SEO対策の東京SEOメーカー

リッチリザルト(リッチスニペット)とは? 構造化データの書き方をご紹介

richresult_1
richresult_9
richresult_10

リッチリザルトとは、検索結果に表示されるWEBページの特別な情報枠のことです。自社ページのリッチリザルトを掲載できると、検索結果における自社情報の占拠率が高まります。そのため、検索ユーザーのクリック率が高まります。結果として、検索流入が増加して自社サイトの実績を積めますので、SEO効果をえられます。

 

SEOコンサルタント本記事では、リッチリザルトについて解説します。リッチリザルトを自社サイトに反映する方法のほか、具体的なソースコードを交えて説明しています。WEBサイトのディレクターだけでなく、エンジニアの方にも役立つ内容に仕上げていますので、ぜひ参考にしてください。

 

検索結果の関連記事
SERPs(検索結果)とは スニペットとは
リッチリザルトとは 強調スニペットとは

 

無料競合調査

リッチリザルトとは

リッチリザルトとは、検索結果の特殊な表示枠のことです。リッチリザルトは、構造化データと呼ばれるテクニカルSEOを用いることで表示を促せます。

 

ただし、構造化データを実装したからといって、必ずしもリッチリザルトが表示されるとは限りません。検索結果に表示される情報は、あくまでも、Google検索エンジンが決定します。

 

リッチリザルトとリッチスニペットの違い

リッチスニペットとは、検索結果のスニペット上に表示される、特殊な掲載をされる情報のことです。

 

リッチリザルトとリッチスニペットの違い

 

一方、リッチリザルトは、検索結果上の特殊な表示枠を指します。たとえば、下記画像のようにGoogleナレッジパネル内の企業情報も含まれます。そのため、厳密にいうと、リッチスニペットは、リッチリザルトの一種という位置付けになります。

 

Googleナレッジパネル内の企業情報

 

関連記事:スニペットとは? 意味やSEO効果をえるコツを解説

 

リッチリザルトと強調スニペットの違い

強調スニペットとは、検索クエリに対して適切な回答となるWEBページの文面を表示する枠のことです。具体的には、検索結果の最上位に掲載されます。

 

強調スニペット

 

一方、リッチリザルトの場合は、構造化データを基にコンテンツが表示されます。そのため、そもそも仕組みが異なります。

 

関連記事:強調スニペットとは

 

リッチリザルトがSEOに与える影響

結論だけいうと、自社ページの情報をリッチリザルトで表示できても、直接的なSEO効果はえられません。

 

ただし、自社ページの情報が検索結果上で目立って掲載されますので、クリック率が高まります。そのため、検索ユーザーの流入数が増加します。そして、こうした検索流入はWEBページの実績につながります。この意味では、リッチリザルトは、間接的にSEO効果に貢献します。

 

リッチリザルトがSEOに与える影響

 

リッチリザルトを表示する方法

構造化データを実装して、リッチリザルトを表示する方法は、主に次の2つの方法があります。

 

  • HTMLファイルに直接マークアップする
  • 構造化マークアップ支援ツールを利用する

 

HTMLファイルに直接マークアップする

構造化マークアップは、HTMLファイルに直接コードを書き込むことで設定できます。構造化データには、規格という概念があります。そして、構造化データの規格には、次の3つの種類があります。このうち、JSON-LDの利用がGoogle社に推奨されています。

 

  • JSON-LD
  • Microdata
  • RDFa Lite

 

規格を指定したうえで、一般的にHTMLファイルのheadタグかbodyタグに記述されます。たとえば、下記のようなソースコードをHTMLファイルに挿入すると、「contentUrl」で指定した画像データがリッチスニペットとして表示されやすくなります。

 

<script type="application/ld+json">

{

"@context": "https://schema.org/",

"@type": "ImageObject",

"contentUrl": "https://example.com/photos/1x1/black-labrador-puppy.jpg",

}

</script>

 

このコードの見方は、下記のとおりです。

 

ソースコード 解説
<script type=”application/ld+json”> JSON-LD規格で構造化データを記述する旨を指定している。
“@context”: “https://schema.org/” 構造化データの仕様をschemaに指定している。
“@type”: “ImageObject” 対象を画像データに指定している。
 “contentUrl”: “https://example.com/photos/1×1/black-labrador-puppy.jpg” 画像データのURLを指定している。

