SXOとは

SXOとはSXOって聞いたことありますか。SEOに対して、SXOという概念も大事になってきます。

 

SEOコンサルタントSEOとSXOの違いなど解説していきます。

 

 

SXOとは

 

SXO(Search Experience Optimization)とは?

SEOの日本語は、検索エンジン最適化ですが、SXO(Search Experience Optimization)は検索体験最適化になります。今までは、検索エンジンの最適化をSEO対策として取り組んできましたが、これからはこの検索するユーザーの体験を最適化するという考え方に徐々になっていき検索体験最適化にマッチするWEBサイトの構築が必要になってきますのでSXO対策をしていくという形になります。

 

検索エンジンのロボットに向けての対策より利用するユーザーつまり人に向けた対策が必要です。

ユーザーが求めているものは何なのかをよく考え、これらを満たすコンテンツの用意が必要で、

その上でユーザビリティの向上が求められます。ユーザーの意図に合致したコンテンツがユーザーに満足を与え順位を上げていくことが検索体験を最適化に繋がります。

 

SEOとSXOの対象の違い

 

SEO・・・対策キーワードで上位にサイトを表示させる施策。サイトが上位表示することでサイトへの訪問者増を狙っている。
SXO・・・検索ユーザーが求める情報をリリースしてユーザーを満足させるための施策。ユーザーが検索して満足するのを狙う。

このように、SEOとSXOでは施策の目的が違います。

SEO対策として、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することで、SXO対策にもつながりますし、SXO対策を目的にコンテンツ強化を図れば、それがSEO対策にもつながります。

ユーザーが求める情報をシンプルで見やすくストレスのないサイトを設計すれば、訪問者も増えます。

 

SXO対策の方法について

 

では、SXO対策にはどのような方法があるのでしょうか。

一般的なSXO対策の施策では、ユーザーが求めている情報をまとめて、ユーザビリティの改善策であるサイトの速度や見やすさを向上させることが挙げられます。広告やセキュリティ面の改善もSXO対策に繋がります。

SXO対策とは、検索ユーザーが求める情報を提供しユーザーを満足させる”体験”を提供することですのでSXO対策はSEO対策の中の1つの施策と言えるでしょう。

 

  • モバイルファースト
  • ページスピード
  • リッチコンテンツ
  • E-A-T

 

今後、よりSXOの重要性も高まる中で、SXO対策を行った結果としてSEOにも効果が反映されるでしょう。

日々のアクセス解析やサイト分析を行いながら、ユーザービリティを第一に考えて施策を行うことが有益なサイトにつながります。

まずはユーザービリティを向上させて、ユーザーとの結びつきを強める分かりやすいコンテンツを作っていくことが重要になるでしょう。

 

東京SEOメーカーのSXOサービス

 

SXOとは「Search Experience Optimization (検索体験最適化)」を意味しています。 ユーザーが快適に検索結果にたどり着くように、サイトを最適化することです。ユーザーの検索意図を読んだSEOライティング記事して、スクロール率、読了率、遷移率の向上を目指します。 ユーザー目的にそった記事に改修し、回遊を促すことでCVまでの道のりを改善します。SXOを高め成約へ導くコンテンツコンサルティングサービスです。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら