとめることが重要です。

 

画像

 

文章だけでは読みづらく、伝わりづらいこともあります。そのような場合は、コンテンツ内容にあった画像を適度に使用して、全体的に読みやすいコンテンツになるように心がけましょう。画像を混ぜることで、テキスト以上の情報を与えることができユーザーの理解を深めるためにも有効です。

 

また、SEOの内部対策としてalt属性に画像を説明する文言を入れることも重要です。Googleのクローラーは、画像が何を指しているのかということを正しく認識できません。そのため、alt属性にテキスト情報を記述することで、クローラーにも画像の内容を理解してもらいやすくなります。

 

SEOライティングにおすすめの本3選

 

SEOライティングは、コンテンツ作成者であれば必ず取得しておきたい技術です。ここでは、SEOライティングを学ぶことのできる本をたくさんある中からおすすめ3選をご紹介します。

 

沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘

 

SEOライティングの本①

参照元: 沈黙のWebライティング(Amazon)

 

沈黙のWebライティングは、マンガ形式でライティングのノウハウを紹介しているため本が苦手な方でも読みやすい1冊です。Webで成果を上げる実践的な文章の手法や思考法を学ぶことができます。

 

SEOのコンテンツ対策にフォーカスした実践向けの本になります。分かりやすい文章の書き方を学びたいSEOライティング初心者の方にはおすすめです。

 

SEOに強いWebライティング

 

SEOライティングの本②

参照元: SEOに強い Webライティング(Amazon)

 

SEOに強いWebライティングは、セールスにフォーカスをおいた書籍で、SEOライティングを学びながらセールスライティングも学ぶことができる本です。読み手に伝わる文章の書き方や商品を購入してもらうための文章術など、サイトへの集客・売上アップにつながるWebライティングのスキルを身につけることができます。

 

アフィリエイトブログを運営している人や売り上げを伸ばしたいWeb担当者の人にはおすすめの1冊です。

 

SEO対策のための Webライティング実践講座

 

SEOライティングの本③

参照元: SEO対策のためのWebライティング実践講座

 

SEO対策のための Webライティング実践講座では、SEOの基礎知識からライティング時の注意点まで解説する実践向けの本です。SEO効果を高める編集・校正の方法や、効果的なキャッチコピーの作り方などの実用的なライティングテクニックを学ぶことができます。

 

SEO初心者の人でもSEOの基礎から学べる点が特徴ですが、ある程度SEOライティングの知識があるライターや編集者の人にもおすすめの一冊です。

 

 

SEOナビゲーター【まとめ】コンテンツ作成の基本は、ユーザーファーストであることです。ですが、今回ご紹介したように、SEOライティングではユーザーと検索エンジンの両者にとって分かりやすい内容であることが重要です。ユーザー目線に立ったユーザーファーストなコンテンツは、自然と検索エンジンにも評価されやすくなりますが、SEOの内部対策も行うことでより検索エンジンに評価されやすくなります。今回ご紹介したSEOライティングのコツとポイントを抑えて、ユーザーからも検索エンジンからも評価される質の高いコンテンツを作成しましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る