東京SEOメーカーのSEO対策

格安SEO対策格安SEO対策の東京SEOメーカーのSEO対策は、自社で全て行います。1URL3ワードまでお申込みいただき、1ページ以内の上位表示を獲得します。SEO内部対策とGoogleのガイドラインを考慮した自然被リンク獲得を行っていきます。1ワード(サブワード2個までプラス可能)月額9,000円(税抜)で格安でSEO対策が行えます。1複合ワード3,000円(税抜)です。1日『100円』の計算になります。最低6ヶ月の契約になります。SEO内部対策では、上位表示希望のキーワードを決めていただいた後、SEOサイト内部診断をします。そのキーワードを内包したサイト内部の改善提案書を提出します。また、コンテンツSEOと呼ばれる手法の上位表示するコンテンツの作り方についてサイトに合ったコンテンツ作成提案書を提出します。弊社でサイト内部修正もご依頼したい場合、別途有料で承ります。最低6ヶ月の契約が必要な理由は、SEO対策は長期戦略で安定した上位表示をするための施策だからです。サイト内部の最適化とコンテンツ量の増加でGoogleのガイドラインを考慮した自然被リンクを少しずつ獲得していき上位表示を致します。東京SEOメーカーのSEO対策はGoogleガイドラインに沿ったペナルティーのないSEO対策です。

❚東京SEOメーカー:6ヶ月契約 1ワード(+サブ2ワード)の場合/54,000円(税抜)<月額9,000円>~

矢印

  • 内部対策…SEOの内部対策診断書を提出し、サイトを修正しアルゴリズムに最適化していきます。SEOの内部対策とは、上位表示させるキーワードと一致したサイトにしてそのコンテンツ内容を充実させるということです。その上で、検索エンジンのロボットがクロールしやすいようなサイト構造にするためのhtmlコーディングが必要になります。また、サイトの中身のコンテンツ部分もそれぞれのWEBサイトに合った方法でコンサル致します。コンテンツSEOと呼ばれるコンテンツの増やし方、上位表示する記事の書き方とページの更新の仕方もご提案いたします。
    内部対策診断書提出
    SEO内部診断書
    費用込みtitleの変更、meta descriptionの設定、h1タグの修正、meta Keywordsの設定、対策ワードとコンテンツの整合性調査・コンテンツ追加、URLの最適化などの提案書をまとめ提出します。この修正内容に沿ってサイトを修正していただきます。 SEO内部対策診断書のみ発注したい場合は、50,000円で承ります。ご相談ください。
    コンテンツSEO提案書
    コンテンツSEO
    費用込み長期安定的にSEO対策で上位獲得していくためのコンテンツの作り方と記事の書き方を御社のサイトに合った方法でご提案します。コンテンツSEOで成功している具体例を開示しながらわかりやすくご説明いたします。
    サイト内部修正
    web修正
    有料上記診断書内容通りに修正の場合、FTP情報を頂ければ弊社で別途有料で行います。
    1項目の修正は2,000円位です。作業内容によりますので別途お見積りいたします。

矢印

  • 自然被リンク獲得…Googleのガイドラインを考慮したきちんと運営されているホームページからの自然リンクの獲得をします。対策ワードとコンテンツの中身が合致した自然リンクを獲得できるようにします。徐々に自然な被リンクが増えていきます。毎月の順位レポートと一緒に増えた被リンクURLを確認できますので、被リンクによるペナリティーのリスクはありません。評価の高い自然リンクでサイト価値が高まります。
自然リンク獲得サポート
WEBコンテンツ
上位表示希望の対策キーワードとサイトテーマが合致したGoogleからの評価の高いホームページからの自然リンクを獲得していきます。コンテンツ内容はオリジナルの文章とオリジナル写真で高品質なホームページからの価値のある被リンクを受けるのでサイト価値が高まります。モバイルフレンドリーのレスポンシブデザインによるデバイス対応のホームページからの自然リンク獲得なのでさらに高評価となります。
サーバー
サーバー
国内サーバーで、クラスC以上のIP分散、DNS100%分散によるホームページからの自然リンクを目指します。全ての運営ホームページのIPアドレスが違うので様々なサーバーよりリンクをもらえている評価の高いサイトになります。

▶サービス料金を見る

❚上位到達キーワード実績

キーワード対策前順位順位
音楽教室 北区圏外1位
豊島区 音楽教室圏外1位
ヨガ 中野坂上8位1位
中野坂上 ヨガ 8位1位
携帯現金化7位1位(1か月弱で達成)
携帯決済現金化6位1位(1か月弱で達成)
夜勤 求人 看護師圏外1位
夜勤 看護師 アルバイト圏外1位
看護師 夜勤専従圏外1位
歯科衛生士 求人圏外5位
歯科衛生士 求人 札幌圏外3位
薬剤師 求人 東京圏外5位
薬剤師 求人 神奈川圏外3位
薬剤師 求人 相模原圏外1位
訪問介護 世田谷区圏外5位
チラシ制作 東京圏外1位
フライヤー作成圏外3位
フライヤー制作 東京圏外1位
ホームページ作成会社 東京圏外5位
アットタイプ 掲載申し込み30位1位
アットタイプ 申し込み30位1位
助産師 求人圏外2位
夜勤 求人圏外1位
SEO格安 東京14位1位
格安SEO 東京14位1位
格安SEO20位2位
SEO対策 東京 格安20位1位
川崎 街コン圏外6位(1.5ヶ月目)※継続中
看護師 バイト圏外6位
ブラジャー通販圏外22位(1.5ヶ月目)※継続中
2位(being)
古本買取96位21位(1.5ヶ月目)※継続中
6位(being)
婚活 川崎圏外3位(1.5ヶ月目)※継続中
4位(being)
婚活パーティー 川崎圏外6位
熱海 コンパニオン圏外5位
ドコモケータイ払い現金化9位3位(1ヶ月目)※継続中
格安 SEO対策20位2位
フットサル大会-3位

▶成功事例を見る

❚SEO順位推移事例

SEO対策の順位表SEO対策の順位表2か月目SEO対策の順位表3か月目以降

①9月13日から施策開始。9月21日に圏外から85位に上昇。その後、順位変動を繰り返しながら1か月弱で18位まで上昇。
②その後、1か月弱で18位だった順位が5位まで上昇。5位到達後、1か月程度5位から2位の間で順位が推移。順位に安定感が出てきました。
③その後、2位から1位へ上昇し1年以上1位をキープして安定した。

▶更に他の成功事例を見る

❚大事なキーワード選定

SEO対策のキーワード選定実績表からもわかるように、複合ワードでの上位表示が顕著に成功しています。ビックワードでの上位表示を目指すには、数倍の予算と被リンク、内部コンテンツの充実が必要になります。その様なビックワードを狙う場合、競合他社がどれだけの予算と被リンクをもっているのか調査して金額を算出することもできます。競合がいくら順位獲得に使っているかを知った上でどのワードで対策をしていくか決めるべきです。弊社では、メインのキーワードを一つ決めていただき、そのメインのキーワードを含んだサブワード(複合ワード○○+地域名etc)を2つまで対策致します。1ワードの予算ですが、実質3ワード対策が可能です。決めていただいたワードは順位到達まで責任をもって対策します。

❚格安SEOなのに結果を出している理由

5つ星SEO信じられないかもしれませんが弊社に発注されているお客様は、以前大手SEO会社や上場会社にSEOを頼んでいた方々がたくさんいらっしゃいます。弊社の何倍ものお金をSEOにかけていて結果、満足のいく順位獲得に至っていなく藁にもすがる思いで弊社に相談に来ます。半信半疑で結局発注をやめるお客様、すぐに発注を決めるお客様、いろいろいらっしゃいますが弊社に発注を決めたお客様は本当にラッキーです。必ずご満足のいく順位を獲得できるのですから。弊社の特徴をご説明しますと、例えば隠れ家的なすごいおいしい料理屋がありますよね?それに似ています。全て自前で納得のいく料理しかださず必ずお客様を満足させてやるというオーナーの信念みたいなものを感じるお店ってないでしょうか。まさにそれです。弊社も全て自前で納得のいく料理(オールドドメインというスパイスとオリジナルサテライトサイトのメインコースとIP分散されたメニューの料理)を出します。そして一流ならではの他のサービスも満点です。洗練された接客と失礼のない対応と各種説明等。それがなんと安く手に入るのです!ちょっと言い過ぎましたが・・・。Googleのアルゴリズムは平等です。例え資本金が何億のある会社が手掛けたSEOであろうとも弊社のような会社が手掛けたSEOでもユーザーにとって有益なサイトを上位表示してくれるのです。数々のサイトを上位表示させているので痛快です!全て自前で5つ星の隠れ家的な料理屋を目指しています。隠れ家的な5つ星SEO会社といったところでしょうか。

❚東京SEO メーカーの特徴

SEOコンサルタント最近では、SEO対策が企業の8割以上に浸透しその必要性は理解されました。しかしながらSEO対策を施したWEBサイトでも「検索結果の上位に表示されなかった」「検索エンジンの誘導が増えなかった」などの不満がある企業が多くあります。なぜなら、8割以上の企業がSEOを視野に入れている現状では他社もSEO対策をやっているからです。普通にSEO対策をやったところで検索順位が上がりにくくなっているのは当然です。そのため、ライバルサイトと差をつけるには、今の検索エンジンのトレンド(アルゴリズム)にあったSEOを施す必要があります。加えて、さらに検索結果上位を狙うための「+α」をしないとだめなのは、皆さん御承知でしょう。今は、SEOの是非を問う時代から、どのウェブサイトもSEOをやっていることを前提としてその中から如何に抜きんでるかという事が収益化への近道なのです。

特に最近よく耳にするのが「コンテンツマーケティング」のSEOが・・・・です。要するに、検索ユーザーに必要とされる充実した内容のWEBサイトを作るという事です。もしそれが可能ならば、必ず他社よりも優れたコンテンツのサイトが上位に表示されるでしょう。例え、被リンクがなくてもです。このことは、ありとあらゆるSEO対策の内部対策の記事に書かれていると思います。この方法で最近ではキュレ-ションサイトと呼ばれるサイトタイプが台頭しています。
しかし、莫大な予算と時間と労力を使いコンテンツを増やしていっても一向に順位が上がらないケースが非常に多いです。東京SEOメーカーでは、たくさんのそうしたお客様の悩みを解決してきました。コンテンツをいくら充実させてもサイト内部をキーワード最適化していなければ上位表示しません。その問題はサイトごとお客様ごとに違うのでSEO診断をしてみないと分かりません。弊社ではそうしたお客様に低予算と少ない労力と時間ですぐにでも順位を上げてもらうためにこの事業を行っております。弊社では、全てのSEO対策を社内で行います。SEOのメーカーというわけです。

SEOコンサルタントこういう理由で、キーワードとコンテンツをマッチさせるために1URL3つまでのメインワード(サブワード6つまで)の正射必中で結果を出します。また、オランダの機関が実施した調査によると検索エンジンに1語だけ入力するネットユーザーは、11,43%という結果があります。つまり、90%のユーザーは2語以上のキーワードで検索をするという事です。1語SEOの効果効率は著しく低いです。東京SEOメーカーでは複合ワードのサブワードをメインワードに対して2つまで設定できます。

1つのサイトで無謀に何十、何百とキーワード対策をしているケースがありますが、数ワード上位表示していて他は下位にあるケースがほとんどです。これは、SEO対策を理解していないからです。ビックワードを他社より上位表示するには、他社よりも充実したコンテンツが必要ですし他社よりも良質の被リンクを受けている必要もあります。東京SEOメーカーでは、選定したキーワードをピンポイントで上位表示させるノウハウを持っています。是非、ご相談ください。

seoconsultant≪お待ちしております!≫

  • 低予算で確実に結果を残したい方
  • 個人教室運営で生徒獲得を成功させたい方
  • ECサイトを運営されている法人様
  • 広告代理店様
  • SEOを外注されたい方
  • コンテンツSEOを頑張っているのに順位が上がらない方

 

SEO対策のお申込みボタン

❚目次:SEO対策とは

  1. SEOについて~SEOとSEMの重要性~
  2. SEOで大事なこと~SEO対策の基本~
  3. 検索エンジンのアルゴリズムにあった施策
  4. 内部対策~サイト内部要因の強化~
  5. 他のサイトから推薦される被リンク

❚SEOについて~SEOとSEMの重要性~

SEO対策SEOは、「Search Engine Optimization」の略称で、サーチエンジンの検索順位で上位表示するように調整していくことです。Googleやyahoo!やBeingといった検索では、キーワードに対してそのキーワードに合った最適なWEBサイトが表示されます。SEO対策とは、そのキーワードに対して上位にWEBサイトが表示されるように施策を打っていくことを言います。

SEMは、「Search Engine Marketing」の略称で自分のサイトへのユーザー訪問数を増やす事を意味しています。SEMでは広告費用さえあれば、検索結果でサイトURLを表示させる事は可能です。クリック課金などのリスティング広告などがその代表です。しかし、検索エンジンのアルゴリズムが上位表示するのは、SEOのサイトであり、結局のところ両方の対策が必要となります。

❚SEOで大事なこと~SEO対策の基本~

SEO対策の基本検索エンジンの順位ランク付けアルゴリズムは年々高度化しています。SEO内部対策としては、検索者、ユーザーにとって本当に有益なWEBサイトが重要視されて上位表示する仕組みになっています。キーワードに対してマッチしたサイトが表示するようにGoogleなどは取り組んでいます。ページの中身のテーマ、テキストキーワードのマッチングの最適化が大事になってきています。SEO内部対策の重要な部分です。

現在、Googleでは、会話型検索(conversation on search)の特徴を持つハミングバード(Hummingbird)というアルゴリズムを導入しました。これは、検索クエリの単語だけではなく、話し言葉、文章全体を理解しようとするアルゴリズムです。何度も言いますが、WEBサイトの中身がさらに重要性を増し、対策キーワードに対してマッチするWEBサイトが上位表示され、文章のボリュームも大事な要素です。

対策ワードに関する文章がない場合は、そのキーワードを内包した文章を作って十分にWEBサイトの中身自体のボリュームをアップしていく必要があります。ただ単に、被リンク数をたくさん持ったWEBサイトが上位表示する時代は終わりました。

トップページに対策ワードに関する文章がない場合、他のページに対策ページを変更するかトップページに対策ワードを内包した文章を入れなくてはいけません。同一ドメイン内の重複コンテンツ、他サイトとの重複コンテンツやコピーなどの文章は評価を下げる要因にもなりますので、オリジナルなコンテンツが益々大事になってきました。

SEO対策WEBサイトの内部をきちんと対策しながら、同時に自然被リンクも獲得していく必要があります。要するにユーザーにとって良いサイトなので推薦されてリンクを受けるという事です。他のサイトから良いサイトなので紹介されて自然とリンクが増えていくことが理想です。しかし、自然リンクが増えるのを待っていてはいつまでたっても増えていかない現実があります。そこで順位を上げるためのサポートを弊社のようなSEO業者が行っています。

順位を上げていくにはこのリンクの受け方も適切な方法があります。現在では、リンクの量よりリンクの質が重要になってきています。自然で良質な同じジャンルの記事やWEBサイトからの被リンク、コンテンツがマッチしたGoogleに評価されているサイトからの被リンクが効果が高いです。さらにサーバーのクラスC以上の100%IP分散されていることや被リンクをたくさん持ったホームページからの被リンクなども非常に効果が出ます。コンテンツマッチしたWEBサイトからの被リンクなど対策ワード毎に被リンクを獲得する必要があります。自然リンクの増え方のサポートはSEOの業者によって実力が相当違ってきます。

❚検索エンジンのアルゴリズムにあった施策

SEO対策とは
SEO対策で上位表示をしていくには、アルゴリズムにあった対策をしていくことが非常に大事です。ユーザーに検索キーワードに合った有益なコンテンツを表示させるGoogleアルゴリズムの方針の基本を守り、サイトの充実と優良な被リンクを受けてWEBサイトを育てていかなければいけません。SEO対策で上位表示するにはこれをやったから順位があがるはず!ではなくて、全てトータルです。正しい内部対策と被リンクを獲得していくこと全て的確に対策を行わないかぎり順位上昇は難しいです。内部だけでも被リンクだけでも駄目です。世に出回っているSEO対策の情報に左右されて結局順位が上がらない事のないようにしましょう。

❚内部対策~サイト内部要因の強化~

SEO対策の内部対策現在のSEO対策の内部対策では、ロボットが読みやすいW3Cに準拠したhtmlコーディングとデータのきちんとした振り分けなどの正当なWEBサイト制作力とユーザーに必要とされる内容、コンテンツを提供するページを増やしていくコンテンツSEOの部分の2つが重要な要素になっています。きちんとした有益な情報のページインデックス数を増やしていくには投稿機能のシステムなどがかかせません。技術的には、html,css,phpなど理解している必要がありますし、コンテンツを作っていくうえでの文章のライティングなどもプロの技術が必要になってきています。品質の良いサイトが残っていく時代に確実になっているといえます。
東京SEOメーカーの内部対策を詳しく見る

  1. サイト内部を最適化する・・・人間の見た目(キーワード)と検索ロボットの見た目(htmlタグ)を最適化します。
  2. サイト内リンクの見直し・・・カテゴリの細分化でトップページから末端のページまで導きやすくします。
  3. コンテンツの充実・・・選定キーワードの出現比率を配分することで、よりテーマ性の強いサイトになります。コンテンツSEOのページの増やし方とページ作成方法をレクチャーいたします。
  4. キーワードの選定・・・サイトのテーマ性が強くなるキーワード、一般ユーザーが多く検索するキーワードをお調べしてどのキーワードで対策すればよいかご提案します。


SEO対策の被リンクコンテンツSEOと叫ばれている昨今、被リンクによる順位獲得効果が非常に力があることを知っているのはSEO専門業者だけかもしれません。最低限の被リンクを受けなければ、コンテンツを充実させていく途中で順位が上がらず収益化せず脱落していくお客様が多数いらっしゃいます。同じテーマからの正当な被リンクを得ていくことは、コンテンツSEOと同じく非常に大事なことです。強力に順位を押し上げる被リンクというのは、良質なサイトからの被リンクという事です。適切なWEBサイトからの被リンクはアクセスアップにはかかせない重要項目です。
東京SEOメーカーの優良被リンクを詳しく見る

 

  1. 数の強化・・・被リンクの絶対数。多数のホームページよりリンクされることで人気のサイトと判断されます。
  2. 質の強化・・・被リンクの質。検索エンジンが評価しているサイトからリンクを得ることにより質が高いサイトと判断されます。
  3. テーマの強化・・・被リンクサイトのテーマ。同じテーマ性のサイトからリンクされる事により、サイトのテーマ性が高まります。

SEO対策申込みボタン

❚SEO対策を知る

目次

  1. SEOの歴史と今後のSEO対策
  2. 検索エンジン最適化スターターガイドを参考にする
  3. SEOのメリットと検索上位の優位性
  4. ペンギンアップデートとは
  5. パンダアップデートとは

❚1.SEOの歴史と今後のSEO対策

SEO対策の歴史1990年代に初期の検索エンジンが登場しました。検索エンジンは今と違い精度が高くありませんでした。SEOは、国内ではYahoo Japan!がメジャーでコンテンツが充実しているサイトに対してYahoo japan!からカテゴリー登録の連絡が届き、検索エンジンにヒットする目視の仕組みがありました。 その後、Google の台頭により検索エンジンの順位決定要素はGoogleのアルゴリズムのシステムが進み、この頃から検索エンジンで上位表示させるための実質的な SEO対策が主流になってきました。「オリジナルなコンテンツの充実」といった根本的な価値基準は変わらずあるものの、コンテンツテーマを検索エンジンに正確に伝えるためのウェブサイト作り(html 構造の最適化)といった技術的な側面も大事になりました。
この後、検索順位の決定要素にサイトコンテンツだけでなく外部サイトからの被リンクが加えられたことで、この要素に着目した多くの SEO 対策業者が台頭し、コンテンツの質、サイト内部最適化を無視し被リンク数だけで検索順位を操作する手法がはやりました。2000年に入ってからもしばらく検索エンジンをだます小手先の対策が主流でした。実際、コピーコンテンツなど実質的に価値のないウェブサイトでも、大量に被リンクを供給することで比較的簡単に上位化が実現でき、この状況は長く続きました。ところが 2011 年、Google のアルゴリズム(順位決定要素)が更新され、正当とは判断し難かった被リンク一辺倒の SEO 対策で成果を得られる時代は終焉を迎えました。この時に数多くの企業のWEBサイトがペナルティーを受け圏外に飛ばされました。

今後のSEO対策 特に注目されるアルゴリズムの更新として、パンダアップデートと呼ばれるコンテンツの品質に関する評価基準の変更と、ペンギンアップデートと呼ばれるサイト内部の不正記述、外部からの不正リンクに対する取り締まり強化があります。これらは現在もさらに精度を向上させ随時実施されています。検索エンジンのクローラー(巡回ロボット)はリンクを辿ってウェブサイトに訪問します。従ってクローラーの巡回頻度を上げるためには被リンクは不可欠で、現在も重要な要素の一つです。だからといって、被リンクによってクロール頻度を上げても、コンテンツが乏しければサイトテーマを検索エンジンに認識させることは難しいですし、充実したオリジナルコンテンツを持っていても、それを検索エンジンに伝えるための html 表記・構造になっていなければ、サイトテーマは認識されません。WEBサイトの内部最適化は、SEO対策を実施する上では現在はかなり重要です。

さらに現在では、ユーザビリティーの高いユーザーにとって価値のある独自性のあるコンテンツが最も大事であり、さらにそれを正しく検索エンジンに伝えるためのサイト内部最適化が必要です。充分なコンテンツ量とロボットがサーチしやすいファイル構造が必要です。また、評価に値する高品質な被リンクの獲得も順位決定要素の重要な部分であり、これら全てが的確に対策されてやっとSEO上位表示が可能になります。今後は、さらに有益なWEBサイトを作るためのコンテンツSEOとSEOの内部最適化とGoogleガイドラインに沿った優良な被リンクの獲得が欠かせなくなってきています。

❚2.検索エンジン最適化スターターガイドを参考にする

SEO対策のガイドライン現在のSEO対策はyahoo!がGoogleの検索エンジンを採用したので95%以上のシャアがGoogleの検索エンジンです。よって、Googleの考え方や評価の基準を知っておくことはSEO対策で非常に大事です。そのために、Googleのガイドラインをチェックする必要があります。SEO対策を初めて始めるときは、Googleの「検索エンジン最適化スターターガイド」を是非、参考にしてください。かなりのことが書いてあります。これを参考にすれば検索エンジンからクロールされやすく、イン デックスされやすいサイトを構築することができます。

また、Googleからペナルティーを受けないために一緒に確認しておきたいものとしてウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)があります。こちらも必ず一読しましょう。

❚3.SEOのメリットと検索上位の優位性

SEO順位とクリック率現在ではほとんどの人がインターネットで検索をしています。GoogleやYahoo!などの検索エンジンにヒットして見つけられることが集客成功の大きな鍵となっています。SEOのメリットは、検索上位に表示され、アクセスが伸びてもアクセスに対して広告費が増えない点です。リスティング広告はクリックごとに課金されますしアフィリエイトなら成約ごとバナー広告などの純広告は期間や出稿量に比例してコストがかかります。SEOでは何回クリックされても費用が発生しませんし、検索エンジンに評価され続けている限り追加費用なしで集客し続けられます。検索結果の上位に表示されるほど集客も成功します。Googleでは検索結果の表示順位とクリック率は図のようになっています。(Chaphy社調べ2014年)このことから上位表示になればなるほど流入が増え集客が成功することが分かります。SEOで順位が重要視されるのはこうした理由からです。

