コンテンツマーケティングにおけるコンテンツの意味や特徴とは?良質なコンテンツの作り方も解説

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツの意味や特徴とは

インターネットを使った集客や販売を考えた場合、コンテンツの制作は欠かせない要素となります。ひと括りにコンテンツといっても複数の種類があるため、自分の目的に合わせた活用を行わなければいけません。

 

SEOコンサルタントそこで、本記事では、コンテンツマーケティングにおけるコンテンツの意味や特徴から、良質なコンテンツの作り方を解説してきます。コンテンツマーケティングにおける関連記事として下記の記事も合わせてご一読ください。

コンテンツマーケティングを始めると決めたら読む記事

コンテンツマーケティングを依頼する前に読みたい記事

コンテンツマーケティングを自分でやる時に役立つ記事

 

目次

コンテンツマーケティングとは

 

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値のある高品質なコンテンツを量産することで、見込み顧客にリーチし、育成(ナーチャリング)するマーケティング手法です。

 

細かいフェーズを抜きにすると、

  1. 高品質コンテンツを作ること
  2. ナーチャリングすること
  3. 見込み顧客にすること

の3つが大きなポイントです。

 

広告を出稿し、ランディングページへ誘導する場合にはアクセスのあとに問い合わせという流れを作るのが一般的ですが、コンテンツマーケティングではナーチャリングをおこなうことがメインです。そのため、アクセスしたユーザーをすぐに問い合わせにつなげるのではなく、接点を増やすことを通じて最終的な顧客にすることを目的としています。

 

コンテンツマーケティングというとオウンドメディアを想像することが多く、実際、オウンドメディアでコンテンツマーケティングをおこなうことが多いことも事実ですが、ユーザーにとって価値がある情報を提供し、ナーチャリングするという意味ではSNS(Twitter、Facebook、Instagram、Linkedinなど)やYouTube、メールマガジンなどを通しておこなうことも可能です。

 

コンテンツの意味とは

 

コンテンツとは、なにかしらの制作物の中身を表したものです。世の中にあるものでいうと情報・音楽・映画など、さまざまなものがコンテンツに当てはまります。

ここでは、コンテンツの特徴や禁止されているコンテンツについて詳しく解説していきます。

 

コンテンツの特徴

 

もともとはIT分野でハードウェアやソフトウェアと呼ばれていたものを、1990年代から総称してコンテンツと呼ぶようになりました。一般的には、インターネット上にあるものをコンテンツと認識することが多いですが、実際は映画や小説など実物として存在するものもコンテンツです。

 

今では世の中に多くのコンテンツがありますが、コンテンツが増え続けているのは売上に直結するためです。

仮にコンテンツが良いものであれば、たくさんの人に感動や驚きなどの価値を届けることができ、結果的に購入へとつなげることができます。

そのため、多くの企業がコンテンツ制作に力を注ぎ、価値のあるコンテンツ提供を重要視しています。

 

禁止されているコンテンツ

 

コンテンツは多種多様に作ることができますが、違法となる要素には注意しなければいけません。またインターネット上のコンテンツでは、検索エンジンごとのポリシーに従う必要があります。

例えば、Googleでは以下のようなコンテンツを禁止しています。

 

<禁止コンテンツ例>

  • 虚偽の内容を含むコンテンツ
  • 著作権を侵害するコンテンツ
  • わいせつ要素や性的表現のあるコンテンツ
  • 人種や宗教的な差別を行っているコンテンツ
  • テロ的な要素があるコンテンツ

違法的なコンテンツはもちろんのこと、他者に向けた中傷的な内容なども細心の注意を払いましょう。多くの人に価値を与え、検索エンジンからも評価を得るコンテンツ作りが大切です。

 

コンテンツの種類 

 

コンテンツは大きく分けると、デジタルコンテンツとアナログコンテンツの2種類です。また、デジタルコンテンツの中でも対象デバイスによって種類が違います。ここでは、コンテンツの種類について詳しく解説していきます。

 

Webコンテンツ

 

Webコンテンツは、インターネット上にあるコンテンツのことです。

主なWebコンテンツは以下になります。

 

<Webコンテンツの種類>

  • 記事コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • メールマガジンコンテンツ
  • プレスリリースコンテンツ
  • 漫画コンテンツ

検索エンジンを活用した集客や商品の販売をする場合、Webコンテンツは欠かせないものです。ユーザーは自分の求めている情報や商品としてWebコンテンツを探しているため、検索という行動を行います。

 

そのため、ユーザーに求められるコンテンツが本当に価値のあるコンテンツといえます。

 

モバイルコンテンツ

 

モバイルコンテンツとは、Webコンテンツの中でもスマートフォンやタブレットなどの端末で利用するコンテンツのことです。無料で活用できるものも多くあり、スマートフォンが当たり前となっている近年では1番馴染みがあるコンテンツではないでしょうか。

主なモバイルコンテンツは以下になります。

 

<モバイルコンテンツの種類>

  • TwitterやInstagramなどのSNS
  • ニュースアプリ
  • 地図アプリ
  • 飲食店検索アプリ
  • 写真加工アプリ

日々の生活を便利にするものから趣味の延長線で使用するものまで、たくさんの種類のモバイルコンテンツがあります。今後も新しいサービスの体験や、情報を入手する手段としてモバイルコンテンツは増加すると考えられます。

 

デジタルコンテンツ

 

デジタルコンテンツはWebコンテンツやモバイルコンテンツをはじめ、デジタル形式で制作されたコンテンツのことです。近年では、情報メディアやブログといった記事コンテンツだけでなく、YouTubeなど動画を使用したコンテンツ市場の成長も注目されています。

 

また、従来までは会社が事業として制作を行っていましたが、今では個人でも簡単にデジタルコンテンツの制作が行えます。販売する際もSNSなどを活用することで費用を必要としないため、誰に対しても身近な存在となりました。

 

アナログコンテンツ

 

アナログコンテンツは、実物として存在するコンテンツのことをいいます。主なアナログコンテンツには次の5つがあげられます。

<アナログコンテンツの種類>

  • DVD・CD
  • 小説などの書籍
  • 雑誌
  • パンフレット
  • 映画・写真

アナログコンテンツのメリットとして、実際に触れることで得られる体験や感覚などが挙げられます。その反面、利便性や耐久性などでデメリットとなる部分も多く、今では多くのアナログコンテンツがデジタルコンテンツに変わりました。

ただアナログコンテンツにしか再現できない魅力もあるため、デジタルコンテンツとは違った価値の提供が特徴となります。

 

 

良質なコンテンツの特徴 

 

多くのユーザーに認知され共感を得るには、良質で価値のあるコンテンツが条件となります。価値のあるコンテンツとは、Googleに評価されユーザー目線で考えられたコンテンツです。ここでは、良質なコンテンツの特徴について詳しく解説していきます。

 

Googleに評価されるコンテンツ

 

ユーザーに良質なコンテンツを届けるためには、まずはGoogleなどの検索エンジンに評価される必要があります。仮にGoogleに評価されなければ検索上位に表示されづらく、そもそもユーザーに認知してもらえません。

 

認知されることで集客につながり最終的な目標への導線が作られるため、Googleに評価されるコンテンツ制作は必ず意識しましょう。

 

具体的には、以下のポイントを押さえることが大切です。

 

  • 禁止されているコンテンツではない
  • 定期的に更新されているコンテンツである
  • SEO対策を行っているコンテンツである
  • ユーザー目線で考えられたコンテンツである

定期的な更新は見落としがちですが、制作後に放置されているコンテンツの場合、検索エンジンからの評価が下がる可能性があります。毎日ではなくとも、月に数回程度の更新は継続しましょう。

 

ユーザー目線で考えられたコンテンツ 

 

Googleに評価されるコンテンツと重なる部分でもありますが、価値のある良質なコンテンツの定義としてユーザー目線で考えられていることが大切です。

具体的には、以下の2つの特徴があります。

  • 疑問や悩みを解決できる
  • オリジナルで分かりやすい

それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

 

疑問や悩みを解決できる

 

理想的なコンテンツは、ユーザーの疑問や悩みなど検索目的を解決する内容を網羅していることです。実際に検索ユーザーのほとんどが、疑問や悩みを解決するために検索エンジン上でコンテンツを探しています。

 例えば、「脱毛をしたいけど、どの脱毛サロンが良いのか分からない」という悩みや、「iPhoneの電源がつかなくなった原因を知りたい」といった疑問が挙げられます。

 

  上記の場合であれば、それぞれの悩みや疑問を的確に解決するコンテンツを制作しましょう。

 「脱毛をしたいけど、どの脱毛サロンが良いのか分からない」は複数の脱毛サロンの施術内容や料金形態について、iPhoneの電源がつかなくなった原因を知りたい」はiPhoneの電源がつかない要因の一覧などが効果的です。

 

オリジナルで分かりやすい

 

ユーザーにとって、どこにでも掲載してある情報や誰もが知っている知識には価値を感じません。また、他のコンテンツと同じ内容も避けましょう。

 理想的なのは、オリジナル性のあるコンテンツです。他のコンテンツにはない情報や知識が掲載してあれば、それだけで価値のあるコンテンツとなり、ユーザーが魅力的に感じるポイントになります。

 

 また、コンテンツのデザイン性や見やすさも大切です。仮に内容が充実していたとしても、黒文字一色のコンテンツであれば価値を最大限に伝えられません。

 適切な見出しの設置、太文字やアンダーラインなどは最低限使用し、コンテンツの分かりやすさにも配慮した制作を行いましょう。

 

コンテンツを利用したマーケティングの種類

 

コンテンツの魅力を最大限に引き出すためには、マーケティングの施策を活用することが効果的です。ターゲットや事業規模によってもマーケティング手法は変わるため、自分のコンテンツに適した手段を選択しましょう。

ここでは、コンテンツを利用したマーケティングの種類について詳しく解説していきます。

 

オウンドメディアコンテンツ

 

オウンドメディアとは、ユーザーに向けた情報発信を行うために自社で所有するメディアのことです。一般的なコーポレートサイトは、会社概要やサービス内容の紹介を軸に問い合わせにつなげることが目的です。

しかし、オウンドメディアでは主に見込み客や潜在客に対してアプローチすることが目的となります。また、オウンドメディアでは主に2つの特徴があります。

 

  • 長期的な資産になる
  • ファンとなるユーザーを増やす

 

長期的な資産になる

 

オウンドメディアでは多くのコンテンツを制作し所有することで、長期的に効果を出す資産になります。自社の宣伝から集客までを行えるため、ゆくゆくは広告・プロモーション費用の削減も可能です。

ファンとなるユーザーを増やす

 

一般的なマーケティング方法では見込み客へのアプローチはできても、潜在的なニーズを持ったユーザーへのアプローチは簡単ではありません。しかし、オウンドメディアでは潜在客に向けて継続したアプローチだけでなく、ファンとして定着させることができます。新規客の獲得においても長期的に効果を発揮します。

 

ブログコンテンツ

 

ブログコンテンツは、オウンドメディアの1つとなるマーケティング施策です。ブログというと日記形式が一般的なイメージですが、実際はさまざまな種類があります。

 

<ブログコンテンツの種類>

  • 1つの分野に特化したブログ
  • 複数の分野を扱う雑記ブログ
  • まとめサイト形式のブログ
  • アフィリエイトに特化したブログ
  • 日記形式のブログ

それぞれのブログコンテンツに特徴がありますが、おすすめは1つの分野に特化したブログです。専門性を高めることでSEO対策に効果的な点や、ユーザーをファンとして定着させやすいなど多くのメリットがあります。

 

ただ、深い知識を長期的に発信する必要があるため、市場分析やサイト設計は必ず行った上で制作しましょう。

 

SNSコンテンツ

SNSコンテンツは、SNSの情報発信をコンテンツとして活用するマーケティング施策です。SNSコンテンツでは拡散力が強いため、上手に活用すれば短期間でも成果を出すこともできます。ただし、扱うSNSによって特徴が別れるため、ターゲットとなるユーザーに合わせた戦略が大切です。ここでは、主要SNSごとの特徴について整理していきます。

 

Twitter

文章を軸に発信を行うメディアとなり、幅広い年代がユーザーのSNSです。リツイート機能が最大の特徴のため、ユーザーに響く投稿ができれば最も拡散力を発揮します。

 

Instagram

若い年代、特に女性が多く活用しているメディアです。写真を使った投稿が軸となるため、魅力的な写真コンテンツの制作が重要となります。商品の販売や宣伝をする場合は最も適したSNSです。

 

Facebook

30代以上の年代が多く、ビジネスマンの活用が特徴的なメディアです。実名や経歴など詳細な情報を登録するため、的確なターゲティングが行いやすい特徴があります。

 

コンテンツマーケティングが必要な理由

コンテンツマーケティングが必要とされている理由は、Googleの検索アルゴリズムの影響が大きいといえます。Googleの検索アルゴリズムは、独自の評価基準によって検索キーワードに対する掲載順位を決めるプログラムです。

 

従来まではコンテンツの量やキーワードを多く含んでいるコンテンツが上位に表示されていました。しかし2012年のパンダ・アップデート以降、低品質なコンテンツは検索結果から除外され、ユーザーにとって有益な情報でなければ検索上位に表示されることが難しくなっているのが現状です。

 

そのためどのメディアもコンテンツの質を重要視し、有益な情報発信を軸に置いているコンテンツマーケティングに取り組んでいる流れとなります。

 

コンテンツマーケティングの手法

コンテンツマーケティングは、扱う媒体によってユーザーへのアプローチ方法が異なります。また手法によって効果の出しやすさや必要となる知識も違うため、特徴を理解して選択することが大切です。

ここでは、コンテンツマーケティングの3つの手法について詳しく解説していきます。

 

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは検索エンジンからの流入を目的に、検索ユーザーにとって有益な情報を発信するコンテンツマーケティングです。検索キーワードに向けた対策を行うため、明確なターゲットにアプローチしやすいことが特徴となります。

 

ただし検索上位に表示されるコンテンツを制作する必要があるため、SEO対策の知識や経験が必要不可欠といえるでしょう。

SEOでは競合となるメディアも多いため、コンテンツの質が最も重要視される手法でもあります。

 

メルマガ配信

 

メルマガ配信はリストとして獲得した顧客に向けて、メールマガジンで情報を発信するコンテンツマーケティングです。リストを獲得する必要がありますが、すでに登録している顧客のためファン化させやすい点が特徴になります。

また一斉に配信することが可能となり、コンテンツマーケティングの中でも比較的取り組みやすい手法です。

ただし発信する内容がパターン化しないように、顧客の興味を引くアイデアを継続して考えるなど工夫を行う必要があります。

 

SNS運用

SNS運用はTwitterやInstagramなどのSNSアカウントを活用し、SNS上のユーザーに向けて情報を発信するコンテンツマーケティングです。

SNS運用は無料で始められ、他のコンテンツマーケティング手法よりも拡散力の強さが特徴です。またSNS上ではユーザーとコミュニケーションが気軽に取れるため、関係性を築きやすいといえます。ただしSNSによって特徴が違うため、ユーザーの年齢層や利用目的を考えて選択しましょう。

 

 

コンテンツマーケティングを実践するメリット

コンテンツマーケティングでは成果を出せば長期的に効果を継続させられ、質の高いファンの獲得ができます。最終的には自社の力のみで集客から販売までを行えるため、将来性のあるマーケティング手法です。

ここでは、コンテンツマーケティングを実践するメリットについて詳しく解説していきます。

 

長期的に効果を発揮する

コンテンツマーケティングは資産として残り続けるため、長期的に効果を発揮することが大きなメリットです。例えばコンテンツSEOやブログの場合、複数のコンテンツ記事で検索上位を取ることができれば、検索順位に大きな変動がない限り継続したアクセスが見込めます。

もちろんキーワードのボリュームによってもアクセス数は違いますが、ロングテールキーワードを活用すればアクセス数に安定感を持たせることも可能です。

対してWeb広告の場合は、広告経由でアクセスを集める手法のため、広告の出稿を止めたら新規客の獲得は見込めません。そのためコンテンツマーケティングで一度成果を出せれば、他の媒体や広告に頼ることなく集客や商品の販売ができるといえるでしょう。

 

特に将来的に広告費用を減らしたい場合や、自社で発信力や影響力をもちたいと考えている場合にはコンテンツマーケティングがおすすめです。

 

顧客ロイヤルティを高められる

有益な情報を通してユーザーをファン化するコンテンツマーケティングは、顧客ロイヤリティを高められる点が強みです。

顧客ロイヤリティとは、顧客からの信頼や愛着のことを指します。顧客ロイヤリティが高いとユーザーが商品をリピート購入することや、口コミやSNSで拡散するなど、多くの効果を得られます。

また顧客ロイヤリティが高ければ、新しい商品やサービスにつなげやすいこともメリットといえるでしょう。最近ではサブスクリプション型のビジネスも多いため、顧客ロイヤリティが高いと解約率が低く安定した運営が行えます。

最終的にはユーザーの口コミやSNSの拡散によって多くの新規ユーザーを集めることができるため、マーケティングの効果の最大化につながります。

正しいマーケティングの知識が必要

コンテンツマーケティングを実践する場合、正しいマーケティングの知識がなければ成果を出すのは難しいといえます。

なぜならコンテンツマーケティングでは検索ユーザーのニーズ分析やコンテンツの運用が必要なため、知識なしでコンテンツを制作してもユーザーを集められないからです。

 

例えば英会話スクールがコンテンツSEOに取り組む場合、基本的には語学に関する情報を発信することになります。しかし語学の中でも中国語の情報ばかりを発信していたら、英会話スクールに適したユーザーへアプローチできているとはいえません。

そのためコンテンツマーケティングのターゲットになるユーザーへアプローチするには、正しいマーケティングの知識が必要です。

 

長期的な取り組みが不可欠

コンテンツマーケティングを始めることは誰でもできますが、成果を出すには最低でも3ヶ月〜半年近くの長期的な取り組みが必要であると考えておきましょう。

なぜならコンテンツマーケティングでは潜在客に対してアプローチし、その後ファン化させるまでの期間が必要になるからです。仮に短期間で成果を出したい場合には、ニーズが明確なユーザーへアプローチするWeb広告のほうが適しているかもしれません。

そのため速攻性を求めている場合にはWeb広告を、長期的に効果を得られる資産を持ちたい場合にはコンテンツマーケティングを選ぶなど、目的に応じた使い分けが重要です。

 

コンテンツマーケティングを成功させるポイント

コンテンツマーケティングで成功するためには、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供する以外にも、効率よく情報発信を行い多くの人に認知される必要があります。また一度制作して放置するのではなく、繰り返し改善を行うことが重要です。

ここでは、コンテンツマーケティングを成功させるポイントを詳しく解説していきます。

 

効果検証からPDCAを回す

コンテンツマーケティングで成功するには、効果検証で現状を分析し、その後PDCAを回すことが重要です。なぜならコンテンツを公開するまでは、ユーザーにとって求められる情報であるかが不明なためです。

どんなにコンテンツマーケティングの知識や経験がある人でも、制作するコンテンツのすべてが正解とは限りません。また市場の流れやトレンドによってもユーザーのニーズは変化するため、そのコンテンツが本当にユーザーにとって有益かどうかは公開するまで分からないと考えましょう。

したがってコンテンツマーケティングで成果を出すことを考えた場合は、効果検証に応じてPDCAを回し、より質を高めていくコンテンツ作りが大切です。

 

SNSで拡散する

コンテンツマーケティングを取り組む際は、拡散力が強みであるSNSの活用がおすすめです。

特にコンテンツSEOやブログなどでコンテンツマーケティングに取り組む場合、ユーザーをファン化させる以前に、検索上位に表示されるためにも期間が必要です。

検索上位に表示されるまでに半年、そこからユーザーをファン化させると考えると、成果を出すまでに約1年は取り組まなければいけません。しかしSNSを同時に活用していた場合、どこかのタイミングで拡散されれば多くのユーザーを集めることができ、ファン化するまでの期間を短縮できます。

そのためSNSを上手に活用することで、コンテンツマーケティングのデメリット部分を補えます。

 

コンテンツマーケティングで成功する実践方法

 

コンテンツマーケティングで成功するにはユーザーのニーズや競合の分析が必須なため、手順に沿った実践が効果的です。

 

具体的には以下の手順で実践しましょう。

 

  • ペルソナを設定し分析する
  • コンテンツ内容を考える
  • コンテンツを制作する
  • 効果検証を行う

各々、解説していきます。

ペルソナを設定し分析する

 

まずはペルソナとしてターゲットとなるユーザー像を設定し、ユーザーのニーズを明確化しましょう。

 

ペルソナを設定することでユーザーのニーズに直結する情報や内容を考えることができ、質の高いコンテンツ制作につながります。またコンテンツマーケティングが上手く進んでいない場合には、ペルソナを再設定するなど改善する際にも効果的です。

 

そのためペルソナを設定する際は、ユーザーの心理や行動を細かく設定し分析することが重要になります。

 

関連記事: ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

コンテンツ内容を考える

 

ペルソナの分析が終わったら、ユーザーのニーズに当てはまるコンテンツ内容を考えましょう。コンテンツは将来的に多くの量になるため、最初にサイトマップとして全体の設計図を作成することが重要です。

 

またコンテンツ内容を考える際に、コンテンツマーケティングの手法や活用する媒体も決めます。競合となるメディアの分析も行いながら、自分の強みや専門性を活かせる手法を選択しましょう。

 

コンテンツを制作する

 

設定したペルソナやコンテンツ内容をもとに、実際にコンテンツを制作しましょう。

コンテンツの制作時は最初から100%の状態を目指すのではなく、まずは積極的に発信してくことが重要です。もちろん最初から完璧なコンテンツを用意するのが理想ですが、ユーザーの反応によって修正することも多いため、100%の状態でない場合でも問題ありません。

また多くのコンテンツを発信しなければコンテンツマーケティングとして機能しないため、まずは発信していくことに注力することが重要です。

 

効果検証を行う

コンテンツの量が増えてきたら、効果検証を欠かさずに行いましょう。最初に設定した目標と現状を見比べ、足りていない部分を中心に改善することが重要です。

仮にコンテンツSEOやブログの場合は、効果検証で以下の点を確認します。

 

  • ページのアクセス数
  • 新規ユーザー数
  • 直帰率
  • 平均セッション時間
  • コンバージョン率
  • 検索流入元の分析

また効果検証する際は、Googleが無料で提供しているGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleの活用がおすすめです。SNSにおいてもプラットフォームごとにアクセス解析ツールがあるため、確認し取り入れましょう。

 

良質なコンテンツを作成する3つのポイント

 

良質なコンテンツを制作するには、明確な設計や戦略が重要です。特にデジタルコンテンツでは、データとして効果検証を行うことができます。そのため、効果が出なかった場合も戦略を基盤にした改善が可能となり、後の施策に活かせることが強みです。

ここでは、良質なコンテンツを作成する3つのポイントについて詳しく解説していきます。

 

ターゲットを明確化する

 

コンテンツはユーザーが求めていることへのマッチが重要なため「どのような人に向けたコンテンツ」を制作するのか、ターゲットの明確化が必要不可欠です。

例えば脱毛サロンの会社が、自社へのファン獲得に向けたSNSコンテンツを制作する場合は、以下のようなターゲティングを行います。

SNS:Instagram

年齢:20代女性

職業:会社員

特徴:未婚・彼氏なし・ネイル好き・美容室は月1回

イメージとしては、彼氏を欲しい願望があり、身なりに気を使っている20代のOLです。もちろん、サービスの料金などによってもターゲットは変わりますが、できるだけ細かく条件を作ることを重要視しましょう。

 

