【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

SEOのスキルを身につけるには?具体的な学び方から実践方法を解説

SEOのスキルを身に付けるには?

SEOのスキルを身につけたいが学び方が分からないや、将来性があるのか知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

SEOは未経験からでも十分学ぶことができ、将来性にも期待が持てるスキルの1つです。そのため、早めにSEOスキルを身につけることで市場価値をより高めることができます。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、SEOスキルの将来性から学び方、実践的なSEO対策について解説します。

 

 

SEOスキルの重要性

 

SEOとは検索エンジンを活用した集客流入のことを言います。現代ではホームページなどの自社メディアを持つことが当たり前となり、Webを使った集客が一般的です。

 

その中でも、Web集客において欠かせないスキルの1つがSEOスキルとなります。ここでは、SEOスキルの重要性について詳しく解説していきます。

 

SEOのスキルとは

 

SEOとは検索エンジン最適化のことで、Googleなどの検索エンジンを活用し、自社メディアに集客するための方法です。現代ではインターネットの使用率が90%と言われており、多くのユーザーが日頃の悩みや疑問、興味あることについて検索エンジンを使って調べています。

 

そのため、ユーザーの疑問を解決するようなコンテンツを上位に表示させることで、自社メディアへ効率的な集客が可能です。

 

また、SEOスキルがあれば他の広告媒体や宣伝費用をかけずとも、自社のみで集客を完結させることができます。Web集客を行いたい場合は、SEOスキルが最強であると言っても過言ではないほど重要なスキルです。

 

SEOスキルの需要

 

近年ではWeb業界全体の市場が成長し続けており、中でもSEOスキルのある人間は市場から求められ需要が高いと言えます。

 

現状、日本企業の約90%の企業がホームページを開設しており、年々SEO対策を始める企業が増えてきました。その反面、SEOでの実績やスキルがある人材が不足しているため、SEO業界における求人や雇用に積極的な会社も多いです。

 

実際、正社員として働いている方の年収も平均以上であることから、SEOスキルにおける需要の高さを感じられます。きちんとした実績や知識がある人間に関して言えば、今後はより需要の高い人材になっていくと考えられます。

 

SEOスキルの将来性

 

SEOスキルには将来性があるため、今後も活躍できる能力であると考えられます。将来性がある理由として、次の2つが挙げられます。

 

  • ホームページの増加
  • Googleのアップデート

それぞれについて見ていきましょう。

 

ホームページの増加

 

1番の理由は、ホームページは今後も増えていくため、それに伴ってSEOスキルも必要とされるからです。新しい企業はもちろんのこと、既にホームページを持っている会社もリニューアルすることが多く、新しいホームページが無くなるとは考えられません。

 

Googleのアップデート

 

Googleは定期的にアップデートを行っているため、SEO対策が変化することも珍しくはありません。SEO対策は一度行えばお終いというわけではないため、今後も必要とされることが予想つきます。

 

Web業界全体においても今後の成長に期待ができるため、SEOスキルを早めに身につけておくことをおすすめします。

 

>>アルゴリズムアップデートの歴史から見るSEO対策の本質

 

SEOのスキルを学ぶには

 

SEOスキルを身につけるためには、知識だけでなく実践することも大切となります。実践が必要となると、短期間で習得することは簡単ではありません。そのため、焦らずに日々の積み重ねによって身につけていきましょう。

ここでは、SEOスキルを学ぶ方法について解説していきます。

 

SEOを実践して学ぶ

 

1番効率良く学ぶ方法が、SEO対策を実践することです。SEOではそのWebサイトごとによって必要となる対策が違うため、正解がありません。そのため、知識だけでは応用できないことも多く、試行錯誤をしながら繰り返す必要があります。

 

具体的に実践する方法としては以下の3つがおすすめです。

 

  • 就職する
  • ブログを始める
  • オンラインスクールに通う

 

就職する

 

就職をした場合は、実際のクライアントワークを通して実践的なスキルを身につけることができます。

とはいっても、完全未経験でいきなりコンサルティングなどの求人を見つけるのは難しいです。そのため、最初は広告代理店やコンサルタント営業などの形で入社して力をつけていくことをおすすめします。

 

ブログを始める

 

