Webコンテンツとは?Webコンテンツの種類と具体例を徹底解説

WEBコンテンツとは?

インターネットの普及によりWebでの集客が主流になってきていますが、Web集客をする上で欠かせないのがWebコンテンツです。

 

Webコンテンツを用いて集客を行うのですが、インターネット上での媒体が多様化してきていることから、Webコンテンツの種類も複数あります。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、Webコンテンツの種類と具体例を詳しく解説していきます。

 

Webコンテンツとは

 

Webコンテンツとは、インターネット上に掲載される情報のことを指します。企業の製品やサービスを紹介するページだけではなく、Webサイトに表示されるバナー広告なども含めてWebコンテンツになります。

 

Webコンテンツといえば、ブログ型の記事をイメージする方も多いと思いますが、インターネット上にSNSなどのようにさまざまな新しいサービスが誕生しているように、Webコンテンツも多様化してきています。

 

テキストで構成されたコンテンツ以外にも、イラストや動画などで構成されたコンテンツもあります。Webコンテンツを作成する際には、まずどのような種類のコンテンツがあるかを理解し、自社集客に最適なWebコンテンツを作成することが重要です。

 

関連記事: カスタマージャーニーマップとは?作る目的と作り方

 

Webコンテンツの目的

 

Web集客には欠かせないWebコンテンツですが、集客に役立てられること以外に具体的にどのような目的があるのでしょうか?ここでは、Webコンテンツの3つの目的について解説します。

 

  1. 競合との差別化
  2. 顧客育成
  3. ブランディング

 

 

競合との差別化

 

Webコンテンツが多様化してきている中、インターネット上での表現も自由になってきています。自由な表現ができるWebコンテンツでは、唯一無二のコンテンツを作ることができます。

 

そのため、たくさんいる競合との差別化がしやすいのが特徴です。競合他社と同じようなコンテンツではなく、競合との差別化を意識したユニークなコンテンツ作成が重要です。

また、ユーザーの印象に残るようなコンテンツであれば、自社の認知度向上にも繋がります。数多くある企業の中から自社の製品やサービスを選んでもらうためには、Webコンテンツを通して競合他社との差別化を測る必要があります。

 

関連記事: 競合サイトの分析におすすめのツール8選!競合分析の確認項目と方法を解説

 

顧客育成

 

Webコンテンツを充実させることで、ユーザーのさまざまなニーズに答えることができます。顕在層から潜在層にまでアプローチできるコンテンツを作成することで、長期的なスパンで自社製品やサービスへの認知、興味喚起、比較検討まで顧客を育成していくことができます。

 

Webコンテンツがなければ顧客との接点を持つこともできないため。顧客との接点を常に持ち続ける手段としてWebコンテンツは有効です。また、見込み顧客に対するアプローチを工夫することでコンバージョン獲得を増やすこともできます。

 

ブランディング

 

Webコンテンツを充実させることで、インターネット上に自社のコンテンツが増えることになるため、より多くの人に自社のコンテンツを見てもらう機会を増やすことができます。多くの人に届けることができるようになると、自社のブランド認知度の向上にも繋がります。

 

また、ユーザーニーズに沿った有益なコンテンツを発信することで、ユーザーに対して「信頼」を与えられます。Webコンテンツが充実していれば自社の信頼性向上にも繋がりますが、ただコンテンツを増やせば良いというわけではなくユーザーファーストなコンテンツの作成が重要です。

 

Webコンテンツの種類

 

Webコンテンツにはいくつかの種類があります。ここでは、それぞれのコンテンツの種類について紹介します。

  • 単発型
  • 連載型
  • 永続型
  • 辞書型
  • 追記型
  • インタビュー型
  • 季節型
  • データ型

 

単発型

 

単発型は、1つのテーマについて書かれたコンテンツを意味します。特集的な位置づけで掲載しているWebサイト等の知名度を上げる目的で作成されます。

 

単発型のコンテンツは時事性が高いため、集客効果は一時的なものが多くなりがちですが、常に最新の情報になるようにリライトをしていくことので長期的に集客のできるコンテンツにもなります。初めてコンテンツを作成する際は、まず単発型の記事から初めて見るのもおすすめです。

 

連載型

 

連載型のコンテンツは、1つのテーマに対して前編・後編などと分けて発信していくコンテンツです。Webサイトに継続的に訪れてもらうことを目的に作られるため、ファンやリピーターを作るのに効果的です。ファンやリピーターが付くことで、企業のブランディング向上にも繋がります。

 

記事コンテンツだけではなく、定期的に配信するメルマガなどもリピーター獲得につながる連載型のコンテンツとなります。

 

永続型

 

永続型のコンテンツとは、ユーザーに長期的にアプローチしていくコンテンツを意味します。例えば、〇〇マニュアルや〇〇一覧などいわば教科書のようなWebコンテンツを指します。

 

何度も見返すものや、時期関係なく常にユーザーが見るコンテンツを永続型と言い、長期的に流入が見込めるため永続型のコンテンツが多ければ多いほど安定した流入数を見込むことができます。

 

辞書型

 

辞書型とは用語集やある言葉の意味を解説したり、一覧集などさまざまな内容を網羅的に書いているWebコンテンツです。言葉の意味を知りたいユーザーや、網羅的にな止めて調べたいユーザーに対して発信するコンテンツです。

 

辞書型のコンテンツは、ページ内でユーザーの問題が解決することが多いため、離脱してしまう可能性が高くなります。そのため、コンテンツ内で別のコンテンツに遷移させるなど離脱させない工夫は必要となります。

 

追記型

 

追記型のコンテンツとは、連載型コンテンツにも似ていますが雑多なコンテンツを意味することが多いです。例えば、〇〇記録や〇〇日記などがこれに当たります。

 

日々の出来事や思っていることを記載するため、コンテンツ作成のハードルは低くなりますがSEO的な部分では相性が良くないのも特徴の1つです。社内向けや、顧客のロイヤリティを高めるには効果的ですが、新規顧客獲得には向かないのでつかい分けが重要です。

 

インタビュー型

 

インタビュー型は、名前の通りインタビューをテーマとしているコンテンツです。自社製品やサービスを利用したユーザーの声を発信するものや、専門家の意見を発信するWenコンテンツなどがこれに当たります。

 

第三者の声を届けることで、ユーザーの購買の後押しをするような強力なコンテンツになります。インタビュー型のコンテンツは、時間と労力を要しますが、質の高い価値あるコンテンツとなるため顧客育成やブランディングにも役立てられます。

 

季節型

 

季節型のコンテンツは、季節に合わせたタイムリーな情報を発信するコンテンツを指します。クリスマスやバレンタインなど、特定の時期に注目が集まるようなテーマで作成します。

 

季節型のコンテンツは配信時期が重要で、時期に合わせて配信するのでは遅くユーザーが検索しはじめる頃に上位表示されるように仕込む必要があります。そのため、タイミングがとても重要なコンテンツとなるため、スピード感を持って作成する必要があります。

 

データ型

 

データ型のコンテンツは、アンケート調査結果、統計分析など数字に基づいた事実とそれに対する解釈を発信していくWebコンテンツです。実際にアンケートを取ったり、調査を行ったりするためユーザーの興味を引くようなコンテンツを作成できるのが特徴です。

 

ユーザーにとっては、自分ではわからないデータを得ることができ第三者の意見としても購買の後押しになるコンテンツとなります。

 

データ型のコンテンツは、調査や分析に時間はかかってしまいますが価値のあるコンテンツとなるため1つのコンテンツだけでも効果を見込むことが可能です。

 

Webコンテンツの具体例

ここまでWebコンテンツの種類について解説してきましたが、具体的にはどのようなコンテンツがあるのでしょうか?ここでは、主なWebコンテンツを9つ紹介していきます。

  1. 記事コンテンツ
  2. レビュー
  3. メールマガジン
  4. ホワイトペーパー
  5. SNS投稿
  6. プレスリリース
  7. 動画コンテンツ
  8. 漫画コンテンツ
  9. 音声コンテンツ

 

記事

 

最も一般的なのが、記事コンテンツです。Webコンテンツと言えば記事コンテンツを想像する人も多いと思いますが、ブログなどのテキストをメインとするコンテンツがこれに当たります。記事コンテンツは、Webサイトに資産として残せるため長期的な流入を見込めるストック型コンテンツとなります。

 

記事コンテンツの中にも、さまざまな種類があるためどのような目的を達成したいのかを明確にして作成していく必要があります。

 

関連記事: 記事コンテンツの制作方法とは?成功させるために必要な5ステップ

 

レビュー

 

レビューとは、自社の製品やサービスに対する感想や評価のことを指します。ユーザーは、製品やサービスを利用する前に口コミを見て参考にする人が多いため、購買意欲を高めるために重要なコンテンツとなります。

 

レビューを集め、1つのコンテンツを作成するのもWeb集客の手段の1つとなります。

 

メールマガジン

 

メールマガジンとは、メールを通して定期的に情報を届けるコンテンツです。既に所有している顧客データに対してアプローチすることが多く、潜在層に対してコンバージョン獲得に繋がるような内容を発信し顧客育成を行う手法です。

コラムや新商品情報、キャンペーン情報などを配信し購買意欲を高めることができます。

 

ホワイトペーパー

 

ホワイトペーパーは、自社の製品やサービスに関するノウハウをまとめた資料や分析レポートなどを指します。自社の製品やサービスを売り込む目的で作成され、個人情報を登録すれば、Webサイトからダウンロードできるような形で提供されることが多いです。

 

ホワイトペーパーを作成することで、Webサイトを訪れた見込客からの問い合わせ増加を期待できます。

 

SNS投稿

 

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSで発信するコンテンツも近年注目され始めています。自社サイトとSNSを連動させ、長期的なブランディング戦略を行うことができます。

 

また、SNSは拡散性が高いためユーザーに拡散されるような面白いコンテンツ作りがポイントになります。

 

プレスリリース

 

プレスリリースとは、新商品や新サービスなど、自社の活動に関する新着情報を外部のメディア向けに発信するコンテンツです。プレスリリースに記載した内容が、他のメディアで取り上げられることで情報の拡散を期待できます。

 

第三者から報じられることで、情報の信頼性が高まるため、多くの人に拡散してもらえるような注目されるコンテンツ作りが重要となります。

 

動画

 

動画コンテンツは、テキストや写真などの静的なコンテンツでは伝えきれないことを動画や音声をつかって伝えられるコンテンツです。より多くの情報を伝えられること以外にも、視覚や聴覚に訴えることができるため、よりユーザーの印象に残りやすいのが特徴です。

 

記事コンテンツなどでは、伝えづらい内容や複雑な内容を動画コンテンツで発信することで、よりユーザー理解を深めることもできます。

 

漫画

 

漫画コンテンツは、イラストを使用しマンガ形式で情報を届けるコンテンツでし。動画コンテンツと同じように、複雑な内容をわかりやすく表現できるというメリットがあります。また、難しい内容であっても漫画形式であれば楽しく読み進められるため、コンテンツを最後まで読んでもらいやすくなります。

 

音声

 

音声コンテンツは、その名の通り音声を通して情報を伝えるコンテンツです。ポッドキャストなどが代表的な例です。音声を利用したコンテンツの最大のメリットは、ながら利用ができることです。動画制作よりもコストが低いため、手軽に制作できるのも特徴の1つです。

 

Webコンテンツの制作方法

 

Webコンテンツにはさまざまな種類がありますが、どのようなコンテンツを制作するのかによって制作方法も異なります。ここでは、各コンテンツ作成方法について解説していきます。

 

集客コンテンツ

 

最も多いのが集客コンテンツですが、集客コンテンツを制作する際にはユーザーニーズに沿ったコンテンツを作成し、見込み顧客の獲得につなげることが重要です。

 

「〇〇とは」「〇〇について」「〇〇のやり方」といったある1つのテーマに沿ったまとめコンテンツや、ユーザーの疑問を解決するHOW TO系のコンテンツが集客に適したコンテツと言えます。集客コンテンツでは、ユーザーニーズに沿ったキーワードで網羅的にコンテンツ作成をしましょう。

 

また、コンテンツ内にはコンバージョンに繋がる動線をしっかりと用意してあげることが重要です。利用するサービスにもよりますが、多くの人に見てもらえるような拡散性のあるこコンテンツ作りも欠かせません。他社との差別化を図りながら、多くの人に見てもらえるようなコンテンツ作りが必要です。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

教育コンテンツ

 

集客に適したコンテンツで自社サイトに集客でしたあとは、自社に興味を持ってもらうためにユーザーを教育していく必要があります。自社のことをより深く知ってもらい、自社を選ぶメリットを伝えることで、顧客獲得に繋げることができます。

 

ユーザーの感情の変化に合わせたコンテンツを用意してあげることで、顧客育成を行えます。自社サイトを訪れたユーザーが、次にどのようなことを知りたいと思うのかということをしっかりと理解し、コンテンツ作成していくことが大切です。

 

集客コンテンツとは異なり、よりターゲットを絞った内容の教育コンテンツを用意して顧客育成を行いましょう。教育コンテンツを通して、購買意欲を高めたり他社との差別化を図ることができます。

 

セールスコンテンツ

 

自社サイトに集客し顧客育成をしたあとには、最後に購買の後押しをするようなセールスコンテンツを用意しましょう。ユーザーの不安を拭い去ってくれるセールスの役割を持ったコンテンツが必要です。

 

事例紹介やお客様の声など、第三者の声を盛り込むことで効果的な判断材料を与えることができます。また、自社の製品やサービスに興味を持ったユーザに対し、利用した際のイメージを湧かせられるためセールスコンテンツは重要となります。

 

それぞれのコンテンツの役割を意識しながらコンテンツ制作をおこなうことで、より求める成果を見込むことができます。特にセールスコンテンツは、コンバージョンに直接繋がるコンテンツになるため特に文章を意識して作成することが重要です。

 

関連記事: ライティングの種類とライティングで知っておきたいコツ9つを紹介

 

良質なWebコンテンツを作るには

 

良質なWebコンテンツを作るためには、ユーザーファーストであることが重要です。ユーザーニーズに合わせてコンテンツを作らなければ、思うような成果を発揮することができません。ユーザーニーズは常に変化するため、既存コンテンツの定期的な分析や改善を行うとともに、新たなニーズの発見も重要です。

 

また、コンテンツを発信するサービスに合わせてコンテンツを工夫する必要があります。例えば、SNSでコンテンツを発信する場合には拡散されるような面白いコンテンツ作りを意識する必要があります。競合他社との差別化を意識しつつも、自社の独自性をアピールしたWebコンテンツ作成が重要です。

 

Webコンテンツにはさまざまな種類や手法がありますが、ユーザーの心理状態に合わせたコンテンツや発信するサービスに合わせたコンテンツの作成が重要です。また、インターネット上には日々新しいコンテンツが発信されているため、定期的な更新を行わなければ長期的な流入を見込むことができません。

 

SEOナビゲーター【まとめ】Webコンテンツの作成では、どのような目的を達成したいのかを明確にし、自社にあった方法でWebコンテンツを作成していくことが大切です。Webコンテンツは、自社の資産にもなるため長期的な戦略をたてて実施していきましょう。