【令和3年10月最新SEO】のアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値、安く激安で上位表示を獲得します。YMYLのサイトやEATが必要なサイトもOK。プロのSEOチームが上位表示へと導きます。

リダイレクトについて

リダイレクトについて

サイトをリニューアルする時やサイト構造の変更の時にはページのURLが変わることがあります。この時にリダイレクトを使うことでユーザビリティを損なうことなく、SEO評価を引き継ぐことができます。

ここではリダイレクトとは何か、設定方法は何があるか、SEO効果はどうなのかを見ていきたいと思います。

リダイレクトとは
redirectリダイレクトはサイトのURLが変更になったときに自動的に転送する仕組みのことです。サイトリニューアルやドメインの変更、ディレクトリの変更などの際に行うことがあります。リダイレクトにより検索エンジンの評価を別のページに引き継ぐことも可能ですので、SEOの視点でみても正しく設定することは重要ですし、適切な運用をすることでユーザビリティを向上させることもできます。

リダイレクトのメリット

リダイレクトのメリットはSEOとユーザビリティの2つの側面があります。

リダイレクト元のページのSEO評価をリダイレクト先に引き継ぐことができます。

これは逆をいえば、リダイレクトをしないことで新サイトや新しいページを作った際に古いサイトやページの評価がどこにも受け継がれずになくなってしまうことを意味します。

そのため、もともとページ評価や検索順位が高かった際には非常に大きな損失となります。
そして、サイトリニューアルの際には古いページURLは削除され、新しいURLになるということがよくあります。

この場合、ユーザーが古いページをブックマークしていた場合には目的の記事にたどり着きづらくなり、ユーザビリティがよくありません。しかし、正しくリダイレクトをすることでストレスなく対象の記事にアクセスすることが可能になります。

すべてをトップに転送するのはNG

ユーザビリティの観点から古いURLをトップページやカテゴリトップにリダイレクトするという方もいますが、原則的に全てをトップに転送することは推奨されません。

リダイレクトの中でも後述する301リダイレクトがよく使われますが、これは同じ内容の記事が古いページから新しいページに移ったことを意味する設定だからです。

トップページやカテゴリトップに転送させるのは本当に対象ページがなくなった場合に限りますので、基本的には旧ページと新ページを1対1でつなぐようにしましょう。

リダイレクトは必須ではない

特にサイトリニューアルの際によく使われるリダイレクトですが、必須の設定ではありません。

むしろ、URL変更に伴い仕方なく設定する意味合いもありますので、URLを変更する必要がないのであればリニューアルしたとしても、そのままのURLを維持することが推奨されます。

これは正しいリダイレクトの設定をしたとしてもSEO評価のすべてが引き継がれるわけではなく、多少の損失が発生するためです。

Googleは公式ではリダイレクトにより損失は起こらないと発言していますが、弊社の体験では、SEO評価の一部が損失して順位を落とすケースがあります。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

リダイレクトの種類

リダイレクトには様々な種類がありますが、サイト運営やSEOをやっていく上で知っておくべきは301リダイレクトと302リダイレクトです。

ユーザー視点では301も302もどちらも同じ動作をしますが、SEO視点では両者は全く異なる意味を持ちますので取り扱いには注意が必要です。

301と302以外には300、303、304、307、308などのリダイレクトがあります。

308は恒久的リダイレクト、303と307は一時的リダイレクト、300と304は特殊リダイレクトという扱いになっています。しかし、301と302以外は技術者向けのものとなっており、通常のサイト運用で使うことはまずありません。SEOとユーザビリティの観点から考えれば301と302だけ押さえておけば十分です。

リダイレクトの原理や詳細についてはMDN Web DocsのHTTP のリダイレクトに詳しくあります。

301リダイレクトとは

301リダイレクトは恒久的な転送を意味します。つまり、一度変更したURLを元に戻す予定がない転送ということです。

サイトリニューアルやディレクトリ変更などがあった時には必ず301リダイレクトを使ってSEO評価を引き継ぐようにしてください。

なお、いつまで転送設定をしていれば良いかという疑問がたびたび出てきますが、これについては十分な期間が過ぎ、転送を解除してもユーザーに影響がなくなったらという曖昧な回答がGoogleからなされています。

302リダイレクトとは

302リダイレクトは不測の事態などで一時的にURLを変更するだけで、将来的には元に戻すことを前提とした転送のことです。301リダイレクトを行うと旧ページのURLは検索結果からいずれ削除されますが、将来は元に戻すことが前提ですので302リダイレクトを行うと旧ページのURLは検索結果に表示され続けます。

一時的に転送するだけという意味を持っているのが302リダイレクトであり、SEO評価も引き継がれません。そのため、ユーザビリティの確保のために期間限定で設定し、事態が修復され次第元の設定に戻すべきです。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

リダイレクトの設定方法

一般にリダイレクトといった場合にはHTTPリダイレクトのことを指します。これはサーバー側で行われる転送のことで.htaccessやphpにより設定できます。反対にユーザーのブラウザで行われる転送もあり、これはJavascriptやmeta refreshを使って設定できます。

サーバー側の転送とブラウザ側の転送のどちらがよいかは目的により変わってきますが、ほとんどの場合では.htaccessによるサーバー側の転送で設定されます。

.htaccessによるリダイレクト

ほとんどの場合、リダイレクトは.htaccessにより行われます。書き方はいくつか方法がありますがmod_rewriteというモジュールが使える場合には以下のように.htaccesに記述します。

RewriteEngine On

RewriteRule  old$ https://new-URL [R=301,L]

.htaccessは記述を誤るとサイトの表示そのものができなくなってしまったり、mod_rewriteモジュールが使えるかどうかで記述方法も変わってくるため、設定はサイト管理人に相談した上で行うことをお勧めいたします。

phpによるリダイレクト

phpによりリダイレクトする場合にはHTTPのヘッダを出力するためのheader()関数を使います。phpを使ってもサーバーサイドの転送は可能ですのでSEO評価を受け継ぐことができます。

ただし、特別な理由がない場合には.htaccessによる管理をお勧めいたします。

Javascriptによるリダイレクト

サーバーの設定によりHTTPリダイレクトができない場合にはJavascriptを使うことで転送することが可能です。

ただし、SEO評価が引き継がれない点とブラウザによりJavascriptが無効になっていた場合には転送されない事がある点が注意点です。

meta refreshによるリダイレクト

htmlタグであるmeta(meta refresh)を使うことで転送することが可能です。しかし、meta refreshによるリダイレクトはSEO評価が引き継がれないことからGoogleも非推奨としています。

以前は頻繁に行われていた方法ですが、現在では余程のことがない限り使われません。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

リダイレクトチェーンとリダイレクトループ

サイト運営が長いとリニューアルを繰り返したり、構造変更が数回行われるということがあります。このような時に正しくリダイレクトを設定していても想定していない動きをすることがあります。

中でも特に注意すべきはリダイレクトチェーンとリダイレクトループです。

リダイレクトチェーンとは

サイトリニューアルが2回以上ある場合には旧URLを新URLに転送することが2回以上起こることがあります。このようなリダイレクトのリダイレクトのことをリダイレクトチェーンと呼びます。

一定規模以上のサイトになるとリダイレクトチェーンが起きることはありますが大きな問題になることはほとんどありません。しかし、リダイレクトを繰り返すということはサーバーに負荷がかかりますし、ユーザーにも若干の待ち時間が発生するため望ましいことではありません。

可能であればリダイレクトチェーンは解消するようにしてください。

もしリダイレクトの回数が5回以上だった場合にはGoogleが最終URLを認識しない可能性がありますので,

早急に修正することを強く勧めます。

リダイレクトループとは
リダイレクトループとは、リダイレクトを繰り返すうちに同じURL内でグルグルとループをしてしまい、最終URLにたどり着かないことを指します。

 

ループしてしまうとユーザビリティが著しく悪くなりますし、Google botにも正しく認識されないページができることになりますので、早急に修正すべきといえます。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

リダイレクトによるSEO効果

301リダイレクトでページを転送するときに、旧ページのSEO評価は新ページに引き継がれます。そのため、今までサイト運営をしていて評価された価値をそのまま使うことが可能になります。被リンク効果も同時に引き継げるため、正しくリダイレクトをしないことで大きな損失につながる場合があります。

301リダイレクトはGoogleも推奨している方法ですので、SEO評価の維持のためにも必ず設定しましょう。

301リダイレクトをすればSEO評価は失われない

以前、Googleはリダイレクトを行うと旧ページの価値の8割~9割程度しか引き継げないとしていました。スパム行為を防ぐために意図して仕様になっていたからです。これはGoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏の発言ですので間違いありません。

しかし、現在ではこのようなスパム行為もGoogle判断することができるようになり、リダイレクトを行うことでSEO評価が失われることはないとGoogle John Mueller(ジョン・ミューラー)氏が発言しています。

ただし、そもそもリダイレクトはしない方がユーザビリティは高いわけですから、リダイレクトしないサイト構造や設計を考えるべきでしょう。

Google botは5回までリダイレクトを追う

検索結果に反映するためにGoogle botは日夜サイトをクロールしていますが、リダイレクトがあった場合にはGoogle botは5回までしかリダイレクトを追いません。

つまり、リダイレクトが5回以上行われるとクロールされないページが出てくることになりますのでSEO的には大きくマイナスです。もしもリダイレクトを繰り返しているようであれば修正するべきです。

ただし、5回までしか追わないのはGoogleの仕様ではなくRFC1945では以下のように定めているためです。

 

9.3  Redirection 3xx

   This class of status code indicates that further action needs to be

   taken by the user agent in order to fulfill the request. The action

   required may be carried out by the user agent without interaction

   with the user if and only if the method used in the subsequent

   request is GET or HEAD. A user agent should never automatically

   redirect a request more than 5 times, since such redirections usually

   indicate an infinite loop.

このことからGoogle検索セントラルでは次のようになっています。

 

HTTP/1.0 の RFC 1945 で定義されているように、5 ホップ数以上リダイレクトした後、停止して 404 として処理します。格安SEO対策の東京SEOメーカー

リダイレクトに関するQ&A

301リダイレクトはいつ使うべきですか?

主にサイトリニューアルやサイト構造の変更時に使います。

301リダイレクトにより検索順位は上がりますか?

301リダイレクトをすることで検索順位が上がることはありません。しかし、301リダイレクトをしないことで検索順位が下がる可能性があります。リダイレクトしないで済むならばそれが最上です。

302リダイレクトはいつ使うべきですか?

主にメンテナンスや不測の事態などで一時的にURLを変更する場合に使います。SEO評価は引き継ぎませんのでサイトリニューアル時には使わないでください。

リダイレクトの方法でもっともよいものはどれですか?

SEOの視点と管理の楽さから.htaccessを推奨します。HTTPリダイレクトであればSEO評価は引き継げますのでphpによる転送でも問題ありませんがプログラムが必要になりますので技術者に相談してください。

リダイレクト設定が正しいかどうかはどのように確認できますか?

リダイレクトが正しくできているのかを確認するチェックツールを使うことで確認できます。ですが、正しいかどうかをどのように確認するかが不安であればSEO会社の無料相談を利用することをお勧めいたします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る