ドメインパワーとは?強化するための方法を解説

ドメインパワーとは?
ドメインパワーとはそのサイトのドメインが持つ力のことで、SEO対策を行ううえで欠かせない要素です。このドメインパワーはGoogleが公式に発表されている指標ではありませんが、実際に検索結果で上位にある記事を分析していくとドメインパワーと検索順位には強い相関があることがわかります。

 

SEOコンサルタントこの記事では、ドメインパワーとはどのようなものなのかということからドメインパワーを向上させるための方法、さらにはSEO改善に便利なツールについてご説明します。

 

ドメインパワーとは?

 

ドメインパワーとは、そのサイトのドメインがどのくらいの強さを持っているかを数値化したものです。検索エンジンはコンテンツの量だけでなく質、さらには更新頻度などによってそのサイト全体を評価します。

 

このドメインパワーが向上することで、インデックス登録されるまでの時間が早くなったり、上位表示されやすくなるのでSEO対策を実施するうえで有利となります。

 

しかし、このドメインパワーはGoogle公式の指標ではなく、SEO関連企業がそれぞれの知見に基づいて数値化しています。そのため検索エンジンからの評価と必ず連動するわけではないので、ドメインパワーが上がったはずなのに検索順位が良化しないといったことも発生します。

 

SEOでドメインパワーが重要な理由

 

ドメインパワーが強いとSEO対策において大きく以下2つのメリットがあります。

 

  • インデックス登録されるまでの期間が短縮される
  • 上位表示がしやすくなる

 

インデックス登録されるまでの期間が短縮される

 

ドメインパワーが強いサイトで新規コンテンツを出す場合には、インデックス登録されるまでの期間が短縮されます。

 

新規コンテンツがインデックス登録される場合、クローラーがサイトを巡回した際に認識してもらう必要があります。ドメインパワーの強いサイトはクローラーが頻繁に巡回する傾向が強く、コンテンツを公開してから認識してもらうまでの時間が短くなります。

 

公開後すぐに検索結果に反映されるので、早くアクセスを集めることが可能です。

 

上位表示がしやすくなる

 

ドメインパワーが強いサイトだと、新しいコンテンツでもサイト全体と同じように質の高いコンテンツと評価されます。その結果、公開したばかりのコンテンツでも検索順位が上がりやすくなります。

 

ただし、上位表示されるかどうかはドメインパワーだけで決まるわけではありません。あくまでユーザーの検索ニーズを満たす、質の高いコンテンツであるかどうかがもっとも重要です。

 

ドメインパワーをチェックする方法

 

ドメインパワーは各種ツールを使うことで確認することができます。ツールによってドメインパワーの表記が異なるので注意してください。

 

自社サイトのドメインパワーを確認するだけであれば、基本的に無料ツールで調べることができます。ただし、有料ツールのなかにはドメインパワーだけでなく、競合サイトやキーワードの分析も可能なツールもあります。本格的にSEO対策に取り組みたい方は有料ツールの導入も検討してください。

 

無料でチェックできるツール

 

まず無料でドメインパワーを調べることができるツールをご紹介します。無料ツールではありますが、会員登録をすることで使うことができるようになります。

 

  • パワーランクチェックツール
  • Moz
  • Ubersuggest

 

パワーランクチェックツール

 

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールとは、株式会社アクセスジャパンが、被リンク数や被リンクの質、ドメイン取得時からの期間など、さまざまなデータから独自のアルゴリズムで算出し、SEO観点でのドメインの強さを数値化できるツールです。

 

サイト内の検索バーにドメインを入力することでドメインパワーを確認できます。アカウント登録をしない場合、1日1回まで確認ができ、アカウント登録とメルマガ購読をすると1日3回まで利用できます。

 

パワーランクチェックツールでドメインパワーはパワーランクという名称で表記されています。

 

そのほかにも、キーワードごとのドメインパワーなども調べることができ、初めて利用する人でも簡単に自社サイトのドメインパワーを、確認することができるツールです。

 

MOZ

 

moz

MOZ(モズ)は、米国企業が提供しており、認知度もあり信頼性が高いツールとして多くの人が利用しています。ページ自体は全文英語となっていますが、SEO用語が多く使われており、ある程度は推測しながら使うことができます。

 

無料アカウント登録によって利用することができ、ドメインパワーを表すDomain Authority(ドメインオーソリティー)や被リンク数などを確認できます。

 

Ubersuggest

 

UberSuggest(ウーバーサジェスト)も無料会員登録後、ドメインを検索窓に入力することでドメインパワーを調べることができるツールです。

 

