【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

SEOとは?初心者向けに自分でできるSEO対策のやり方を解説

SEOとは‐初心者向け(自分でできるSEO対策)

初心者でもSEO対策できるのかを知りたい方は多いのではないでしょうか。Googleについてしっかり理解しておけば、初心者でもSEO対策は可能です。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、SEOの基礎知識と初心者が自分でもできる具体的なSEO対策について解説します。

 

そもそもSEOとは

 

これからSEOを始める方であれば、そもそもSEOがどのようなものかご存知ない方が多いでしょう。ここでは、そもそもSEOとはどのような概念であるのかについて解説していきます。

 

SEOとは検索エンジンの最適化

 

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本では検索エンジン最適化と呼ばれています。

SEOはサイトを検索結果の上位に表示させることで訪問者を増やし、見込み客やコンバージョンの獲得を目指します。検索エンジン経由でアクセスを増やすためには、サイトが検索結果の1ページ目に表示されることが大前提です。

また、同じ1ページ目でも上位になるほどアクセス数が増えるため、SEOでは1位を目指していくことなります。

 

SEO対策はGoogle対策

 

SEOで最適化するべき検索エンジンはGoogleです。つまり、SEO対策はGoogle対策と言えます。

2021年時点の日本国内における、検索エンジンのシェアは以下の通りです。

PC
Google77.83%
Yahoo!13.81%
bing7.78%
スマートフォン
Google76.64%
Yahoo!22.89%
bing0.17%

参照元: Mobile Search Engine Market Share Japan(statcounter)

PC・スマートフォンともにGoogleが圧倒的なシェアを占めています。また、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを採用しているため、2社の検索エンジンを合計するとGoogleのシェアは90%以上です。

SEO対策はGoogle対策であることは明確で、いかにGoogleに評価されるページを作成するかが重要になります。

 

SEOに関係する検索エンジンの仕組み

 

SEO対策をこれから始めるのであれば、検索エンジンについて知っておく必要があります。基本的な項目として次の3項目を抑える必要があります。

 

  • クロール
  • インデックス
  • スコアリング

ここでは、各項目について詳しく解説します。

 

クロール

 

Googleがサイトをランク付けするためには、まずは無数にあるサイトを発見する必要があります。GoogleはGooglebotというクローラーを巡回させ、世界中のWEBページを見つけながらページのテキストや画像、動画などの情報を収集していきます。

 

インデックス

 

クローラーによるページの情報収集が完了すると、次はインデックスのプロセスに入ります。インデックスとは、クローラーが発見したページをGoogleのデータベースに登録することで、ページがGoogle検索結果に表示される状態のことを「インデックスされている」と表現します。

なお、公開したばかりの新しいサイトはクローラーが巡回するまでにしばらく時間がかかることが多く、インデックスされるのに時間がかかることが多いです。

 

スコアリング

 

ページのインデックスが完了したら、最後にスコアリングをします。スコアリングとはインデックスした全てのサイトにスコアを付けていく作業で、検索結果はスコアの高いページから順に表示されます。

SEO対策はサイトを検索結果の上位に表示させるための対策ですが、具体的にはGoogleから良いスコアをもらうための施策ということです。

Googleはスコアリングの細かい評価基準(アルゴリズム)を明確に提示していないため、完璧な正解は誰にも分かりません。

サイト運営者はGoogleの理念や上位表示されているサイトを参考にし、試行錯誤しながら上位表示を目指していくことになります。

 

SEO対策の歴史

SEOの方法は、時代とともに大きく変化してきました。ここでは、これまでのSEO対策の歴史をまとめます。

 

過去のSEO対策

 

2010年頃までのGoogleのSEO対策は、他のサイトから自分のサイトにいかに多くのリンクを貼ってもらうか(外部リンクを獲得できるか)が重要でした。

当時は、外部リンクを大量に集めさえすれば上位表示が可能でした。言い換えれば、Googleのアルゴリズムが外部リンクを必要以上に高く評価するものだったということです。

そのため、サイト運営者はサイト同士で相互リンクしたり、自サイトにリンクを送るだけが目的の内容のない外部サイトを自作するなどして外部リンクを大量に獲得していました。

コンテンツについても、タイトルや本文にキーワードを羅列する、記事をコピーして文字数が多いページを作成するといった方法が乱用され、ユーザーにとって知りたい情報を得られないこともよくある状況でした。

 

現在のSEO対策

 

外部リンクを大量に獲得して上位表示する低品質なページの乱立でユーザーの利便性が大きく損なわれていたため、2010年以降のGoogleのアルゴリズムはこれらのコンテンツを排除するように進化していきます。