Google検索での順位クリック率
1位31.24%
2位14.04%
3位9.85%
4位6.97%
5位5.50%
6位~10位3.73%

❚4.ペンギンアップデート

ペンギンアップデートGoogleのアルゴリズムでペンギンアップデートとパンダアップデートの2つのアップデートが有名です。これらはGoogleが検索順位を不正操作するスパム行為をなくすために導入したアルゴリズムです。ペンギンアップデートは、不正なリンクを検知し、評価を無効にしたり悪質だとペナルティーを与えます。不正リンクとは、①量産した無料ブログからのリンク②有料リンク③コンテンツが関係ないサイトとの過剰な相互リンク④自作自演のリンク入り記事などです。ペンギンアップデートとは、こういったGoogleガイドラインに合わない不正リンクを検知するアルゴリズムです。

 

❚5.パンダアップデート

パンダアップデートパンダアップデートは、WEBサイトのコンテンツの品質を評価して低い品質のサイトの評価を落として場合によってはペナルティーを与えるアルゴリズムです。低品質とは、他のサイトと内容が重複しているコピーサイトだったり、内容が乏しく薄っぺらいサイトや文章が少し違うだけで似たようなページがいくつもあるサイトです。要するにユーザーの利便性を著しく欠くWEBサイトです。パンダアップデートは現在でも1ヶ月に1回ほどの頻度で継続して行われています。サイトコンテンツを充実させオリジナリティと有益な情報を発信していくことは欠かせなくなっています。良質なコンテンツを作りましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

 

❚初心者でも上位表示できるSEO対策

SEO対策のすべてSEO対策で大事なことは、これをやったから順位があがるはず!ではなくサイト全体のパワーがどれくらいかで順位が決まります。トータルでの結果が順位なのです。それを念頭に置いて初めてでもSEOで上位表示できるやりかたをここからまとめていきます。SEO対策の基礎から応用編、実践編、SEOの知識がゼロでもすぐに上位表示できる技術を見ていきます。

SEOの内部対策と自然被リンクの獲得の全てを的確に対策をしないと順位上昇は難しいです。SEO内部対策だけでもリンク獲得だけでも駄目です。世に出回っているSEO対策の情報に左右されて結局は順位が上がらないサイトが本当に多いです。東京SEOメーカーでは5年にわたりトライ&エラーを繰り返して蓄積した本当の順位が上がる方法をSEO講座で公開しています。ご興味ある方はSEO講座にご参加ください。

❚目次

  1. SEO対策の内部対策で大事なこと
  2. インデックス数とは
  3. キーワードに関する良質なコンテンツ
  4. ユーザビリティ
  5. クロールしやすいサイト構成
  6. ペナルティーにならないために
  7. 順位に直結する超重要項目
  8. キーワード選定方法
  9. Google search console
  10. 競合分析
  11. 収益化数値を算出する
  12. コンテンツSEOで成功する

 

❚1.SEO対策の内部対策で大事なこと

SEO対策の内部対策で重要なことSEO内部対策で大事なことは、サイトを訪れてくれるユーザーに対して行うSEO内部対策とロボットのアルゴリズムに対して最適化する内部対策の2つの側面がありこの2つを行うことが重要です。しかし、SEOの知識と経験が増えていくと次第にロボットの動向ばかりが気になり順位に一喜一憂してしまうこともあります。そういった場合、SEOの基本に戻る必要があります。SEOの基本は、ユーザーにとって有益な情報が検索結果の上位に表示されるという事です。検索キーワードに対して一番合致しているコンテンツを持ったWEBサイトが一番上に来るのです。よって、SEO内部対策で重要なことは有益な情報をもったコンテンツを作ることが最重要課題です。目次の2~4は、そうしたユーザー向けの内部対策です。5~7はロボットに向けての技術的な面でのフォローです。そして、8.9はWEBマーケティングの面からWEB集客に成功するやり方をまとめました。どれ一つ欠けてもいけません。一つ一つ確実にしていきましょう。

❚2.インデックス数とは

SEO対策のインデックス数とはインデックス数とは、Googleに認識されたページ数です。SEO内部対策ではこのインデックス数が非常に大事になってきます。インデックス数=サイトボリュームなので、インデックス数が多ければ多いほどサイトのボリュームも大きく情報量がたくさんある評価に値するWEBサイトとなるわけです。競合調査の場合、SEO内部対策のパワーを図るのにインデックス数を参考にします。インデックス数が多ければ強いサイトといっても過言ではないでしょう。外部の被リンクのパワーが全く同じであればインデックス数が多いサイトの方が情報量が多いサイトなのでそちらの方が上位表示するといえます。よって、インデックスされるオリジナルの有益なページを増やしていくことがSEO内部対策のうちの重要項目の一つです。

<インデックス数の調べ方>

①site:コマンドで調べる site:ここにURLを入れる。
SEO対策のインデックス数


②SEOチェキ(http://seocheki.net/)で調べる
SEOチェキ


③Google search consoleでXMLサイトマップを送信するとインデックスされたページ数を知ることができます。
※一番正確です。
Google search console
SEO対策のインデックス

❚3.キーワードに関する良質なコンテンツ

キーワードに関する良質なコンテンツのWEBサイトを制作することは一番重要です。最近では、良質なコンテンツページを大量作成してSEO上位表示を狙うコンテンツSEOが盛んに叫ばれています。コンテンツSEOとは、質の高いオリジナルコンテンツを継続的に追加することによって、検索エンジンからの自然流入を増加させる集客施策です。

<コンテンツSEOのやり方>

コンテンツSEO ①キュレーションサイトの記事のアップ方法と記事の制作方法を参考にする。
・はてなブックマーク・GUNOSY・NAVERまとめ・2Readまとめ・MERY etc

<POINT>キャッチ+写真+文章の構成でページ作成※図を参照

②必ずオリジナル文章を作る。×他の文章のリライトはあまりよくない。

<POINT>価値のある文章は読みやすく誰にでもわかりやすい文章が基本

③WEBサイトをワードプレス化してカスタム投稿タイプ&カスタムタクソノミー
でカテゴリーごとの記事を追加していく。

<POINT>htmlが分からなくてもワードプレスのプラグインで投稿ページを作れる
※カスタム投稿タイプ&カスタムタクソノミーについてはWEB制作の話なので別途調べてみてください。

❚4.ユーザビリティ

ユーザビリティとは、ユーザーにとって使いやすいサイトとなっているかどうかという事です。SEO対策に力を入れて対策ワードで上位表示してもユーザーにとって使いやすいサイトになっていなければすぐ離脱してしまいます。そうすると結局滞在時間が短く直帰率があがり評価に値しないサイトになってしまいます。Googleでは順位には直結しないとコメントしているがいずれ、順位を下げる原因となります。

SEOユーザビリティSEOで重要なユーザビリティとは

①表示速度
②モバイルフレンドリー
③グローバルナビゲーション(メニュー)の設置
④ローカルナビゲーション(サイドメニュー)の設置
⑤フッターナビゲーションの設置
※図を参考にしてください。

❚5.クロールしやすいサイト構成

ロボットがクロールしやすいサイト構成でサイト制作することをクローラビリティといいます。ユーザビリティは人に対して行う施策で、クローラビリティはロボットの為に行う施策です。

SEO対策のクローラビリティSEOで重要なクローラビリティとは

①サイト内リンクの最適化・・・トップページから3クリックで全てのページに行けるのがベスト。リンク切れページをなくす。
②サイトマップの作成
③ファイルデータの整理・・・CSS,javascriptは別ファイルに。データを軽くすることでロボットがクロールしやすくなる。
④画像の属性やリンクのアンカーテキストに必ずワードを入れる。
⑤ディレクトリ構造(ジャンルごとに情報をまとめる)
⑥正しいHTMLコーディングが理想。

❚6.SEOペナルティ―にならないために

SEO対策ペナルティ検索エンジンの使命は、ユーザーが望む情報を表示することにあります。しかし、上位表示
のために過度のSEOやイレギュラー手法で検索エンジンの仕組みを逆手にとって順位上位
を目指すと検索エンジンスパムと判断され、ペナルティを受けることがあります。

SEOペナルティーを受けないために

Googleの“ウェブマスター向けガイドライン”を一読しましょう。

 

SEOペナルティーとはのページを見る

❚7.順位に直結する超重要項目

SEO対策のタイトルSEO内部対策で順位に直結する最重要項目は、“タイトル”です。

対策ワードで上位表示するために重要なタイトル
最上位表示させたいワードは一番左へ。
極力文字数を30文字以内に調整。各ページが同一タイトルにならないように修正します。
トップページと2階層目以降のタイトルの調整

例:東京SEOメーカーのタイトル
トップページ
<title>格安SEO対策の東京SEOメーカー|複合ワード激安100円/日</title>
<POINT>一番上位表示させたいワード“格安SEO対策”が一番左にある。(現在2位)

2階層目ページ
<title>料金 | 格安SEO対策の東京SEOメーカー|複合ワード激安100円/日</title>
<title>申込み | 格安SEO対策の東京SEOメーカー|複合ワード激安100円/日</title>
<POINT> <title>ページタイトル|トップページのタイトル</title> という形でキーワードに対して最適化する。

