【2021年度版】SEOとは?上位表示に繋がる最新SEO対策と重要ポイントを解説

 

2021年最新SEO対策

GoogleやYahoo!といった検索エンジンの上位表示を狙うSEO対策は、現代のWebマーケティングにおいては必要不可欠な要素といえるでしょう。

 

しかし、市場のニーズやトレンドを細かく反映することから、効果的な対策やGoogleの指針が頻繁に変更される特徴も持っており、「どれが最新なのか」が分からない初心者も少なくありません。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、2021年度最新版のSEO対策を解説していきます。

 

SEO対策とは

ここではまず、SEO対策の基本知識や目的、そして指標となるGoogleガイドラインについて見ていきましょう。いずれもサイトを運営する上では重要なポイントであるため、是非参考にして下さい。

関連記事:SEO対策とは?|初心者のためのSEO対策

検索エンジンの最適化

 

SEO対策(検索エンジン最適化)とは、検索エンジンの評価基準を満たすようなサイトを作成して、検索窓に関連するキーワードが入力された際、上位表示させるための対策です。

 

ちなみに現在の市場におけるインターネット利用率は加速度的に増加しており、IoTやMaaSの浸透も考慮すれば、SEO対策はもはやネットが主戦場のECサービスだけでなく、実店舗を伴う飲食やタクシー等の運輸業界においても必須といえるでしょう。

 

関連記事: 「SEOとは」をわかりやすくまとめました【2021年完全版】

SEO対策の目的

SEO対策はただ闇雲に行うよりも、明確な目的を定めて適切な施策を講じた方が効果が高まります。そこで、SEO対策で目指すべき2つの目的を確認していきましょう。

 

ビジネスを成長させる

 

SEO対策に成功すれば検索結果の上位に表示されることから、サイトへのアクセス数が格段に向上します。

 

そして、ユーザーニーズに訴えるようなランディングページや魅力的なコンテンツを作成すればコンバージョン(成約)に到達し利益が得られるため、最終的にビジネスの成長と拡大に繋がるでしょう。

自社ブランディング

 

ブランディングとは、自社サービスの名称やフレーズ、ロゴといったあらゆる要素をユーザーに認知させて、他社とは一線を画したポジションの確立を指しています。

たとえば「10円で買えるチョコ→チロルチョコ」「お洒落なコーヒーショップ→スターバックス」が分かりやすい事例であり、成功すれば「〇〇といえばあの企業」というイメージを想起させることができるでしょう。

そして、ブランディングができている企業はプロモーションや集客といった施策において競合との差別化が容易となり、更なるビジネスの拡大が見込めます。

 

Googleガイドラインとは

 

GoogleガイドラインとはSEOの指針を記したルールブックであり、「Googleがページを理解できるよう手助けする」「ページを検出できるよう手助けする」というように、比較的抽象的な表現でありながら、ウェブサイト構築のノウハウがあれば適切な対策が分かる内容となっています。

 

当然Google検索エンジンからの評価を獲得するには、必ず押さえておくべきですが、市場ニーズやトレンドにあわせて頻繁に改訂されるポイントには注意しましょう。

 

Googleガイドラインが重要視される理由

 

Googleガイドラインが重要視される理由としては、検索エンジンのシェアが大きく関係しています。

 

たとえば、3番手のBingは市場全体で8%程度、2番手のYahoo!でも15%程度ですが、Googleのシェアは約76%と圧倒的です。

 

したがって、Google検索エンジンの評価指標ともいえるガイドラインの遵守は、そのまま市場全体に通用する対策に繋がることから、もはや現代におけるSEOは「Google対策」といっても過言ではないでしょう。

関連記事: 【上級SEO対策】コンテンツに関するガイドライン

 

検索順位が決定する仕組み

 

ここからは、検索順位が決定する仕組みについて解説します。仕組みが分からないまま対策を行っても、残念ながら適切な対策には繋がらないため、是非参考にして下さい。

 

検索エンジンの処理

 

まず押さえておきたいのは、Google検索エンジンが行うクロール、レンダリング、インデックスといった処理スキームについてです。

クロール

 

クロールとは、世界中のサイトに掲載されているコンテンツの発見、情報収集といった作業を指しており、「クローラー」というロボットによって実行されています。

 

また、クローラーはページに設置されたリンクを辿って巡回するプログラムであることから、評価対象の1つである「被リンク」の獲得、そして内部リンクの設置は特に重要な対策といえるでしょう。

関連記事:クロールバジェットの重要性から最適化する4つの対策方法を解説!