ブログを開設することで、一からSEOにおけるスキルを身につくことができます。また、自分のブログであれば自由に試しながらインプットとアウトプットが行えます。難点としては、全て自分で調べる必要があるため、途中で投げ出すことなく継続する力が大切です。

 

オンラインスクールに通う

 

オンラインスクールであれば、講師やカリキュラムに沿って最短でスキルを身につけることが可能です。最近では動画学習なども多くあり、社会人の方でも学びやすい環境が整っています。費用はどうしても必要となるため、時間効率などを考えた上で学びたい方にはおすすめです。

 

 

SEOの情報サイトから学ぶ

 

SEOに関する情報サイトは多くあり、基礎的な知識から最新情報までを知ることができます。

おすすめできる2つの情報サイトを紹介します。

 

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

Googleウェブマスター向け公式ブログは、Google公式のサイトとなり、アップデート情報などを発表しています。SEOの明確な評価基準は発表していないものの、推奨している対策方法やコツについての掲載はあるため、SEOを学ぶ上では欠かせないサイトです。

 

SEO Japan

 

SEO Japanは、海外のSEO情報や最新情報を発信しているサイトです。Googleの本社はアメリカにあるため、SEOに関する情報の多くが日本より先にアメリカで発表されます。SEO Japanでは翻訳記事も多く掲載されるため、最新情報を早くに知りたい方にはおすすめです。

 

 

 

SEOの便利ツールを活用する

 

SEOを学ぶだけでなく、成果を出す上でも活用できるのがSEOツールです。SEOでは数字における分析なども多くなるため、積極的に活用することをおすすめします。

 

おすすめできるSEOツールを3つ紹介します。

 

  • Google Search Console
  • Google Analytics
  • Googleキーワードプランナー

 

Google Search Console

 

Google Search ConsoleはWebサイトと紐付けることで、PV数やクリック率などWebサイトの分析を行うことができます。SEOに必要となる情報の多くをGoogle Search Consoleで確認できるため、SEO対策を行う上でほとんどの人が使用する重要なツールです。

>>GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)とは?導入方法と使い方

 

Google Analytics

 

Google Analyticsは、Webサイトのアクセス数をはじめとした基本情報や検索流入など、得た情報からアクセス解析に活用できるツールです。GoogleがWebサイトを運営する上での活用を推奨していることもあり、SEO対策を行う上で必須のツールと言えます。

>>Googleアナリティクスとは?導入手順・使い方・用語の意味まで

 

Googleキーワードプランナー

 

GoogleキーワードプランナーはGoogle広告を出稿する方が使用するツールですが、キーワードのボリューム検索やサジェストキーワードを調査する際に役立ちます。キーワード分析はSEOにおいて重要な要素となるため、活用していくことをおすすめします。

>>Googleキーワードプランナーの使い方

 

SEOの成功に必要な2つのスキル

 

SEOで成功するには、ただ学んだ知識を実践すれば良いというわけではありません。自分自身で分析し、常に考えることが大切です。ここでは、SEOの成功に必要な2つのスキルについて詳しく解説していきます。

 

ロジカルシンキング

 

SEOでは常に論理的に考えることが大切です。理由として、この世に同じWebは存在しないため、同じ対策をしたからといってどのWebサイトでも必ず成功するとは限らないからです。

 

Webサイトによって、置かれている状況や数字は全て変わってきます。そのため、現状の分析や今後の課題などを考え続ける必要があります。

 

日々の地道な作業

 

SEOやWebマーケティングなどの分野は一見カッコいいイメージがありますが、現実は意外と地味な作業の連続です。日々のアクセス解析や市場分析など数字から考えることも多く、数字を苦手としている人にとってはきつく感じてしまう可能性もあります。

ただ、数字として目に見えて成果がわかるため、楽しさや達成感をおぼえられる部分でもあります。コツコツと作業ができる人や、苦手意識がない人であれば向いていると感じられるため、おすすめです。

 

SEOを実践するための4つのスキル

 

ここでは、SEOで実践するための施策について詳しく解説していきます。SEOを実践する上では、4つの施策を順番に行っていくことがおすすめです。具体的な方法についても解説していきますので、参考に実践してください。

 

市場や競合分析からキーワードを選定する

 

最初に対策キーワードを選定しましょう。対策キーワードが決まらなければ、どのようなコンテンツを作るべきなのかが定められず、質の低いコンテンツの要因となってしまいます。

 

キーワードの選定は以下の3STEPで行います。

  1. キーワードの候補を考える
  2. キーワードの検索ボリュームを確認する
  3. キーワードの検索上位サイトを分析する

 

1. キーワードの候補を考える

 

まずは、サイトのテーマやジャンルからキーワードの候補を出していきます。ここでは「この検索キーワードでなら良いコンテンツ作れそうだな」と思ったものを書き出す程度で大丈夫です。思いつくままに書き出していきましょう。

 

2. キーワードの検索ボリュームを確認する

 

候補として出したキーワードの検索ボリュームを、Googleキーワードプランナーから確認しましょう。

基本的な戦略として、検索ボリュームの多いビックワードではなく、検索ボリュームが少なく複数の単語で構成されたスモールワードをおすすめします。理由として、ビックワードであればあるほど競合も強く難易度が高い傾向となるためです。

 

3. キーワードの検索上位サイトを分析する

 

検索ボリュームで候補キーワードを選別した後は、実際に検索し上位に表示されているサイトを分析します。狙い目のキーワードは、上位に個人ブログなどが多いキーワードです。

仮に、大手企業やポータルサイトなどで上位表示が埋まっている場合は、難易度も高くなるため避けることを推奨します。ここまでで、検索ボリュームの選定が完了です。

 

>>SEOキーワードの効果的な入れ方と選定方法!競合に勝つためには?

 

質の高いコンテンツを作成する

 

キーワードを選定した後は、コンテンツを作成していきます。コンテンツの作成時に意識することは、質の高いコンテンツに仕上げることです。質の高いコンテンツとは、ユーザーの悩みを1記事で全て解決するようなコンテンツのことを指します。

質の高いコンテンツを作るためには、まずは競合サイトの分析をしましょう。現在、上位に表示されているサイトはユーザーのニーズを満たすコンテンツであると判断できます。そのため、内容を徹底的に分析し+αの価値を加えることが大切です。

上位サイトをコピペすることは、Googleのペナルティを受ける対象となるため辞めましょう。あくまで独自性を持った上で、競合サイトよりも質の高いコンテンツ作りを行うことが重要です。

 

SEOの内部対策を行う

 

SEOの内部対策とは、自分のWebサイト内で行う対策のことをいいます。Googleのクローラーと呼ばれるロボットに向けて、コンテンツを正しく知ってもらうことが目的です。

 

内部対策例

  • タイトルや見出しタグの最適化
  • meta descriptionの最適化
  • 画像のaltタグ設定
  • XMLサイトマップの作成
  • 内部リンク埋め込め
  • レスポンシブ対応
  • ページ速度の最適化

SEOの内部対策は、行うべき項目が多くあります。すぐに対策が可能なものから時間がかかるものまで、さまざま項目があるため1つ1つを確実に対策していきましょう。

内部対策について詳しく知りたい方は「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」もご覧ください。

 

SEOの外部対策を行う

 

SEOの外部対策とは、外部のサイトから自分のサイトに向けての評価を得るための対策方法です。外部からの評価を多く得ると、検索エンジンからサイトが良質であると判断され、SEOとして効果を発揮します。

 

外部対策例

  • 被リンクの獲得
  • サイテーションの獲得
  • SNSを活用してコンテンツのシェア
  • シェアに向けたコンテンツの最適化

外部リンクを多く獲得するために、故意に外部リンクを設置するとGoogleのペナルティを受けてしまうので注意してください。外部リンクの獲得は簡単ではありませんが、SNSを使って情報を発信していくなどコツコツと積み重ねていくことが大切となります。

 

SEOナビゲーター【まとめ】SEOを学ぶ上では会社に就職するか自分のブログを開設するなど、実践を通して学ぶ方法が1番効果的です。知識面も重要ではありますが、実際に自分で分析し考えることで、より即戦力のスキルを身につけることができます。また、SEOではトレンドの流れが早いため、情報サイトなどを通して新しい情報収集を行っていきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る