▶SEO内部対策のページを見る

❚8.キーワード選定方法

SEOを始める前に一番初めに考えなければならないのがキーワードの選定です。たとえ狙ったキーワードで1位表示を獲得していても、そもそもそのキーワードが集客を生むキーワードでなければ意味がありません。キーワード選定はWEBマーケティングの要素と経験が必要不可欠です。ただ単に検索ボリュームが多いキーワードを狙うのではなく想定顧客が検索するであろうキーワードをイメージすることが大事です。まず、自分がユーザーになったつもりで検索しようと考えてみるところから始まります。成約に至りやすいキーワードは、次のようなものが代表的です。

  • キーワード+地域名
  • 取扱製品のブランド名
  • 格安・激安・送料無料・安い・・・・などの価格訴求+キーワード
  • クチコミ、評判などのユーザーの声

 



①ある程度のキーワード候補が出たら、サジェストキーワードを調べます。

関連キーワード取得ツール:http://www.related-keywords.com/
SEO対策のキーワード選定



②キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる。
Googleの検索ボリュームはGoogle Adwordsのキーワードプランナーで調べます。
Google Adwords:http://adwords.google.com
SEO対策のGoogleキーワード



yahoo!の検索ボリュームはyahoo!リスティングのキーワードプランナーで調べます。
yahoo!リスティング広告:http://promotionalads.yahoo.co.jp/
SEO対策のyahoo!のキーワード

同じキーワードでもGoogleとYahoo!では、月間検索ボリュームが違います。両方の数字を把握してどのキーワードで対策していくかを決めましょう。※2016年9月中旬よりyahoo!のキーワードアドバイスツールの仕様に変更があったようです。月間検索件数の取得ができなくなりました。その代りに推定CPC,1日の推定インプレッション数、推定クリック数、推定クリック率、推定コストなどのデータが取れます。Yahoo!のキーワード別月間検索件数を知りたい場合、http://aramakijake.jp/かhttp://ferret-plus.com/で調べる方法もありますが数字は正確ではなさそうですので参考程度にしてください。

❚9.Google search console

google-search-consoleWEBサイトを運営し始めたら必ずGoogle search consoleに登録しましょう。

<Google search consoleでできること>

  • Fetch as googleを使ってロボットにクロール依頼を出してインデックスしてもらう。
  • インデックス数の確認
  • Googleからのペナルティーの確認
  • 検索クエリ、PV数、クリック数の確認
  • サイト来訪のキーワード確認
  • 被リンクの確認
  • サイトマップの送信
  • WEBサイトに問題があった時の確認

❚10.競合分析

SEO対策で成功するには狙ったキーワードの競合他社の状況を把握しておく必要があります。1位になりたいのであれば、1位のサイトよりパワーのあるサイトでないとその順位を抜けません。競合他社を知ってどのキーワードでSEO対策をしていくか決めましょう。SEOの順位を決めるサイトパワーについてSEO内部の力と外部の力をトータルで見てその数値を比べて競合分析してみましょう。

<SEO内部の力>
WEBサイトの内部の力の指標は、インデックス数です。Googleにインデックスされている数が自分のサイトより多いサイトはよりボリュームがあるサイトなので評価が高い可能性があります。ページ数を増やしてインデックス数を競合より多くする必要があります。インデックス数の調べ方は、2のインデックス数とはの部分を参考にしてください。また、競合他社のサイトタイトルを調べ上げタイトルに対してどれくらいサイトが最適化されているか把握する必要があります。インデックス数と外部の力が同じであれば、タイトルの最適化の確度を高めれば順位を抜いていけます。

<SEO外部の力>

  • ドメインの力を調べる
  • 被リンクの数を調べる
  • ドメイン分散されている被リンクの数を調べる

SEO対策の競合調査


SEO対策のお申込みボタン

SEOニュース

  • パイレーツアップデートとは

    パイレーツアップデート(Pirate Update)とは著作権侵害件数の多いWebサイトの検索順位を下げるため …

    続きを読む...

  • SEOの出回っている情報と実践の違い

    Randfish氏がランキングに影響を与えるSEOの要因について語っています。 ①SEO対策で重要な要素として …

    続きを読む...

  • 9月10日17時~SEO講座開催します

    酔っぱらいSEO~Web集客の基本と実践が分かる3時間~ 酔っぱらいでも分かるSEO対策講座。中身は大真面目。 …

    続きを読む...

  • ウィジェットのリンクに関する注意喚起

    本日Googleからサイト内部リンクのヴィジェットに関する注意喚起が出されました。早速、Googleガイドライ …

    続きを読む...

▶タイトル一覧から見る ▶全一覧を見る