SEO対策の東京SEOメーカー

SEOとは? [2024年SEO対策最新]検索エンジン最適化ガイド

【2024年最新版】SEOとは? SEO対策のやり方を初心者にわかりやすく解説

SEOとは、「検索エンジン最適化」のことを指し、英語のSearch Engine Optimizationの頭文字をとってSEO(エスイーオー)と言います。

SEOは、オンラインマーケティングの一部で、様々な検索エンジンでWEBページを自然検索で見つけやすくします。SEOに成功すると、サイトが検索結果(SERP)に上位表示され、ウェブサイトの訪問者数が増加します。売り上げにつながるコンバージョン数も増えるので、企業はSEOに力を入れます。

この検索結果のトップポジション(1位~3位又は1位から10位)に表示することを達成するためにWEBページの技術的及び内容の最適化を様々な手段で行います。

SEOコンサルタント今回は、2024年最新の検索エンジン最適化のSEOと上位表示するためのSEO対策について詳しく解説します。

 

目次

無料競合調査

SEO の定義

SEO

SEOの定義は、ウィキペディアによると、

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: search engine optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果[ 1]において、特定のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトの構成や記述などを調整すること[1]。また、その手法の総称[2]

出典:ウィキペディア「検索エンジン最適化」

となっています。SEOとSEO対策は何が違うのかというと、

SEOには、様々な手法がありますが、個々の施策をSEO対策と呼びます。SEO対策は、SEOを実現するための具体的な行動や施策を指します。

SEOのランキングのルールは、200以上のGoogleアルゴリズムによって決定しており、正しいSEO対策は、アルゴリズムから高評価を得るためのものです。

検索エンジンのアルゴリズムは頻繁にアップデートされるため、定期的な最適化の見直しと更新が必要です。

SEO対策は、単発の作業ではなく、継続的に行い、最新のアルゴリズムのアップデートにも気を配り、慎重に戦略を立てて実施することが重要です。

検索エンジン最適化が重要な理由

 

検索エンジン、特にGoogleはインターネットへの入り口です。多くのユーザーはブラウザのスタートページにGoogleを設定していてほぼすべてのオンラインセッションはGoogle、Bingなどの検索クエリから始まります。

どんなに有用なコンテンツを持っているWEBサイトでもGoogle検索で見つからなければ、新しいユーザーを獲得することができません。企業やビジネス提供者にとって、オーガニック検索(自然検索)での順位がビジネスの成功に依存しており、SEOが重要な理由となっています。

 

SEOのメリット

なぜ、企業は、SEOに力を入れるのか。それは、SEOに大きなメリットがあるからです。

SEOのメリットを解説します。以下、7つピックアップしました。

 

  • サイトの流入数が増える
  • 流入ユーザーの質が高い
  • 広告宣伝費を抑えられる
  • コンテンツが資産となる
  • マーケティングの基盤となる
  • ブランディングできる
  • 音声検索最適化(VSO)にもなる

 

サイトの流入数が増える

SEOのメリットは、サイトの流入数が増えることにあります。

現在では大半の人が、インターネットおよび検索エンジンを日常的に利用しており、Google検索だけでも1日35億件の検索があります。さまざまなSEO対策を実施した結果、サイトが上位表示され、検索流入が増えれば、問い合わせが増加します。

2024年最新Google検索順位別クリック率(参考:https://firstpagesage-com

Google検索機能 クリック率
広告位置1 2.1
広告位置2 1.4
広告位置3 1.3
オーガニック検索順位 クリック率
1位 39.8%
2位 18.7%
3位 10.2%
4位 7.2%
5位 5.1%
6位 4.4%
7位 3.0%
8位 2.1%
9位 1.9%
10位 1.6%

参考:https://firstpagesage-com

上図は、2024年最新のGoogle検索結果の表示順位別のクリック率を調査した結果です。検索上位になればなるほど、Webサイトへの流入が増える傾向にあることが分かります。有料広告はユーザーはクリックしない傾向にあることがわかります。オーガニック検索の第1位よりクリックされるのがスニペット部分です。上図にはありませんが、検索結果真下にでるスニペットはクリック率42.9%となっています。

 

なお検索結果2ページ目以降(検索順位11位以下)のクリック率は1%を下回ります。より多くの流入を狙うなら、1ページ目(検索順位1位~10位)を目指す必要があります。

実際、マーケティング担当者の49%がオーガニック検索が最高のROI(費用対効果)のよい施策であると考えていることからも、SEOの成功がビジネスの成功へとつながると言えます。

 

流入ユーザーの質が高い

SEOのメリットは、流入ユーザーの質が高いことです。

検索エンジン結果ページ(SERP)の上位表示を通じて、カスタマージャーニーの最初の段階(SEEフェーズ)で潜在的なユーザーや顧客を引き付け、自社サイトに誘導することができます。

そのためには、ユーザーにとって最も関連性のあるコンテンツを提供する必要があります。 検索エンジンのオーガニック検索を通じてウェブサイトに来るユーザーは、多くの場合、非常に強い関心を持っており、目標を達成するために上位表示しているウェブサイトを選んだのです。情報収集のための検索であれ、ビジネス取引を目的とした検索であれ、ユーザーは具体的な目的を持っており、その目的を上位表示しているコンテンツで満たすのです。

よってサービス提供側としては、質の良い顧客獲得が期待できます。

 

広告宣伝費を抑えられる

SEOのメリットは、広告宣伝費を抑えられることです。

集客方法にはプッシュ型とプル型があります。プッシュ型は、企業が主導して情報を提供する方法で、テレビCMや訪問営業などが含まれます。一方、プル型は、ユーザーが自ら情報を探しに行く方法で、SEOがこれに該当します。

プッシュ型は広範囲に情報を届けることができますが、その分広告宣伝費が多く必要です。それに対し、SEOをはじめとするプル型は少ない予算からでも始めやすく、効果を期待しやすい特徴があります。

検索エンジンの自然検索で上位表示されれば、集客を継続できますし、何度クリックされても費用は発生しません。そのため、表示回数やクリック数が増加しても、そのアクセスに対して検索エンジンに広告費を支払う必要がないのです。

似たような集客方法として、リスティング広告はクリックごとに、アフィリエイトは成約ごとに課金されます。また、バナー広告などの純広告は、掲載期間や出稿量に応じた費用が必要です。しかし、SEOではクリックごとの費用がかからず、検索エンジンに評価され続ける限り、追加費用なしで集客を続けることができます。もちろん、対策に応じた費用は発生しますが、適切に実施すれば、長期的に見てコストパフォーマンスの良い施策となります。

広告費とSEO

 

コンテンツが資産となる

SEOのメリットは、コンテンツが資産になることです。

近年主流となっているコンテンツSEOは、文章や画像などのコンテンツを発信して、検索エンジンからの集客を目指す手法です。上位表示を実現するためには「Googleに評価される良質なコンテンツ」が必要で、これによりWebサイトに訪れたユーザーを顧客へと変える可能性があります。

適切にコンテンツSEOを行えば、自然に良質なコンテンツが増えていくでしょう。一度作成したコンテンツは長期間残り、顧客へのリーチのための資産として蓄積されます。長期的に見て、安定した集客が期待できます。

 

 

マーケティングの基盤になる

デジタルマーケティングの中のSEO

SEOのメリットは、マーケティングの基盤になることです。

マーケティングとは「サービスや商品が売れる基盤作り全般」を指し、ビジネスには欠かせない活動です。特にSEOはデジタルマーケティングの基本的な要素に含まれます。

多くの人々が検索を通じてさまざまな情報やサービスにアクセスしています。競合他社よりも検索結果で上位に表示されることで、収益が増える傾向があります。検索順位を向上させるSEOは、マーケティング全体の柱となる基盤部分です。

 

 

ブランディングできる

SEOのメリットは、ブランディングできることです。

ブランドとは「他と区別できるもの」を指し、ブランディングは「ブランドを作り、その知名度を向上させる活動全般」を意味します。

適切なSEO対策を行えば、検索結果で「サイト名」がユーザーの目に触れる機会が増えます。

一度サイト名を覚えたユーザーは、次回以降にサイト名で検索する(指名検索)可能性があります。

指名検索が増えると、サイトの認知度が向上し、ブランディングが実現します。ブランドの認知度が上がることで、オンラインでの信頼性も高まります。

サイト名を覚えてもらうには、価値あるコンテンツを提供することが効果的です。これにより、Webサイトのファンを作る(ファンマーケティング)ことにもつながります。

コンテンツによって生まれたファンは、そのコンテンツに対して潜在的なニーズを持ち、将来的にはWebサイトで提供するサービスや商品の顧客になる可能性があります。

 

 

音声検索最適化(VSO)にもなる

SEOのメリットは、音声検索最適化(VSOにもなることです。

音声検索最適化(VSO: Voice Search Optimization)とは、ユーザーがSiri、Googleアシスタント、Amazon Alexaなどの音声アシスタントを使用して検索した際に、音声での返答に使われるサイトになることです。音声検索で目的のコンテンツを返答に採用させるための施策であり、SEOと同様に基本的なWebサイトの最適化が重要です。

 

SEOのデメリット

今度は、SEOのデメリットについても考えてみます。

SEOのデメリットを以下、4つピックアップしました。

  • 成果まで時間と手間がかかる
  • 適切に実行しないと成果が出ない
  • アルゴリズムのアップデートで順位下落する可能性がある
  • SEOをやるにもSEO業者の選定が難しい

 

成果まで時間と手間がかかる

SEOのデメリットは、成果が出るまでに時間と手間がかかることです。

リスティング広告であれば、入札単価を上げることで、すぐにキーワードに対して上位に広告を表示できます。

しかし、SEO対策は施策を行ったからといって、すぐに順位が上がるわけではありません。例えば、新たにドメインを取得しWebサイトを作成した場合、検索エンジンに認識(インデックス)されるまでには、ある程度の時間が必要です。

SEO対策には時間がかかります。既に公開されているWebサイトであれば、まず現状を調査し、適切な対策を決定し、実行するというプロセスが基本です。

具体的な対策としては、サイト構造の調整やコンテンツ作成などが含まれます。また、対策後は実際の順位変動を確認し、必要に応じて軌道修正を行うことが求められます。

Googleも次のように説明しています。「成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は4か月から1年かかります。」(※参照元:SEOが必要なケース – Search Consoleヘルプ)

時間と手間がかかるSEOですが、一度適切に実行できれば、安定して順位を獲得しやすいという特徴があります。

 

 

適切に実行しないと成果が出ない

SEOのデメリットは、適切に実行しないと成果が出ないことです。

記事を追加したり被リンクを獲得することが大切ですが、ただ増やせば良いわけではありません。追加したコンテンツや被リンクがGoogleの基準に合わない場合、効果がないだけでなく、逆効果になることもあります。

適切にSEOを行うためには、「Googleが推奨する順位向上対策」をしっかり理解することが重要です。最近ではリッチリザルトやナレッジパネルなどの機能を通じ、多くの情報がユーザーに提供されています。

また、Googleは常にアップデートを行っているため、基準が変動する可能性があります。一度把握したら終わりではなく、定期的に確認し、自分のWebサイト対策に反映させることをおすすめします。

 

アルゴリズムの変動で順位下落の可能性がある

SEOのデメリットは、アルゴリズムのアップデートで順位下落の可能性があることです。

Googleアルゴリズムは、検索順位を決定するルールであり、定期的にアップデートされます。数カ月から数年にわたりSEOに注力し、1ページ目に表示されるようになったとしても、アルゴリズムの変更によって突然順位が下がる可能性があります。もし順位が下落すれば、1ページ目に表示されていたときの検索流入が急激に減少することがあります。

リスクを避けるためには、Googleが推奨しない手法(ブラックハットSEO)を避け、推奨される手法(ホワイトハットSEO)で対策を行うことが大切です。また、SEO対策と他の集客手法を併用することで、万が一の時にも備えやすくなります。

 

