All-in-One WP Migrationプラグインがおすすめな理由を徹底解説

all-in-one-wp-migration

WordPressの引っ越し作業は、慎重に行わなければデータが消えてしまうこともあります。そこで利用したいのが、データの移行作業を簡略化できるAll-in-One WP Migrationプラグインの活用です。

 

SEO上級コンサルタントそこで本記事では、WordPressの引っ越し作業にAll-in-One WP Migrationプラグインがおすすめな理由を、解説していきます。

 

WordPressの移行作業はプラグインの利用がおすすめ

 

WordPressの移行作業にはいくつかの方法がありますが、プラグインの利用がおすすめです。特に初心者の方は、プラグインを利用することで簡単かつ素早くできる移行作業を行うことができます。

 

ここでは、WordPressの移行作業にプラグインの活用がおすすめな理由を解説していきます。

 

WordPressの移行作業はリスクが高い

 

WordPressの移行作業では、ファイルデータとデータベースを移行しなければいけません。その際に、FTPファイルを使用してダウンロードやアップロードを行いますが、複雑で専門的な作業となり、PHPやデータベースの知識がある程度必要となります。

 

また、そのようなことに慣れた人であってもデータベースの扱いには緊張感が伴うものです。少し手順を間違えてしまうと、データが消えてしまう可能性がありリスクが高い作業になります。

 

そのため、データベース等のデータをいじらずに移行作業ができるプラグインの活用がおすすめです。

 

サーバーなどの専門知識が不要

 

プラグインを使用せずにWordPressのデータを移行する際には、FTPソフトを利用して移行作業を行います。ファイルをFTPで保存しダウンロードしたり、データベースのMySQLファイルをエクスポート・インポートしたりなど、作業が複雑になる上にサーバーなどの専門知識が求められます。

 

しかし、プラグインを利用することでこういった複雑な作業を簡略化し、ドラッグアンドドロップだけで簡単に行うことができます。データベースを見たりすることがないため、移行作業のリスクが減る上に誰でも簡単にできるということが最大のメリットとなります。

 

All-in-One WP Migrationプラグインとは

 

All-in-One WP Migrationは、サイトの移行だけではなくバックアップや復元も可能な便利なプラグインです。無料版と有料版があり基本的には無料版で使用できますが、移行するデータが大きい場合は有料版を使うと良いでしょう。

 

無料版

 

無料版では、インポート可能なサイズに制限があり512MBまでとなります。基本的にはデータ移行やバックアップなどの基本的な作業のみ対応可能で、サポートや外部ストレージなどの機能はついていません。

 

その他にも、ファイル除外やWP-CLIができないなどの制限がありますが、容量が少なくデータ移行だけを目的としている場合は、無料版で十分事足りるでしょう。

 

有料版

 

一方で有料版は、インポート可能なサイズ制限がないため記事量が多いサイトではおすすめです。サポートや外部ストレージ、ファイル除外、WP-CLIなども利用できるため、多くの機能を利用したい人にはおすすめです。

 

金額は$69で、買い切りタイプなので一度購入してしまえば永久的に使用することができます。無制限に須要することがでいるので、管理しているサイトが多い方は有料版を使用してみても良いかもしれません。

 

 

All-in-One WP Migrationの利用条件

 

All-in-One WP Migrationにあたって、次ような必須条件があります。

 

 

  • WordPressのバージョンが3.3以上であること
  • PHPのバージョンが5.2.17以上であること

上記以外に特別な利用条件等はないので、基本的には誰でも利用できますが念の為に確認しておくと良いでしょう。

 

また、データ移行時の不具合を防止するためにも事前に移行元のWordPressは最新にアップグレードしておくことが大切です。

 

All-in-One WP Migrationのメリット

 

All-in-One WP Migrationには、無料版でも十分にメリットがあります。ここでは、All-in-One WP Migrationプラグインのメリットについて詳しく解説していきます。

 

膨大なメディアファイルを一括に扱うことができる

 

WordPressの移行作業では、FTPソフトなどを利用してサーバーにあるデータをダウンロードし、移行後のサーバーにアップロードするという流れになります。その際に、ファイル数が多いとサーバー側での設定等も必要となり手間がかかってしまいます。

 

しかし、All-in-One WP MigrationではWordPress内に存在する膨大なメディアファイルを一括に扱うことができるため、移行作業をシンプルにすることができるのです。

 

柔軟性がある

 

サーバーを移転する際に、ドメインが変更となることがありますが、All-in-One WP Migrationではサブドメインやサブディレクトリに移行したりする場合でもデータベースを自動的に書き換えてくれるため、手間がかかりません。

 

また、エクスポートしないファイルも指定できるため、柔軟にWordPressのデータ移行を行うことができます。

 

All-in-One WP Migrationのデメリット

 

無料で初心者の人にもおすすめできるAll-in-One WP Migrationにも、いくつかデメリットがあります。プラグインを使用する前に、デメリットの内容をしっかりと理解しておきましょう。

 

インポートできるデータ容量に制限がある

 

All-in-One WP Migrationの無料版では、インポートできるデータ容量が512MBと制限があります。記事数が多かったり画像デーが大きい場合には、有料版の仕様がおすすめです。

 

512MBを超える場合には、エクスポートするデータ容量を小さくすることで無料版でも移行作業ができますが、有料版であればそれらの作業にかかる手間や時間を抑えることができます。

>>All-in-One WP Migrationでインポートができない場合はこちら

複数サイトある場合は他のサイトが消えてしまう可能性がある

 

All-in-One WP Migrationの移行作業では、現在使用中のデータベースを初期化し、それを新サイトで復元します。

 

そのため、同じデータベースに複数のサイトをアップロードしている場合は、復元の際に他サイトのデーが消えてしまう可能性があるのです。

 

同じデータベースに複数のサイトを簡単に作成することができるサーバーでは、特に注意が必要です。

 

All-in-One WP Migrationプラグインを使ったWPの引っ越し手順

 

ここでは、実際にAll-in-One WP Migrationプラグインを使用したWordPressの引っ越し手順を解説していきます。

 

WordPressを最新版にアップデート

 

まずは、データ移行を行う前にWordPressを最新版にアップデートしましょう。最新版にアップデートされていなければ、想定しない不具合が発生するケースがあります。

 

まあ、WordPressのアップデートにはセキュリティ対策も含まれているため、セキュリティの観点からも最新版にアップデートしておくことがおすすめです。

 

アップデートは、WordPressのダッシュボードにある「更新」より行うことができます。

 

All-in-One WP Migrationをインストール

 

WordPressを最新版にアップデートしたら、All-in-One WP Migrationをインストールします。

 

ダッシュボードのプラグインから「新規追加」を選択し、All-in-One WP Migrationを検索してインストールを開始します。

 

ここで注意しなければいけないのが、All-in-One WP Migrationは移行元と移行先の両方にインストールしなければいけないということです。

 

データをエクスポート

 

All-in-One WP Migrationのインストールが完了したら、データ移行作業に移ります。WordPressにインストールされたAll-in-One WP Migrationページから「エクスポート」を選択します。

 

データ容量が多く無料版を使用している場合は、ここでエクスポートするファイルを選択することでデータ容量を小さくすることができます。

 

「高度なオプション」からデータ容量が大きいものにチェックを入れ、分けてエクスポートしましょう。データ容量が多くなりがちなものは、メディライブラリやプラグインなどとなるため、これらを分けてエクスポートする事でインポートするデータ容量を小さくすることが可能です。

 

新サーバーの用意

 

次に、新サーバーを用意しWordPressをインストールします。移行するサーバーを検討する際には、サーバーの性能や機能を確認しておくことが重要です。

 

メモリ容量の大きいものやサーバーの速度や安定性など、サイトを運用していく上で重要となる要素を現在使用しているサーバと比較しながら選びましょう。

 