特徴的なのが、キーワード調査機能が優れており、キーワードプランナーに基づいた統計データを得ることができます。さらに被リンク調査もおこなうことができます。

 

月額3000円〜の有料プランもあり、加入することでコンサルティングサービスなども利用できるようになります。

 

有料でチェックできるツール

 

次に有料ツールについて紹介します。

 

  • Ahrefs
  • Majestic
  • Rank Tracker
  • SEMrush

 

Ahrefs

 

ahrefs-SEO外部ツール

Ahrefs(エイチレフス)は世界的に利用されているSEOツールで、キーワードや被リンクなど膨大な量のデータを保有しています。そのデータを元に自社だけでなく競合サイトのキーワードや被リンクを調べることができます。

 

Google AnalyticsやSerach Console、Googleキーワードプランナーなどのツールでは分からない情報を得ることができます。ドメインパワーはUR(URLランク)という内容で調べることができます。

 

Majestic

 

majesticSEO

Majestic(マジェスティック)は、自社や競合サイトの被リンクを細かく解析できるSEOツールです。被リンク数や被リンク元のドメイン情報だけではなく、独自の指標に基づいた分析ができます。

 

ドメインパワーはTF(トラストフロー)という指標で確認できます。

 

Rank Tracker 

 

SEORANKTRACKER

Rank Tracker(ランクトラッカー)は、自社や競合のサイト情報を調べることができるSEOツールで、特にキーワード選定や競合他社の調査機能に定評があります。さらに順位チェック機能があり、毎日の順位変動をモニタリングできます。

 

SEMrush

 

semrush

SEMrush(セムラッシュ)はSEO対策に必要なキーワード調査、被リンク、競合調査、ランクトラッキングなどの機能が一通り揃っているツールです。SEO対策のみならず、広告やSNS運用にも活かせる機能もあるのでオールインワンツールともいえます。

 

ドメインパワーはAuthority Score(オーソリティスコア)という指標で確認できます。 

 

ドメインパワーを高める方法

 

ドメインパワーを高めるためには、良質なコンテンツを追加し、外部リンクを集めていくことが重要です。そうすることで徐々に検索エンジニアから評価されてドメインパワーが上がっていきます。

 

記事を追加する以外にもドメインパワーを高めるために必要な施策がありますので紹介します。主に有効な施策は以下の4つです。

 

  • 良質な被リンクを獲得する
  • サイトを定期的に更新する
  • 定期的にコンテンツを増やしていく
  • 運営期間を長くする

 

良質な被リンクを獲得する

 

被リンクとは自社のコンテンツのURLが外部サイトに設置されることです。参考になるページとして認められて、外部ページからリンクしてもらうことがあります。

 

被リンクは自分ではコントロールしづらい部分ですが、シェアされるようにユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツを作っていくことが大切です。

 

そのうえで、コンテンツがシェアされやすいようにページにシェアボタンを設置したり、SNSなどで露出を増やしていくなどに取り組んでください。

 

サイトを定期的に更新する

 

コンテンツの更新頻度もドメインパワーの向上において重要です。

 

コンテンツの情報が古くなっていないかどうか、その時のトレンドやユーザーニーズに合った記事かどうかを定期的に確認し、更新していきます。例えば週1回記事の更新をする、のように目標を決めて運用することもドメインパワーを上げるには効果的です。

 

定期的にコンテンツを増やしていく

 

ドメインパワーを上げるためには、新しいコンテンツを増やすことも有効です。しかし、ドメインパワーの評価を上げるために低品質な記事をむやみに追加していくことはSEOでペナルティ評価となります。あくまで、ユーザーの検索ニーズに応えることができる記事を作って追加します。

 

運営期間を長くする

 

サイトの運営歴が長くなるほど、SEOで高い評価を受ける傾向があります。しかし、ドメインが古ければ良いというわけではなく、コンテンツを定期的に更新したり、新しいものを追加しながら運用することでドメインパワーが高くなります。

 

まとめ

SEOコンサルタントドメインパワーが高いということは、SEO対策を実施するうえで大きなアドバンテージです。せっかく質の高い、良いコンテンツを作ってもドメインパワーが競合より低いと競合に負けてしまう可能性があります。ドメインパワーの強化には、質の高い、良いコンテンツを定期的に追加、更新していき、信頼できるサイトからの良質な被リンクを増やしていくという地道な取り組みが重要です。そのためには、コンテンツの企画や作成をして、PDCAを回して改善することができる体制構築が必要です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。