製造業のサイトにSEO対策は必要?効果的な4つの方法を徹底解説

製造業のSEO対策

製造業はBtoBを主としたビジネスモデルのため、ホームページにおいてもSEO対策は必要ないと思われがちです。しかし製造業だからこそ、新しい客層へのアプローチや企業ブランディングなど、SEO対策によって多くのメリットを得られます。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、製造業におけるSEO対策の必要性やメリット・デメリット、そして製造業の効果的なSEO対策について詳しく解説していきます。

 

製造業のSEO対策とは

 

製造業とは機械や金属の製造、食品の製造など、原材料を加工し製品を生産する産業です。主にBtoBのビジネスモデルのため、企業に向けてホームページを公開することが一般的になります。

 

そのため検索結果で上位表示を目指し、検索エンジンからの流入を増やすSEO対策は製造業に不要と考えられやすい傾向にあります。

 

しかし実際は、製造業のホームページでもSEO対策は必須です。

 

むしろすべての企業がSEO対策に取り組んでいない製造業だからこそ、成果を高めやすいといえます。現在SEO対策に取り組んでいない製造業のホームページであれば、今以上に売上を高めることも可能です。

 

ここでは、製造業におけるSEO対策の必要性について詳しく解説していきます。

 

製造業におけるSEO対策の必要性

 

製造業がSEO対策を行うべき理由は、自社や自社の商品についての認知を広げるためです。

 

そもそも製造業は展示会やセミナーなど、直接会って営業活動を行うことが多いと考えられます。最近では新型コロナウイルスの影響もあってWebセミナーを開催する企業も増えましたが、従来までの営業方法では一度に認知を広げることは難しいでしょう。

 

対してホームページを活用した場合、インターネット上にいるユーザー全員が顧客として考えられます。なぜなら製造業であっても、顧客になり得るユーザーはインターネットを活用して情報収集を行っているからです。

 

しかし競合となる企業の多くがホームページを持っているため、何も対策しなければ閲覧されることはなく、情報を発信できていない状態であるといえるでしょう。

 

そのためホームページを活用して多くのユーザーに自社を知ってもらうためには、SEO対策が欠かせない要素になります。

 

製造業がSEO対策をするメリット  

 

製造業がSEO対策で検索上位に表示できれば、ポータルサイトに頼ることがなく、自社の力のみで集客ができます。また今までは接点のなかった客層へのアプローチや、企業のブランディング効果が得られる点もメリットといえるでしょう。

 

ここでは、製造業がSEO対策をするメリットについて詳しく解説していきます。

 

新しい客層へアプローチできる

 

製造業のホームページがSEO対策を行えば、今までは営業先として考えられなかった客層に対してもアプローチできます。

 

例えば決裁権を持った役職の人間や、遠方にいる企業です。

 

通常、決裁権も持った役職の人間にアプローチするには、窓口となる担当者を経由しなければいけません。遠方にいる企業であれば、Webセミナーなどを活用しない限り接点は持てないでしょう。

 

しかしSEO対策によってターゲットを考えキーワードを選定すれば、どんな客層に対してもアプローチが可能です。

 

具体的には決裁者に響く情報を発信することで、直接興味を持たせることができ、問い合わせにつなげられます。

 

今までは接点がなかった規模の会社や業種でも関わりを持てる点が、SEO対策の強みです。

 

ブランディング効果がある

 

SEOで検索上位に表示されている企業は信頼性を得やすく、ブランディング効果を高められます。

 

例えば「レーザー顕微鏡」のキーワードで検索した場合、検索1位に表示されレーザー顕微鏡を販売している企業であれば、検索側は有名な企業だと感じやすいです。レーザー顕微鏡に関するコンテンツを発信している場合は、さらに専門性がある企業だと伝えられるでしょう。

 

特にBtoBのビジネスモデルである製造業では、自社の専門性や技術力を伝えることが企業としての信頼を獲得する重要なポイントです。

 

すでに取引のある顧客の場合は魅力を伝えやすいですが、新しい顧客に対して伝えることは簡単ではありません。

 

したがって検索上位に自社サイトを表示することで、検索ユーザーに向けて効果的に企業イメージを植え付けられます。

 

製造業ポータルサイトに頼る必要がない

 

SEOに強いWebサイトは自社の力のみで集客できるため、製造業のポータルサイトなどを頼る必要がありません。

 

製造業には「ものづくり.com」や「日経XTECH(クロステック)」など、有名なポータルサイトが多くあります。

 

たくさんの閲覧数があり自社商品を宣伝するには効果的なポータルサイトサイトですが、以下がデメリットとして考えられます。

 

  • 掲載費用が発生する(20万円〜)
  • 掲載しないと集客できなくなる

1週間や5万PVなど決められた条件内で多くのユーザーに宣伝できますが、決して掲載費用は安くありません。またポータルサイトを軸に集客をした場合、仮にポータルサイトの閲覧数が少なくなったら自社の売上も下がってしまうため、非常に不安的な経営状況です。

 

そのため売上の安定化を図るためにも、自社の集客力を高められるSEO対策は重要な集客基盤として役立ちます。

 

製造業がSEO対策をするデメリット  

 

製造業がSEO対策をする場合、企業としてコンテンツの質が問われやすいことや、一度の閲覧では契約に結びつきづらいことに注意をしましょう。また、そもそも製造業界の検索ボリュームが少ないため、適切なキーワード選定が重要です。

 

ここでは、製造業がSEO対策をするデメリットについて詳しく解説していきます。

 

検索回数の少ないキーワードが多い

 

検索エンジン上で製造業に関する情報収集を行っているユーザーはいるものの、他の業種などと比べて検索回数の少ないキーワードが多くある点はデメリットです。

 

例えば、

 

  • 「スマートファクトリー」:月間検索数3,500回前後
  • 「加工工具」:月間検索数100回前後
  • 「直進フィーダー」:月間検索数50回前後

が検索数です。

 

近年の製造業でトレンドである「スマートファクトリー」も月間3,500回程度なため、ビックキーワードと呼べるほど検索されていないことが分かります。

 

専用工具や専門用語が多い業界のため、まったく検索されていないキーワードが多い点は注意をしなければいけません。

 

専門性を高めようとキーワードを絞りすぎると閲覧数が増やせない可能性があるため、複数のキーワードで対策していくことをおすすめします。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

一度の閲覧だけでは売上に直結しない

 

製造業の特徴上、一度ホームページを閲覧しただけで問い合わせや契約につながる可能性は少ないと考えられます。そのためSEO対策によって検索上位に表示しても、すぐに集客効果が実感できるわけではない点を覚えておきましょう。

 

一度の閲覧で契約につながりにくい理由は、主に以下の2点です。

 

 

  • 企業として取引を行うため
  • 商品単価が高いため

製造業が扱っている商品単価は高いことが多く、企業としても複数の商品を比較することが大半です。そのため複数回の閲覧によって契約に進むかが決まってきます。

 

とはいってもSEO対策によって検索上位に表示されなければ、比較すらされないといえるでしょう。

 

したがって複数回の閲覧を想定したコンテンツの用意や情報の発信を行うことが重要になります。

 

コンテンツの専門性が問われやすい

 

前述にもありますが、製造業はBtoBビジネスが基本となり、企業として取引を行うことが大半です。

 

そのため顧客先の企業としても「本当に優れた製品であるのか」や「信頼できる企業なのか」について、ホームページの情報やコンテンツの質から判断すると考えられます。

 

仮にコンテンツの質が低く、1、2記事の中途半端な更新で止まっている企業であれば、信頼を勝ち取れるとはいえません。

 

逆に専門的な内容を網羅し、閲覧ユーザーが役に立つと感じるコンテンツをたくさん発信していれば、企業として専門性をアピールすることにつながります。

 

コンテンツで企業のすべてを判断されるわけではありませんが、契約の過程で重要視される要素であることは意識しましょう。

 

製造業の効果的なSEO対策  

 

製造業のホームページでSEOを強化するには、まず集客用として「お役立ち情報」を発信するコンテンツと、「契約などのコンバージョン」につながるコンテンツを制作しましょう。

 

各々のコンテンツでターゲットや目的を定めることによって、より質の高いコンテンツを制作でき、SEOに効果的となります。ここでは、製造業の効果的なSEO対策について詳しく解説していきます。

 

お役立ち情報のコンテンツを制作する

 

まだホームページを認知していない新規のユーザーに向けて効果的なSEO対策が、集客用の記事として、お役立ち情報のコンテンツを発信することです。

 

仮に「3Dプリンター」を扱っている企業であれば、以下のようなコンテンツになります。

  • 3Dプリンターの使い方
  • 3Dプリンター家庭用のデメリット
  • 3Dプリンターの選び方

企業の入口になるコンテンツのため、専門用語や難しい表現はなるべく避け、誰もが分かりやすい内容にしましょう。

 

お役立ち情報のコンテンツでユーザーを満足させることができれば、他のコンテンツも閲覧されるようになります。

 

そのためまずは、ターゲットのユーザーをしっかりと満足させられる高い質を求めることが重要です。

 

 

CVにつながるコンテンツを制作する

 

 集客用のコンテンツを制作しているだけでは、自社商品の契約につなげることはできません。

 

 そのため、契約や問い合わせなどCV(コンバージョン)につなげるためのコンテンツを制作することが重要になります。

 

 具体的には、以下のようなコンテンツです。

 

  •  他社商品との比較記事
  •  自社商品を導入した事例紹介
  •  自社商品の使用方法・活用方法を解説した記事

 特に製品の事例を紹介すると、閲覧ユーザーも具体的なイメージが湧きやすく、契約につながりやすいといえます。

 

 ただしCV用のコンテンツだけを量産しても、閲覧数を増やすことはできません。あくまで集客用のコンテンツからCV用のコンテンツに誘導する導線が重要なため、片方に偏ることがないよう注意しましょう。

 

動画や画像を活用する

 

製造業のホームページでは積極的に動画や画像を活用し、ユーザーが見やすいコンテンツを制作していきましょう。

 

なぜなら見やすさや操作性などユーザーのことが考えられているコンテンツは、検索エンジンから評価を得られやすいからです。

しかし製造業では、自社商品や企業の説明に関して、文字だけで単調に掲載されていることが多いといえます。

文字のみで構成されたコンテンツの場合、どんなに優れた製品であっても、良さを100%伝えられているとはいえません。

むしろ製品の質が多少劣ったとしても、製品の使い方を動画で説明しているコンテンツや、活用事例を画像で説明しているコンテンツの方が魅力的に感じられます。

 

SEOとして検索エンジンへの対策だけでなく、ユーザーのことを考えた際も画像や動画の活用は重要なため、どのコンテンツにも取り入れていくことがおすすめです。

 

製造業がSEO対策をする注意点 

 

SEO対策する際はユーザー目線で需要のあるキーワードを選ぶことや、サイト構造を最適化する必要があります。

ここでは、製造業がSEO対策をする注意点について詳しく解説していきます。

 

サイト構造を意識する

 

サイト内の内部リンクやカテゴリ分けなどサイト構造の最適化については、SEO対策の重要な項目です。

 

特にコーポレートサイトでこれからSEO対策に取り組む際、サイト構造を考えてコンテンツを公開しなければ、SEOに悪影響を与える恐れもあります。

 

そのため何も考えずにコンテンツを量産するのではなく、適切なサイト構造を意識しなければいけない点は注意をしましょう。

 

SEOに効果的なサイト構造にするためには、以下のポイントが重要です。

 

 

  • 深すぎる階層にしない
  • 明確なカテゴリごとの階層にする
  • 関連性のあるコンテンツは内部リンクを設置する

特にコンテンツ間の内部リンク設置は、良いコンテンツの評価を伝染させるためにも有効な方法です。

 

サイト全体の評価を高められるため、内部リンクは重要視して設置しましょう。

 

需要のあるキーワード選び

 

製造業がSEO対策を行うデメリット部分にもありましたが、製造業全体をとおして検索ボリュームが少ない傾向のため、需要のあるキーワード選べが大切です。

 

具体的には専門用語で対策するのではなく、ユーザー目線で調べるであろうキーワードを考えましょう。

 

例えば静電気を除去する製品としてイオナイザー(除電器)がありますが、専門的な知識がない限り「イオナイザー」と検索する人は少ないと考えられます。

 

したがって「静電気 除去 機械」や「静電気なくす方法」など、一般ユーザーが調べるキーワードで対策しなければいけません。

 

専門用語のキーワード対策ばかりでは効果が見込めない場合は、よりユーザー目線で考えることを重要視しましょう。

 

ドメインパワーの影響がある

 

対策キーワードにドメインパワーが強いサイトが多い場合、簡単には検索上位表示できないため、多くの時間や労力を費やす必要がある点には注意をしましょう。

 

検索エンジンはさまざまな評価基準から検索順位を決めていますが、ドメインも評価項目の一つです。

 

明確な判断基準は公表されていませんが、以下のポイントが重要となります。

 

 

  • ドメイン歴
  • サイトへのアクセス数
  • 被リンク数

基本的には歴史のあるドメインや、多くのコンテンツを発信しているドメインはSEOに強いといえるでしょう。

 

したがってサイトの立ち上げ時には、ドメインパワーが強いサイトが少ないキーワードや分野を選定し、対策することをおすすめします。

 

関連記事: 優良被リンク獲得(SEO外部対策)

 

 

SEOコンサルタント製造業におけるSEO対策の必要性やメリット・デメリット、そして製造業の効果的なSEO対策について詳しく解説してきました。製造業のホームページでSEOを強化すれば、キーワードから新しい客層へのアプローチが可能になるだけでなく、検索の上位表示によって自社のブランディング効果を高められます。しかし適切なキーワードを選定できない場合、検索ボリュームが少なくアクセス数が見込めないことがあるため注意をしましょう。ドメインパワーなど競合サイト分析を行いつつ、自社の専門性をアピールしやすい分野やキーワードで対策することが重要です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。