SSL導入のメリットとデメリット

ssl導入のメリットとデメリット

検索ユーザーへの安全・安心を最優先とアナウンスしているGoogleとしては、SSL対応のHTTPS化されているWebサイトを優遇するのは、当然でしょう。

ウェブサイトの暗号化技術であるSSLは今や常時SSLとして活躍していますが、この常時SSLを導入したサイトはGoogleに高く評価される傾向にあります。

 

SEOコンサルタントSSLのメリットやデメリットなど説明します。

 

SSLとは

 

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で送受信されるデータの暗号化通信手順で、URLが“https://”(未対応は、http://)で始まり、南京錠の形をした“鍵マーク”が表示されるので、対応・未対応をすぐ確認できます。

従来は、ECサイトのように“お金”にかかわる一部サイトで導入されていたものですが、SEO(検索エンジン最適化)に特に影響されるものではないと思われていましたが、検索エンジンシェアNo.1のGoogleから優遇されるということもあって、現在では全てのWebページをHTTPS化するSSLは当たり前という状況となっています。

 

未対応のサイトには、逆に“プライバシーが保護されません”といった類のメッセージが表示されるため、多少投資が必要になっても、対応をせざるを得ないと考えているサイト管理者もいるかもしれません。

 

しかし、セキュリティ強化は時代の趨勢です。以前は、SSL対応しなくてもSEO上での直接的影響は少なかったですが、Googleが公式にSSL化を推奨しており、順位にも影響していることを公言しています。

 

SSLのメリット

 

SSL化のメリットですが、不正アクセスを防止することが出来る点、GoogleSEOで高評価を得られる点、ユーザーに安心してもらえる点が挙げられます。

 

SSLのデメリット

 

次にデメリットですが、導入コストがかかる点、サーバの状況次第でSSLの関連ファイルがディレクトリを跨いでしまう点、システム構築が複雑な場合、SSL用の作業が面倒になる点が挙げられます。

 

さて、SSL化をしたら、常時SSLが装備されたサイトはURLが変わるため、HTTPのサイトURLを全てHTTPSにリダイレクトしておかなければなりません。

最近では、この面倒なリダイレクトがワードプレスを使えば幾分簡略化することが出来ます。

ワードプレスにはSSL関連のプラグインが備わっており、それを利用すると比較的容易に設定できます。SEO対策とSSLの導入は、その意味でタイミングを合わせた方が無難です。

SEO対策した後にSSLを導入した場合、全てを修正しなければなりません。

例えばリンク、リダイレクト設定は改めて行う必要があります。しかもリダイレクト設定によってサイトの調子が悪化することもあるため、やはりサイト制作時に常時SSL化しておいた方が良いでしょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る