東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

【実践SEO】検索順位が上がらない理由はこれだった!?

検索順位が上がらない理由はこれだった

SEOを長年やっているとどうやっても検索順位が上がりませんという悩みを多く受けるようになります。WEBで調べても画一的に「ユーザーニーズを捉えていない」と模範解答は見つかりますが、具体的にどうすればよいのかがわからないというケースは数多く見てきました。

 

SEOに詳しい人に聞くというのは正しい選択の1つですが、「SEOに詳しい」とは何かという哲学的な話になります。SEO会社の記事で書くのも変な話ですが、「私はSEOに詳しいです」と自分からいう人はだいたいSEOに詳しくない人です。

 

SEOコンサルタントでは具体的にどこをどう見直して何をするのか、東京SEOメーカーが解説いたします。

 

検索順位が上がらない8つの理由(基本編)

まずは検索順位が上がらない8つの理由です。これはすべて基本中の基本なのでSEOでは必須事項です。

  1. タイトルにキーワードが入ってない
  2. 見出しにキーワードが入ってない
  3. 情報量が足りない
  4. 内部リンクが少ない
  5. 検索意図のズレがある
  6. インデックス数が足りない
  7. ドメインパワーが足りない
  8. ペナルティを受けている

 

タイトルにキーワードが入ってない

 

タイトルを工夫することでクリック率が上がったり、注目を集めたりすることができますが、それ以前にタイトルに狙ったキーワードが入っていない場合には検索順位は上がりません。

HTMLタグは検索順位には関係ないといわれますがタイトルにキーワードが入っていない場合には大きな損失です。ただし、キーワードの詰め込みすぎは禁物です。

>>SEOタイトルの効果的な付け方|実は誤解されているタイトルタグ

見出しにキーワードがない

 

見出し(h2タグ、h3タグ)にキーワードが入っていない場合、入れられないかを検討してください。見出しタグも検索順位には関係しないといわれていますが、検索エンジンがコンテンツを理解するために非常に重要な指標です。

どうしてもやり方がわからない場合には多少しつこくてもすべてのh2にキーワードを入れるくらいのことはしてみてください。

>>SEOにおける見出しタグの役割|h1~h6の使い方とルール

情報量が足りない

 

文字数は検索順位と無関係です。ただし、コンテンツ内の情報量は検索順位に影響します。キーワードで検索したユーザーのニーズを満たしているかどうかに関わってくるからです。

単純な情報を追加で記事テーマにブレが出るようでは困りますが足りない情報を補足することで網羅性が高まり評価されるようになります。

 

具体的な文字数は分野によって非常に大きく異なりますが最低でも1000文字、できれば3000文字程度はないと網羅することは難しいはずです。

>>SEOとページ数の関係は?インデックス数の違いと注意点

内部リンクが少ない

コンテンツを作ったら必ず内部リンクを貼ってください。トップページやカテゴリから内部リンクを貼ることはもちろん必要ですが、関連する記事があればそこからのリンクも必要です。

 

意外に忘れがちですが、新規アップした記事から他の記事へのリンクも必要です。可能であれば相互に内部リンクすることで関係性が強まります。

>>内部リンクとは?SEO強化のための内部リンクのポイント

検索意図のズレがある

 

今やSEOではどこも模範解答として必須事項ですが、検索意図がずれている記事は上位表示されません。では検索意図は何なのかを考えると競合記事を参考にしたり、サジェストや関連語に目を通して考える必要があります。

 

極論ですが、検索意図とのマッチ率が高ければ他の要素がすべてダメでも上位表示は可能です。

>>SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

インデックス数が足りない

 

インデックス数(ページ数)はSEOとは関係ありません。ただし、関連する記事を多く作って相互に内部リンクを貼ることはサイトやカテゴリそのものが関連性が高いと判断されて評価が高まります。

 

ある程度大きい検索ボリュームを持つキーワードを対策する場合にはインデックス数が影響することはあり得ます。競合サイトのインデックス数を参考にするのもよいですが、サイト公開後の期間や更新頻度によっては非常に大きな数字が出ることもあります。

 

まずはユーザーにとって何が必要かを考え、ある程度のインデックス数を確保してください。

>>SEOとページ数の関係は?インデックス数の違いと注意点

ドメインパワーが足りない

ドメインパワーと一言でいいましたが、明確な定義はありません。単純に育ったサイトであればコンテンツが多少雑でも順位は付きますし、公開直後のサイトでは推敲に推敲を重ねた記事でも順位がつかないことはあります。

 

ドメインエイジはSEOに関係しませんが、やはりサイト公開後ある程度の時間経過は必要ですし、被リンクがついていない、サイテーションがないなどの外部要因も順位には影響します。

>>SEOとドメインの関係とは?ドメインは検索順位にかかわるのか?

ペナルティを受けている

 

自サイトがペナルティを受けているかどうかはGoogleサーチコンソールで調べることができます。しかし、サーチコンソールでわかるのは手動ペナルティだけで自動ペナルティまではわかりません。

 

手動ペナルティとは主にリンク操作を目的とした自演リンクを使っている場合にGoogleによって(人の手によって)ペナルティが科されることです。2020年ころからはあまり手動ペナルティを受けたという報告が減ったように思いますが(感覚値です)、それ以前は頻繁に相談がありました。

自動ペナルティとはサイト運営においておかしなことをしていた場合、ある一定の閾値を超えた場合に機械的にペナルティを与える措置のことです。自動ペナルティに科されているかどうかはわかりませんし、解除されたかもわかりません。ただ、普通の運営をしていれば自動ペナルティになることはまずありません。

>>SEOペナルティとは?

>>SEO対策あるある「Googleペナルティの壁」

>>【SEOペナルティ】外部リンクで失敗したら焼け野原になった話

 

検索順位が上がらない理由(応用編)

基本編で解説した内容はどのようなサイトにも適用される、いわゆる模範解答です。頑張っているWEB担当者であれば基本編はすべて問題ないと判断した上で「検索順位が上がらない!」とお悩みのハズです。

 

次は応用編です。状況次第では対策が本当に難しいことがあるのは事実です。6つのポイントをチェックしましょう。

  1. 外部対策は何をしているか
  2. 競合との差異
  3. 読みやすさ
  4. E-A-Tは十分か
  5. YMYLの分野かどうか
  6. 独自性はあるか

 

外部対策は何をしているか

 

外部対策とは普通は外部リンクをどのように集めているのかという意味ですが、広義ではサイテーションやSNS運用など内部対策以外のすべてを意味します。

もし外部リンクを積極的に取得している場合、やり方にやましい方法がないかを確認してください。自演リンクを貼っている、無料ブログからのリンクが異常に多い、相互リンクを集めているなど何かやっていないでしょうか

 

やましい方法というのが曖昧ですが、自社は広報活動としてこのようなことをやっていますと自社サイトに載せられるようなことであれば問題ありません。逆に外には話せないような内容であればSEO的にマイナスかもしれません。

 

競合との差異

 

UI/UXという意味でも、サイトに必要な要素という意味でも上位化しているサイトと自社サイトで何が違うのかを徹底的に考えてください。例えば、競合10位以内にはすべて入っているコンテンツなのに自社にはそれがないという場合には、そのコンテンツがなければ上位化ができないという可能性があります。

 

コンテンツに限らず自社の何がダメなのかを考え抜くことで、その先に必要な要素が見えてきます。

読みやすさ

 

UI/UXにも関わりますが、記事の読みやすさは非常に重要です。文字が小さすぎる、行間が狭すぎる、改行が少なすぎる(多すぎる)、ボタン同士が近すぎる、お問い合わせが多すぎる、色が薄すぎるなど、コンテンツの読みやすさは離脱率・直帰率に影響します。

 

離脱率・直帰率が高いということは滞在時間が下がる可能性があり、総合的な判断で順位が低くなっている可能性はあります。

E-A-Tは十分か

 

E-A-TとはそれぞれExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。

記事の専門性、権威性、信頼性が十分でない場合には順位が上がりづらい場合があります。専門性とはどこまで深く突き詰めたか、権威性とは誰が発信しているか、信頼性は内容が信用できるかどうかです。

例えば、医者は社会的に信用できますし専門家ではありますが、医者にSEOのことは聞かないはずです。SEOのことを聞くのであればWEBマーケティング会社やSEO会社、WEB制作会社などになるはずです。これがE-A-Tに関わります。

YMYLの分野かどうか

 

YMYLとはYour Money or Your Lifeのことで、人生に大きく影響を及ぼす可能性のあるジャンルのことです。具体的には医療、法律、資産、教育など挙げるとキリがないのですが、一言でいえば専門分野全般です。

体の具合が悪いという時には医者、法的な相談であれば弁護士というのように状況次第で相談する人は変わります。これはSEOでも同じことがいえますのでYMYLの分野で戦うのであれば、一定以上の専門性をもっていなければ上位表示はできません。

なお、医者による医療系メディアや弁護士による法律メディアを作っているのに順位が上がらないということも十分にあり得ます。これは医者や弁護士であってもその分野での権威性が足りないか、権威性が足りていても検索エンジンに伝わっていないかという可能性が高いです。

独自性はあるか

 

ここまですべてを満たしていてもサイトや記事に独自性がない場合には検索順位は上がりづらいです。独自性とは重複コンテンツではない、ということではありません。重複コンテンツは他サイトの記事と同じことを書いているということですが、独自性は自社サイトにしかないことです。

独自性がないコンテンツということはユーザーはそのコンテンツでなくてもニーズを満たせる可能性があるため検索エンジンは上位表示しないということがあります。

 

検索順位が上がらない理由(実践編)

 

実際問題として応用編までの内容はすべて対応しているはずなの順位が上がらないという人も多数見てきています。なぜ順位が上がらないのか、基本編と応用編をすべて確認しても原因がわからない場合には以下の3つを試してみてください。

  1. 愛が足りない
  2. 一旦放置してみる
  3. SEO会社に相談する

愛が足りない

 

「何を馬鹿なことを」と思うかもしれませんが、SEOではサイトに対する愛は非常に重要です。

「サイトに愛があることは前提」、「このサイトは自分の娘」というSEO担当者を何人も見てきていますし、愛のある方は情熱があるので順位が上がるまであの手この手を試します。精神論のことを言っているのではなく、自サイトに情熱をもって打ち込むことは極めて重要な要素です。

一旦放置する

 

放置して何か解決するのか・・・と思う方もいます。SEOは施策内容がいつ効果を出し始めるかが極めて不確定なので何とも言えないところがあるのは事実です。さらに効果が出ていない担当が次の手を打たないようでは会社からの視線も冷ややかになるかもしれません。

ですが、すべてをやり切っていて順位が上がらないのであれば検索エンジン側の認知が足りない可能性があります。E-A-Tが十分に高まるには時間がかかりますし、検索エンジンのコアアップデートで評価が様変わりするかもしれません。

過去の施策が効果が出るかどうかを判断するためにも一旦放置して、その間に他の準備をすることは決して悪い選択肢ではありません。

SEO会社に相談する

 

SEO会社からは言い出しにくいことですが、SEO会社に相談することで問題が解決することがあります。SEO会社は似たような事例を数多く持っていることが多く、無料相談で概要を話すことで思わぬ解決策が出るかもしれません。

毎月のコンサル料が高いと思われるかもしれませんが、毎月のコンサルだけではなく初回の診断と対策内容を出すだけであれば格安で対応できることもあり決して高いとは限りません。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る