まず2011年のパンダアップデートでは、品質が低くユーザーの役に立たないコンテンツがGoogle検索結果の上位に表示されにくくなりました。

2012年のペンギンアップデートでは、Googleがスパム手法と判断したコンテンツやリンク獲得方法で上位表示されているページの検索順位が大幅に下落しました。

2015年にはモバイルフレンドリーアップデートが実施され、モバイル端末でも見やすいページが評価されるようになりました。

>>モバイルフレンドリー

2017年には健康アップデートが実施されました。健康アップデートは、Googleの日本語検索で上位表示されている医療や健康など人の命に関わる情報を取り扱っているジャンルで低品質なサイトの順位が落ち、信頼性の高いサイトの順位がアップしたのが特徴です。また、健康アップデートは将来の幸福や健康、金融など生活・人生に大きな影響を与えるジャンルも対象となりました。

これらのキーワードはYMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれており、YMYL領域も信頼されるサイトのみが上位表示されます。

>>SEO対策あるある 検索品質評価「YMYL」

2018年に実施されたコアアルゴリズムアップデートでは、Googleはさらにコンテンツを重視したアルゴリズムに変更し、同じく2018年に実施のスピードアップデートでは、PCとモバイル端末の両方でページの表示速度が検索順位に反映されるようになりました。

2019年にはBERTアップデートが実施され、検索キーワードのニュアンスや文脈を理解してさらに関連性の高い検索結果を返せるようになっています。

2021年にはCore Web Vitalsがランキング要因となり、ページの表示速度とユーザーの操作に対する反応速度、コンテンツの表示安定性が重視されるようになりました。

まとめると、現在はサイトの権威性を高める良質な被リンクの獲得とともに、ユーザーに満足してもらえるサイト設計やコンテンツの作成がSEO対策の柱となっています。

>>アルゴリズムアップデートの歴史から見るSEO対策の本質

 

SEO対策にかかる費用

 

SEO対策を有料で行う場合、費用をかけるほど早く検索結果上位に表示される可能性が高くなるのがメリットです。

逆に、デメリットは費用が高額になる点です。

SEOに詳しくない場合はSEOコンサルティングに依頼することが多いですが、コンサルティング料の相場はひと月で10万~50万円ほどかかります。

予算が多くSEO対策により大きな利益が見込める場合は、成果が早く出やすいSEOコンサルティングを検討しましょう。

個人で立ち上げるアフィリエイトサイトやブログの場合はコンサルティング費用の元が取れない可能性があるため、まずは独自ドメインの取得(1,000円~/年)とサーバーの契約(1,000円~/月)だけを済ませ、自分でSEO対策に挑戦してみることをおすすめします。

>>東京SEOメーカーの料金はこちら

 

初心者でもできる基本的なSEO対策

 

SEO対策は費用をかけた分だけ結果が出やすいですが、無料でももちろん上位表示は可能です。ここではSEO初心者が自分でも無料でできる、基本的なSEO対策について解説します。

 

Googleの理念を理解する

 

SEO対策をするには、まずGoogleの理念を理解しておくことが大切です。

GoogleはGoogleが掲げる10の事実で自社の理念を掲げています。その中でも、SEOと関係が深いのは以下の5点でしょう。

  • ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  • 遅いより速いほうがいい。
  • ウェブ上の民主主義は機能する。
  • 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  • 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

特に「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」は、理念の最初に記載されていることからもGoogleが最も重視していると思われる理念です。

Googleに評価されるサイトはユーザーのためになるコンテンツなのは大前提で、PCやスマートフォンといったデバイスに関係なく見やすく表示速度も速い、多くのサイトからリンクをもらっているサイトであることが分かります。

>>SEO対策とは?|初心者のためのSEO対策➡3.Googleの考えを知る

 

サイトタイトルとなるメインキーワードを決める

 

SEOに強いサイトを作るには、まずサイトタイトルに含めるメインキーワードを決める必要があります。

メインキーワードの選定基準は2つです。

  • 検索ボリューム(検索回数)
  • SEOの難易度

検索ボリュームが少ない(検索回数が少ない)キーワードを選んだ場合、上位表示できてもアクセス数が少ないため利益を上げるのは難しいです。

検索ボリュームが大きいキーワードは上位表示できれば大きな利益が狙うことができ、大手企業が参入していることも多くSEOの難易度が高いため、個人サイトやブログで上位表示するのは難しいです。

メインキーワードは、そこそこの検索回数があり検索結果に企業サイトがあまり登場しないものを選ぶのがポイントです。検索回数の基準は、月間1,000回程度を基準に選定してみるといいでしょう。

>>SEOキーワードの効果的な入れ方と選定方法!競合に勝つためには?

