マーケティング分析の際に役立つ8つのフレームワークを徹底解説

マーケティング分析

企業がマーケティング活動を行う際には、マーケティング分析が必要不可欠となります。効果的なマーケティングを行うためには、正しい分析をもとに企業の戦略を練る必要があるため、さまざまな分析手法を理解しておくことは重要です。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、マーケティング分析の際に役立つ8つのフレームワークを徹底解説していきます。

 

マーケティング分析の重要性

 

マーケティングは、企業を存続させるためには欠かせないものとなります。具体的には、あらゆるチャネルからデータを収集して結合し、どのような成果を出しているのかを分析し、改善点や課題を洗い出すといった流れになります。

 

そのため、マーケティング分析ではさまざまな指標を用いて成果を測定することとなるため、フレームワークを使って情報を分類して分析することが多いです。

 

あらゆるデータを活用して、ユーザーニーズに答え価値のある商品やサービスを提供することで、収益を最大化を図ることができます。

 

細かな分析を行うことで、より顧客へのアプローチ方法が明確化され効率的にマーケティング活動を実施することができるのです。

 

マーケティングのプロセス

 

では、マーケティングはどのようなプロセスで行うのでしょうか?マーケティングと言ってもさまざまですが、プロセスはどれも同じです。

 

ここでは、マーケティングのプロセスについて分かりやすく解説していきます。

 

手順1: 環境分析

 

まずは、環境分析を行います。環境分析には主に外部分析と内部分析があります。

 

外部分析では、自社が属する業界や市場の環境分析を行い、競合との差別化や市場での位置づけを確認することができます。一方で内部分析では、自社の強みや弱みの洗い出し今後の戦略や方向性を決めることができます。

 

自社の方向性や事業計画に大きく影響する重要なプロセスとなるため、まずはじめに環境分析をしっかりと行うことが重要です。

 

手順2: セグメンテーション

 

セグメンテーションとは、市場の細分化を意味します。自社にとって最適な市場を見つけるため、市場を細分化し自社が戦っていける場所を選びます。

 

セグメンテーションには、主に次の4つの切り口があります。

 

  1. 地理
  2. 人口動態
  3. 行動変数
  4. 心理的変数

 

同じニーズが存在する市場の中でも、地域や年齢、性別などとさらに細分化することで、その中で自社商品やサービスがはまるところを見つけることができます。

 

セグメンテーションを行うことで、より精度の高いマーケティング活動を行うことができます。

 

手順3: ターゲティング

 

次に、セグメンテーションから標的とするターゲットを選び出します。セグメンテーションで細分化された市場内のニーズを踏まえた上で、自社の商品やサービスの価値を最も提供できるターゲットを選ぶ必要があります。

 

顧客ニーズは顧客によって異なるため、不特定多数の人に受ける商品やサービスを作ることはできません。そのため、本当にアプローチしたいターゲットを明確にすることで、より高い価値を顧客に提供することができるのです。

 

手順4: ポジショニング

 

ポジショニングでは、セグメンテーションで細分化された市場やその中で選択されたターゲットに対して、自社の商品やサービスを選んでもらうために市場の中の立ち位置を決めます。

 

ターゲットに自社の商品やサービスを認識してもらい選んでもらう必要があるため、他者との差別化が重要となります。

 

競合他社に負けない強みや、自社独自の価値を提供できるように、市場の中でポジショニングすることが重要です。

 

手順5: マーケティングミックス

 

マーケティングミックスとは、マーケティング施策の要素を組み合わせを意味し、主に次の4つの分野で構成されています。

 

  1. Product (製品)
  2. Price (価格)
  3. Place(流通)
  4. Promotion(販促)

また、最近では販売側の視点だけではなく、次のような消費者側の視点からもマーケティングミックスを設定するという考え方が注目されています。

 

 

  1. Customer Value(顧客価値)
  2. Cost(コスト)
  3. Convenience(利便性)
  4. Communication(コミュニケーション)

これらの視点で分析を行うことで、自社にとって重要となる要素を明確にすることができるだけでなく、コスト削減にも繋げられます。

 

手順6: 実行と評価

 

マーケティング分析を行い戦略が固まったら、施策を実行します。また、マーケティングは一度実施して終了ではないため、常にPDCAサイクルを回すことが重要です。

 

実行した内容を評価し、改善を繰り返しながら実施していきます。そのため、定期的なデータの確認や分析が必要となります。

 

自社がマーケティング活動を通して達成したい目標を設定し、目標に対して何が足りていないのかを把握し改善することで、より効果的なマーケティングを行うことができます。

 

マーケティング分析に役立つ8つのフレームワーク

 

マーケティングでは、さまざまな情報やデータがあり何をどのように分析すれば良いのかわからなくなることもあります。そこで、効率よくマーケティング分析を行うためには、フレームワークの活用がおすすめです。

 

ここでは、マーケティング分析に役立つ8つの代表的なフレームワークについて解説していきます。

 

3C分析

 

3C分析は、次の3つの観点で環境を分析する手法です。

 

  1. Customer(市場・顧客)
  2. Competitor(競合相手)
  3. Company(自社)

 

具体的には次のような分析を行います。

 

  • Customer・・・顧客の消費行動や市場の成長性などを分析します。
  • Competitor・・・競合他社の製品や市場シェアを分析します。
  • Company・・・自社商品やサービスの顧客層など、自社を取り巻く環境を分析します。

外部要因となる市場・顧客と競合相手、および内部要因である自社を照らし合わせることにより自社の強みと弱みを明確にすることができます。

 

それぞれの観点で分析を行うことで、自社の課題を発見し進むべき方向性を明確にすることができるため、企業の精鋭戦略には欠かせない分析手法です。

 

PEST分析

 

PEST分析とは、次の4つの観点から分析を行う手法です。

 

  1. Politics(政治)
  2. Economy(経済)
  3. Society(社会)
  4. Technology(技術)

 

具体的には次のような分析を行います。

 

  • Politics・・・法律や政治動向などを分析します。
  • Economy・・・金利や為替などの経済状況や経済環境を分析します。
  • Society・・・人口動態や流行、教育や宗教などの社会環境を分析します。
  • Technology・・・インフラや新技術、特許などの技術動向を分析します。

外部環境を分析することで、市場での自社の戦い方を定めることができます。また、将来どのような影響を与えるかを予測することができるため、長期的な戦略立案にも役立ちます。

 

時代が変化していくとともに、ユーザーの消費行動も変化していくため、時代にあったマーケティング手法を行う上でPEST分析は重要になるのです。

 

SWOT分析

 

SWOT分析とは、次の4つの観点から分析を行う手法です。

 

  1. Strength(自社の強み)
  2. Weakness(自社の弱み)
  3. Opportunity(チャンスとなる外部要因)
  4. Threat(脅威となる外部要因)

 

ビジネスで戦略を立てる上では、自社の取り巻く環境を正しく理解することが重要です。そのためには、外部の環境だけでなく内部にも注目して分析を行う必要があります。

 

自社にとっての市場機会や課題など戦略を立てるために重要なポイントを発見することができる、マーケティングには欠かせない分析手法です。

 

ファイブフォース分析

 

ファイブフォース分析とは、次の5つの観点から分析を行い、業界の構造を明らかにするとともに、自社の競争優位性を探るために用いられます。

 

  1. 売り手の交渉力による脅威
  2. 買い手の交渉力による脅威
  3. 既存競合他社による脅威
  4. 新規参入業者の脅威
  5. 代替品の脅威

 

自社が属する業界の現状を把握し、収益をあげられるポイントがどこなのかを明確にすることで、より効果的な戦略を立てることができるようになります。

 

ファイブフォース分析は自社をとりまく5つの脅威を分析するため、SWOT分析の前段階として利用することもできます。

 

STP分析

 

STP分析とは、次の3つの観点から分析を行い、市場を細分化した上で自社のポジションを明確にするために用いられる手法です。

 

  1. Segmentation(市場の細分化)
  2. Targeting(狙う市場の決定)
  3. Positioning(市場における立ち位置の明確化)

 

ニーズは顧客ごとに異なるため、すべての顧客をターゲットにすることは不可能です。そのため、自社がどのポジションを狙って戦っていくかを決めることがマーケティングでは重要となります。

 

顧客のニーズや行動が変われば自社のポジショニングも変わるかもしれないため、STP分析では、ユーザーの行動を客観的に見て分析を行うことが大切です。

 

4P分析

 

4P分析とは、次の4つの観点から分析を行う手法です。

 

  1. Product(製品)
  2. Price(価格)
  3. Place(流通)
  4. Promotion(販売促進)

 

具体的には次のような分析を行います。

 

  • Product・・・ターゲットとする顧客がどのような消費やサービスを求めるのかを分析します。
  • Price・・・市場での適正価格を分析します。
  • Place・・・商品やサービスをどこで売るのかを分析します。
  • Promotion・・・顧客に対してどのように認知させ提供するかを分析します。

それぞれの観点を分析することで、いかに効果的かつ効率的に商品やサービスを売っていく事ができるかを明確にすることができます。

 

4Pを行う際には、ProductとPriceなど相互に関連する複数の要素を掛け合わせて考えることで、効果的に分析を行うことができます。

 

4C分析

 

4C分析とは、次の4つの観点から分析を行う手法で、前述したように4P分析と合わせて実施されケースが多いです。

 

  1. Customer Value(顧客価値)
  2. Cost(コスト)
  3. Convenience(利便性)
  4. Communication(コミュニケーション)

4C分析と4P分析を合わせて行うことで、販売側の視点と顧客側の視点のギャップを知ることができます。そのギャップを埋めることが、自社に足りない課題だと言えるのです。

 

マーケティングの本質である、顧客にとっての価値を考えるためには4C分析は欠かせないマーケティング手法となります。

 

バリューチェーン分析

 

バリューチェーン分析とは、次のような観点から分析する手法です。

  • 仕入れ
  • 製造
  • 出荷
  • 物流
  • 販売
  • サービス

バリューチェーン分析の大きな目的の一つが、コストの削減です。商品やサービスが顧客に届けられるまでの各プロセスを分析することで、自社の改善点や弱みを発見することができます。

 

それらを改善することで、コスト削減を行いながら顧客に対してより高い価値を提供することができるようになるのです。

 

マーケティング分析のポイント

 

分析を正しく行い効果的なマーケティングを行うためには、次の3つのポイントを意識することが重要です。

 

ポイント1: 目的を明確にする

 

分析を行う際には、自社が達成したい目的や目標を明確にすることが重要です。

 

目的が明確でなければ、データを分析することによってどのような情報を得たいのかを判断することができず、成果につながる戦略を立てることは難しいでしょう。

 

そのため、目的を明確にして必要なデータが何なのかを理解して、目的達成のための課題点を洗い出すことが重要です。

 

また、目的を達成することでより精度の高い施策をおこなっていくことが可能です。

 

「分析のための分析」にならないように、市場の変化とともに自社の目的を定期的に見直していくことが大切です。

 

ポイント2: 比較と細分化を行う

 

マーケティング分析では、比較と細分化が重要です。計測したさまざまなデータを、自社の過去データや競合データと比較することで、より課題な明確になります。

 

比較対象を持つことで、自社の現状が優位なのかどうかを確認することができます。一つのデータ単体だけてば発見できなかっな課題が浮き彫りとなるため、マーケティング分析の際には比較対象を持つようにしましょう。

 

また、マーケティング活動を細分化して分析することで、各プロセスにおける課題を見極められるようになります。

 

企業が行うマーケティング活動は幅広く、全てを分析すると課題がたくさんあるように思えますが、細分化することで浮き彫りになった課題の優先順位をつけることができるようになるのです。

 

ポイント3: 多様な視点を持つ

 

さまざまな観点から分析を行う必要があるマーケティングでは、販売者視点や消費者視点だけではなく、市場全体や競合他社の視点で視野を広げて考えることが重要です。

 

自社の立場のみで分析をおこなってしまうと、正しいマーケティング戦略を立てることができず、ミスリードになってしまう可能性もありす。

 

多様な視点を持つことで新たな発見をできることもあるため、分析を行う際には広い視野で物事を考えることが大切です。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】マーケティングの活動内容は企業によってさまざまですが、分析はとても重要なプロセスとなります。事業の利益を最大化させるためにも今回ご紹介したような分析手法で、さまざまな観点から分析を行ってみましょう。マーケティングでは取得できるデータ量が多いため、分析のための分析とならないようにすることが重要です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら