東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEOライティングとは?Googleに評価される本質的なライティング

SEOライティングとは

SEO(Search Engine Optimization)ではSEO内部対策とSEO外部対策の両方が必要です。内部対策では大きくテクニカルSEOとコンテンツSEOに分かれますが、このコンテンツSEOで重要になるのがSEOライティングです。

検索順位を上げてアクセスを増やすにはGoogleに評価される必要がありますが、これはコンテンツの質が評価対象として非常に大きく、このコンテンツの質を左右するのがSEOライティングです。

>>コンテンツSEOはこちら

今回はSEOライティングとは何か、何を意識して執筆すべきなのか、注意点は何かなどに注力して解説いたします。

SEOライティングは要点を抑えれば誰でもできるという記事を頻繁に見かけますが、経験的にはやはり「誰でも」できるものではありません。コンテンツ作成で困った際には東京SEOメーカーにご相談ください。

>>コンテンツSEOの料金はこちら

SEOライティングについて

SEOライティングとは、検索順位を上げることによりアクセスを増やすことを目的にした記事の書き方のことです。ユーザーの検索意図を理解した上で必要な情報を網羅的に書く必要がありますので、年々難易度は高くなってきています。

SEOライティングとは?
SEOライティングとは、検索順位を上げることによりアクセスを増やすことを目的にした記事の書き方のことです。ユーザーの検索意図を理解した上で必要な情報を網羅的に書く必要がありますので、年々難易度は高くなってきています。それなりのスキルと経験が必要です。

Googleはユーザーファーストを徹底的に意識していますので下手なSEO対策を行うよりもコンテンツをしっかりと作りこむことで対策がとれるという意味では小規模サイトが大規模サイトに勝てる可能性があるということを意味しているため公平性が保たれているともいえます。

SEOコンテンツは評価されやすい

全てのコンテンツはGoogleが定期的に巡回しスコアリングをしたうえでデータベース上に格納されます。そのため、SEOを意識して作成したコンテンツはGoogleに評価されやすく、最初から高い評価を受けることが可能です。

しかし、高い評価を受けるためにはそれなりの良質なコンテンツの内容でライティング対策を施す必要があり、素人にはSEOライティングが難しい理由にもなっています。最近では他のサイトの文章のリライトやただ長いだけの中身のない文章は高い評価を受けることは難しくなっています。

>では、どうすればいいのでしょうか。その答えは、ユーザーを意識することが良いコンテンツ作成を行う近道となります。

Googleは徹底的にユーザーファーストを貫いていますので、高い評価を受ける記事はユーザーファーストを考えなければなりません。ユーザーファーストとは、ユーザーが何を求めているのかを理解し、どのようにすればわかりやすく、齟齬なく伝わるかなどを細かく意識することにつながります。

 

SEOライティングとはユーザーインサイト(ユーザーの持っている隠れた本音)をどこまで表現できるかを意識したライティング手法といえます。

SEOライティングで戦える分野・戦えない分野

繰り返しになりますが、SEO対策をするためにはユーザーファーストを意識する必要があります。そのため、ユーザーが求めている内容次第ではSEOライティングをしても効果が薄い分野もあります。

例えば、エンタメ系のキーワードでは通常のテキストコンテンツよりも動画コンテンツが優先されて上位表示される場合もありますし、特定の時期に検索順位が大幅に入れ替わる場合もあります。特に2020年から流行している新型コロナウィルス関連のキーワードでは今から参入してテキストコンテンツを作っても上位表示されることは非常に難しいといえます。

世間を騒がせた事件などがあればニュース系記事が上位表示されることもありますし、キーワードによってはテキストコンテンツではなくツールなどが優先されて表示されることがあり良いコンテンツを作っても対応できない場合もありえます。

SEO対策をする際にはキーワード選びが非常に重要ですが、このキーワード選びに失敗してしまうとコンテンツに注力しても成果が出ないということもありますので、自社がやっていることが戦えるジャンルなのかどうかは最初に入念に確認する必要があります。

>キーワード選定の失敗
>>ユーザーの検索クエリを知る
>>キーワードプランナーの使い方はこちら

格安SEO対策の東京SEOメーカー

SEOライティングのポイント

SEOライティングをする上で重要な点、注意する点は多いものの、基本的なところは以下の5つを押さえれば大きな失敗はしないはずです。

 

  1. ページタイトル
  2. 見出し
  3. コンテンツ本文
  4. URL
  5. 画像や動画

この5つをまずは見ていきます。5つのルールを確認してから「さらにSEOライティングを意識するには」を読み進めましょう。

 

SEOナビゲーター
SEOナビゲーター

【SEOライティングのコツ】SEOライティングでは最初から100点の記事を作ることは目的にしないでください。100点の記事を作ることは事実上、不可能な上に非常に労力がかかります。極端な例では20点の記事であっても競合の記事よりも上位に表示さえすれば目的は達成できますし、後から修正(リライト)することも可能です。

ページタイトル

ページタイトルはSEOライティングをする上では最重要ポイントの1つです。過去のGoogleエンジンと比較すれば重要度はだいぶ下がりましたが、2021年の時点でも評価の大部分はページタイトルで決まると言ってよいほど比重が大きいポイントです。

ページタイトルを付ける上で注意すべきは以下の3点です。

  1. コンテンツ内容と相違がない
  2. キーワードを前方に含める
  3. 文字数は30文字前後(35文字以内がベスト)で作る

記事を作る際には最初にキーワードを1つ決め、そのキーワードに対してコンテンツを考えます。この時に決めたキーワードは必ずタイトルに含めてください。

そして、タイトルとコンテンツに相違があるとGoogleからは高い評価を得ることはできません。

また、キーワードはできるだけ前の方に入れた方が効果が高いことが多く、タイトルの文字数も短い方が狙ったキーワードとの一致率が高くなるため効果が期待できます。

さらにキーワードは完全一致の方がSEO効果は高く、複数語の場合には遠くよりも近くに設置した方が高い効果がある傾向にあります。

文字数が30文字というのは検索結果に表示される限界文字数が30文字前後(Google側の仕様変更により増減します)であるため、30文字以上を書いてもユーザーの目に触れることはないためです。

ページタイトルの付け方の例

良い例:格安SEOなら東京SEOメーカーにお任せ

悪い例:【東京SEOメーカー】格安費用でSEOをするなら

上記は「格安SEO」で対策をする例です。日本語としてはほとんど同じ意味ですが、SEOを考えた時には全く意味が異なります。「格安SEO」で対策しているので前方に入れた方がよく、悪い例の「格安費用でSEO」では間に文字が入りすぎていて遠くなっていて完全一致でもありません。また、強調する【】は使うのをやめましょう。

ただし、SEOを意識するあまりユーザーファーストを忘れてしまっては問題です。全てはユーザーのための記事ですので読みやすい、わかりやすいを考えた上でクリックを誘導できるタイトルがベストです。

見出し(hxタグ)

見出しとはhtmlで入力するh1タグやh2タグのことです。見出しはh1、h2、h3、h4、h5、h6と6段階あり、全てをまとめてhxタグと表記することがあります。

見出しを作る際に注意すべきは以下の3点です。

  1. 正しい構文を意識する
  2. 見出し内にもタイトルと言い回しを変えた対策キーワードを入れる
  3. 見出しだけを読んでも記事の流れがわかるようにする

Googleはh1タグが1つのコンテンツ内に複数あっても問題ないとしていますが、原則的にはh1タグ(大見出し)は1つのコンテンツに1つだけにとどめます。そして、h2(中見出し)、h3(小見出し)と続くのですが、ホームページを構成するhtml言語はマークアップ言語ですので必ず入れ子になる構造で規則を守って書いてください。h4以降を頻繁に使うことはあまりありませんが、必要があればh4、h5、h6を使っても構いません。

また、見出し内に対策キーワードを盛り込むことも重要ポイントですが、必ずページタイトルとは違った言い回しにしましょう。見出しとSEO効果はいまだに関連が大きく、不自然でない文章で構築しましょう。

さらに見出しだけを読んで(目次だけを読んで)そのコンテンツが何を言いたいのかがわかるような構成であれば尚よいです。

 

SEOナビゲーター
SEOナビゲーター

【SEO裏話】かなり例外的ではありますが、2021年でもキーワード含有率と検索順位が大きく関係する例が存在します。「アナゴさん」で検索するとサザエさんのアナゴさんに関するページが出てきますが、中でも「アナゴさん」というページはスパム行為のようなページではありますが検索上位を維持できています。しかし、これはかなりの例外ケースであり、他の要素も絡んでの総合評価ですのでキーワードの含有率を極端に高くするライティング手法は真似をすべきではありません。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

コンテンツ本文(テキスト)

コンテンツ本文はタイトルと並ぶ最重要ポイントの1つです。タイトルとは違い文字制限がありませんので必要十分なテキスト量を確保する必要があります。SEOライティングをする上で最も苦労しますが、慣れてくると最も面白いのもコンテンツです。

SEOはコンテンツにはじまり、コンテンツに終わると言っても過言ではありません。Googleも「コンテンツイズキング/Content is King」と言っているほどの重要ポイントです。

コンテンツを作る上で意識する点はとても多いのですが、強いて挙げるとすれば以下の7点を特に重視してください。

  1. リード文
  2. キーワードの使用位置
  3. 正しいマークアップ
  4. 代名詞を使わない
  5. 類語の使用
  6. 箇条書きや表の活用
  7. 情報の網羅性
リード文

リード文というのはコンテンツの本文に入る前の冒頭に入れる文章のことで、多くの場合、目次の直前にあります。100文字~200文字程度のリード文をよく見かけますが、メディアによっては500文字程度のかなり長いリード文を入れることもあります。

このリード文(と目次)を読んでユーザーはそのあとの記事を読むかどうかを判断する非常に重要な箇所です。

このリード文で自分にはこの記事は必要だと思わせれば読了率と滞在時間が伸びますし、リード文で不要と判断されれば即離脱になります。

Googleの評価基準にはGoogleアナリティクスでの滞在時間や離脱率は評価に入れていないと公式に発表がありますが、Googleの検索エンジンを使った間隔から事実上の滞在時間や離脱率を計測して評価基準に盛り込んでいる可能性は高く、良いリード文を意識してください。

キーワードの使用位置

対策キーワードはリード文や見出しの直下の文章内の前方に入れるようにしてください。キーワードを入れることで記事との関連性が高まり、Googleに評価されやすくなります。

メディアによっては全ての見出しと全ての見出し直後の文章の冒頭に対策キーワードを入れるように指示がある程ですが、最も重要なことはユーザーファーストですので不自然でない程度に入れることをおすすめいたします。

SEOライティングにある程度慣れてくると全ての見出しや見出し直後の文章に入れる必要がないことが理解できるようになりますが、最初の段階では入れることを前提に考えて不自然であれば外すことを考えるくらいでも構いません。

正しいマークアップ

Googleのクローラーは非常に優秀ですが、文章の意味をどこまで理解しているかは現在でもわかっていません。

2019年12月のBERTアップデートにより文章を理解するようになったと言われていますが、2021年の段階でも完全ではないと判断できます。

SEOナビゲーター【余談】ですが、Googleが本当の意味で文章の意味を完全に理解できているのであればGoogle翻訳で翻訳エラーでは起きないことは容易に推測できます。

そのため、正しいマークアップをすることでどこで何を書いているのかをクローラーに教える必要があります。

見出しタグ<hx>や文章の段落タグ<p>は必須なのはもちろんですが、引用を表す<blockquote>、<q>、<cite>などは正しく使いわける必要があります。

他にも<table>を使うことでSERPSへの影響があったり、協調スニペットに取り上げられる可能性があったりすることからもおすすめです。

代名詞を使わない

人間が読んでわかる文章であってもGoogleクローラーには正しく理解できないケースは多々あります。
理解できないのは主語と述語がはっきりしていないこと、修飾語がどこにかかっているのかがわかりづらいことなどがありますが、代名詞が具体的に何を指しているのかわからないこともあります。

そのため「これ」、「あれ」、「彼」のような文章は可能な限り控えることをおすすめします。

しかし、主語を毎回入れることは不自然な文章になることが多いため、ユーザーが読んで不自然ではない、ということは必ず意識してください。

類語の使用

同じことを意味していても言い換えが可能な表現は数多く存在します。

対策キーワードが明確に決まっていたとしても、同じ言葉しか使わないことは不自然な文章になりやすく、わかりやすい文章にするためには言い換えて表現することも大事な点です。

例えば、料金と費用、メリットと良い点、スパゲッティとパスタ、ウェブマーケティングとデジタルマーケティングなど微妙なニュアンスや意味が違っていても同じ意味として使っている言葉があるのであれば積極的に多用してください。

ユーザーが検索するキーワードは流入クエリや検索ボリュームから類推することはできますが、より広くアクセスを集めるためには類語を使うことで対策可能です。

類語を使うことで後述する共起語を意識することにもなりますし、専門用語をわかりやすくかみ砕くことでユーザーファーストにつながります。

箇条書きや表の活用

コンテンツを作る側としては驚くべきことですが、ユーザーは驚くほど記事を読みません。

数値上の読了率が高い場合であってもユーザーが記事の内容を完全に理解することは稀であると断言できます。

しかし、記事を読んでくれなくてもアクセスしてくれたユーザーには理解してもらう必要があります。

そのため、文章で書いたことを再度箇条書きでまとめたり、ポイントを箇条書きにしたり、表で比較したりすることでユーザーの目に留まりやすくなり、理解も進みます。実際に文章だけのページよりも図、表、箇条書きなどが多いページの方がユーザーの関心を引いていることはヒートマップを入れることでわかります。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

情報の網羅性

よくSEOライティングする場合の文字数が話題に上がります。回答は決まって長い方が良いとなりますが、実際には文字数が多い記事とSEO効果に因果関係はありません。ただし、相関関係はあります。

少し面倒な話ですが、確かに文字数が多い記事の方がSEOで良い結果が出やすいです。しかし、文字数が多いことが検索上位に来る理由ではありません。

SEOで重視されるポイントの1つには情報の網羅性があります。どれだけ情報が余すことなく含まれているか、が評価ポイントです。

MECE(ミーシー:Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略。漏れなく重複なくの意味)と言われることもあります。

つまり、対策キーワードに対して「漏れがない」ほど情報を網羅することで高い評価を得ることができます。そして、情報を網羅するということは必然的に文字数が多くなる傾向にあるためSEOと文字数という本来は関係がない話が出てくるのです。

ただし、重複なくという点にも注意してください。無駄に長い記事はユーザーも好みません。そのため、見出しだけでも内容がわかるような記事構成にして目次を設置することでSEO対策にもつながります。

URL

URLを見た時に最後が数字だけで終わっているようなページをよく見かけます。例えば、https://example.com/2021/05/12345/ のようなURLです。

WordPressで作ったサイトによく見かけるURL(パーマリンク)ですがSEO的にプラスに作用することはありません。むしろGoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleなどでどのページのことかわからなくなるので弊害があるとさえ言えます。

メディアの仕様で変更できない場合もあるでしょうが、URLは可能な限り意味の分かるものを意識してください。GoogleもURLにキーワードが含まれることに(若干の)SEO効果があることを認めています。

 

良いURLとは次のように意味の分かるものです。

◎https://example.com/seo/about-seo-writing/ 

×https://example.com/2021/05/12345/

画像や動画

ライティングではありませんが、画像や動画を入れることもSEOにつながります。

画像はオリジナルなもので記事に関連するものを入れ、alt属性にテキスト情報を入れることでSEO効果が見込めます。動画は入れることで滞在時間の向上が見込めますし、動画の内容を文章でまとめることでユーザーとGoogleクローラーへの理解を助けます。

SEOナビゲーター【画像のコツ】フリー画像を入れることで視覚的な効果はありますので間接的なSEO効果は見込めますが基本的にSEOにはつながりません。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

さらにSEOライティングを意識するには

ここまで何度もSEOライティングにはユーザーファーストを意識するようにお伝えしていますが、さらにSEOを意識する場合には次の4つを改善してみてください。

 

  1. 共起語
  2. 独自性
  3. 専門性
  4. 結論ファースト

共起語

共起語(LSIキーワード:Latent Semantic Indexing keyword)は対策キーワードと一緒に出ることが多いキーワードのことです。共起語というのは対象のキーワードと一緒に使われやすい言葉のことです。

たとえば、「カメラ」を検索するときに「ピント」「シャッター」「撮影」「写真」といったものが共起語と呼ばれるものです。

この共起語というのを適度に入れたほうが自然な内容で、検索エンジンに高い評価をうけることができます。

この共起語をコンテンツ内に散りばめることで関連性が高くなり、SEOに有効な手法です。

共起語を調べるツールはいくつかありますが、サクラサクLABOは他のツールと比較しても特に優秀なツールですのでおすすめ致します。

独自性

Googleの評価基準の大きなものに独自性と後述する専門性があります。独自性とは他のサイトと比べてどこまで情報が独自なものであるか、ということです。

他社サイトのコピーは論外ですが、似ている記事というのも評価が高くなりづらいため、可能な限りオリジナルで自社の一次情報などを載せることで独自性を高めることができます。

この独自性が非常に大事です。どこにもないあなただけが持っている情報がユーザーもロボットも待っています。

専門性

記事の専門性は特に医療、法律、健康などの分野で大きいですが、このジャンル以外であっても専門性は非常に重要なポイントです。ジャンルごとに限られた人、権威がある人、経験者や体験者からの情報などは専門性が高く、評価が高くなる傾向にあります。

>>E-A-Tとは?Googleが重要視する理由と対策方法

インターネットで情報を集めてまとめただけという記事では専門性が高いとは言い難く、SEOライティングとは呼べません。
また、ニュースや時事、法律、金融、医療などの分野ではYMYLという検索品質評価ガイドラインの項目で注意が必要です。

>>YMYLとは?対象ジャンルとSEO対策方法

結論ファースト

先述しましたがユーザーは記事を読みません。しかし、情報は求めています。そのため、最初に結論を書く方がユーザーの満足度の高い記事といえます。

この書き方はPREP法(プレップ法:Point Reason Example Pointの略)と呼ばれますが、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論)の順に書くというものです。

結論を最初に書いてしまっては冒頭だけ読んで離脱されるのでは?と思われる方もいますが、リード文をきちんと書き、次に誘導することで離脱を抑えつつ、滞在時間を伸ばすことが可能です。

 

SEOナビゲーター【一言アドバイス】PREP法以外にもSDS法やDESC法という書き方もありますが、東京SEOメーカーではPREP法を推奨しております。

変化するSEOライティング

SEOライティングについての基本はここまででほぼ網羅していますが、ここまでを全て行っても100点ではありません。

それはGoogleのアルゴリズムやユーザーニーズは時間とともに変化していくからです。変化する時代に合わせてSEOライティングも変化し続けなければいけません。

SEOライティングでは100点の記事よりも60点の記事を作ることを推奨します。

SEOは相対的なものですので競合よりも高い評価さえ貰えれば問題ないこともありますが、一度記事を作って足りなければ書き足すことで「書き足した」部分が影響して効果が出たことを確認できるからです。

Googleアルゴリズムがわからない以上は自分で様々なことを試して評価が出るポイントを模索する必要があります。そのためには何が影響したのかを可能な限り特定することは非常に重要なポイントです。

また、時間が経過することで新しく分かったことや制度の変更などについて書き直さなければいけないものが出てきます。評価され続ける記事を維持するにはリライトは必ず行ってください。とはいえ対応したことが影響して改善したのか、他サイトの評価が落ちただけなのか、アルゴリズムが変わったのか、検索結果のブレが出ただけなのかの判断は非常に難しいです。

画像検索や音声検索への対策

以前はSEO対策といえば文章だけでしたが、現在では画像検索からの流入や音声検索からの流入もありえます。ジャンルによってはテキストよりも音声からの方がアクセスされやすい可能性もあり、本当にテキストでの対策が最適なのは再検討すべき点です。

特にテキスト検索は検索結果の中からユーザーが自分で選択しますが、音声検索はGoogleアシスタントやSiriが選んだ1サイトだけしか選択されませんので質が重視されます。

 

SEOコンサルタント【まとめ】
このようにSEOライティングはユーザーファーストを意識した上で可能な限り情報を網羅し、質を高めることが重要です。きちんと理解すれば自社でコンテンツ作成を行うことは可能ですが、量産が難しい場合や質を担保できないというケースもあるはずです。そのような場合には東京SEOメーカーにご相談ください。価値あるコンテンツを格安で提供することが可能です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る