SEO業者の選定が難しく、時間がかかる

SEOを本格的に行いたいため、SEO業者を探すにも、選定が難しい側面があります。SEO業者の選定が難しい理由は、まず専門的な知識が必要で、業者の提案内容が理解しにくいことが挙げられます。さらに、SEOの成果は短期間では見えにくいため、業者の実績を評価することも難しいです。また、Googleのアルゴリズムが頻繁に変わるため、常に最新の手法を提供している業者を見極めるのも困難です。

さらに、一部の業者は短期的な結果を求めて推奨されない手法(ブラックハットSEO)を使用することがあり、これには大きなリスクが伴います。

このように、信頼できるSEO業者を見つけることは非常に重要で、業者選定に時間がかかるデメリットがあります。

 

SEO,SEA,SEMの違い

SEO、SEA、SEMは、それぞれデジタルマーケティングで使用される3つの略語です。

SEMは「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略で、企業や組織を検索エンジンの結果ページ(SERP)でより目立たせるためのすべてのマーケティング活動のことです。さらにSEMは、SEAとSEOの2つに大きく分けることができます。

 

SEAとは、「Search Engine Advertising(検索エンジン広告)」の略で、SEAとも呼ばれます。検索エンジンを利用したクリック課金型広告で、SERPs(検索結果)に有料広告を載せるリスティング広告のことです。

Googleの場合、有料広告はSERPの上部と下部に表示され、「スポンサー」と表示され他の検索結果と区別します。SERPの有料広告は広告プラットフォームを介して配信されます。Googleの場合、広告はGoogle Adsプラットフォームで作成されます。

ユーザーに有料広告を配信するプロセスも同様にシンプルです。ユーザーが検索クエリを入力するたびにオークションが行われ、どの有料広告が1位になるか、どの広告が2位になるかなどが決定されます。有料広告の順位は入札額、広告文とターゲットページの品質などの要素によって決まります。

参考:SEA(検索エンジン広告)とは?実施のメリットと成功のポイント

 

一方、SEOはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、ウェブサイトやウェブページのオーガニック検索結果での順位を向上させるためのすべてのマーケティング活動を指します。オーガニック検索結果は「スポンサー」と表示されません。

ウェブサイトがオーガニック検索結果で高い順位を得るか低い順位になるかは、「ランキング要因」として知られる一連の要素に依存します。検索エンジンはウェブページのランキングに使用される要因を公表していませんが、いくつかは既に知られています。(後述します。)

参考:SEMとSEOの違いとは?SEOとリスティング広告の比較や使い分けも解説

SEOの目標とは

検索エンジン最適化(SEO)の目標は、Googleなどのオーガニック検索を通じてウェブサイトへの訪問者を増やすことです。

つまり、SERP(検索エンジン結果ページ)での結果をさまざまな施策で改善し、自分のウェブサイトが最上位に表示され、最良のCTR(クリック率)を達成することです。この目標を達成するためには、まずKPIの現状を把握し、それを基にして的確なSEO施策で改善する必要があります。

ユーザーにとって関連性の高い検索キーワードで、対応するページがGoogleBingYahooなどの検索エンジンで最上位に表示されることを目指します。その際、検索エンジンに表示される検索結果(スニペット)の表示内容で、ユーザーが対策サイトのウェブページをクリックするようにする必要があります。

ユーザーの検索意図の期待に応え、ユーザーがウェブサイトにとどまり、すぐにSERPページに戻らないようにすることが重要です。

 

SEOの指標 – 検索エンジン最適化のための最重要KPI

KPIとはKey Performance Indicator(重要業績評価指標)の略です。これらの指標は、SEOのパフォーマンスを測定するための基盤となります。

パフォーマンスを評価するには、さまざまなアプローチや視点があります。例えば、ブログを運営している場合、成功を決定するのは主にトラフィック(ユーザーの訪問数)ですが、ショップを運営している場合、トラフィックも重要ですが、最終的にはユーザーが購買して、売り上げが立つかどうかです。

SEOの視点から見た最も重要なKPIは何なのか。以下にSEOパフォーマンスを測定するためのKPIを5つ挙げます。

 

  • 定義したキーワードの可視性
  • 特定のフォーカスキーワードのランキング
  • ページスピード
  • オーガニックトラフィック
  • 直帰率と滞在時間

 

定義したキーワードの可視性

多くの企業にとって、可視性はウェブサイトを評価する上で最も重要な指標です。可視性とは、特定の対象がどれだけ目に見えるか、または発見しやすいかを指します。検索エンジン最適化(SEO)における可視性は、ウェブサイトや特定のキーワードが検索エンジンの結果ページにどれだけ表示されるかという指標です。高い可視性を持つサイトは、多くの検索結果に表示され、ユーザーによって見つけられやすくなります。

 

SEOにおける可視性とは

検索エンジン最適化(SEO)において、可視性とは、検索エンジンのオーガニック検索結果におけるウェブサイトの存在感を指します。多くの検索されるキーワードで、通常は検索結果の最初のページに良い位置で見つかる場合、そのウェブサイトは高い可視性を持っています。逆に、オーガニック検索で全く見つからないウェブサイトは、可視性がないことになります。

基本的に、自分で可視性の値を計算することも可能です。そのためには、ウェブサイトがランクインしているキーワードの数、これらのキーワードの検索需要、およびこれらのキーワードの位置を知る必要があります。もっと簡単なのは、Sistrixなどの可視性指標を使用することです。

ほぼすべてのウェブサイトの定期的なデータが得られ、過去のデータも利用できるため、可視性指数とその推移を利用してさまざまな分析を行い、自分のウェブサイトを競合他社のウェブサイトと比較することができます。

 

特定のフォーカスキーワードのランキング

このKPIでは、最も重要なキーワード(フォーカスキーワード)がどのランキング位置にあるかを分析します。

この際、分析するキーワードの範囲を自分で決めることができます。トップ20キーワードに焦点を当て、それらを今後の最適化に考慮するか、トップ30、トップ40、トップ50キーワードを観察することができます。

これらの分析結果を使用して、オンページおよびオフページの最適化を行い、各フォーカスキーワードをより良いランキング位置に引き上げます。

 

ページスピード

Google、Bing、Yahooがウェブサイトの速度をランキング要因に取り入れて以来、ページスピードはSEOの成功において重要な役割を果たしています。

もし、サイトスピードが遅ければ、ユーザーはすぐにサイトを離れて他の表示速度が速いサイトに移動してしまいます。

 

オーガニックトラフィック

オーガニックトラフィックとは、純粋な自然検索(オーガニック)結果を通じてウェブサイトにたどり着くユーザーのことです。

ここでは、オーガニックトラフィックが多いほどパフォーマンスが良くなります。また、一度あなたのウェブサイトを訪れ、コンテンツに満足したユーザーは、将来的にもあなたのウェブサイトに戻り、Googleや他の検索エンジンに対して信頼性(トラストファクター)があることを示すユーザーシグナルを送ります。これにより、良いランキングを獲得できます。

 

直帰率と滞在時間

直帰率(バウンスレート)と滞在時間(ユーザーがウェブサイトに滞在する時間)は非常に重要なKPIです。

これらの指標は、コンテンツの質やウェブサイトの技術的要件についてたくさんの気づきを与えてくれます。たとえば、コンテンツがユーザーの検索意図に合わない場合や、重要で関連性のあるコンテンツがすぐに見つからない場合、ユーザーはウェブサイトをすぐに離れてしまいます。その結果、直帰率は高く、滞在時間は短くなります。これらの悪いユーザーシグナルの原因としては、読み込み時間が長すぎる、広告が多すぎる、無関係または質の低い情報、ウェブサイトのレイアウト(ナビゲーション、フォントサイズ、モバイルデバイスでのレスポンシブ表示の欠如など)が挙げられます。

 

 

Googleアルゴリズム

では、まずは「検索エンジン」について見ていきましょう。

statcounter

検索エンジンは、インターネット上の膨大な情報から特定のキーワードに関連するウェブページを検索し、一覧で表示してくれます。

 

Google以外にもYahoo!JAPANやMicrosoft Bingなどがありますが、Yahoo!JAPANは現状Googleエンジンを採用していることから、日本の検索エンジンシェアでは80%以上はGoogleが占めています。

 

検索エンジンのシステムは大きく分けて、ウェブクローラーと呼ばれるプログラムがウェブページを巡回し情報を集める「クローリング」、集めた情報を整理し保存する「インデックス」、そしてユーザーの検索クエリに最も適した情報を提供する「ランキング」の3つのステップで機能しています。

検索エンジン

検索エンジンの技術は日々進化しており、より質の高い検索結果をユーザーに提供するように日々アップグレードされています。SEOは、単発の作業ではなく、継続的な施策が求められます。最新のアルゴリズムのアップデートにも気を配り、慎重に戦略を立てて実施することが重要です。

 

Googleアルゴリズム、Googlebot、またはクローラーと呼ばれるロボットは、定期的に数十億のウェブコンテンツを検索してGoogleインデックスに取り込みます。

その結果がいわゆるGoogleインデックスです。膨大な情報量のため、Googleは特定の検索クエリに対して結果の事前分類、評価、および優先順位付けを行う必要があります。できるだけ関連性が高く有用な検索結果を提供するために、Googleのランキングシステムはさまざまなアルゴリズムを使用します。一般的にこれをGoogleアルゴリズムと呼び、特に検索エンジンに関連する場合は検索アルゴリズムと呼ばれます。

 

特定の情報またはウェブコンテンツの検索クエリに対する関連性を評価するために、Googleは5つの主要な要素を使用します。

単語解析では、何が正確に検索されているかを特定します。ここでは、言語モデルに基づいて検索意図や入力された検索語の同義語があるかどうかを分析します。検索語との一致を確認する際には、どのウェブコンテンツが検索語と一致するかを調べます。ここでは、検索語がウェブコンテンツにどれくらい頻繁に、どこに、どのように出現するかを分析します。

有用なページのランキングには、200以上のランキング要素が利用され、ウェブコンテンツの関連性をより正確に評価します。最良の結果はアルゴリズムによって評価され、ウェブサイトがモバイル最適化されているか、遅いインターネット接続でも読み込み速度が許容範囲内か、異なるブラウザで正しく表示されるかどうかが確認されます。Googleは個々の検索設定、検索者の位置(国や都市)、過去の検索履歴などの情報を評価します。

 

Googleのランキング要素

Googleのランキング要素とそれに関連するGoogleのランキングに関しては、多くの神話、噂が存在します。先日(2024年5月末)もGoogle 検索の API と思われる内部ドキュメントが流出したと話題になりました。

SEO業界では、これについて定期的に研究やテストが行われ、情熱的な議論が繰り広げられています。Google自身も、特定の検索クエリに対してGoogleインデックス内の結果を評価するために、ランキングシステムが使用する200以上のランキング要素があると述べています。

しかし、各ランキング要素の具体的な構成とその相対的な重要度は、Googleは特に秘密にしています。

現在の状況は、Googleアルゴリズムの急速な進化、人工知能(機械学習)の使用、予告なしに行われるGoogleアップデート、ユーザーごとのカスタマイズ検索(パーソナライズドサーチ)により、ランキング要素の一般的な項目はもはや無意味になっていることを理解しておく必要があります。

また、どの要素があなたのウェブサイトのGoogleランキングに100%良いまたは悪い影響を与えるかについての一般的な声明を出すこともできません。

むしろ、異なる業界や検索クエリごとに異なるランキング要素が使用されると考えるべきです。また、ランキング要素は互いに依存し、または相互に影響を与えるため、特定のウェブサイトにおける各ランキング要素の最適化がGoogleランキングにどのような影響を与えるかを事前に予測することは困難です。

SEOを始める前に、Googleが提供したいのは最もSEOに最適化されたウェブコンテンツではなく、検索者にとって最も有用で関連性の高いものであることを常に意識しておく必要があります。したがって、ランキング要素を自然に設計し、Googlebotではなくユーザーに主に焦点を当てることが求められます。

 

2024年最新アルゴリズムの傾向

2024年のSEO対策で一番重要なのが、コンテンツの質であることは変わりません。

2023年9月にヘルプフルコンテンツシステムのアップデートが行われました。このアップデートで今後のSEO対策の方向性が大きく決定されました。

「人間が人間のために作成した独創性のある付加価値を提供できるサイト」が検索結果に表示されやすくなります。
そして、今後のSEOではユーザーに満足感を与えているサイトが高く評価され、上位表示されていきます。

もはや、SEO(検索エンジン最適化)は、SUO(検索ユーザー最適化)であると言えます。
ユーザーに満足感を与えることができる「品質の高いサイト」は、全ての分野で高い技術で編集され整理されています。
よって、2024年のSEOは、さらなるサイト制作者のたくさんの努力が必要です。

また、こちらの動画では2024年の最新SEOについて解説していますのでご覧ください。

次にGeneral Guidelinesに記載のある情報をもとに2024年に重要なSEOについて5つに分けて説明します。

 

ユーザー第一のコンテンツ

まず、サイト全体がユーザーのことを第一に考えて作られているかどうかがすべてのSEOの土台となります。

ヘルプフルコンテンツシステム(Helpful Content System)とは、Googleの検索結果がユーザーにとって役に立ちより使いやすくするための仕組みです。このシステムの目的は、インターネット上の情報の質を高め、ユーザーにとって本当に必要なコンテンツを提供することにあります。

具体的には、検索エンジンで上位表示されることだけを目的としたコンテンツ内容ではなく、ユーザーに役立つ、質の高い情報を提供するWEBサイトを優先的に表示させるものです。

また、以前は、記事単位で優良な記事コンテンツが個々に上位表示していましたが、ヘルプフルコンテンツシステムでは、サイト全体のシグナルが生成され自動ランキングシステムに利用されます。よって、サイト全体のコンテンツテーマの一貫性やサイトの目的も重要です。この今後のSEOの土台となる考え方は、ヘルプフルコンテンツシステムを徹底的に勉強して理解しておくとよいでしょう。

 

EEATについて

次に、ユーザー第一のサイトは、専門性や権威性が高いかどうかが重要です。専門性の高いサイトや権威のあるサイトは上位表示しやすい事は以前から変わっていません。EEATについては、必ず押さえておいてください。では、専門家でないとSEOで上位表示するコンテンツが作れないかというとそうではありません。専門性や権威性がなくとも自らの体験をベースに書いた記事コンテンツやサイトはヘルプフルコンテンツシステムで高評価を受けることができます。

特に、YMYL(お金や健康に関する情報を扱うページ)の領域では、正確で信頼できる情報を提供するためには、専門的な知識が必要なことが多いです。しかし、YMYLであっても役にたつ個人の体験を共有するコンテンツはユーザーが欲しいと思う情報源になり上位表示が可能です。

たとえば、妊娠中の睡眠の問題では、専門家が提供するコンテンツは、「妊娠中の安全な睡眠薬の情報」になりますが、専門性のない個人でも「妊娠中に快適に寝るための枕の使い方」を実際に体験した経験から提供すれば、ユーザーに役に立つコンテンツとなりSEOで高評価を受けることができます。

人々は、困ったときに互いに助け合い、経験を共有し、慰めを得たり新しい発見をしたりします。よって専門家からの情報だけではなく、こうした個人の体験話も人々にとって有益なコンテンツとなります。

よって、専門性や権威性がないからと言ってコンテンツ作成を諦めるのではなく、自らの体験によるコンテンツで他人が共有すると役に立つ情報であれば高い評価を受けてSEOで上位表示できることを覚えておきましょう。

 

独創性・テーマ性・付加価値について

ヘルプフルコンテンツシステムとEEATを理解したら、次にサイトコンテンツのテーマが絞られていて独創性があるかどうかを確認してください。

ユーザーにとって付加価値のあるコンテンツを届けるには、他社の情報やコンテンツを焼きまわした類似性の高いサイトでは、有益とは言えません。
より分かりやすく独創性を出すには、サイトテーマを絞ることから始まります。テーマ性を絞ればより専門性が高くなるメリットもあります。

テーマを絞りその分野で深堀りをしていけば比例して独創性も高くなります。浅く広くではなくて狭く深くコンテンツを作っていくとユーザーが求めているレベルの高い価値の情報を創出することができます。
まずはテーマを絞り、独創性を出しユーザーに付加価値を届ける、この流れを常に意識してコンテンツの作成を行いましょう。

 

デザイン(UI/UX)手作りの努力・高い技術力

コンテンツ内容が固まったら、あとはそのコンテンツをユーザーにどのように届けるか見せ方の問題です。

UIとはユーザーインターフェースのことですが、ユーザーとの接点となるUIはユーザーの信頼を得るための非常に大事な部分です。

UIの高いサイト(=デザイン性の高いサイト)はユーザーを楽しませ、心地よくさせて満足度を高めます。ユーザーの満足度が高ければユーザーの信頼につながります。EEATのT(信頼)を向上させるには、デザイン性の高いサイトを作ることもSEOに好影響を与えます。

しかし、デザイン性の高いサイトと簡単に言ってもユーザーが満足するデザインを作るには、高いデザインの技術力とアイデア、創造的思考が必要です。テンプレートのデザインを採用するのではなく、手作りのデザインを努力して創造することもサイトの専門性とユーザビリティを高めSEOに好影響を与えます。

 

コンテンツの有益な目的・正確さ・満足感

サイトコンテンツの存在意義とその目的は何なのか、方向性がずれていないか定期的に確認をすることが大事です。

最初は、ユーザーのことを第一に考えて作り始めたコンテンツも時の流れと市場や内的要因と外的要因の変化によりズレが生じてくることがあります。

ユーザーのためになる情報を最初は丁寧に発信していたサイトもいつの間にか自社の利益を優先するためのサイトコンテンツになってしまっていたり知らず知らずのうちに道を外していくことは往々にしてあります。

最後に、今まで解説してきたことを網羅しサイトコンテンツが仕上がって来れば、後はサイトコンテンツの情報の正確さの確認とファクトチェックを必ず行います。間違った情報は、ユーザーを混乱させ、信頼を失墜させます。

ユーザーの満足感を満たすコンテンツはどういうものなかの今一度考えてみましょう。

 

具体的なSEO対策のポイント

SEOのポイント

ここでは、具体的なSEO対策をわかりやすく5つのポイントにして解説します。

SEO対策を行っていくうえで、まずSEO対策の全体像を把握しましょう。全体を俯瞰してみて、理解したら、個々の細かい施策へと入っていきます。

SEO対策の全体像は5つの項目に分類すると理解しやすいです。

  1. キーワード戦略策定
  2. 内部対策(オンページSEO)
  3. コンテンツSEO
  4. SXO施策(UI・UX・CRO施策)
  5. 外部対策(オフページSEO)

 

SEO対策の全体像

これら5つの施策をユーザー第一のコンテンツを作成するというミッションをサポートするために行います。

SEO対策の項目 KPI ポイント MUST(必須対応)
1 キーワード戦略策定 どの検索クエリで上位表示していくか決める 月間検索件数の多いキーワードとロングテールキーワードによる戦略を決める ビッグワード・ミドルワード・スモールワードの分別化とナビゲーションクエリ、トランザクションクエリ、インフォメーションクエリの決定
2 内部対策 検索結果に表示されるようにサイト内部を最適化する クローラビリティの対策項目とユーザビリティの対策項目をそれぞれ対策する インデックスの確認・タイトル・メタディスクリプションの修正
3 コンテンツSEO 検索意図に合致したコンテンツを制作する 1次情報と独自性の高い情報の公開 体験・専門性・権威性・信頼性(E-E-A-T)の担保
4 SXO施策(UI・UX・CRO施策) 離脱されないようなデザインとユーザーインターフェースでコンバージョン率を高める ユーザーが使いやすいデザインと機能でネット体験を心地よいものにする 最新のデザインと機能やCall to Action、EFOの改善
5 外部対策 リンクビルディングやサイテーションを獲得していく ニュースリリースやメディアへの出稿でサイテーションを増やしたり、第3者にリンク獲得依頼をすすめる 低品質なリンク購入はしない。プレスリリースは積極的に行う。

5つのSEO対策の項目とKPIとポイントを確認して、MUST(必須対応)から着手していきましょう。

 

それでは、各SEO対策の詳細に入っていきます。

 

1.キーワード戦略策定

SEOの1つ目の対策はキーワード戦略策定です。

SEOを始める際、最初に考えなければならないのがキーワードの選定です。どのキーワードを選ぶかによってSEOの難易度は変わってきます。

検索クエリ(キーワード)は、3つのボリューム別に分けられます。

  1. ビッグワード(月間検索件数10000以上)
  2. ミドルワード(月間検索件数1000以上10000以下)
  3. スモールワード(月間検索件数1000以下)

また、検索クエリは、ユーザー(顧客層)のターゲット層別に分けることもできます。

検索クエリ別ターゲット層

  1. ナビゲーションクエリ(顧客の明確層)・・・CVに直接つながる。GOクエリともいう。
  2. トランザクションクエリ(顧客の顕在層)・・・CVにつながる可能性が高い。DOクエリともいう。
  3. インフォメーションクエリ(顧客の準顕在層)・・・リード獲得の段階。Knowクエリともいう。

ビッグワードのトランザクションクエリが一番競合との戦いが熾烈です。検索件数が多く購買につながるキーワードはどの企業も狙っているからです。

売り上げに直結するキーワードは上位表示に成功すれば、より多くの集客を見込めますが、競合が多いため、上位表示できるとは限りません。

場合によっては、競争力がはるかに低いスモールワードを狙った方がビジネスにとって有利な場合もあります。

>>SEOキーワード難易度とは?分野で大きく変わるSEOの難しさ

 

SEOでは、これらのスモールワードのキーワードの対策を進めることをロングテールSEOといいます。

 

>>SEOキーワードとは?種類や選定方法についても解説

 

ロングテールを理解することもSEOのキーワード戦略策定で重要です。
キーワード「SEO」で1位にランクインするのは素晴らしいことですが、そればかり狙って長い間1位を取れず時間とリソースを使い続けるよりも複合ワードやエリアワードで上位にランクインして集客につなげていくことも立派なSEO戦略です。

>>ロングテールSEO

2.内部対策(オンページSEO)

SEOの2つ目の対策項目は内部対策です。オンページSEOとも言い、サイト内部を検索結果に表示されるように修正していく対策です。

SEOの内部対策は、クローラビリティに関する対策とユーザビリティに関する対策に分けることができます。

クローラビリティに関する対策とは、Googleのロボットがサイトを読みやすくするようにするための修正です。

クローラビリティの高いサイトとは、ロボットが読みやすいW3C準拠のhtmlコーディング(HTML Living Standard)のルールに沿ったコーディングをして「検索エンジンが見つけやすく理解しやすいサイトにする」ことです。

次に、クローラビリティに関する対策の詳細を一覧にしますのでそれぞれの詳しい対策は、クリックして各項目の専門ページで確認して対策をしてください。

 

<クローラビリティに関する対策>

 

ユーザビリティに関する対策は、ユーザーが使いやすいサイトへ修正することです。

ユーザビリティ(usability)とは、「use」と「ability」を合わせた造語で、「有用性」「使いやすさ」「使い勝手」の意味です。ユーザーがサイトを使いやすく、欲しい情報がすぐに手に入るサイトコンテンツはユーザビリティが高いといえます。

次に、ユーザビリティに関する対策の詳細を一覧にしますのでこちらもそれぞれの詳しい対策は、クリックして各項目の専門ページで確認して対策をしてください。

<ユーザビリティに関する対策>

SEO内部対策は、SEO技術のサイトへの搭載です。必ずクローラビリティに関する対策とユーザビリティに関する対策の2つを行いましょう。東京SEOメーカーでは、これらのSEO内部対策をセットにしたSEO内部対策の決定版というサービスがあります。是非、内部対策を希望の方は、サービス資料をダウンロードしてその内容をご一読ください。

 

3.コンテンツSEO

コンテンツSEOを成功させるには、ユーザーが求める質の高いコンテンツを作ることです。

では、Googleが言う質の高いコンテンツとはどういうものかGoogle検索セントラルに言及がありますので、下記3つあげます。

 

 

上記Google検索セントラルの3ページをまずは一読してください。

 

コンテンツを作成するときは、必ず、ユーザーが何を求めているか考える必要があります。ユーザーインテント (検索意図)を調べ、特定の検索クエリに1位表示するページとして確信が持てるかどうかが重要です。

常に新しい情報を発信し、独自の1次情報をわかりやすく伝えることも重要です。

自社のノウハウや強みを公開することで、その分野のエキスパートとして評価を高めブランド力がついてきます。このことがSEOでも権威性を高め、評価が上がりますし、長期的にはファンが増えて売り上げにもつながります。

 

4.SXO施策(UI・UX・CRO施策)

SEOの4つ目の対策はSXO施策です。

SXOは、Search Experience Optimizationの略で、検索“体験”最適化のことです。

 

ユーザー第一のコンテンツ作成を考えると、この検索するユーザーの体験を向上させる対策も重要です。

なぜならサイトに訪れたユーザー体験の向上によりユーザーが満足しコンバージョン(お問い合わせや資料DL)につながり、最終的に売り上げにつながるからです。

検索体験最適化につながる施策を次に挙げます。

 

<SXO施策つながる対策>

CROとは「Conversion Rate Optimization」の頭文字を取った略称で、日本語では「コンバージョン率最適化」という意味です。

>>コンバージョン率最適化(CRO)とは?CRO施策について詳しく解説

 

SEOの効果を測定は、Google Analytics4Google Search Consoleで行います。

 

これらのツールを使用することで、ウェブサイトのパフォーマンスを多角的に評価し、SEO戦略を見直して最適化することが可能です。

Google Analyticsは、ウェブサイトのトラフィックやユーザー行動を詳細に分析するツールです。主な指標としては「トラフィック」「ページビュー」「滞在時間」「直帰率」などがあります。

特に「コンバージョン率」は、訪問者が目標とするアクションをどれだけ行ったかを示す重要な指標です。これらのデータを元に、ウェブサイトの改善点や新たなSEO戦略を考えることができます。

アクセス解析によって改善が必要なページやWEBサイト全体の問題点がわかってきます。発覚した問題点に優先順位をつけて優先度の高いものからスピーディーに対応します。

一方で、Google Search Consoleは、ウェブサイトがGoogle検索でどのように表示されるかを管理するツールです。

こちらは主に「クリック数」「表示回数」「クリック率」「平均掲載順位」などの指標を提供します。これらのデータは、特定のキーワードでのパフォーマンスを把握するのに非常に役に立ちます。また、サイトに存在する問題点やエラーもこのツールで確認できます。

 

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleは、それぞれ異なる側面のデータを提供するため、両方を活用することでより総合的な分析が可能です。

例えば、Google Analyticsでトラフィックが増加していることを確認したら、Google Search Consoleでそのトラフィックがどのキーワードから来ているのかを調査するといった使い方があります。

 

5.外部対策(オフページSEO)

SEOの5つ目の対策は外部対策です。

外部のサイトからリンクやサイテーションを獲得し外部から評価を受ける対策です。

リンク獲得は、リンクビルディング施策と言われ、コンテンツとともに、Googleの検索ランキングにとって重要な要因の1つです。正当なリンクを得ていくことは、非常に重要です。サイテーションやリンクを獲得するということは、ほかのユーザーから「このサイトがおすすめ」と紹介してもらえたということです。

サイテーションとは、nofollow値が付与されている被リンクやリンクがついてない言及や紹介で、暗示的に引用された外部要素です。

リンクはないが、他のサイトで取り上げられたものをサイテーションと検索エンジンは認識します。

リンクビルディングやサイテーション効果を高めるためには、SNSページを作成し運用したり、Googleビジネスプロフィールを作成したり、各種情報メディアに自サイト情報を掲載することが対策となります。

>>サイテーションとは?サイテーションの意味とSEO効果を解説

 

SEOの外部対策で特に気を付けなければいけないのが、SEOペナルティです。

検索エンジンの使命は、ユーザーが望む情報を表示することにあります。

そのため、過度のSEOや不正リンクなどのイレギュラー手法で検索エンジンの仕組みを逆手にとって順位上位を目指した場合、アルゴリズムによって「スパム」と判断され、検索結果からの除外などのペナルティを受けてしまうことがあります。

ペナルティを防ぐためには、Googleのガイドラインをしっかりと守ることが1番です。Google検索セントラル検索の基本事項を熟読し、その記載内容に従いつつSEO対策を進めていくようにしましょう。

>>SEOペナルティについて

SEO対策の実践編

最後に、SEO対策の実践編として、SEOリローンチとモニタリングやレポートについて詳しく解説します。

 

SEOリローンチ

SEOリローンチとは、ウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)を全面的に見直し、再構築するプロセスを指します。このプロセスは、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、検索エンジンのランキングを改善することを目的としています。

リローンチとは、ドメイン移行、CMSの変更、デザイン変更やUI,UXの改善、ナビゲーションの再構築、URLの変更などを指します。これらは個別でも、組み合わせてもリローンチと見なすことができます。

SEOの業務において、リローンチは日常的な作業ではありませんが、リローンチが計画された段階から検索エンジン最適化(SEO)を取り入れることが重要です。

リローンチは大規模なプロジェクトであり、慎重な計画と実行が求められます。リローンチを成功させるためには、SEOの観点からも包括的な戦略を策定し、すべてのステークホルダーと協力して進めることが重要です。

 

SEOから見るリローンチの重要ポイント

  1. SEO戦略の統合: リローンチの計画段階からSEOを統合することが重要です。これにより、検索エンジンのランキングへの悪影響を最小限に抑え、リローンチ後のトラフィックの減少を防ぐことができます。
  2. リダイレクトの計画: URLが変更される場合、適切な301リダイレクトを設定し、旧URLから新URLへのトラフィックを維持します。これにより、SEO効果を損なわずに済みます。
  3. コンテンツの最適化: コンテンツの見直しと最適化を行い、検索エンジンとユーザーの両方にとって価値のある情報を提供します。
  4. 技術的SEOの確認: ページスピード、モバイルフレンドリー、内部リンク構造、メタデータの最適化など、技術的なSEO要素を確認します。
  5. テストとモニタリング: リローンチ前後にサイトのパフォーマンスをテストし、モニタリングツールを使用して影響を監視します。これにより、問題が発生した場合に迅速に対応できます。

 

SEOモニタリング&レポート

SEOを成功させるには、作業領域とタスクだけでなく、それに関連する指標の管理も重要です。SEOモニタリングとレポートは、すべてのSEO担当者にとって必須です。継続的なモニタリングに加え、目標達成の確認を行うための説得力のあるレポートが必要です。

SEOモニタリング

SEOモニタリングは、必要に応じて複雑でありながら、できるだけ簡潔に指標を反映する必要があります。また、これらの指標は継続的に収集されるべきです。

多様な指標を考慮すると、部分的な自動化が推奨されますが、指標の積極的な管理と評価も欠かせません。SEOモニタリングはデータの集積に終わることなく、常に価値を提供するものであるべきです。

モニタリングにおいては、一つのファイルにすべてをまとめるのが理想的ですが、複雑さのために実現が難しいことがあります。これは、異なるデータソースや指標のためです。指標は以下のテーマ別に分類できます:

  • SERPモニタリング
  • キーワードモニタリング
  • トラフィックモニタリング
  • リンクモニタリング
  • 技術的モニタリング

SEOモニタリングにおいても、効果的な指標に絞り込むことが重要であり、それはSEOレポートでさらに重要なKPI(主要業績評価指標)に絞っていきます。

 

SEOレポート

SEOレポートはSEOモニタリングと同様に、管理のために利用されますが、第三者への報告が主な目的です。最も重要なKPIをわかりやすく伝えることが求められます。

SEOレポートの目標は事前に明確に定義され、関係するステークホルダーと共に設定されるべきです。ステークホルダーはSEOレポートにおいて中心的な役割を果たします。したがって、表示されるKPIは各ステークホルダーに合わせたものでなければなりません。そのため、複数のSEOレポートが必要となる場合もあります。

SEOモニタリングにおいては、指標の表示方法や収集方法は二次的なものです。しかし、SEOレポートでは選択された指標がわかりやすく、理解しやすく、簡潔に提示される必要があります。

 

SEOのモニタリング&レポートの流れ

一般的なSEO対策におけるモニタリングとレポートの流れは、以下となります。

SEOモニタリング

  • 指標の収集と管理を自動化し、定期的にレビュー。
  • テーマ別のモニタリングファイルを作成。
  • 必要なアラートを設定し、過剰なアラートを避ける。

SEOレポート

  • 目標とKPIをステークホルダーと共に設定。
  • ステークホルダーに合わせたKPIを表示する複数のレポートを作成。
  • ダッシュボード形式でわかりやすく表示。

これらのステップを踏むことで、SEOモニタリングとレポートを効果的に実施し、継続的な改善とSEOの成功を確保できます。

 

SEOのよくある質問(Q&A)

SEOの基本的なよくある質問で学んだことを復習してみましょう。
 

Q:SEOって何ですか?

Answer)SEOとは、検索エンジン最適化のことです。Googleなどの検索エンジンでサイトが表示されるようにすることです。表示結果(Serps)の自然検索枠をSEO枠といいます。サイトを上位表示させる施策をSEO対策と言います。

 

Q:SEO対策は何をするか?

Answer)SEO対策は、大きく分けてSEO内部対策(オンページSEO)とSEO外部対策(オフページSEO)の2つです。この2つの対策が重要です。SEO対策を成功させる考え方は、ユーザーの検索意図を的確に把握するために、ターゲット(顧客)を深く理解すること、そして検索エンジンの基本的な仕組みを理解することです。

 

Q:SEO対策のポイントは?

Answer)5つのSEO対策(キーワード戦略策定、内部対策(オンページSEO)、コンテンツSEO、SXO施策(UI・UX・CRO施策)、外部対策(オフページSEO))を満遍なくバランスよく対策することです。根気よく長期計画で対策を続けることが成功への近道です。

 

Q:SEO対策は自分でできるか?

Answer)基本的なSEO内部対策は自分でできます。このページをよく読んで対策を開始しましょう。SEOチェックシートでSEO対策の進捗を管理して進めることができます。

 

Q:コンテンツSEOとは

Answer)コンテンツSEOとは、コンテンツマーケティングを軸に、記事コンテンツなどを継続的にサイトへアップして、Googleなどの検索エンジンからの集客をするSEO対策の1つですが、5つのSEO対策の項目の中でも極めて重要な項目です。

 

Q:SEOライティングとは

Answer)SEOライティングとは、SEOで上位表示させるためにSEOを意識した記事の書き方です。ユーザーの検索意図を読んだ質の高いコンテンツ要素のライティングが求められます。

 

SEO関連リンク

おすすめGoogleのサイト

おすすめSEOツール

SEO初心者にチェックしてほしい記事

 

 

まとめ

SEOコンサルタントSEOとは、検索エンジンのサイト表示ランキングをよくするためにサイトを改善することです。SEOで上位表示に成功すればビジネスチャンスが広がり、事業拡大につながります。そこで、企業は予算を用意してSEO対策を行います。SEOで上位表示させるには、正しいSEO対策が必要ですが、2024年のSEOでも最も大切なことは、ユーザー第一のコンテンツを作成することです。ユーザーの検索意図に沿った内容のコンテンツを手間と時間と労力をかけて作成することです。検索エンジンのアルゴリズムは常に改変されていますが、最終的には優れたコンテンツが表示されるように設計されています。そのため、公開したコンテンツであっても改良の余地がないかどうかは常に考え続けることがSEOで成功するコツです。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
マーケティングのエキスパート。Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持。大学では経営法学を専攻。オーストラリア・イタリア・フランス・タイ・カンボジアなど世界各国を旅した後、イギリスで1年半生活し語学力と国際的視野を磨く。日本帰国後は広告代理店で営業を12年経験。SEOは草創期から独学で研究し、100以上のサイトで検証しつつノウハウを蓄積。2012年にSEO専門会社のアドマノを設立。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

関連記事

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策