SEO対策の東京SEOメーカー

外部環境分析とは?メリットや主要フレームワークを徹底解説!

外部環境分析とは?メリットや主要フレームワークを徹底解説!外部環境分析は、自社を取り巻く市場環境を理解する上で行う分析です。マーケティング戦略を策定する際には、最も初めに行われる分析手法となります。しかしながら、どのように分析を行うべきか戸惑う方が多いはずです。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、外部環境分析の概要やポイント、フレームワークについて徹底解説します。外部環境分析のフレームワークを理解することで、マーケティング戦略の精度を高めることができますので、是非とも本記事を参考にしてください。

 

コンテンツ悩み解消

外部環境分析とは?

外部環境分析とは、企業が直面する市場や業界の環境を詳細に調査し、そのデータを基に戦略を立てるための分析手法です。

 

この分析により、企業は競争相手の動向、顧客のニーズ、技術の進化、法的、政治的な変化など、多岐にわたる外部要因を把握することができます。

 

外部環境分析の目的

外部環境分析の目的は、企業が直面する市場の機会や脅威を明確に識別し、それに基づいて戦略的な意思決定を行うことにあります。

 

この分析を通じて、企業は競争環境を詳細に理解し、自社の強みを活かしながら市場でのポジショニングを最適化することが可能となります。

 

また、将来の市場動向や業界のトレンドを予測する上での基盤ともなり、持続可能な成長戦略の策定に不可欠です。

 

外部環境分析と内部環境分析の違い

外部環境分析と内部環境分析は、企業が戦略を立てる上で重要な役割を果たしますが、その焦点と目的には大きな違いがあります。

 

外部環境分析は市場や業界全体の動向、政治的、経済的要因など、企業の外部にある要素を評価します。

 

これに対し、内部環境分析は企業自身の資源、能力、プロセスなど、組織内部の要素を分析することに焦点を当てます。

 

外部環境分析によって、市場の機会や脅威を識別し、それに適応する戦略を立てることが可能になります。一方、内部環境分析は、企業が持つ強みや弱みを明らかにし、それを基に競争優位を築くための戦略を策定します。

 

Webサイトの外部分析はSEO外部対策を指す

Webにおける外部対策とは、外部リンクの獲得やソーシャルメディアの活用など、Webサイト外からの影響を管理し改善する戦略を指します。これらの外部対策は、内部SEO対策と連携して行うことで、SEOにおいて最大の効果を発揮します。

 

関連記事: SEO外部対策(オフページSEO)とは? なにをすべきかを事例を交えて解説

 

外部環境分析はSTP分析の前に行う

外部環境分析は、市場セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)というSTP分析を行う前の重要なステップです。

 

この分析により、市場の全体像を把握し、どの市場セグメントが最も有利であるか、またどのように市場にアプローチすべきかを明確にすることができます。

 

外部環境を理解することで、ターゲット市場の選定がより戦略的なものとなり、ポジショニングの精度も高まります。

 

関連記事: STP分析とは?マーケティングのフレームワークとSTP分析を使ったSEO対策を解説

 

外部環境分析のメリット

外部環境分析を行うことには多くのメリットがあります。

 

  1. 新たな機会の発見
  2. リスクを回避、軽減
  3. 意思決定の精度向上

 

ここでは、外部環境分析の各メリットについて解説します。

 

新たな機会の発見

外部環境分析を行う最大のメリットの一つは、新たな市場機会の発見です。市場のトレンドや消費者の行動、競合他社の動向を分析することで、まだ自社が活用していない市場セグメントやニッチ市場を見つけ出すことが可能になります。

 

たとえば、新興市場における需要の増加や、技術進化による新たな商品、サービスの可能性を探ることができます。これにより、企業は市場での競争優位を築くための戦略を練ることができ、長期的な成長と収益の向上につながります。

 

リスクを回避、軽減

外部環境分析を行うことで、企業は潜在的なリスクを事前に特定し、それを回避または軽減する戦略を立てることが可能です。

 

市場の変動や競争の激化、法規制の変更など、予期せぬ外部要因によってビジネスが直面するリスクは多岐にわたります。これらのリスクを効果的に管理することは、企業の持続可能性と成長を保証する上で不可欠です。

例えば、新興市場に進出する際、政治的不安定さや経済の不確実性など、多くのリスクが存在します。外部環境分析を通じてこれらの要因を詳細に調査し、リスクを事前に把握することで、企業は適切な対策を講じることができます。

 

意思決定の精度向上

外部環境分析を行うことで、企業は市場や業界の動向を正確に把握し、それに基づいた効果的な意思決定が可能になります。

 

特に、新しい投資の機会を評価する際や、新製品の開発、市場進出のタイミングなど、重要なビジネス決定を行う上で、外部環境の詳細な分析は不可欠です。

 

この分析により、予測が難しい市場の変動にも迅速かつ柔軟に対応することができ、結果として企業のリスクを最小限に抑えつつ、最大のリターンを追求することが可能になります。

 

外部環境分析の代表的なフレームワーク

外部環境分析を行う際には、いくつかのフレームワークが存在しますが、特に代表的なものにPEST分析、PESTLE分析、SWOT分析があります。ここでは、各フレームワークについて解説します。

 

PEST分析

PEST分析は、政治(Political)、経済(Economic)、社会(Social)、技術(Technological)の4つの要素を分析することで、外部環境を評価するフレームワークです。

 

この分析を通じて、企業が直面する潜在的な影響を理解し、戦略的な意思決定を行うための基盤を築くことができます。

 

政治的要因には、政府の政策や法規制の変更が含まれ、経済的要因には、経済成長率や為替レートの変動があります。社会的要因では、人口動態や消費者のライフスタイルの変化が、技術的要因では、新技術の発展や技術革新の速度が考慮されます。

 

関連記事: PEST分析とは?分析のやり方や目的、事例についても徹底解説!

 

PESTLE分析

PESTLE分析は、政治(Political)、経済(Economic)、社会(Social)、技術(Technological)、法律(Legal)、環境(Environmental)の6つの要素を詳細に分析することで、外部環境の包括的な理解を目指すフレームワークです。

 

この分析は特に、国際ビジネスを展開する企業にとって重要であり、異なる国の市場環境やリスクを評価する上で役立ちます。各要素は互いに影響を及ぼし合うため、一つ一つを丁寧に分析することが成功には欠かせません。

 

SWOT分析

SWOT分析は、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の4つの要素を分析することで、企業が自社の競争状況を明確に理解するのに役立つフレームワークです。

 

この分析を通じて、企業は自社の内部資源と能力を最大限に活用し、外部環境からの機会を捉え、リスクを管理する戦略を立てることができます。特に、市場が急速に変化する業界においては、SWOT分析による定期的な評価が企業の持続可能な成長を支える鍵となります。

 

関連記事: SWOT分析とは?目的ややり方のポイントまで徹底解説!

 

外部環境分析を行うポイント

外部環境分析を行う際には、いくつかの重要なポイントがあります。

 

  1. 分析は定期的に行う
  2. 一部の要因に偏らず評価を行う
  3. 不確実性を考慮する
  4. 内部環境分析もする

 

ここでは、それぞれの要素について詳細に解説します。

 

分析は定期的に行う

外部環境分析を行う際に重要なポイントの一つが、その分析を定期的に行うことです。市場や技術、政治的な状況は常に変動しており、過去のデータに基づいた戦略だけでは現在の市場環境を正確に捉えることができません。

 

定期的な分析を行うことで、これらの変化に迅速に対応して機会を逃すことなく、またリスクを未然に防ぐことが可能となります。

 

特に、新しい技術の導入や政治的な変動が予想される場合には、その影響を評価し、戦略を調整する必要があります。

 

一部の要因に偏らず評価を行う

外部環境分析を行う際には、市場のあらゆる側面を均等に評価することが重要です。

 

特定の要因、例えば経済状況や技術の進展にのみ焦点を当てることは、他の重要な要素を見落とすリスクを高めます。

 

例えば、社会的なトレンドや法規制の変更も、ビジネスに大きな影響を与える可能性があります。全ての要素をバランス良く分析することで、より全面的な理解が可能となり、効果的な戦略を立てるための正確な情報が得られます。このアプローチにより、偏った視点に基づく誤った判断を避け、企業の持続可能な成長を支援します。

 

不確実性を考慮する

不確実性を考慮することは、外部環境分析を行う上で非常に重要です。市場や業界の未来は予測が難しく、多くの変動要因が存在します。そのため、分析においては、現在のデータだけでなく、将来的な変化も想定することが求められます。

 

例えば、技術革新や政治的変動、経済状況の変化など、これらの要因がビジネス環境にどのような影響を及ぼすかを考慮に入れることが必要です。

 

内部環境分析もする

内部環境分析もすることは、外部環境分析と同様に重要です。外部環境分析が市場や業界の動向を把握するのに対し、内部環境分析は自社の強みや弱み、資源の状況を詳細に調査します。

内部環境を分析することで、自社の競争優位を支える要素や改善が必要な点が明確になり、それを踏まえた上での外部環境分析がより効果的に行えます。

 

また、内部環境の分析を怠ると、外部環境の変化に対応するための戦略が現実的でなかったり、実行可能でないリスクが高まったりします。

 

SEOのよくある質問(Q&A)

 

Q:外部環境分析とは?

Answer)外部環境分析は、企業が直面する市場や業界の環境を詳細に調査し、そのデータを基に戦略を立てるための分析手法を指します。

 

Q:外部環境分析のメリットは?

Answer)外部環境分析を行うことで、自社が気づいていなかった新たな機会の発見、リスク回避や軽減などが期待できます。また、意思決定の精度向上も期待できるため、企業の成長に大きく貢献するメリットがあります。

 

Q:外部環境分析を行う上での代表的なフレームワークは?

Answer)外部環境分析の代表的なフレームワークには、PEST分析、PESTLE分析、SWOT分析があり、各目的に応じて使い分けることが重要です。

 

 

まとめ

SEOコンサルタント外部環境分析は、企業が市場で成功を収めるために不可欠なプロセスです。この分析を通じて、企業は新たな市場機会を発見し、潜在的なリスクを回避または軽減し、より精度の高い意思決定を行うことが可能になります。PEST分析、PESTLE分析、SWOT分析などのフレームワークを活用することで、これらの分析はさらに効果的に行えます。最後に、外部環境分析だけでなく内部環境分析も併せて行うことが、企業戦略を総合的に強化する鍵となります。定期的な分析を心がけ、不確実性を考慮しながら、全体的なバランスを取ることが重要です。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策