移行元でデータをインポート

 

移行先のWordPressの準備が整ったら、エクスポートしたデータを移行先のWordPressにインポートします。

 

エクスポートした時と同じ手順で、All-in-One WP Migrationページから「インポート」を選択します。エクスポートしたファイルをドラッグアンドドロップするだけでインポート完了となります。最後に、ちゃんとデータが移行されているかをサイト上で確認しましょう。

 

また、移行元のデータをエクスポートする際に、メディアライブラリやプラグインにチェックを入れた場合は、分けてダウンロードしたファイルを移行先にアップロードすることで、正しくデータ移行を行うことができます。

>>WordPressの引っ越しにおすすめのAll-in-One WP Migrationの使い方を解説

 

All-in-One WP Migrationプラグインを使用する際の注意点

 

All-in-One WP Migrationを使用してWordPressのデータを移行する際には、次の点に注意する必要があります。

 

 

  • PHPのバージョンを揃える
  • 相性の悪いプラグインを無効化する
  • 無料版では512MBを超えないようにする

 

移行作業をスムーズにできるよう、事前にしっかりと内容を理解しておくことが重要です。

 

PHPのバージョンを揃える

 

移行元と移行先のPHPのバージョンが異なる場合には、うまくインポートできない場合があります。PHPのバージョンが違うままWordPressのデータ移行をしてしまうと、途中まで作業していたものも動かなくなってしまうので十分に注意しなければいけません。

 

必ず、移行元のWordPressと移行先のWordPressのPHPバージョンを確認しておきましょう。

 

PHPのバージョンを変更には、サーバーのコントロールパネルからPHP設定を変更するだけで完了となります。

 

相性の悪いプラグインを無効化する

 

相性の悪いプラグインがあると、移行作業に支障をきたす場合があります。そのため、データ移行をする前に相性の悪いプラグインは無効化しておくことが重要です。

 

All-in-One WP Migrationと相性が悪いとされているプラグインには、「SiteGuard WP Plugin」があります。これ以外にも相性が悪いプラグインがある場合には無効化してからデータ移行作業を始めましょう。

 

無料版では512MBを超えないようにする

 

前述したように、無料版でアップロード可能容量は512MBまでとなります。記事量が大くアップロードする容量が512MBを超える場合は、有料版を使用することで無制限にアップロードできるようになります。

 

無料版を使用してデータ移行を行いたい場合には、データを分けてアップロードする必要があります。FTPを利用して容量の大きいデータを分けてアップロードすることで、512MBを超えている場合でも無料で移行作業を行うことができます。

 

そのため、スムーズに移行作業をおこなうために事前にアップロードするデータの容量を確認しておくことが重要です。

 

 

SEO上級コンサルタントまじめ【まとめ】WordPressの引っ越し作業は、データが消えてしまうケースもあるため慎重に行う必要があります。All-in-One WP Migrationでは非常に操作が単純で専門的な知識も必要がないため、初心者でも安心して移行作業を行うことができます。しかし、プラグインを使用する場合にも注意しなければいけないことはあります。トラブルや不具合を避けるためにも、事前にアップロード容量の確認やPHPのバージョン等を確認しておきましょう。また、WordPressの引っ越しは外部に委託することもできます。自分でやるのが不安という方は、選択肢の一つとして検討してみても良いかもしれません。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

上級SEOコンサルタント

上級SEOコンサルタント 坂口 直樹

新潟大学大学院を卒業後、事業会社で10年働く間にSEOに出会う。自身でサイトを多数立ち上げ、実験と検証を繰り返しながらSEOを研究。お金に変えることを目的とはせず、ユーザーに何が有益かを問い続け改良を繰り返すうち、「インターネット上の真実ではない情報を正してユーザーのためになる情報を発信する」という天啓を得る。現在は東京SEOメーカーの上級SEOアドバイザーとしてアサイン。