 

カテゴリのタイトルとなる重要キーワードを決める

 

メインのキーワードが決まったら、カテゴリのタイトルに含める重要キーワードを決めます。重要キーワードの選定基準は、メインキーワードの関連キーワードで検索ボリュームが大きいものです。

 

記事キーワードを決める

 

重要キーワードの選定とカテゴリの設定が済んだら、各カテゴリで作成する記事に含めるキーワードを決めます。

キーワードの選定基準は、カテゴリのキーワードのサジェストキーワードで検索ボリュームが多いものから優先してピックアップしていきます。ピックアップするキーワードの数はできるだけ多く、またコンテンツ内容がかぶらないキーワードを選ぶようにしましょう。

ドメインを取得したばかりのサイトは、ライバルの少ないキーワードで多くの記事を公開して上位表示し、少ないアクセスを積み重ねていく必要があります。

ただ、意味が似ているキーワードを選んでしまうとコンテンツも同じようになり、Googleに低品質と判断され検索順位の低下の原因になってしまいます。内容がかぶらないキーワードを大量に選定するのは大変な作業ですが、これがしっかりできれば初心者でもSEO対策で成功できる可能性が高くなるので根気よくやってみてください。

>>SEOに強いコンテンツ作成方法【キーワード選定~ライティングまで】

 

サイトを構造化する

 

記事に含めるキーワードの選定まで完了したら、サイトを構造化します。

構造化は簡単で、メインキーワードを含めたサイトタイトルと重要キーワードを含めたカテゴリタイトルをサイトの設定から登録するだけです。

>>「ディレクトリ構造と情報の仕分け」-SEO対策あるある漫画

 

Googleに評価されるコンテンツを作成する

 

サイトの構造化が済んだら、記事用に選定したキーワードでGoogleに評価されるコンテンツをひたすら作成していきます。

Googleに評価されるコンテンツはユーザーのニーズを満たすコンテンツです。ユーザーのニーズを満たすコンテンツは、上位表示を狙うキーワードで検索して上位表示されているサイトの内容を見れば分かります。

なお、上位サイトのコンテンツのコピーは絶対にいけません。あくまでも自分の文章で、上位のサイトよりも良いコンテンツになるよう努めましょう。これに加えて、上位サイトに足りないコンテンツのヒントを関連キーワードや知識検索サイト、SNSで探して追加すれば、自ずとGoogleに評価されるコンテンツになるはずです。

 

 

内部SEO対策を施す

 

SEO対策は高品質なコンテンツを作成して終わりではありません。内部SEO対策も施す必要があります。

内部SEO対策は、コンテンツがGoogleに正しく評価されるようにタイトルタグやメタディスクリプション、見出しタグ、画像の代替テキストなどを最適化することです。

特に、タイトルタグはユーザーが検索結果を見てクリックするかどうかの大きな判断基準となるため、コンテンツ内容を反映しつつユーザーの興味を引くタイトルをつけましょう。

>>SEOの内部対策で最低限行うべき10個のチェックポイントをご紹介

>>SEO内部対策

 

外部SEO対策を施す

 

外部SEO対策は被リンク獲得のための施策です。

運営し始めたサイトですぐに被リンクを獲得するのは簡単ではありませんが、コンテンツがユーザーのニーズを満たしていれば被リンクは時間とともに徐々に増えていきます。

また公開したコンテンツをSNSで周知し、バズればすぐに被リンクを獲得できるかもしれません。外部SEO対策も重視するならSNSを積極的に活用していきましょう。

>>優良被リンク獲得(SEO外部対策)

 

SEOツールを使って効果を測定する

 

コンテンツを公開したら定期的に順位をチェックします。順位のチェックは手動でGoogle検索しても問題ありませんが、公開する記事が多くなってくると大変です。

順位の推移を自動でチェック・記録する便利なツールもあるので、記事数が増えてきたら活用をおすすめします。

また、順位をチェックしつつ網羅していないユーザーニーズがないかも確認し、コンテンツを継続的に改善していくことも重要です。

>>厳選SEOツール37選【 必須/無料/有料/用途別 】

 

 

SEOナビゲーターSEO初心者でも、自分でSEO対策をすることは可能です。費用をかけなければ時間はかかりますが、Googleの理念に沿った高品質なコンテンツを作り続ければ自ずと上位に表示されるでしょう。SEO対策は大変ですが、その分やりがいもあります。本記事を参考に、SEO対策にぜひ取り組んでみてください。さらにもっと詳しく知りたい方は「SEO対策とは?|初心者のためのSEO対策」を参考にしてください。

SEO対策のお申込みボタン格安SEOのTOPページへ戻る