QDFとは?SEOとの関連性や活用するメリットを徹底解説!

QDFとは?

QDFとは、最新情報を優先的に検索エンジンで上位表示させる際にGoogleが採用しているアルゴリズムのことです。

 

自社のコンテンツにQDFを適用し、話題のキーワードに関するコンテンツを制作し他社のサイトよりも早く公開することで、大幅にアクセス数を増加させられます。

 

加えてQDFを活用してサイトを上位表示させられれば、多くのサイトから外部リンクを集められてSEO対策にもつながります。ただ、QDFに関する知識がなければ自身のサイトを上位表示させられないかもしれません。

 

SEOコンサルタント本記事でQDFの概要や活用するメリットを知ることで、自身が運営しているWebサイトを上位表示させやすくなり収入の増加につながります。

 

目次

QDFとは

QDFとは、Query Deserves Freshnessの略称であり、時事的な情報を求めている検索キーワードに対して最新情報を優先して上位表示させるGoogleのアルゴリズムのことです。

 

たとえば、著名人の名前を検索すると一番最初にWikipediaが表示される場合が多いですが、著名人が不祥事を起こしてしまった場合は不祥事の内容を記載したニュース記事が優先的に上位表示されます。

 

QDFがあることで最新情報をユーザーはいち早く獲得でき、サイト運営者は多くのアクセス数を獲得できます。

 

トレンドブログやニュースサイトなど時事的な内容を多くコンテンツとして取り上げているサイト運営者はQDFの仕組みを理解することで、効率的にアクセス数を得られます。

 

マット・カッツによるQDFについての回答


Googleのマット・カッツは2009年に次のように語っています。

Tom in Seattle asks: “‘Query deserves freshness.’ Fact or fiction?”

 

It’s a fact. Amit Singhal has talked about it in the New York Times that we believe there are some queries that deserve freshness. So, “QDF” was how he talked about it in the New York Times. And that is fact, not fiction.

QDFアルゴリズムは2007年に発明されました。マット・カッツがYouTubeで語っているように、QDFはランキング要素となっています。

 

QDFとSEOとの関係性

QDFを活用すれば多くのアクセス数の獲得や被リンクの獲得につながるため、検索エンジンの上位表示獲得を目標に施策を実施するSEO対策とQDFの共通点は多々あります。

 

ただ、時事的な情報や最新情報を集めたコンテンツ作りを実施したとしてもGoogleからよい評価を得られるわけではないため、ユーザーのニーズを満たしたコンテンツ作りをすることが大切です。

Googleトレンド

Googleトレンドを用いて時事性のあるキーワードを調査したうえで、コンテンツの質を高めていけばQDFを活用しつつSEO対策が実施できるため、ユーザーのニーズを満たした情報を提供できてGoogleからよい評価が得られます。

 

QDFを活用するメリット

QDFを活用するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • アクセス数を一時的に増やせる
  • パーソナライズド検索にコンテンツが表示されやすくなる
  • 外部リンクを集めやすくなる

 

アクセス数を一時的に増やせる

QDFを活用したコンテンツをいち早く制作することで、検索エンジンで上位表示されるため、アクセス数を一時的に増やして収入の増加や集客効果が得られます。

 

情報を検索したユーザーだけでなく、信頼性を兼ね備えた記事を執筆できれば、SNSで記事を見た多くのユーザーによって拡散されてよりアクセス数を増加できる可能性が高まります。

 

QDFを活用して質の高いコンテンツを制作することで、効率的にアクセス数を集めてください。

 

パーソナライズド検索にコンテンツが表示されやすくなる

QDFを活用したサイトの需要が低下したとしても、パーソナライズド検索でコンテンツが表示されやすくなります。

パーソナライズド検索とは、Googleで導入されている検索機能の1つで、ユーザーごとにカスタマイズされた検索結果を表示する機能のことです。

パーソナライズド検索機能を活用することで一度アクセスしたサイトやリンクが優先的に上位表示されるようになるため、制作したコンテンツにQDFが活用されなくなったとしても、一度アクセスしたユーザーからの再アクセスが狙えます。

QDFを活用して多くのユーザーからのアクセスを集めることで、再アクセスを狙ってください。

 

外部リンクを集めやすくなる

QDFを活用すればアクセス数と同時に外部リンクも集めやすくなるため、SEO対策にもつながります。

 

Googleは信頼性の高いサイトを優先的に上位表示させる仕組みになっているため、サイト運営者のなかには上位表示されている記事に高い信頼を置いている方も多く、参考サイトとして使用されることが増えて参考サイトとして多くの外部リンクを集められやすくなります。

 

QDFを活用した質の高いコンテンツ作りをすることで自身のサイトが上位表示されやすくなり、外部リンクが集めやすくなってSEO対策にもつながります。

 

QDFを意識したコンテンツ作りをするためのコツ

QDFを意識したコンテンツ作りをするためのコツとして、以下の3つを紹介します。

  • トレンドのキーワードを調べる
  • トレンドのキーワードをもとに得られた有益な情報をコンテンツに含める
  • QDFが適用されているサイトや競合数を調べる