ターゲティングを行った後は、ターゲットなるユーザーに響く内容を考え発信する流れとなります。

 

他サイトの分析を行う

 

コンテンツの質を高めるには、他サイト以上のクオリティを求めましょう。インターネット上に多くの情報がある現代では、ユーザーの行動心理として複数のコンテンツを比較することが主流です。

そのため、どんなに良い内容のコンテンツを制作したと感じても、他サイトよりも質が劣っていればユーザー目線では良質なコンテンツと判断されません。

また他サイトの分析を行うことで、今までになかった発想や新しいアイデアが思い浮かぶことも多くあるため、視野を広げる目的としてもおすすめです。

 

オリジナル性を高める

 

世の中のコンテンツ量が増えるに伴って、似たようなコンテンツも増加します。そのため、オリジナル性を高めることで差別化につながり、良質なコンテンツとして確立できます。

ユーザー目線で考えても、ありきたりな内容のコンテンツと比べて初めて触れる情報に興味を持つことは自然な流れです。

また、Googleからの評価も得やすく、検索上位の表示を目指していけるのも特徴的なポイントとなります。オリジナル性だけが大切というわけではありませんが、良質なコンテンツには欠かせない要素です。

 

 

コンテンツを活用したマーケティングには複数の種類があり、各々の特徴を活かした戦略が大切となります。戦略を考える際はターゲットを明確化し、ユーザーが価値を感じるコンテンツ制作を意識しましょう。また、良質なコンテンツ制作には他サイト分析や、コンテンツのオリジナル性も欠かせません。世の中で唯一無二となるコンテンツを制作し、自信を持って発信することが大切です。

 

東京SEOメーカーのコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティング運用でこんな悩みありませんか?

  • コンテンツマーケティングの運用がわからない
  • オウンドメディアの企画ができない
  • 見込み顧客が獲得できない
  • 資料請求、問い合わせにつながらない
  • サイトの改善方法がわからない
  • 高品質なコンテンツが作れない
  • 検索順位が上がらない

東京SEOメーカーのコンテンツマーケティングによって、サイトの順位、運用方法が改善できます。

 

東京SEOメーカーはSEO専門会社ですが、コンテンツマーケティングもかなり得意分野です。順位を上げることにコミットし、コンテンツマーケティングを成功させるために、目的から課題を見つけ、必要な施策をおこないます。

 

コンテンツマーケティングを運用するには、次のような取り組みが必要です。

  • オウンドメディア企画・制作
  • キーワード選定
  • コンテンツ構成作成
  • コンテンツライティング
  • SEO内部対策

上記の施策は必須事項であり、できなければコンテンツマーケティングの成功は考えられません。

検索上位するコンテンツは、そのコンテンツの要素が重要になります。適当なサイトから適当な情報を掛け合わせてサイトコンテンツを作ってみても決して上位表示はしません。情報の出所や一次情報が非常に重要です。

 

一次情報とは「直接体験による自分だけの情報、もしくは自ら行った調査や実験で得た情報」という意味です。

 

コンテンツマーケティングにおけるSEO戦略

 

前述したように、コンテンツマーケティングには多くの場合でオウンドメディアが利用されます。

オウンドメディアとは、名称のとおりオウンド(所有している)メディアのことですの。公式サイト、ブログ、WEBマガジンなどあらゆる媒体のメディアのことを意味するのが本来ですが、現在ではほとんどのケースでWEBマガジンのことをオウンドメディアと呼びます。

そして、オウンドメディアはWEBマガジンであるがゆえに検索エンジンからの流入がサイトの成否に大きく影響することとなり、正しいSEO戦略を実行することが重要です。

 

 

コンテンツマーケティング成功事例

 

6カ月間、月50記事投入を続けた結果、セッション数が4倍に

 

コンテンツマーケティング事例

最近の事例です。2021年6月に表示回数が、5,000~6000回くらいだったサイトが、月50記事を6月から12月まで毎月サイトへアップしていったところ、6カ月目の12月過ぎてから一気に2万回以上の表示回数に飛躍しました。クリック数も1週間で100回くらいだったものが、1日で100回のクリック数を獲得できるようになりました。

 

長期戦略で確実にコンテンツを成長させた事例

 

コンテンツマーケティングPV実績

2019年3月にオウンドメディアを立ち上げ、弊社の運用とノウハウで着実にページビュー数が伸びていったサイトです。継続的な施策で成功しています。

 

シーズンに左右される商材のサイトの事例

 

コンテンツマーケティングPV実績2

この事例は、商品サービスの特徴で6月が一番ページビュー数が伸びました。オウンドメディア構築から、全体多岐にページビュー数は伸びているのがわかります。

 

東京SEOメーカーではあらゆるジャンルの業界のコンテンツマーケティングでの実績と経験があります。

  • 製造業
  • 不動産業
  • 士業
  • IT業
  • 飲食業
  • 医療業

具体的なサイト名、お客様名は個別にお問い合わせください。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEO

 

コンテンツマーケティングと似た呼称にコンテンツSEOとよばれるものがあります。

単にSEOといってもさまざまで、内部対策、外部対策、コンテンツ対策などがあります。そして、特にコンテンツ改善に注力してアクセスを伸ばそうという考え方をコンテンツSEOと呼び、現在ではSEOの主流の考え方となっています。

基本概念としては、ユーザーに価値のある情報を提供するために、キーワードを選定し、コンテンツ企画やライティングを行います。最初のキーワード選びがユーザーの求める記事になるかどうかの肝になりますので、コンテンツSEOではキーワード選定の重要度が極めて高く、難易度も高いものになっています。

 

メディアを資産にするためには

 

コンテンツマーケティングのメリットに「資産にすることができる」というものを頻繁に見かけます。

事実、高品質なコンテンツを大量に保持しているメディアの評価は高く、アクセス数も極めて大きいものが期待できます。その意味では資産になりますが、一方でメディアを立ち上げたものの、アクセスが集まらずに資産になっていないものも存在します。

これは高品質なコンテンツを提供しているかどうかも影響しますが、単純に記事の数にも影響します。コンテンツSEOで成果を上げようと考えた場合には最低でも50記事、できれば100記事は欲しいところです。

つまり、オウンドメディアを立ち上げて、高品質なコンテンツを制作していても最低でも50記事にならないうちは資産と呼ぶほどのアクセスは呼び込めないことを意味しています。

コンテンツの量産のためには、それだけ多くのキーワードが必要になりますが、キーワード選定はむずかしいことが多く、メディアを立ち上げても撤退するということも見かけます。せっかくの時間と費用を無駄にしないためにも、メディア立ち上げ時には一度専門家の意見を聞いてみることをお勧めします。

 

コンテンツの正しい作り方

メディアの制作、キーワードを選定ができたとしても、コンテンツを作るとなるとまた問題が出てくることがあります。

コンテンツの制作には自社で書くか、外注するかがありますが、もう少し深堀すると以下のような選択肢があります。

 

  • 社内でライティングする
  • ライティング会社に依頼する
  • コンテンツディレクターは社内に用意し、ライターは外注する
  • ライティングチーム(コンテンツディレクターとライター)を外注する

メディアを運営する場合には、社内で完結するほうが専門的な知識を有しているため有利なことが多いのですが、ライティング経験がない、ディレクター経験がない、人員が不足しているなどの理由で外注するということは非常によくあります。

しかし、外注するとなるとコンテンツの品質に非常に大きな振れ幅があるため、信用できる会社やライターに依頼する必要があります。

 

まとめ

SEOコンサルタントコンテンツマーケティングといっても、様々な手法とコンテンツの種類があることがわかりました。WEBマーケティング会社やデジタルマーケティング会社はWEBコンテンツ発信には強いですし、コンテンツマーケティング会社は記事コンテンツに強かったり、それぞれ特徴があります。もし、SEOに強い記事が必要だとなるとSEO会社に依頼したほうがよいケースが多いのです。一般的にライティング会社よりもSEO会社のライティングのほうが高額になりますので予算面で厳しいこともあります。東京SEOメーカーでは1記事3万円~で制作を受けておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら