パンくずリストとは?構造化のメリットと注意点を解説

パンくずリスト

 

パンくずリストは、SEO対策・ユーザビリティの向上のために、現在ほとんどのWebサイトで利用されています。しかし中には適切な設定がなされていないWebサイトもあります。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、パンくずリストの概要やメリット、また作成時の注意点について詳しく解説していきます。

 

パンくずリストとは

 

パンくずリストとは、Webサイトに訪れたユーザーが、現在閲覧するページがどの位置にあるページなのかを知る事ができるよう、リスト表示したものを言います。

ほとんどのWebサイトでは上部に設定される事が多く、ユーザーは常にどこのカテゴリーのページにいるのかを把握することができます。

また、リスト表示されているキーワードをクリックすると、対象のカテゴリーページに直接アクセスができ、Webサイト内での移動を大変楽にしてくれます。

 

パンくずリストのメリット

 

パンくずリストを設定する際には主に次のような2つのメリットが存在します。

 

 

  • SEO効果
  • ユーザーの利便性

ここでは、それぞれのメリットについて解説していきます。

 

SEO効果

 

パンくずリストを活用すると、SEO効果が期待できます。効果的に設置するためには、Webサイト内のページをカテゴライズして管理しなければなりません。

 

そのため、自然とWebサイト内のページは整理され、検索エンジンに高く評価されやすいWebサイトになります。

 

また、クローラー対策としても大変効果があります。クローラーとは、検索エンジンの検索結果を決めるために、情報を集めてくる自動検索ロボットのことを言います。各検索エンジン毎に存在しており、常にWebサイトを巡回しています。

 

ユーザーに有益なWebサイトなのかを判断し、より有益だと思われるWebサイトを検索順位の上位に表示します。

 

そのため、クローラーの評価を上げることがSEO対策としてとても大事な要素なのですが、パンくずリストを設置することはこれに効果的です。

 

クローラーは、リンクを辿りながらWebサイト内を巡回し情報を得ています。そのため、Webサイト内が整理されていること、リンク先のページの内容がキーワードと一致しているかがとても重要になってきます。

 

関連記事: Googleのクローラー

 

ユーザーの利便性(ユーザビリティ)

 

ページ数が多いWebサイトの場合、Webサイト構造が複雑になってしまい、どのページを閲覧しているのかユーザーがWebサイト内で迷子になってしまうことが多々あります。

 

しかし、パンくずリストの設置により、「現在Webサイト内のどこのページを閲覧しているのか」「どのようなカテゴリー(属性)に属しているページなのか」をユーザーが知ることができ、ユーザーがWebサイトを利用しやすくなります。

 

また、ユーザーがWebサイトのトップページから必ずアクセスしてくるとは限りません。ほとんどの場合が、下層ページ(ユーザーが知りたい情報が書かれているページ)に直接アクセスしてきます。パンくずリストがあることで、前記した様な疑問を感じた際に、一目で理解する事ができます。

 

そして、他のページを閲覧しやすくなることから、Webサイト内の回遊率も上がります。結果コンバージョン率(CVR)も上がります。

 

関連記事: SEOとUXの関係性とは?効果のあるUXデザインについて解説

 

パンくずリストの種類

 

パンくずリストには、その利用方法から大きく3つに分類が可能です。それぞれ表示形式が異なるため、Webサイトの特徴によって適した種類を採用する必要があります。ここでは、それぞれの特徴と役割を紹介します。

 

種類1: 位置型パンくずリスト

 

位置型パンくずリストは、Webサイト内を回遊するユーザーがどの階層内に位置しているのかを確認するために利用されます。最も多く利用されるパンくずリストとなります。

 

種類2: 属性型パンくずリスト

 

属性型パンくずリストは、Webサイト内を回遊するユーザーがどのカテゴリー(属性)に属しているかを表示する際に利用されます。

 

ユーザーの操作によって変化するため、ユーザーが複数の選択肢を選択することで表示されるようなWebサイトに多く使用されています。

 

