【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

海外SEOで効果を出すには?注意点から具体的な方法5選を紹介

海外SEOで効果を出すには?

海外ビジネスをする場合は、海外SEO対策で集客効果を高めることが可能です。しかし、海外SEOでは日本のSEOと違う点もあるため、対策方法や考え方が変わってきます。

 

SEOコンサルタントそこで今回は、海外SEOの特徴から具体的な対策方法について解説します。

 

海外SEO対策とは

 

海外SEOとは、海外の検索エンジンユーザーに向けて、サイトを最適化する施策を言います。日本国内にいるユーザーへのWeb集客ではなく、海外ユーザーに向けた集客をすることが可能です。

>>海外SEO・多言語サイトSEOをもっと詳しく知る

ここでは、海外SEOと日本のSEOとの違いについて詳しく解説していきます。

 

日本SEOとの違い

 

海外SEOと日本SEOでは「言語」と「検索エンジン」が異なります。ここでは、各項目について解説していきます。

 

言語

 

当たり前ではありますが、国によって使う言語が異なります。そのため、日本語のコンテンツをそのまま公開しても海外ユーザーに読まれることはほぼありません。海外ユーザーに読まれるためには、各国の言語で翻訳し公開する必要があります。

 

検索エンジン

 

言語以外の大きな違いは、国ごとによる主流の検索エンジンです。日本ではGoogle、Yahoo!が大半を占めていますが、国によって主流としている検索エンジンが変わります。

 

同じGoogleがメインのアメリカであれば問題はありませんが、NAVERを主流としている韓国では対策方法が全く異なります。国ごとの特徴をつかんだ上での対策が重要です。

 

海外SEO対策のメリット

 

海外SEO対策のメリットとしては、ターゲティングと広告効果の観点から次の2つのメリットがあげられます。

 

  • 海外を対象にしたマーケティングが可能
  • 長期的な集客が見込める

ここでは、海外SEO対策のメリットについて詳しく解説していきます。

 

海外を対象にしたマーケティングが可能

 

海外SEOの1番のメリットが、海外を対象としたマーケティングが可能となり、ターゲットの拡大ができることです。

通常の海外に向けたマーケティングあれば、海外の会社を通すことが多く簡単にはできません。また新型コロナウイルスの影響もあり、海外へ行くことも難しくなりました。

しかし、海外SEOではコンテンツを作り、Web上に公開するだけです。実際に海外に行く必要もなく、比較的簡単にできるため誰もが実践できます。既に海外に向けたビジネスをする場合だけでなく、今後海外へのマーケティングに挑戦したい場合にも海外SEOはオススメできる施策です。

 

長期的な集客が見込める

 

日本SEOも同じことが言えますが、対策したキーワードで上位表示ができれば長期的な集客効果があります

検索エンジンによるアップデートの影響を受けることもありますが、基本的には順位を維持したサイト運営が可能です。そのため、海外に向けたマーケティングであっても安定性をもったビジネスができます。

また、高額な広告費用をかけることなく集客ができるため、費用対効果を高められるのもメリットです。

 

海外SEO対策のデメリット

 

海外SEO対策のデメリットとしては、コストと難易度の観点から次の2つのデメリットがあげられます。

 

  • 時間とコストがかかる
  • 必ず成功するわけではない

ここでは、海外SEO対策のデメリットについて詳しく解説していきます。

 

時間とコストがかかる

 

海外SEOで成果を出すには、日本SEOよりも時間とコストがかかります

理由として、SEOで効果を出すには海外ユーザーにとって有益となる、質の高いコンテンツを作る必要があるからです。

例えば、既存のコンテンツをただ翻訳しただけでは質が高いとは言えません。理想的な流れは、対策する国の言語を使い一から考え作成することです。そのためには、言語に精通している人の確保や再度キーワードから考える過程が重要となります。

また、海外の検索エンジンで公開するため、海外の競合サイトと戦う必要があります。海外の検索エンジンのほうがライバルが多い可能性もあり、その分効果を出すのは簡単ではありません。

海外SEOをする上では、適当ではなくしっかりとした競合分析やリサーチをした上で取り組むことをオススメします。

 

必ず成功するわけではない

 

そもそもSEO対策は、確実に上位になる方法や100%検索1位になる方法はありません。あくまで、Googleが推奨していることを対策するため、海外SEOで必ず成功するわけではないことは念頭に置きましょう。

とはいっても、やらないよりは、やったほうが良い影響を見込めます。SEO対策は日々の積み重ねでもあるため、継続して実践していきましょう。

 

海外SEO対策の具体的な方法5選

 

海外SEO対策は通常のSEO対策とはやや手法が異なります。有効な方法としては、次の5つの方法があげられます。

 

  • 質の高いコンテンツ作り
  • URL構造の最適化
  • 海外サーバーを使ったSEO
  • 国ごとの適したアプローチ方法
  • hreflangを活用した地域ターゲティング

ここでは、各方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

質の高いコンテンツ作り

 

最初に意識すべきことが、検索エンジンに評価される質の高いコンテンツを作ることです質の高いコンテンツとはユーザーにとって有益となるコンテンツを指します。

 

質の高いコンテンツの基準の例として、以下が挙げられます。

 

  • 専門性かつオリジナリティがあるコンテンツ
  • 権威性がある人によって書かれた信頼できるコンテンツ
  • タイトルや見出しと内容が合致している
  • 読みやすい文章で書かれている
  • 文章だけでなく画像や表が使われている

