デジタルサイネージとは?導入のメリット・デメリットや活用事例5選

デジタルサイネージとは

電子看板であるデジタルサイネージは、いまやどの業界でも活用しているマーケティング手法の一つといえるでしょう。

 

商品のプロモーションや業務効率化の手段など、活用の幅が広いことも特徴です。またデジタルサイネージの種類によってはタッチパネルやモーションセンサーなど、多彩な機能も備わっています。

 

SEOコンサルタントそこで本記事ではデジタルサイネージの種類や目的、そして活用事例について解説していきます。

 

デジタルサイネージとは?

 

公共空間や屋外などさまざまな場所で、電子表示機器によって情報を発信するシステムのことをデジタルサイネージといいます。

 

近年では街を歩けばどこかしらにデジタルサイネージがあるため、立ち止まって見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

時間帯に応じて表示する情報を変えられることで時や場所に合わせた情報発信が可能となり、広告媒体として活用できるデジタル看板です。また電子機器という構造上、広告の入れ替え作業などを必要とせず、手間をかけることなく利用し続けられる点が特徴になります。

 

ここでは、デジタルサイネージの仕組みについて詳しく解説していきます。

 

デジタルサイネージの仕組み

 

デジタルサイネージは電子表示機器に情報を発信しているといいましたが、具体的には以下の4要素から成り立ちます。

 

  • ディスプレイ
  • STB(セット・トップ・ボックス)
  • CMS(コンテンツ管理システム)
  • 表示コンテンツ

STBとはディスプレイにコンテンツを映す機材のことです。対してCMSはコンテンツの表示設定や再生スケジュールなど、コンテンツの管理を行う際のシステムを指します。

 

またディスプレイは一般的な家庭で使用されているテレビとは異なり、長時間コンテンツを映し続ける耐久性があります。

 

基本的には上記の4要素がそろうことで、デジタルサイネージの映像が正常に映し出される仕組みです。

 

デジタルサイネージの種類

 

デジタルサイネージでは、種類によって搭載されている機能やコンテンツの表示形式など、さまざまな特徴があります。

 

ここではデジタルサイネージの種類について、以下の3種類から解説していきます。

 

  • スタンドアロン型
  • ネットワーク型
  • インタラクティブ型

 

スタンドアロン型

 

スタンドアロン型のデジタルサイネージは最も一般的な種類となり、機器さえあれば活用できるタイプです。

 

そのためインターネット接続をする必要がなく、USBメモリーやSDカードにコンテンツを保存し、機器本体に差し込むことで画面に映し出されます。設置する際は専用のスタンドさえあれば工事が不要となるため、気軽に導入できる点が最大の特徴です。

 

ただし表示できるコンテンツが限定されることや、レイアウト構成できる種類が少ないなど、他の種類と比べて制限が多いといえるでしょう。

 

また映し出すコンテンツを変更する際は、USBメモリーやSDカードを直接変更する必要があります。したがって遠隔で操作したい場合や手間をかけたくない場合には、後述のネットワーク型かインタラクティブ型をおすすめします。

 

ネットワーク型

 

ネットワーク型のデジタルサイネージは、インターネットを活用して映像を配信できるなど、通信機能を兼ね備えたタイプです。

 

そのためコンテンツの表示設定や管理についてはパソコンから簡単に行え、遠距離であってもリアルタイムに反映される点が特徴になります。

 

しかし通信機能の活用にあたって、ネットワークやソフトウェアの利用料金が発生する点には注意が必要です。

 

こまめに表示コンテンツを変更したい場合にはおすすめですが、特に表示設定を変更する必要がない場合には通信機能がないスタンドアロン型の活用をおすすめします。

 

インタラクティブ型

 

インタラクティブ型デジタルサイネージは、タッチパネル機能や動作によって反映されるモーションセンサーなど、映像の閲覧だけでなく体験という価値も加わったタイプです。

 

閲覧している側からパネルをタッチすると、求める情報に絞って確認できます。また複数言語の対応や案内機能の充実など、電子看板のなかでも最も多機能な点が特徴です。

 

活用の幅は非常に広いですが、ネットワーク型と同じくネットワークやソフトウェアの利用料金が発生します。またモーションセンサーなどの機能が備わっている専用のディスプレイを用意する必要があるため、費用面では他の種類と比べて高額になると考えましょう。

 

デジタルサイネージの目的 

 

デジタルサイネージの活用目的は、商品の販売促進や情報発信の手段など、現代であれば多くのことが考えられるでしょう。

 

またデジタルサイネージの中でも一際大きなディスプレイを利用し、エンターテインメント施設やスポーツ観戦においても、空間演出の方法として日々活用されています。

 

ここでは、デジタルサイネージの活用目的について詳しく解説していきます。

 

販売促進

 

まず1つ目の目的が、商品の販売促進などマーケティング施策の一つとして活用することです。

 

一般的な屋外看板なども商品の販売促進や認知度向上を目的として、従来より多くの企業が活用している手法になります。

 

しかしデジタルサイネージでは、複数の商品をスライドショーで表示させることや、その時々に人気のある商品に絞った表示が可能です。

 

飲食店であればセットメニューの促しなど、デジタルサイネージをとおして直接的な訴求が行えるでしょう。動く画像や映像だからこそ顧客の注目を集められ、屋外看板よりも商品の魅力を伝える点に優れています。

 

情報発信や情報共有

 

2つ目の目的が、デジタルサイネージをとおして情報発信や情報共有を行うことです。

 

ネットワーク型やインタラクティブ型デジタルサイネージの場合、インターネット通信によってリアルタイムの情報を映し出せます。

 

そのため駅のデジタルサイネージであれば乗換案内や遅延情報、災害時の緊急アナウンスなど、多くの人へ情報を拡散したい場合には適した方法といえるでしょう。

 

他にもオフィス内やレジャー施設など、音声アナウンスだけでは伝えきれない内容であっても、デジタルサイネージでは視覚的に印象強く伝えられます。

 

このように通常の情報から緊急時までと幅広く活用可能なため、デジタルサイネージは存在すべきツールといえます。

 

空間演出

3つ目の目的が、デジタルサイネージから発信する映像や音楽によって、空間演出を行うことです。

 

エンターテインメント施設やスポーツ観戦など、人が多くあつまる場所にデジタルサイネージを設置することで、大迫力の空間を作り出せます。

 

近年ではアート作品での活用シーンが存在するなど、デジタルサイネージを活用する場は増加傾向といえるでしょう。

 

今後も新しい活用の場が広がると考えられるため、デジタルサイネージのさらなる機能や特徴の進化には期待がもてます。

 

デジタルサイネージのメリット

 

デジタルサイネージを導入するメリットは、他の屋外看板以上に目立てることや、ターゲットに合わせたコンテンツ表示などマーケティングとして有効な点です。そのため多くの注目を集めつつ、効果的なコンテンツ表示が可能となります。

 

ここでは、デジタルサイネージのメリットについて解説していきます。

 

ターゲットに合わせたコンテンツが表示できる

 

デジタルサイネージでは、表示できる内容を気軽に変えられます。そのため複数のターゲットがいる場合にも時間や内容を調整することで、ターゲットに合わせてコンテンツを表示できることがメリットです。

 

またインタラクティブ型デジタルサイネージであれば、タッチ操作によってよりターゲットが求める情報を映し出せます。

 

機能によってはモーションセンサーや認識センサーによって顧客の特徴を理解し、得た情報から適するコンテンツの表示も可能です。

 

このように顧客情報を理解するなど最適化の要素が組み込まれているため、マーケティングとしても十分に活用できるツールといえます。

 

人の目に留まりやすい

 

デジタルサイネージは動く画像や映像が表示されるため、人の目に留まりやすい点がメリットです。

 

屋外看板として設定するのであれば、一人でも多くの人に見てもらうことが重要な要素といえます。しかし一般的なテキストの看板は目に留まりづらく、興味を持たせることは簡単ではありません。

 

対してデジタルサイネージのように視覚や聴覚などさまざまな着目ポイントがあれば、多くの人が興味をもつでしょう。

 

興味さえもたれれば認知の拡大につながるため、デジタルサイネージとテキストの看板とでは雲泥の差と考えられます。

 

デジタルサイネージのデメリット 

 

デジタルサイネージのデメリットを挙げるならば、導入費用やランニングコストなど、費用面が高額になることです。また故障のリスクが常につきまとうため、災害などには注意をしましょう。

 

ここでは、デジタルサイネージのデメリットについて解説していきます。

 

導入費用とランニングコストが発生する

 

デジタルサイネージを導入する場合、デメリットとして考えるべきことは導入費用とランニングコストです。

 

実際に導入することを想定すると、まずはディスプレイをはじめとした電子機器の購入費用や設置費用が発生します。その後はネットワークの使用料金やソフトウェアの利用料金が発生し、デジタルサイネージを活用する限りは永続的に必要な費用です。

 

対して一般的なテキストの屋外看板の場合、最初に制作費用が発生するだけとなり、ランニングコストはほとんどかかりません。初期に制作費用においてもデジタルサイネージの導入費用より安いため、費用面ではかなり高いと考えておきましょう。

 

しかし最も重要な点は得られる効果となり、長期的な目線で考えると、デジタルサイネージのほうが多くのリターンを得られる可能性もあります。したがって活用する期間などを加味し、最終的には費用対効果から考えることをおすすめします。

 

故障するリスクがある

 

デジタルサイネージの活用でかならず押さえておくべきことが、故障のリスクです。屋外に設置されているため、台風によって故障することも少なくありません。また人がぶつかることによる衝撃や、水による水没など、現状では耐久性が優れているとはいえないでしょう。

 

もちろん普通に使用しているうえでは問題ありませんが、大きな災害が近づいている場合には設置場所を変更するなど、基本的な対処を行うことが重要です。

 

デジタルサイネージの機器は決して安い価格帯ではないため、できるだけ故障のリスクを避けた活用を意識しましょう。

 

デジタルサイネージの活用事例5選 

 

ここではデジタルサイネージの活用事例について、以下の5つを解説していきます。

 

  • 観光・レジャー施設
  • 医療・福祉
  • オフィス
  • 店舗・ショールーム
  • 工場

 

観光・レジャー施設

 

観光・レジャー施設は、来場者数の増加を目的に、デジタルサイネージをアトラクションの一つとして活用した事例です。

 

ある水族館では、デジタルサイネージに普段は見られない亀の映像コンテンツを表示し、子供向けに亀の知識を披露。

 

また実際にディスプレイにタッチすると亀が動く仕掛けとなり、ふれあいながら楽しめる環境を提供しました。

 

施設内の紹介もディスプレイ映像によって多様な演出から映し出し、デジタルサイネージではあるものの、一つのアトラクションとして人気を集めることに成功した事例です。

 

医療・福祉

 

医療・福祉は病院の待合室に設置したデジタルサイネージを活用し、順番待ちの患者に向けて、オプションの検査や健康診断などを案内した事例です。

 

待合室では患者が退屈な時間と感じることが多く、飽きさせない工夫を考えていました。

 

従来までは壁にたくさんのポスターを設置することで、オプション検査などの案内をしていましたが、より注目を集める方法としてデジタルサイネージを導入。

 

結果的には患者を退屈させない場を提供しつつ、検査や健康診断の予約獲得に成功しました。壁のポスターがなくなったことでスペースの確保にもつながり、多くのメリットを得られた事例です。

 

オフィス

 

ある企業ではオフィス中央に複数枚のデジタルサイネージを宙吊りにし、情報共有の手段として活用しました。

 

オフィスが広い企業は、どうしても一度に情報共有はできません。人から人への情報伝達では業務に支障が出るため、全従業員が注目できるオフィス中央にデジタルサイネージを導入。

 

宙吊りに設置したことで空間を上手に活用し、情報を確認しやすく邪魔にならないオフィス環境を実現しました。

 

業務に必要な情報はリアルタイムで更新されるため、今まで以上に業務の効率化につながった事例です。

 

店舗・ショールーム

 

店舗・ショールームは、大型施設の入り口付近にデジタルサイネージを設置し、来店してくる顧客に向けて効果的にブランドのプロモーションを行った事例です。

 

大型施設の入り口付近は顧客の出入りが激しく、ポスターを活用したプロモーションでは入れ替えの手間や設置スペースの確保など、いくつかの問題を抱えていました。

 

そこでポスターの代わりにデジタルサイネージを導入。映像コンテンツによって入れ替えの手間がなくなり、設置スペースも一度確保すれば移動する必要がないなど、問題視していた内容は無事解決しました。

 

入り口付近ということもあり、多くの顧客へプロモーションを行えている点も成功のポイントです。

 

工場

 

工場は、中央管理室に大型のデジタルサイネージを設置し、監視カメラの確認作業や円滑な業務の実施に効果を出した事例です。

 

従来までは中央管理室の照明が明るく、液晶パネルの反射などによって細かく確認できないことが問題点でした。

 

そこで高輝度パネルのデジタルサイネージを導入し、明るい照明でも問題なくディスプレイを確認できるように改善。

 

監視カメラの確認ミスもなくなり、業務スピードも大きく向上した事例となります。

 

まとめ

SEOコンサルタント本記事ではデジタルサイネージの種類や目的、そして活用事例について解説してきました。現代においてデジタルサイネージが広く普及しているのも、販売促進や情報共有など、さまざまな活用方法が存在するためです。またターゲットに合わせたコンテンツの表示など、マーケティング観点でも強みをもちます。業界を問わずに活用できる電子機器となるため、本記事で紹介した事例を参考に導入してみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事