 

構造化マークアップ支援ツールを利用する

Google社が提供する構造化マークアップ支援ツールを利用すると、容易に構造化データをマークアップできます。具体的な手順は、下記のとおりです。

 

  1. 構造化マークアップ支援ツールにアクセスする
  2. 「データタイプ」を選択して、構造化データを実装するページURLを入力して、「タグ付けを開始」をクリックする
  3. 「レコード」のうち、必要な項目を埋めて、「HTMLを作成」をクリックする
  4. ソースコードをコピーして、自社のWEBページ(HTMLファイル)にペーストする

 

2.「データタイプ」を選択して、構造化データを実装するページURLを入力して、「タグ付けを開始」をクリックする
▲「手順2」の画像

 

「レコード」のうち、必要な項目を埋めて、「HTMLを作成」をクリックする
▲「手順3」の画像

 

ソースコードをコピーして、自社のWEBページ(HTMLファイル)にペーストする
▲「手順4」の画像

 

リッチリザルトが反映されているか確認する方法

Googleサーチコンソールのリッチリザルトテストを利用すると、WEBページに構造化データが実装されているかチェックできます。手順は次のとおりです。

 

  1. リッチリザルトテストにアクセスする
  2. 調べたいページURLをフォームに入力して、「URLをテスト」をクリックする

 

すると下記画面が表示されます。ここで構造化データがGoogle検索エンジンに読み取られているかを確認できます。

 

リッチリザルトテスト結果

 

関連記事:リッチリザルトテストの使い方

 

リッチリザルトの種類と構造化データの書き方

リッチリザルトには、さまざまな表示形式があります。下記は、その一例です。

 

  • 記事
  • パンくずリスト
  • 商品情報
  • レビュー情報
  • サイトリンク検索ボックス

 

本項目では、上記リッチリザルトを表示するための書き方をコードの事例を交えてご紹介します。なお、リッチリザルトのすべての種類は、Google検索セントラルで紹介されています。

 

参考:Google検索がサポートする構造化データマークアップ | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developers

 

記事

ここでいう記事とは、検索クエリに対して、ニュースやブログなどのWEBページがピックアップされる枠のことです。Googleニュースなどの検索結果に表示され、さらに検索結果の最上位部などにリッチリザルトとして掲載されることがあります。

 

WEBページがピックアップされる枠

 

このリッチリザルトの枠に記事を表示するためには、次のようなコードをHTMLファイルに書きます。

 

<script type="application/ld+json">

{

"@context": "https://schema.org",

"@type": "NewsArticle",

"headline": "Title of a News Article",

"image": [

"https://example.com/photos/1x1/photo.jpg"

],

"datePublished": "2015-02-05T08:00:00+08:00",

"author": [{

"@type": "Person",

"name": "John Doe",

"url": "https://example.com/profile/johndoe123"

}]

}

</script>

※本コードは、記事(Article)の構造化データ | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developersを引用し一部改変したもの

 

このコードの解説は下記のとおりです。

 

ソースコード 解説
@context 構造化データの仕様を定義しています。事例では、schema.orgと呼ばれる仕様を採用しています。
@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツがニュース記事であることを伝えています。
headline ニュースの見出しを指定しています。一般的に、タイトルタグを入力します。事例では、「Title of a News Article」がヘッドラインであることを伝えています。
image ニュースのメインビジュアルを指定しています。アップロード先のURLを記入します。
datePublished 記事の公開日を指定しています。
author以下 著者情報を指定しています。

 

パンくずリスト

パンくずリストは、WEBページの現在地を示すリンク情報として、スニペット内に表示されます。

 

パンくずリスト

 

構造化データの記述方法は次のとおりです。

 

<script type="application/ld+json">

{

"@context": "https://schema.org",

"@type": "BreadcrumbList",

"itemListElement": [{

"@type": "ListItem",

"position": 1,

"name": "Books",

"item": "https://example.com/books"

},{

"@type": "ListItem",

"position": 2,

"name": "Science Fiction",

"item": "https://example.com/books/sciencefiction"

},{

"@type": "ListItem",

"position": 3,

"name": "Award Winners"

}]

}

</script>

 

※本コードは、パンくずリスト(BreadcrumbList)の構造化データ | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developersを引用し一部改変したもの

 

コードの解説は下記のとおりです。

 

ソースコード 解説
@context 構造化データの仕様を定義しています。事例では、schema.orgと呼ばれる仕様を採用しています。
@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツがパンくずリストであることを伝えています。
itemListElement パンくずリストの構造を示しています。
itemListElement.@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツがリストであることを伝えています。
position ディレクトリの階層を指定しています。
name パンくずの文字列(ディレクトリ名)を指定しています。

 

商品情報

掲載商品の画像アイコンや価格、口コミ評価などがリッチスニペットとして掲載されます。主に、ECサイトの商品紹介ページで用いられます。

 

商品価格

 

上記画像のように、商品情報として画像や価格を表示するためには、次のように記述します。

 

<script type="application/ld+json">

{

"@context": "https://schema.org/",

"@type": "Product",

"name": "東京SEOメーカー2023年最新SEO対策完全ガイド",

"description": "SEO事業を専門に展開する東京SEOメーカーが培ったノウハウと技術をもとに、今知るべき2023年時点のSEOを徹底解説します。",

"image": [

"https://example.com/photos/16x9/trinket.jpg"

],

"offers": {

"@type": "Offer",

"price": 1250,

"priceCurrency": "JPY",

}

}

</script>

 

※本コードは、商品(Product、Review、Offer)の構造化データ | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developersを引用し一部改変したもの

 

 

ソースコード 解説
@context 構造化データの仕様を定義しています。事例では、schema.orgと呼ばれる仕様を採用しています。
@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツが商品であることを伝えています。
name 商品名を指定しています。事例では、商品名が「東京SEOメーカー2023年最新SEO対策完全ガイド」であることを伝えています。
description 商品の概要文を指定しています。
image 商品画像のURLを指定しています。
offers 商品情報の構造を示しています。
offers.@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツが商品情報であることを伝えています。
price 価格を指定しています。事例では、「1,250」であることを表しています。
priceCurrency 価格の単位を指定しています。事例では、日本円であることを表しています。

 

レビュー情報

商品や映画、レシピなど、ユーザーの評価対象になるコンテンツの記事では、リッチリザルトとしてレビュー情報が掲載されます。

 

レビューや評価(クチコミ抜粋)

 

上記画像の評価やレビュー情報を表示する構造化データのコード見本は、次のとおりです。

 

<script type="application/ld+json">

{

"@context": "https://schema.org/",

"@type": "Product",

"name": "東京SEOメーカー2023年最新SEO対策完全ガイド",

"description": "SEO事業を専門に展開する東京SEOメーカーが培ったノウハウと技術をもとに、今知るべき2023年時点のSEOを徹底解説します。",

"image": [

"https://example.com/photos/16x9/trinket.jpg"

],

"aggregateRating": {

"@type": "AggregateRating",

"ratingValue": "3.4",

"bestRating": "5",

"reviewCount": "7"

}

}

</script>

 

※本コードは、商品(Product、Review、Offer)の構造化データ | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developersを引用し一部改変したもの

 

 

ソースコード 解説
@context 構造化データの仕様を定義しています。事例では、schema.orgと呼ばれる仕様を採用しています。
@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツが商品であることを伝えています。
name 商品名を指定しています。事例では、商品名が「東京SEOメーカー2023年最新SEO対策完全ガイド」であることを伝えています。
description 商品の概要文を指定しています。
image 商品画像のURLを指定しています。
aggregateRating 平均評価の構造を示しています。
aggregateRating.@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツが平均評価であることを伝えています。
ratingValue 評価の平均得点を指定しています。事例では、平均得点が3.4点であることを表しています。
bestRating 評価の最高得点を指定しています。事例では、5点満点であることを表しています。
reviewCount レビュー数を指定しています。事例では、7件のレビューがあることを表しています。

 

さらに、レビュー評価を構造化データで実装すると、口コミ抜粋として取り上げられるケースもあります。口コミ抜粋とは、リッチスニペットやナレッジパネルなどに表示されるレビューコメント文のことです。リッチスニペット内では、ディスクリプションとして表示されます。

 

リッチスニペットやナレッジパネルなどに表示されるレビューコメント文

 

サイトリンク検索ボックス

サイトリンク検索ボックスとは、WEBサイト内のページを検索できるフォームのことです。構造化データを用いることで、リッチスニペット内に表示できます。

 

サイト検索ボックス

 

サイト内検索ボックスを表示する場合は、WEBサイトにサイト内検索エンジンを実装している必要があります。

 

EBサイトにサイト内検索エンジンを実装

 

サイト内検索エンジンを埋め込んでいる場合は、下記のようなコードを記述してください。

 

<script type="application/ld+json">

{

"@context": "https://schema.org",

"@type": "WebSite",

"url": "https://www.example.com/",

"potentialAction": {

"@type": "SearchAction",

"target": {

"@type": "EntryPoint",

"urlTemplate": "https://www.example.com/search?q={search_term_string}"

},

"query-input": "required name=search_term_string"

}

}

</script>

 

※本コードは、サイトリンク検索ボックス(WebSite)の構造化データ | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developersを引用し一部改変したもの

 

コードの詳しい解説は、次のとおりです。

 

ソースコード 解説
@context 構造化データの仕様を定義しています。事例では、schema.orgと呼ばれる仕様を採用しています。
@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツがWEBサイト全体であることを伝えています。
url WEBサイトのURLを指定しています。
potentialAction ユーザーのアクション対象を示しています。
potentialAction.@type コンテンツの種類を定義しています。事例では、コンテンツが検索ツールであることを伝えています。
target 検索エンジンの仕様を示しています。
target.@type コンテンツの種類を定義しています。事例のEntryPointは、プログラムの起点を示します。
urlTemplate サイト内検索のURLを指定しています。「パラメータURL」と「{search_term_string}」を組み合わせて記述します。

 

リッチリザルトのよくある質問

リッチリザルトに関する、よくある質問をまとめています。
 

Q:リッチリザルトにSEO効果はありますか?

Answer)リッチリザルト自体にSEO効果はありません。

 

ただし、検索結果上の画面で自社ページの情報量や視認性が向上しますのでクリック率が上がります。こうしたことから、間接的にSEO効果をもたらすことがあります。

 

Q:リッチリザルトを表示する条件は?

Answer)SEO対策と構造化データの実装が必要です。

 

そもそも、Google検索エンジンに自社ページがインデックス登録されていないと、自社ページが露出しません。そのため、SEO対策で上位表示されることが前提条件になります。さらに、構造化データを実装することで、リッチリザルトを表示する条件が整います。

 

関連記事:SEOとは? SEO対策のやり方を初心者にわかりやすく解説

 

Q:リッチスニペットにサイトリンク検索ボックスを表示する方法は?

Answer)WEBサイトに検索エンジンを実装したうえで、構造化データを記述する必要があります。

 

比較的、簡単に検索エンジンを実装する方法としては、Googleカスタム検索の設置が挙げられます。カスタム検索の詳細は、下記記事で解説しています。

 

関連記事:Googleカスタム検索とは?設置のメリットと利用方法を解説

 

Q:構造化データのコードを記述するべき場所はどこですか?

Answer)HTMLファイルのheadタグ、bodyタグのいずれかに記述してください。

 

 

まとめ

SEOコンサルタント本記事では、リッチリザルトの仕組みやSEO上のメリット、表示方法について解説しました。リッチリザルトを自社サイトに実装することで、検索結果上のクリック率が向上して、検索流入が増加します。リッチリザルトは、構造化マークアップ支援ツールを利用することで、WEB初心者の方でも比較的容易に設定できます。リッチリザルトには、さまざまな種類が用意されていますので、自社サイトの特徴に合わせて、適切な構造化データを実装してください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
マーケティングのエキスパート。Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持。大学では経営法学を専攻。オーストラリア・イタリア・フランス・タイ・カンボジアなど世界各国を旅した後、イギリスで1年半生活し語学力と国際的視野を磨く。日本帰国後は広告代理店で営業を12年経験。SEOは草創期から独学で研究し、100以上のサイトで検証しつつノウハウを蓄積。2012年にSEO専門会社のアドマノを設立。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策