上記で記載してあることは最低限押さえるべき項目です。

他にも挙げればたくさんの項目がありますが、自分の作ったコンテンツが「本当にユーザーにとって有益なのか」は常に考えましょう。細かいことも多くありますが、結果的に質の高いコンテンツ作りが効果を出す近道です。

>>SEOに強いコンテンツ作成方法【キーワード選定~ライティングまで】

また、海外SEOとして新しいコンテンツを作る際には、基本的に自動翻訳を使うことはやめましょう。自動翻訳では、質の高いコンテンツを作成することは難しいです。

年々自動翻訳の質は高まっていますが、それでも完璧な翻訳はいまだできていません。どうしても文法や言葉のニュアンスの違いがあるため、質の低いコンテンツとなることが多いです。海外SEOで効果を出すためにも、手動で翻訳することを最低限意識しましょう。

 

URL構造の最適化

 

正しいURL構造でなければ海外の検索エンジンから認識されず、何も効果が得られない可能性があります。
URL構造で最適化すべきことは以下の2つです。

 

  • ドメインの変更
  • 言語ごとのURLを作成

 

ドメインの変更

 

海外サーバーを取得する場合は、ドメインも変更することをオススメします。

日本であれば.co.jpが一般的ですが、イギリスでは.co.uk、アメリカでは.co.usなどと国別のドメイン(ccTLD:国別コードトップレベルドメイン)が定められています。

日本向けのドメインでは検索エンジンからの最適な評価を受けられないため、ドメインの設定は重要なポイントです。

 

言語ごとのURLを作成

 

複数の国に対するSEO対策をする場合は、国の言語ごとにURLを作成しましょう。仮に1つのURLしかなければ、その他の国の検索エンジンには認識されません。

国別のURLを作成するには、ドメイン以外にもサブドメインやサブディレクトリを変更することで対応できます

 

海外サーバーを使ったSEO

 

本格的に海外SEOをする場合は、海外サーバーの取得を推奨します。理由として、サーバーのある国が違うとユーザーの読み込む速度が遅くなり、SEOへ悪影響を及ぼす可能性があるからです。

海外サーバーを活用するには、ユーザーから近いサーバーでの配信が行えるAWS(Amazon Web Services)がオススメです。各国のエリアにリージョンを構築できてそのエリアにサーバーが持てます。簡単に設定できるため、ぜひご活用ください。

 

国ごとの適したアプローチ方法

 

国によって主流な検索エンジンが異なるため、海外SEOをする上では国ごとの特徴を活かした対策が必要です。

ここでは代表的な3カ国の特徴を解説します。

 

アメリカ

 

アメリカは、日本と同じくGoogleを主流としています。基本的なSEO対策は日本と同じですが、日本以上に難易度が高いのがアメリカの特徴です。Google.comが検索エンジンです。アメリカの検索エンジンが日本の検索エンジンより先行してアルゴリズムの実装等されます。

またアメリカにはGoogleの本社があり、今までのGoogleアップデートや新しい施策は日本より早くに普及されてきました。そのため、アメリカでSEOで成果を出すには常に最新の情報を入手し、適切な対策を行う必要があります

アメリカでのGoogle情報を追うことが日本のSEO対策にも役にたちます。

>>SEARCH ENGINE LANDで海外情報をチェック

 

中国

 

中国では、主流の検索エンジンとして百度(Baidu)が使われています。百度は世界で3番目のシェア数を誇り、基本的な使い方はGoogleと同じです。そのため、百度のSEO対策もGoogleと同じことが通用します。

大きく違う点としては、metaタグの活用です。Googleではmetaタグの表示がランダムですが、百度では必ず表示されます。内容の良し悪しについて効果検証もできるため、metaタグは必ず設定しましょう。

 

韓国

 

韓国では、NAVERが主流の検索エンジンです。NAVERはGoogleや百度とは全く異なる仕様となり、SEO対策が難しいと言われています。

理由として、NAVERの検索画面は広告欄やブログ欄、ショッピング欄などに別れており、基本的にはNAVERが運営しているコンテンツが上位表示されるからです。

韓国SEOではNAVERブログにおける対策が効果的です。NAVERの中では最もブログのコンテンツが閲覧されているため、NAVERブログで上位表示できれば集客に繋がります。

 

hreflangを活用した地域ターゲティングの設定

 

hreflangをHTMLタグに設定することで、設定した言語や地域に合わせたページをユーザーに表示できます

Googleは自動的にコンテンツの対象とする国を判断しているため、コンテンツが正常に認識されなければ日本語のまま表示されます。海外SEOをしているのにも関わらず、日本語のままでは上位表示ができず集客効果は見込めません。そのため、海外ユーザーにコンテンツを理解してもうためにもhreflangで地域や言語を設定し、Googleに認識させることが重要です。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】海外SEOでは手動で翻訳したコンテンツを用意するなど、海外ユーザーに向けた質の高いコンテンツ作りが重要です。とはいっても、根本的な考え方は日本SEOと同じであるため、ユーザにとって有益なコンテンツを意識し対策しましょう。また、国によって戦略の立て方や対策方法は変わります。海外SEOではライバルとなるサイトも多くなるため、事前の競合分析やリサーチが欠かせません。海外ビジネスを拡大していくためにも、海外SEOは積極的に取り組むことをオススメします。