レンダリング 

 

レンダリングはサイトを構築するHTMLやCSS言語を成形して、普段目にするようなページに成形する作業です。

 

そして検索エンジンは、ユーザーが「実際にどのようなページを見るのか」を視覚的に検証するため、クロールで得た情報をレンダリングしています。

関連記事:レンダリングとは? Googleクローラとレンダリングの関係を解説

インデックス

 

クロールとレンダリングを経た情報がウェブページに登録されることを「インデックス」と呼んでおり、この段階でようやくサイトが検索結果に加わります。

 

ちなみにユーザビリティが著しく低い場合はそもそもインデックスされないため、ガイドラインに則したサイト構築が重要といえるでしょう。

 

関連記事:SEOにおけるインデックス数の効果とは? インデックスの方法も解説

 

検索アルゴリズムの要素 

 

Googleが策定している検索アルゴリズムとは、膨大な量に及ぶウェブサイトを適正且つ効率的に順位付けするための計算方法、あるいはプログラムを指しており、その総数は261項目にも及びます。

ちなみに主な内容は以下の通りですが、各項目で評価ウェイトが異なるため、1度は全てに目を通しておいた方が良いでしょう。

 

URL内のキーワード

 

コンテンツと関連性が高く、繰り返し使用していないか。

あまりに長いタイトルタグ

 

30文字程度に収まっているか。

ユーザーの検索履歴

 

Googleはユーザーごとの検索履歴を参考に、検索結果をパーソナライズしている。

 

これらはほんの一部であるため、詳細は是非自身で調べてみて下さい。

▶詳しくは:Google200のアルゴリズム

 

最新の検索アルゴリズム 

 

ここからは、2021年度現在における最新の検索アルゴリズムを確認していきます。今後チャレンジを検討している方はもちろん、現在情報のアップデートができていない場合は早急に対処するようにしましょう。

E-A-T 

 

E-A-Tとは3つの要素で構成される項目であり、ガイドラインにおいてはページ品質評価の最重要項目と記されています。

 

Expertise(専門性)

様々な分野の情報を広く浅く掲載するのではなく、1つを突き詰めて専門性を高めることを意味しています。

 

Authoritativeness(権威性)

素人ではなく専門家や指導者による情報の方が信憑性が高いのと同様に、「このサイトの発信ならユーザーに勧めるに値する」という権威性も評価項目です。

 

Trustworthiness(信頼性)

匿名性が低く、運営者・サイト・コンテンツが信頼に値するかも重要となります。

 

以上はSEOにおいて特に押さえておくべきポイントであるため、必ず対策するようにしましょう。

関連記事:E-A-Tとは?Googleが重要視する理由と対策方法

 

モバイルファーストインデックス(MFI) 

 

モバイルファーストインデックスとは、モバイルページを優先してクロールとインデックスを行う評価方法であり、スマホ需要の拡大を受けて2021年3月より適用されています。

基本的な対策としては、PCサイトとの情報差を極力なくし、同等のユーザビリティを備えさせるのが効果的といえるでしょう。

 

ちなみにそれまではPC向けページがメインであったため、市場のニーズを反映させた抜本的なアップデートとして話題になりました。

 

関連記事: 超SEO初心者がまずやるSEO対策⑥/モバイルフレンドリー

 

ページエクスペリエンスアップデート

 

ページエクスペリエンスアップデートとは、2021年6月に実施された検索結果表示等に関するアップデートです。

 

トップストーリーの条件変更

検索結果に表示されるトップニュースは、モバイルページを高速化させるAMPに対応していることが必須でしたが、アップデートによって条件が外されました。

 

AMPバッジの廃止

先ほど解説したAMPバッジ自体が表示されなくなりましたが、ページエクスペリエンスが良好なページに対応した代わりのバッジが検討される可能性もあるでしょう。

 

ちなみにその他にも、全てのコンテンツにおいてSigned Exchangeがサポート対象となり、GoogleニュースでAMP優遇が停止される等、様々なアップデートが行われています。

 

Core Web Vitals

 

ユーザーエクスペリエンスを基にした評価指標であるCore Web Vitalsは、以下3つの観点からページ表示速度の基準を定めています。

 

  • FID: ユーザーがページにアクセスして、最初に行動した後に次の結果が反映されるまでの時間
  • LCP:テキストや画像が読み込まれる時間
  • CLS:テキスト等の読み込みが遅延した場合に他の要素が本来の位置からズレる幅

また、これらの基準が満たせているかどうかは、Googleが提供しているページスピードインサイトで確認できるため、該当する場合は軽量化等の対策が必要です。

>>コアウェブバイタル-漫画SEO用語集⑧

関連記事: コアウェブバイタル(Core Web Vital)とは

 

SEO対策の種類

 

SEO対策には、内部対策やコンテンツ制作といったいくつかの種類が存在しています。

検索上位を狙うためには当然必要な知識となるため、しっかり押さえておきましょう。

 

内部施策

 

内部施策とは、ユーザーの利便性向上というよりも検索エンジンからの評価を獲得するために行う改善を指しています。

 

たとえば、キーワードを盛り込んだタイトルタグやテキストの作成が代表的であり、内部リンクの最適化、アンカーテキストの設定等も重要対策ポイントです。

>>SEO内部対策

外部施策

 

外部対策は他サイトからのリンク(通常外部リンク)を獲得するために行う施策であり、良質なコンテンツを掲載して、サイトの利便性を高めるのが基本動作となります。

 

また、リンクを設置してもらいやすくするには、TwitterやInstagram等のSNSとの連携で拡散性の向上を図り、サービスツールの無料提供といった実用性を感じてもらえるような手法がおすすめといえるでしょう。

 

>>優良被リンク獲得(SEO外部対策)

コンテンツ制作

 

ユーザーニーズを満たせるような質の高いコンテンツはSEO対策において必要不可欠な要素であり、内容が粗悪では先ほど解説した施策の効果も半減してしまうでしょう。

 

そのため、まずは自社がこれまで作成してきたコンテンツでカバーできていないキーワードを洗いだし、検索ボリュームと検索意図を確認して、求められている情報を把握、クリティカルな解決策(自社サービス)に落とし込めるような内容を意識してみて下さい。

 

関連記事: 記事コンテンツの制作方法とは?成功させるために必要な5ステップ

 

SEOの具体的な対策とは

 

SEOに関する基本的な知識を解説してきたところで、次は具体的な対策を見ていきましょう。

 

中にはMFIやCore Web Vitalsに関わる内容もあるため、今後チャレンジを検討している方は、是非参考にして下さい。

 

タイトルタグ

タイトルタグは検索結果に表示されるタイトルを設定するためのHTMLタグであり、テキストが途切れないように30文字程度に調整して、上位表示を狙いたいキーワード盛り込むのがおすすめです。

 

また、競合と似すぎていると埋もれてしまうため、なるべく個性を意識しつつ、記号や数字を混ぜて思わずクリックしてしまうタイトルを作っていきましょう。

関連記事:SEOタイトルの効果的な付け方|実は誤解されているタイトルタグ

 

description

 

descriptionとは、検索結果のタイトル下に表示されるテキスト部分であり、「このページを読むと何が分かるか」というポイントを明確にすることで、クリック率の向上に繋がります。

 

たとえば、検索キーワードが「上位表示 SEO対策」であれば、両方のワードを盛り込み、全体を130文字程度に調整してみて下さい。

 

ただし、記事案を作成する段階で「上位表示に繋がるSEO対策のやり方(初級以上の運営者)」=doか「SEO対策 上位表示とは(全くの初心者でそれ自体が知りたい)」=knowのどちらにウェイトをおいたページにするかも大変重要となるため、事前に構築して内容がブレないようにしましょう。

関連記事:SEO効果がない?meta descriptionを設定する理由

 

重複URLのチェック

 

ページURLが重複していると、せっかく獲得した被リンクの評価が分かれてしまうだけでなく、コピーコンテンツとしてGoogleからペナルティを受けてしまう可能性もあるでしょう。

 

また、コンテンツの内容が類似していても同様のリスクがあるため、もし該当している場合は検索エンジンに対して正規URLを示すcanonicalを利用するのがおすすめです。

 

関連記事:コピーコンテンツ(重複URL)がSEOに与える影響や対処法について解説

 

内部リンクの最適化

 

SEO対策では被リンクばかりに注目してしまいがちですが、自社サイト内の他のページへ誘導する内部リンクも同じく重要といえるでしょう。

 

良質で関連度の高いページ同士を結びつければ、クローラーが巡回しやすくなり全体の評価が向上、そしてユーザーにとっても知りたい情報を簡単に網羅できる利便性を備えたサイトになります。

 

一方、内部リンクを設置する際は、検索エンジンがキーワードを判断できるようにアンカーテキストの設定を忘れないようにして下さい。

関連記事:内部リンクとは?SEO強化のための内部リンクのポイント

 

画像検索に対応させる

 

コンテンツのユーザビリティを高めるには、テキストを補完するような画像の挿入が効果的ですが、その際は以下を実施して画像検索に対応させておきましょう。

 

  • 一般的なファイル形式を利用する(JPG等)
  • 画像サイトマップを設置する。
  • スマホで表示しても画像が見えやすいかをチェックする。

また、なんらかの理由で画像が表示されないケースに備えて、alt属性(代替テキスト)も忘れずに設定するのがおすすめです。

関連記事(初心者):超SEO初心者がまずやるSEO対策⑤/画像最適化
関連記事(上級者):【上級SEO対策】コンテンツに関するガイドライン

スマホに対応させる

 

先ほど解説した通り、現在のGoogle検索エンジンはMFIに基づいてモバイルサイトを優先的に評価しているため、スマホに対応したサイト作りは必須といっても過言ではありません。

 

そのため、スマホサイズでも判別できる大きさの文字、あるいは横にスクロールしなくてもページが表示できるようにする等、ユーザー目線に立って不便を感じないような対策を講じていきましょう。

関連記事:スマホSEO・モバイルSEO

表示速度の改善

 

Core Web Vitalsが開始されて以降、ページ表示速度に関しても重要な対策ポイントです。

各項目の具体的な基準は以下の通りであるため、ページスピードインサイトを活用して適切に改善していきましょう。

 

<Core Web Vitalsの基準>

項目良好改善が必要不良
LCP2.5秒未満4秒以下4秒を超える
FID100ミリ秒未満300ミリ秒以下300ミリを超える
CLS0.1未満0.25以下0.25を超える

関連記事:ページ表示速度を早くする/Page speed insight

 

検索意図を捉えたコンテンツ

 

ユーザーの検索意図を的確に捉えつつ、特定のジャンルを網羅したコンテンツは、専門性と信頼性の両方を向上させることが可能となり、内容の質を維持し続ければ権威性も獲得できるでしょう。

 

したがって、最終的にはSEO対策における重要項目のE-A-Tが満たせるため、ターゲットキーワードの選定や自社サイトで取り扱う情報の確立は徹底して行わなくてはなりません。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】本記事では最新のSEO対策や検索エンジンの仕組みについて解説してきました。現代におけるSEOは、圧倒的なシェアを誇るGoogle検索エンジンの攻略といっても過言ではなく、ガイドラインに則したコンテンツを作るのが成功への近道です。ただし、Googleはユーザーニーズやトレンドにあわせて頻繁にアップデートを行うことから、同じ施策を繰り返していても、いずれは通用しなくなる可能性が高いといえるでしょう。したがって、今後ウェブサイト運営を検討している方は、Googleのアナウンスを漏らさずチェックして、常に最新情報に基づいたSEO対策が行えるようにして下さい。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。