wwwありとwwwなしのURLとSEOの関係を丁寧に解説

WWWありとなし

WebサイトのURLにはwwwありとなしどちらのWebサイトも存在します。wwwありとなしどちらかで統一されていれば問題はありません。しかし、同じWebサイトの中にwwwありとなしのURLが存在する場合、同じコンテンツが2つインデックスされて重複しているコンテンツとみなされSEOにマイナスの影響を及ぼします。

したがって、重複しているURLを1つに統一する必要があります。

SEOコンサルタントそこで、今回はwwwありとなしどちらかに統一するべき理由や、実際に重複したURLを1つに統一する方法について解説します。wwwありとなしで悩んでいるWebマーケターやSEO担当者の方はぜひ参考にしてください。

 

wwwとは

wwwとは、ワールドワイドウェブサイト(Word Wide Website)の略称で、インターネットそのものの意味です。「www」に続くドメインと組み合わせてインターネット上の住所となります。「www」はホスト名を表していて、接続するサーバーを指定します。ドメインとはURLの(https://)などのプロトコルの後にくる

  • www.〇〇.com
  • www.○○.jp
  • www.○○.net

 

などを指します。wwwは、インターネット上のサーバーに、Webサイトがあることを示すホスト名の役割を果たしますが、現在のWebサイトはインターネット上にあることが前提なので、wwwをつけないネイキッドドメインやApexドメインが普及しました。

ネイキッドドメインやApexドメインとは、www などのホスト名がつかないドメインを指します。Zone Apex とも呼ばれています。

このように、現在はドメインにwwwをつける意味は特になく、習慣的に使われていることが多いです。

 

wwwありとなしの違い

wwwありとなしには決定的な違いはなく、どちらが優れているかの判断もできません。したがって、個人や会社の好みで運用を決めて構いませんが、wwwの有無にはそれぞれ利点があります。

 

wwwありの利点

  • プロトコル(https://など)がなくてもURLと判断されやすい
  • wwwがあるURLが世間に認知されているため、WebサイトのURLだと判断されやすい
  • GoogleやYahoo!などの大手サイトでwwwありのURLが使われているため、好印象を与えられる

 

wwwなしの利点

  • URLが短いので、ユーザーに覚えてもらいやすい
  • URLが短いので、スマホで入力しやすい

 

どの利点も見栄えを意識したもので、決定的なものではありません。しかしURLの見栄えも、ユーザーに覚えてもらうために重要です。しっかりと理解したうえで運用を決めることをおすすめします。

 

wwwのありとなしによるSEOへの影響

wwwのありとなしはSEOに影響しません。どちらにすればドメインパワーが上がるなどの利点はなく、ユーザーにどう見えるかの違いしかないからです。もし、どちらかがSEOに強いなら世界中のWebサイトはSEOに強いドメインに統一されているはずです。したがって、どちらも存在しているのは、どちらを運用してもSEOに影響がないからといえます。

 

wwwのありとなしを統一すべき理由

wwwありとなしどちらにしてもSEOに影響はありません。しかし、同じWebサイトでどちらも運営すれば、SEOの効果が薄れます。なぜなら、wwwありとなしどちらのページも存在すると、本来なら100%であった評価が50%と50%にわかれるように、Webサイトの評価がwwwありのページと、なし別れてしまうからです。これは、これまでのSEO対策を無駄にしてしまう危険があります。

また、別々にインデックスされるとGoogleに重複コンテンツとして対処される可能性もあり、その場合サイト評価を落とし順位を落とします。したがって、SEOの観点からも統一が必要です。注意するべきは、SEO対策をきちんと評価してもらうためであって、wwwの有無を統一したからといってSEO効果が強まるわけではありません。

しっかりとSEO対策をしたうえで評価の分散を防ぐため、wwwの有無は統一するべきです。

 

wwwありとなしを統一する基本的な設定方法

ここまで、SEOの観点からwwwありとなしを統一するべきだと解説しました。実際に統一する方法は以下の3つがあります。

 

  • 301リダイレクトさせる
  • canonicalタグを使用する
  • Google Search Consoleでの統一方法は廃止されました

 

統一する前に、どちらで運営するか決める必要があります。なぜなら、Webサイトやブログを長く運営すると、被リンクにも影響が出てしまうためです。したがってサイト立ち上げ時や、統一できていないことがわかれば、なるべく早くどちらで運営するのか決めておきましょう。

詳しい解説はこちら:ドメインやURL正規化の方法(リダイレクトやcanonicalカノニカル設定)と期待できるSEO効果を解説

 

301リダイレクトを使用する

301リダイレクトとはドメインを移行する際に使うツールです。具体的には、.htaccessに修正箇所を記述することで、Webサイトの評価を下げることなく統一したドメインに修正できます。評価が下がらない理由は、301リダイレクトを使用すると、修正前のWebサイト情報を修正後のWebサイトにそのまま引き継げるからです。したがって、評価を下げることなく安全に統一できるので、有効な手段の一つです。

 

301リダイレクトを使って、ドメインを統一するには.htaccessに修正する設定を記述する必要があります。

・wwwありに統一する場合

RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^○○ \.com

RewriteRule ^(.*) http://www.○○.com/$1 [R=301,L]

 

・wwwなしに統一する場合

RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.○○ \.com

RewriteRule ^(.*) http://○○.com/$1 [R=301,L]

 

このように.htaccessに記入後、修正が正しく行われているかをアップロードして確認してください。

 

canonicalタグを使用する

ホスティングやレンタルサーバーの場合、先ほど紹介した.htaccessが使えない場合があり、301リダイレクトできないことがあります。そのような状況でも、canonicalタグを使用する方法で解決できます。

canonicalタグは類似または重複しているページのSEO評価を1つにまとめる役割があります。したがって、ドメインを統一する301リダイレクトとは違いますが、評価が統一されるのでcanonicalタグでも問題ありません。

使用方法は重複しているメインページ、または両方のページの<head>タグの中にcanonicalタグを打ち込みます。

 

<link rel=”canonical” href=”https://○○.com/”>

 

また、canonicalタグは設定を間違えるとメインページがインデックスされなくなってしまう危険性があります。十分に注意して使用してください。

 

Google Search Consoleでの統一方法は廃止されました

Google Search Consoleとは、インターネット検索の分析をするツールで、ドメインの統一が簡単に行えました。しかし、新しいGoogle Search consoleでは、www有戸無しを統一する機能が廃止されたようです。

 

 

wwwありとなしを設定する際の注意点

wwwあり・なし、どちらでもSEOに影響は与えません。しかし、両方のURLが存在すれば、重複しているコンテンツとみなされ、SEOにマイナスの影響を与えます。

 

統一する方法は前述のとおりですが、間違った設定をしてしまうと、Webサイトの信頼が改善前よりも悪くなる危険性があります。

  • URLがインデックスされない
  • アクセス数が激減する
  • 被リンクを失う

 

このように、URLの統一にはリスクが伴います。Webサイト作成時からURLの重複を防げればいいのですが、もし重複が見つかれば細心の注意を払いながらURLの統一を行いましょう。

 

まとめ

SEOコンサルタントURLのwwwあり・なしどちらでもデメリットはないです。しかし、wwwあり・なしどちらのURLも存在している場合はSEOにマイナスの影響を与えるので統一が必要です。URLの統一はいくつか方法がありますが、どの方法も誤った操作をした場合、Webサイトにリスクが生じてしまいます。したがって、URLの統一は注意しながら行ってください。詳しい解説はこちらを参考にURLの正規化を進めてください:ドメインやURL正規化の方法(リダイレクトやcanonicalカノニカル設定)と期待できるSEO効果を解説

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事