スパムサイトへのアクセス

Google がウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)において、スパムサイトへの検索ユーザのアクセスの割合が 1%から最近では、さらに下回り、ここ数年は 0.5% 以下になったと公表しました。

Googleのミッションは、検索でユーザーにできる限りの質の高い検索結果を表示させることです。そのためにスパム行為をなくすための様々な施策をしています。Google が追い求めるのは、不正行為を一切心配する必要のないユーザー エクスペリエンスの実現です。このことをよく理解したうえでSEO対策をしていきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る