例えば、ECサイトやポータルサイトなどの複数条件(エリア、サイズ、色、価格条件など)で検索し、同じようなカテゴリーの商品を多く見たいというユーザーが多く閲覧するWebサイトなどに適しています。

 

種類3: パス型パンくずリスト

 

パス型パンくずリストは、Webサイトを回遊するユーザーがどういった経路でページに辿り着いたのかを表示するものです。ページへ至る経路が異なる場合、表示されるリストも変化します。

 

このような特徴を持つことから、履歴型パンくずリストとも呼ばれ、ブラウザの戻るボタンと機能が重複するため、最近では使用されているWebサイトはほとんどありません。

 

パンくずリスト作成時の注意点

 

パンくずリストを設定すること自体は、そこまで難しくはありません。そのため、安易に作成し、意図した効果創出に失敗してしまう場合も多々あります。ここでは、パンくずリストを作成する上での注意点を紹介します。

 

注意点1: わかりやすい階層構造にする

 

使いやすいパンくずリストにするためには、わかりやすいWebサイト構造である必要があります。一般的に下記の様な形式で作られることが多いです。

 

トップ > ((大カテゴリー)) > ((中カテゴリー)) > ((小カテゴリー)) > 〇〇〇〇

 

この様に、大きなカテゴリーから小さいカテゴリーに分類して行くことがほとんどです。Webサイトのページ数が多くなればなるほど、パンくずリストを最適な状態で保つことが難しくなります。

 

また、関連性のある構造にすることも大切です。例えば、次のようなパンくずリストは明確に、上手く活用できています。

 

食べ物・飲み物 > 和食 > おせち

しかし、次のようなパンくずリストは各単語の繋がりが不適切であり、Webサイト内が上手く階層構造化できていない事がわかります。

 

食べ物・飲みもの > 和食 > ラーメン 

適切に階層構造が整理されていれば、自然と良い構造になります。

 

注意点2: SEO対策キーワードを入れる

 

パンくずリストにSEO対策キーワードを入れることで、SEO対策の基本である「アンカーテキストにターゲットキーワードを含める」ことが出来ます。結果として、ユーザビリティ向上に繋がり、SEO評価も向上します。

 

もちろん、SEO効果のあるパンくずリストを作成するためには、SEOを意識したページ作りが必要です。ユーザーが検索するであろうキーワードを予想し、それに合わせた一覧ページを作成しましょう。

 

しかし、無理やりSEO対策キーワードを入れるとGoogleからペナルティーを受ける可能性があります。あくまでも、ユーザーの利便性(使いやすさ)の観点から設定し、不自然にならない様に注意しましょう。

 

関連記事: SEOキーワードの効果的な入れ方と選定方法!競合に勝つためには?

 

注意点3: 全Webページに設定する

 

パンくずリストはWebサイトの全ページに設定しましょう。設定されていなページがあると、閲覧しているユーザーはとても使いづらいと感じてしまい、ユーザビリティも低下してしまいます。

 

忘れず設定することでSEO効果もありますし、ユーザーの回遊率も向上します。しかし、トップページや特集ページ(期間限定ページやセール告知のためのページ)など、分類ができないページは設定する必要はありません。

 

注意点4: Webページ上部に設定する

 

クローラーは、ページの最上部にあるパンくずリストを読み取ります。そのため、必ずパンくずリストはページの最上部に設定しましょう。

 

また、ユーザーがページの位置を把握しやすくするためにも、最上部に設定することは効果があります。

 

注意点5: スマートフォンの画面にも表示させる

 

スマートフォンの場合、下層ページになればなるほど閲覧する際にパンくずリストが邪魔になる場合が多いため、「スマートフォン版のWebサイトではパンくずリストを非表示」と設定しているWebサイトもありますが、SEO対策の観点からスマートフォン版のページにもパンくずリストを設定した方が良いでしょう。

 

パンくずリストの途中を省略したりするなど、工夫して表示するようにしましょう。

 

パンくずリストを構造化データにする

 

パンくずリストを、さらにクローラーに評価してもらいやすくするためには、構造化データにして設定する事が大切です。これにより、各ページがどのようなカテゴリーのものなのか伝わりやすくなります。

 

構造化データとは、検索エンジン(特にクローラー)がそのWebサイトのページの内容を読み取りやすいように、テキストに対してマークアップを行うことです。それにより、検索結果画面にリッチスニペットとして表示されるという効果もあります。

 

この構造化データを設定するためには、設定されているパンくずリストをシンタックスでマークアップを行う必要があります。

 

現在多くの構造化データで使われているシンタックスは、microdataとJSON-LDです。

どちらを使用しても構造化データとして大きな違いはありません。

 

microdata

 

限定的な環境でのみマークアップが可能なシンタックスです。HTM内のパンくずリストの近くに構造化データを書きます。更新が面倒ですが、変更漏れを少なくする事ができます。

 

JSON-LD

 

micridataとは異なり、HTML内であればどこでも記述可能です。そのため、管理は簡単です。

しかし、パンくずリストのソースコードと記述場所が異なるので、更新漏れが起きないように注意が必要になります。

 

関連記事: SEOの構造化データマークアップとは!? メリットや実装のポイントを解説

 

パンくずリストを構造化データにする時の注意点

 

クローラーにパンくずリストであると認識されても、上手く検索結果に反映されないこともあります。そうならないためにも、構造化データにする事が大切になってきます。ここでは、パンくずリストを構造化データにする時の注意点についてご紹介します。

 

構造化データの構文エラー

 

パンくずリストを構造化データにする際に、構文エラーを起こさないかを必ず確認しましょう。

 

エラーの修正が終了したら、必ずGoogleサーチコンソールで変更の検証リクエストを行いましょう。エラーが修正されていれば「修正済み」となるはずです。

 

この工程を踏まないと、インデックス化が遅くなる可能性があります。せっかく修正しても、検索結果に反映されなければ意味がありません。

 

該当ページがインデックスされていない

 

そもそもWebサイトやページがインデックスされていないと、検索エンジンに認識してもらえません。

 

もし検索結果画面に表示されない場合は、Googleサーチコンソールで該当するURLをインデックス登録してもらえるようにリクエストしましょう。数分から数十分で検索結果に表示されるようになるはずです。

 

パンくずリストの名前が長すぎる

 

キーワードを利用して作成しましょう。パンくずリストの名前が長すぎると、ページのURLが表示されてしまいます。

 

特にスマートフォンはPCよりも文字数制限が厳しく、よりURL表示されてしまう機会があります。パンくずリストは出来るだけ、簡潔に・短く設定しましょう。

 

複数のパンくずリストを構造化データに指定している

 

パンくずリストの構造化データは複数指定が可能ですが、クローラーは一番最初に設定されているものを読み取ります。そのため、意図した文章・キーワードを検索結果に表示できるように、構造化データにする際には注意が必要です。

 

構造化データで設定したパンくずリストがページに表示されていない

 

ページ内容と構造化データが一致していない場合には、検索エンジンに認識されない場合があります。

 

構造化データで設定したパンくずリストが存在していない場合や、大きく異なる場合は検索エンジンのガイド違反になり、検索順位におけるペナルティーを受ける可能性もあります。

 

例えばWebサイトのデザイン上、パンくずリストをページ内に設定する事が出来ていないのに、構造化データの設定を行うことは出来ません。

 

もし設定してしまうと、ペナルティーを受けてしまい、一部もしくは全てのページが検索結果に出てこなくなる可能性があります。

 

関連記事: SEO対策あるある「Googleペナルティの壁」

 

SEOコンサルタント【まとめ】最適なパンくずリストを作成することは、Webサイト・ユーザーの両方にとって大きなメリットになります。デメリットはないので、SEO対策・ユーザビリティの観点からも設定しない理由はありません。すでにWebサイトを運営している場合は、定期的に確認し、効果的なパンくずリストを維持して行くことが大切です。しかし、すぐ実施しないと影響が出るほど優先度は高くないため、Webサイト制作や運営がひと段落した後にゆっくりと確実に設定することをオススメいたします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。