ライティング代行サービスとは?依頼できることや選び方を解説

ライティング代行サービスとは?

コンテンツマーケティングを始めることにはなったが、記事制作のためのリソースやスキルが社内で確保できないという方も多いのではないでしょうか?

 

コンテンツマーケティングで効果を出すためには、質の高い記事作りが重要となります。そのため、ライティングをプロや専門家に代行するという手段も一般的になってきています。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、ライティング代行サービスで依頼できることや選び方について解説していきます。

 

ライティング代行サービスとは

 

ライティング代行サービスには、クラウドソーシング型とライティング専門業者の主に2つに分けられます。自社の予算や求めるアウトプットの質によって選ぶ代行サービスが異なります。それぞれの違いや特徴について理解し,自社にあったライティング代行サービスを利用することが重要です。

  1. クラウドソーシング型
  2. ライティング専門業者

 

クラウドソーシング型

 

クラウドソーシング型は、Web上で不特定多数の人に依頼するサービスで、働きたい人と依頼人をマッチングしてくれます。クラウドソーシングは、登録さえすれば誰でも利用可能で、働きたいというワーカーがたくさんいるため比較的にコストを抑えて依頼できるのが特徴です。また、募集から依頼までの流れがスピーディーなこともメリットの1つです。

 

しかし、誰でも利用できることから依頼するライターによっては品質の差が生じるることもあります。ライティングを熟知しているプロから、副業を始めたばかりの実績の少ないラーターまでさまざまです。そのため、依頼主は細かい要件定義や検収など依頼したライターのディレクション業務が発生します。

 

ライティング専門業者

 

ライティング専門業者は、ライティングに特化したサービスを提供している業者です。クラウドソーシング型とは異なり、プロの集団のため高品質な仕上がりが多く品質のばらつきが少ないのが特徴です。依頼することにより、ライティングのノウハウを学べるのもメリットの1つです。

 

しかし、ライティング専門業者に依頼する場合はクラウドソーシングで個人に依頼をするよりもコストがかかります。また、中には悪質な業者が混じっていることもあるため注意が必要です。ライティング専門業者に依頼する際には、信頼できる業者を選定することと、自社でもある程度の知識を得ておくことがポイントとなります。

 

ライティング代行サービスで依頼できること

 

ライティング代行サービスを利用する際に依頼できることは、ライティング以外にもコンテンツ作成に関するさまざまな依頼をする事ができます。依頼先にもよりますが、具体的にどのようなことが依頼できるのかをご紹介します。

記事コンテンツ制作

 

記事コンテンツ作成とは、記事作成のすべてを任せられるサービスです。SEOを意識したコンテンツ作成から、サイトやターゲットに合わせたコンテンツ作成など幅広く対応しています。

 

プランによって異なりますが、主に次のような項目があります。

  • キーワード選定
  • 記事の構成作成
  • ライティング
  • ライティング後の校正チェック
  • 記事のアクセス解析

記事コンテンツ制作の一部分だけ依頼可能なライティング代行サービスもあるため、自社に合わせたサービスの選択をすることができます。

 

SEOライティング・リライト

 

SEOライティングとは、検索結果の上位に表示されるようにSEOに特化したライティングを指します。記事をたくさん更新しているのに、サイト流入が増えないという場合にはSEOライティングに特化したプロに依頼することをおすすめします。

 

また、記事のライティングだけではなく、過去にアップした記事のリライトを行ってくれるところもあります。ユーザーのニーズに沿った構成になっているのか、キーワードが十分に含まれているかなど、既存のコンテンツをリライトし上位表示させるために最適化します。

 

関連記事: SEOライティングの基本と初心者が押さえておくべきコツ10選を解説

 

メルマガ作成・配信

 

メルマガは、短い文章の中で自社の製品やサービスの魅力を伝えなければいけません。特にタイトルや書き出しは、メルマガを受け取ったユーザーが「読む」「読まない」を判断する重要なポイントになるため、興味をもたせる魅力的な文章が必要となります。

 

ライティングサービスでは、魅力的な文章を書けるプロのライターに任せることができるため、メルマガの開封率を上げたい場合には外部に委託することも検討すると良いでしょう。

 

SNS用コンテンツ作成・更新

 

ライティング代行サービスでは、Webサイト用の記事コンテンツだけではなくSNS用のコンテンツに使用する文章の作成を依頼することもできます。SNSの活用が注目され始めている現代では、SNSでの定期的な更新が重要となります。

 

SNSアカウントを所有しているが上手く活用できていない場合には、外部に委託するのも手段の1つです。SNSの特徴を抑えたコンテンツ作成や配信をしてくれます。

 

ホワイトペーパー作成

 

ホワイトペーパーとは、自社の製品やサービスに関連する役立つ情報をまとめた資料のことを指します。自社の魅力を伝えコンバージョンを獲得するためには欠かせないコンテンツとなりますが、ユーザーがアクションを起こしたくなるような内容になっている必要があります。

 

コンバージョンに直接繋がるコンテンツであるがゆえに、特に力を入れたいところでもあります。ライティング代行サービスに依頼することで、クオリティの高いホワイトペーパーを短時間で作成することができます。

 

LP作成

 

LPとは、1ページで構成される製品やサービスの案内ページのことです。ホワイトペーパーと同じように、コンバージョンに大きく影響するコンテンツとなるためユーザーを後押しするような魅力的な文章である必要があります。

 

LPからのコンバージョンを増やしたい場合には、セールスライティングの経験が豊富なライターに依頼すると良いでしょう。セールスライティングのノウハウを身に着けたプロに依頼することで、ユーザー心理を押さえた効果的なLP作成が可能です。

 

プレスリリース作成

 

プレスリリースとは、企業の製品やサービスに関する最新情報をまとめたコンテンツです。企業の顔となるため、メディアに広めてもらえるような魅力的かつ印象的な文章構成が重要です。

 

伝えたいことを正しく伝え多くの人に注目されるような文章作成が必要となるため、効果的なプレスリリースをは発信するためには、プロに依頼してみるのも良いでしょう。

 

商品などの紹介文作成

 

商品紹介文は、コンバージョン獲得を大きく左右する箇所となります。ユーザーは商品を購入する際に、必ずと行っても良いほど商品紹介文を確認します。そのため、ターゲットとするユーザーに刺さるような文章である必要があります。

 

商品紹介文が最適化されていないと、機会損失ともなってしまうためセールスライティングの知識があるプロに依頼するのもおすすめです。

 

アンケート・口コミ

 

独自で調査できる環境を整えているライティング代行業者であれば、アンケートや口コミの文章作成も可能です。アンケートや口コミなどの、第三者の客観的な声はユーザーにとって購買の後押しとなります。

 

アンケートや口コミを自社で収集できない場合は、代行サービスを利用するのも良いでしょう。これらの第三者の声も、購買を検討しているユーザーに刺さるような内容や魅力的な内容である必要があります。データの収集だけではなく、文章作成も任せられるためこんなバージョン獲得に大きく貢献します。

 

ライティング代行サービスに依頼するメリット

 

ライティング代行サービスには、次のようなメリットがあります。

 

  • 記事コンテンツの継続的な更新ができる
  • 検索結果上位表示による集客増加が期待できる
  • ライティングのノウハウを得ることができる

各メリットについてご紹介していきます。

記事コンテンツの継続的な更新ができる

 

ライティング代行サービスを利用することで、短期間で大量の記事の作成が可能なため継続的な更新が可能となります。記事コンテンツの作成には、キーワードの選定から構成作成、ライティング、配信までさまざまな工程があり自社リソースが少ない場合にはかなりの工数がかかってしまいます。

 

そこで、ライティング代行サービスに記事コンテンツの作成を依頼することで記事作成の時間を削減することができます。削減した時間を活用して施策などの他の業務に割り当てることができます。

 

検索結果上位表示による集客増加が期待できる

 

ライティング代行サービスを利用することで、プロに文章作成を依頼する事ができSEOを意識したコンテンツ作成が可能となります。SEO対策を行うことで、より検索結果上位表示されやすいコンテンツとなり、集客増加を期待できます。

 

また、既存コンテンツのリライトを行うことで、既存コンテンツからの流入増加も見込めます。早く成果を出したい場合には、SEOに特化したサービスを利用することで短期間で効果的にWeb集客を行うことができます。

 

ライティングのノウハウを得ることができる

 

ライティング代行サービスを利用することで、ライティングのノウハウを得ることができます。どのような書き方や手法で行っているのかを知ることで、今後自社リソースでライティングを行う際に役立てられます。納品されたコンテンツからライティングのノウハウを学んでみましょう。

 

専門業者の中には、ノウハウ提供をしてくれるところもあるので依頼するだけではなく積極的に学ぶ姿勢も重要です。また、ライティングのノウハウを得て社内リソースでライティングできるようになると、コストの削減にも繋がります。

 

ライティング代行サービスに依頼するデメリット 

 

ライティング代行サービスに依頼するデメリットには次のようなものがあります。

  • コストがかかる
  • クオリティにばらつきがある
  • 悪質な事業者も存在する

各デメリットについてご紹介していきます。

コストがかかる

 

ライティング代行サービスに依頼するデメリットの一つとして、コストがかかることが挙げられます。外部に依頼することにはなるため、その分コストが発生します。特にライティング専門業者に依頼する場合は、コストが高額になる場合が多いです。

 

しかし、社内リソースをつかう際にもコストが発生していることは理解しなければなりません。社内リソースを使った際のコストがいくらになるのかを把握した上で、ライティング代行サービスを選ぶ事が重要です。

 

クオリティにばらつきがある

 

ライティング代行サービスには2種類あると紹介しましたが、特にクラウドソーシングを利用する場合には、クオリティにばらつきがあるため期待していた質には届かない記事コンテンツが納品されることもあります。

 

ライティング専門業者の場合は、編集者がチェックした上で納品されるため一定のクオリティを期待できますが、クラウドソーシングを利用する際にはライターのスキルや実績を事前に確認しておくことが重要です。また、クオリティにばらつきがあると既存コンテンツとの統一感もなくなってしまうため、ある一定のクオリティが担保できるような仕組みづくりが必要となります。

 

悪質な事業者も存在する

 

ライティング専門業者の中には、悪質な事業者も存在します。適当なコンテンツを作成し、高額な費用を請求してくるケースもあるため事業者選定は慎重に行う必要があります。

 

特に、コンテンツ作成やSEOに知識がない企業だと悪質な事業者であることに気づかないケースもあるため、ある程度の知識を知っておくことが重要です。ライティング専門業者に依頼する際は、取引先や導入実績などを確認して信頼性があるか確認しておきましょう。

 

ライティング代行サービスの選び方

 

ライティング代行サービスの利用にはメリットもありますが、デメリットもあるため依頼するライティング代行サービスの選定は慎重に行う必要があります。ここでは、ライティング代行サービスの選び方のポイントについて解説していきます。

 

スキルや実績の確認

 

クラウドソーシングサービスに依頼する際もライティング専門業者に依頼する際も、まずはスキルや実績を確認しましょう。成果をだすためには、SEOやセールスライティングに関する知識や技術が必要です。

 

また、実績を確認し実際にどのような成果を出しているのかを知ることで、おおよその費用対効果を把握することができます。

 

また、多くのスキルがあると記載されていても実績の記載がないライターや業者は、実際にライティング経験がどれだけ豊富なのかを知ることができないため注意する必要があります。

 

コストとのバランスを確認

 

外部に依頼するということはコストが発生するため、自社が想定するコストと実際に発生するコストとのバランスを確認することが大切です。自社のリソースでライティングを行った場合に発生する人件費などのコストも考慮し、どのようにコンテンツ制作を進めていくのがベストなのかを判断する必要があります。

 

外部に依頼することで、効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行えますがコストが発生することも理解しておきましょう。その中で、何が一番費用対効果が高くなるのかを考えことが重要です。

 

自社の求めるコンテンツとの親和性

 

ライティング代行サービスに依頼する場合は、自社の求めるコンテンツとの親和性も確認する必要があります。例えば、依頼するライターや業者の過去の実績などを確認し、何を得意とするのかを知ることが重要です。

 

依頼後に、思っていたのと違ったとならないためにも事前に自社が求めるコンテンツとマッチするのかや、求めるものを作ってくれるのかを確認しておきましょう。既存の自社コンテンツともマッチするかも大切です。

 

関連記事: SEO対策を業者に依頼する前に知っておきたいこととは?

 

記事コンテンツを作成する際に欠かせないライティングスキルですが、成果を出すためにはプロや専門家に依頼することも重要です。ライティング代行サービスには、クラウドソーシングとライティング専門業者の2種類ありますが、それぞれの特徴を理解し自社にあった依頼先を選定する事が重要です。

 

また、悪質な業者やライターに依頼しないためにも、自社でもある程度のライティングスキルを身に着けておくことが大切です。社内リソースでライティングが行えるようになるとコスト削減にも繋がるため、依頼後は積極的にライティングのノウハウを学ぶ姿勢も重要です。

 

SEOナビゲーター【まとめ】東京SEOメーカーでは、SEOのプロのライターが狙っているキーワードで上位表示しやすい記事を納品します。3000文字3万円の1文字10円の格安単価で、高品質なオリジナル記事を納品するので、自社メディアやブログ、コラム記事に最適です。難しい専門記事から量産型の記事などいずれも対応可能です。是非、コンテンツSEO指南書とライティングの依頼をしてみてください。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る