SEO対策への投資は必要?投資すべき理由と費用を徹底解説

SEO対策への投資は必要か

インターネットが普及したことにより、企業のマーケティング活動はWeb上でも行われるようになりました。Webマーケティングには欠かせないSEOですが、なぜこれほどまでに重要視されているのでしょうか?

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、SEO対策へ投資すべき理由と費用について詳しく解説していきます。

 

SEO対策に投資すべき理由

 

Web集客を行う上でSEO対策は欠かせませんが、SEO対策にはどのような重要性があるのでしょうか。ここでは、SEO対策に投資すべき理由を解説していきます。

 

サイト流入数の拡大

 

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいてユーザーが検索する特定のキーワードで上位表示を図るための対策を指します。

 

検索結果の上位に表示されれば、ユーザーからクリックされやすくなり、サイト流入数の拡大に繋がります。サイト流入が増えればユーザーへのアプローチ機会が増え、結果として売上に繋げられるようになります。

 

確度の高い顧客獲得

 

検索エンジンでは、ユーザーが検索した特定のキーワードに関連するページが表示されます。そのため、ある程度見込みのあるユーザーがサイトにアクセスするということになります。

 

従来の営業手法のようにリストをもとにアプローチするのではなく、見込みのある顧客をターゲットにしてアプローチする事ができます。

 

たとえば、「SEO 業者」と検索するユーザーはSEO業者に興味があると想定できます。興味のないゼロからのアプローチではないため、コンバージョン確度も高くなるのです。

 

広告費の削減

 

チラシやTVCMや、Web広告に比べ、SEO対策はコストがかかりません。実際に、SEO対策は人件費を除けば費用をかけずに始めることができます。

 

コストをかけずに集客力を強化できるため、広告費削減にも貢献します。しかし、上位表示されなければ広告のような集客力を見込むことはできません。

 

反対に広告は一度出稿をやめてしまえば集客力が低下しますが、SEOでは上位表示が維持できれば長期的な集客に貢献することができます。

 

ブランディング

 

SEO対策により上位表示は、自社のブランディングに大きく貢献します。検索結果の上位に表示されればサイトへのアクセスが増えるだけではなく、ユーザーに見てもらえる機会が増えるため認知拡大にも繋がります。

 

自社商品やサービスが認知されることで、指名検索が増え更にアクセス数を見込むことができます。また、指名検索からの流入は確度が高いケースが多いため売上向上も期待することができます。

 

マーケティングにおいてブランディングは非常に重要な要素となるため、自社ブランドの認知拡大のためにもSEO対策は必須となります。

 

SEO対策を行う上で重要な施策

 

主にSEO対策は次の4つに分けることができます。それぞれの施策がランキングに大きく影響するため、しっかりと内容を理解しておくことが大切です。

 

キーワード選定

 

キーワード選定は、SEO対策の最初のステップになります。検索エンジンは、検索されたキーワードに関連するページを検索結果に表示させます。

 

そのため、自社がターゲットとするユーザーが検索するキーワードを推測し、それらのキーワードに沿ったコンテンツ制作を行う必要があります。

 

また、選定したキーワードはコンテンツ内のタイトルやディスクリプション、見出しなどに含め最適化を行うことも重要です。他にも、ユーザーの検索したキーワードとの関連性を高めるためにも、サジェストや共起語などの関連するキーワードを含めるなどして、キーワードとの関連性をより高めることができます。

 

関連記事: SEOキーワードの効果的な入れ方と選定方法!競合に勝つためには?

 

内部対策

 

内部対策とは、サイト内部のテキストや画像、タグやリンクなどの要素を最適化し、検索エンジンに評価されやすいようにサイト内を整える施策です。

 

ランキングを行うクローラーに対してサイト内容を正確に伝えるためには、サイトの内部を整えることが重要となります。内部リンクの最適化やサイトマップの作成などをして、クローラーの巡回を促します。

 

また、ページの表示速度やモバイル対応など、ユーザーの使い勝手に関することも内部対策に含まれます。せっかくサイトにアクセスしてくれたユーザーが離脱してしまうため、ユーザビリティの考慮もサイト設計には欠かせません。

 

外部対策

 

外部対策は内部対策とは反対に、サイトの外部で行う施策となります。具体的には、被リンクやサイテーションの獲得がこれに当たります。被リンクやサイテーションは、他のサイトからの評価を意味するため、Googleも重要な評価基準の一つとしています。

 

内部対策とは異なり、自社でコントロールできる部分ではないので少しハードルは高いですが、SEO対策では無視できない要素です。

 

被リンクの獲得と言っても多く獲得すれば良いというわけではなく、被リンクの質が重視されます。そのため、被リンク獲得を行う際には被リンク元を確認することが重要です。

 

コンテンツ制作

 

SEOを活用してターゲットニーズに合わせた集客用のコンテンツ作成を行うことを、コンテンツ制作と言います。コンテンツ制作では、コンテンツを継続的に発信し、自然検索からの集客強化を目的としています。

 

コンテンツ制作では、キーワードをもとにユーザーの知りたい情報や解決したい悩みに応えることが重要となります。

 

また、検索エンジンは近年コンテンツの質を重視しており、オリジナリティのある内容が評価されやすくなっています。そのため、情報量が少なかったり競合のコンテンツ内容を真似ているような低品質なコンテンツは評価されません。

 

キーワードの選定から記事の構成、そして継続的な記事制作等が具体的な施策内容となります。

 

SEO対策はどのように行うのか?

 

SEO対策は実際にはどのように実施すれば良いのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか? SEO対策を行う場合には、次に挙げる2つの方法で実装していくことになります。

 

 

  • 社内で仕組み化する
  • 外部に委託する

それぞれの方法について解説していきます。

 

社内で仕組み化する

 

SEO対策は長期的且つ継続的に行う必要がありますが、SEOの知識が必要になり特に内部対策では技術的なスキルが求められることもあります。

 

社内で知識やノウハウがある場合は、積極的にSEO対策に取り組みましょう。特にコンテンツ制作などの、継続的にコンテンツを増やしていかなければ行けない施策では、社内全体で取り組めるよう、仕組み化しておくことが重要です。

 

社内でSEO対策ができれば、広告費の削減などにも繋がり会社全体のコスト削減に貢献できます。

 

関連記事: 難しいインハウスSEO【採用失敗?】SEOできないSEO担当者

 

外部に委託する

 

SEOの知識やスキルがない場合やSEOに人員や工数を割けないという場合は、外部に委託してみても良いでしょう。SEOのプロに依頼できるため、より精度が高く成果の出やすいSEO対策を行うことができます。

 

外部への委託はコストがかかりますが、社内でSEO対策の仕組み化できるまでは依頼するなど時期を工夫して依頼してみるのも方法です。また、SEO対策は1回の対策で終了というわけではないので、信頼できる会社が見つかれば長期的に運用を任せることもできます。

 

SEO対策への投資にかかる費用の目安

 

SEO対策へ投資することの重要性をここまでお伝えしてきました、実際に投資にかかる費用はいくらくらいなのか気になる方も多いかと思います。ここでは、SEO対策を外部に委託した際の投資にかかる費用の目安を、主なサービスごとに解説していきます。

外部対策

 

外部対策を外部に委託した場合は、料金形態別に以下のような相場感となります。

 

成果報酬型月額固定型
外部対策1〜100万以上3万〜15万

 

キーワードを基準に価格が決められることが多く、上位表示を狙うキーワードによって費用が大き異なります。Googleは被リンクの購入を明確に禁止しており、ペナルティを受ける可能性があるため、このようなブラックハットSEOを行っている悪徳業者には注意が必要です。

 

内部対策

 

内部対策を外部に委託した場合は、料金形態別に以下のような相場感となります。

 

成果報酬型月額固定型
内部対策10万〜100万

 

内部対策の場合は、サイト規模によって金額が大きく異なりますが、実施内容は比較的どの業者も共通しています。内部対策を行っただけでサイトが大きく改善することもあるため、成果が上がりやすいというメリットがあります。

 

また、内部対策は専門的な知識を必要とすることから外部への委託をする企業も多いです。

 

コンテンツ制作

 

コンテンツ制作を外部に委託した場合は、料金形態別に以下のような相場感となります。

 

成果報酬型月額固定型
コンテンツ制作発注記事数次第4〜30万

 

コンテンツ制作を外部に委託することで、短期間に多くのコンテンツを作成することができます。すぐにサイトのアクセスアップをしたいという場合にはおすすめです。

 

また、キーワード選定、記事構成の作成、ライティングなどコンテンツ制作の業務は幅広いため、どこまで対応してくれるかを確認することが大切です。

 

SEOコンサルティング

 

SEOコンサルティングを外部に委託した場合は、料金形態別に以下のような相場感となります。

 

成果報酬型月額固定型
SEOコンサルティング– 10〜30万

 

SEOコンサルティングでは、Webサイトの現状や課題をヒアリングし、改善や課題解決を任せることができます。自社に足りない部分にフォーカスして対策してくれるため、費用は高くなりますが高い効果を期待することができます。

 

また、SEOノウハウがないという企業もSEOをまるっと依頼できるのでおすすめです。

 

SEO設計

 

SEO設計を外部に委託した場合は、料金形態別に以下のような相場感となります。

 

成果報酬型月額固定型
SEO設計10〜100万以上

 

SEO設計では、新規でサイトを立ち上げる際の調査や分析、企画を行ってくれます。競合調査やコンテンツ企画など、これからWeb集客を始めるという際におすすめです。

 

また、サイトのリニューアルなどに上位表示されやすいようなサイトにするためのSEO設計を依頼することができます。

 

SEO対策を外部に委託する際の投資対効果

 

SEO対策を外部に委託する際にはコストは発生しますが、どれだけの投資対効果があるのでしょうか?ここでは、SEOへの投資効果について触れる際に抑えておきたいポイントを解説していきます。

 

効果が出るまでに時間がかかる

 

SEO対策は長期的且つ継続的に行うものです。そのため、効果が出るまでに時間がかかるということを理解しておくことが重要です。

 

コンテンツの作成や、作成したコンテンツを検索エンジンにインデックスしてもらうにはそれなりの時間がかかってしまいます。しかし、SEOで成果を出すことができれば、長期的に集客を見込める上に作成したコンテンツは資産として蓄積していくことができます。

 

SEOにコストをかけたからと言って、すぐに効果を期待してしまいがちですがSEOとは長期的に付き合っていかなければいけないことを理解しておきましょう。

 

上位表示されれば長期的なリターンを得られる

 

SEO対策で上位表示できれば、長期的な集客を見込むことができ結果として長期的にリターンを得ることができます。検索結果の上位表示ができれば、顧客獲得からコンバージョンまでを自動化することができます。

 

将来的に集客を自動化できるようにするためには、SEO対策に投資をしておくことは重要です。また、SEO対策を外部に依頼しながらインハウス化できれば、さらに費用を削減しながら長期的にSEO対策を行うことが可能となります。

 

長期的な取り組みとコミットが必要となる

 

Googleのアルゴリズムは年々アップデートされており、SEO対策しっかりと行っていてもアルゴリズムアップデートで影響を受ける可能性もあります。そのため、最新のSEO情報にアンテナを張りながらサイトやコンテンツをアップデートしていくことが大切です。

 

このようにSEO対策では、長期的な取り組みとコミットが必要となるためある程度のコストをかけながら実施していくことにはなりますが、効果を出すことができればそれ以上のリターンを得ることができます。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】インターネットが普及しWeb集客が主流となったいまでは、より一層SEO対策が重要となります。始めはハードルが高いかもしれませんが、長期的且つ継続的に実施することで高い投資対効果を発揮することができます。SEOの重要性をしっかりと理解し、今のうちからSEO対策にしっかりと取り組むことが重要です。社内での実施が難しい場合には、自社で補えない部分を外部に委託するなどして集客強化に取り組んでいきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。