 

トレンドのキーワードを調べる

QDFを活用したコンテンツ作りをする際は、GoogleトレンドやTwitterのトレンド機能を用いて旬なキーワードを調べることから始めてください。

QDFは旬な時事的なキーワードに関してのみ適用されるキーワードであるため、旬ではないキーワードのコンテンツを作成したところでQDF機能は適用されないため、入念に調査しておく必要があります。

こまめにトレンドのキーワードをチェックすることで、他のサイト運営者よりも早く質の高いコンテンツを作成して情報発信し、アクセス数の獲得に努めてください。

 

トレンドのキーワードをもとに得られた有益な情報をコンテンツに含める

トレンドのキーワードに関する情報をいち早く発信すれば必ずQDFが適用されるわけではなく、有益な情報をコンテンツに含めたうえで情報発信することが大切です。

 

QDFを適用したコンテンツを作成したいのであれば、ユーザーの検索ニーズを満たした情報発信をしなければいけません。

 

既に同じ時事的なサイトで情報発信されている場合には、自身の体験談や独自に調査したアンケート結果などを踏まえたうえでコンテンツを作成し、サイトのオリジナリティを高めることでQDFが適用されやすくなります。

 

QDFが適用されやすくなるために有益な情報を豊富にコンテンツへ含めたうえで情報発信をしてください。

 

QDFが適用されているサイトや競合数を調べる

トレンドのキーワードがすべてQDFが適用されるわけではないため、サイトで取り上げる予定のキーワードで検索してサイトや競合数を調べるべきです。

なぜなら、検索結果に表示されたサイトの更新日時が24時間以内になっているか否かでQDFが適用されるキーワードであるかを見分けられるからです。

もし、QDFを適用したキーワードでコンテンツ制作したとしても、競合サイトが多ければ自身のサイトを上位表示させにくくなるので、事前に競合数を調べる必要があります。

QDFが適用されているサイトや競合数を事前に調べることで、上位表示をさせやすいコンテンツを把握できるので、効率的にアクセス数を多く獲得できます。

 

QDFを意識したコンテンツ作りをする際の注意点

 

QDFを意識したコンテンツ作りをするためには、以下の2つに注意する必要があります。

 

  • 新しい情報でもSEO対策は必須
  • トレンドだけでは一時的な流入しかない
  • 構造化データの設定が重要

 

新しい情報でもSEO対策は必須

新しい情報をまとめたコンテンツを発信したとしても、SEO対策をしていなければ上位表示できないため、一時的なアクセスも稼げません。Googleは専門性、権威性、信頼性の3つをSEOの評価基準として公表しています。

 

専門性

専門性を高める方法として以下の4つが挙げられます。以下の4つを実践することがSEO対策につながるので、ぜひ実践してみてください。

 

  • 特定のテーマやジャンルに特化する
  • 専門知識の量を増やす
  • 編集ポリシーを開示する
  • 一次情報を伝える

 

特定のジャンルやテーマに特化する

運営サイトで扱うジャンルやテーマを統一させることで、検索エンジンやユーザーにサイトの方向性を明確に示すことができるため、専門性を高められます。

 

毎回ジャンルが異なるテーマを情報発信していた場合、どの分野に詳しいサイトなのかわからないので、SEO対策の効果を得られません。

運営サイトのジャンルやテーマに沿った情報発信を積極的におこない、SEO対策を実施してください。

 

専門知識の量を増やす

コンテンツの専門性を高めるためには、専門知識の量を増やさなければいけません。ただ、もともとの知識が乏しいジャンルを選ぶとサイトの専門性を高めるために時間がかかってしまいます。

あらかじめ専門知識を兼ね備えているテーマを選び、さらに高度な知識を蓄えていくことでスムーズに専門性を高めていきやすいです。どうしても専門知識が乏しい分野のサイトを運営したいのであれば、専門家の協力を仰ぐべきです。

 

編集ポリシーを開示する

編集ポリシーを開示することで、どのような情報発信をおこなっていて誰がどのような目的で運営しているサイトなのかが明確になります。

編集ポリシーとは、サイトの運営方針や目的などを記載するページのことです。医療系のサイトを医者が運営しているのであれば、編集ポリシーを公開することでサイト情報の説得力が増し、サイトの専門性が高いことを表せます。

 

一次情報を伝える

一次情報を伝えられることは、ジャンルやテーマに特化している証拠にもなるので大切です。一次情報とは、自身の体験や自身が調査したデータのことです。一次情報を伝えることで、競合サイトとの差別化にもつながります。

 

また、他者の一次情報を引用する際は公的機関や企業が公表している信ぴょう性のあるデータを使用しなければいけません。外部の情報を引用する際は必ず出典を明記して、どこのサイトから得た一次情報なのかを明確に示す必要があります。

 

権威性

運営サイトの権威性を高めるためには、以下の2つの方法を実践する必要があります。

 

  • 執筆者情報を明確に開示する
  • 権威のあるサイトから被リンクを獲得する
執筆者情報を明確に開示する

運営会社名や執筆者情報など誰がコンテンツを作成しているかを明確に示すことは、権威性の向上につながります。執筆者情報を明確に開示すれば、Webサイトを見て企業に興味を持ったユーザーが自社商品を購入してくれるかもしれません。

 

執筆者情報を掲載することは、自社のファンを獲得することにつながるので、メディアを運営している人物の情報を明確に開示したほうが良いです。

 

権威のあるサイトから被リンクを獲得する

厚生労働省や企業の公式サイトなど信頼性を兼ね備えたサイトから被リンクを獲得すると、評価が高いサイトからの支持を受けていると判断され、検索エンジンからの評価が高まります。

 

たとえば、法律に関するコンテンツを作成しているサイトが法律事務所が運営しているメディアからの被リンクを獲得すれば、権威性の向上につながります。

 

権威性のあるWebサイトから被リンクを獲得できるように、日々有益なコンテンツを作成することが大切です。

 

信頼性

信頼性のあるコンテンツを作成するためには、以下の2つを実施して信頼性を高めなければいけません。

 

  • Googleビジネスプロフィールへ登録をする
  • 常時SSL化にする
Googleビジネスプロフィールへ登録をする

googlemybusiness

Googleビジネスプロフィール(旧・Googleマイビジネス)へ企業情報を登録をすることで、Webサイト運営者の所在地や屋号などをGoogleに正確に伝えられるため、信頼性を獲得しやすくなります。

 

Googleビジネスプロフィールとは、検索結果のページやGoogleマップなどさまざまなGoogleのサービス上に企業情報を表示させて管理するための無料ツールです。

 

Googleビジネスプロフィールには、ユーザーが企業に対する口コミを投稿できるようになるため、良い評価を得られれば自社サイトの評価の向上にもつながります。自社サイトの信頼性を高めるためにはGoogleマイビジネスへの登録が欠かせません。

 

常時SSL化にする

常時SSL化にすることで、サイト情報やユーザー情報が外部からハッキングされにくくなるため、安心してユーザーが情報を得られます。SSL化とは、サイトを閲覧するユーザーと通信のやり取りを暗号化する仕組みのことです。

 

SSL化をすることで、サイトのURLが「http」から「https」に変更されます。Googleも、ユーザー保護の観点からSSL化を推奨しており「HTTPSを検索順位を決定させる際の判断指標にする 」と発表しています。

 

サイトの信頼性を高めるために常時SSL化を実施し、安心して閲覧できるサイト作りを心がけてください。

 

トレンドだけでは一時的な流入しかない

QDFを活用してトレンドのコンテンツを発信するだけでは一時的なアクセス数しか稼げず、継続的なアクセス数を稼ぐことはできません。なぜなら、人々が求めている時事的な情報は移り変わるのが早いからです。

 

構造化データの設定が重要

 

構造化データの実装をすることでGoogleはコンテンツをより正しく理解することができます。特に公開日情報はQDFと関係性が高い情報であり、Googleに正確に伝達するためには重要度が高い項目です。

 

QDFアルゴリズムで順位が急落したときの対処法

QDFアルゴリズムにより順位が下落した場合、または新規コンテンツをQDFを意識して作る場合には次のような対処法があります。

 

  • 既存のコンテンツを再検討する
  • コンテンツの発信を強化する
  • コンテンツの更新頻度を上げる
  • エバーグリーンコンテンツを検討する

 

既存のコンテンツを再検討する

過去に大量のアクセスがあったページがあれば、そのコンテンツの更新を優先してください。最新情報の掲載、新しい出典の掲載、引用の検討などを追加して、一新することでコンテンツの価値を高める必要があります。

 

コンテンツの発信を強化する

コンテンツのシェアやPR活動が直接SEOに関係することはありませんが、間接的なSEO効果は十分に見込めます。PRや広報活動の強化をすることでランキング改善を促進する可能性があるため、情報発信の強化に努めてください。

 

コンテンツの更新頻度を上げる

コンテンツの更新頻度により検索順位が上がることはありませんが、情報の更新性を上げることにより、特定のトピックについての情報発信が起きたときに僅かな更新頻度の差がWEB上に掲載される早さに影響することがあります。

 

エバーグリーンコンテンツを検討する

エバーグリーンコンテンツは長期間にわたって生き続けるコンテンツであり、情報の劣化を起こしません。深みのあるコンテンツを目指すことで情報の更新がなくても何年にもわたってサイトへのアクセスに寄与できます。

 

まとめ

SEOコンサルタントQDFを活用したコンテンツ作りを実施すれば、一時的に自社サイトを上位表示させることができ、多くのアクセス数の獲得につなげられます。ただ、最新情報を掲載しているだけのコンテンツを作成してもQDFの活用はできないため、QDFを活用するためには専門性、権威性、信頼性を兼ね備えたサイト作りを実施する必要があります。QDFを活用したコンテンツ作りを実施する際は、サイトのオリジナリティを高めたうえでいち早く情報発信することが大切です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら