コンテンツマーケティングのデータとは?戦略に役立つ活用方法を解説

コンテンツマーケティングのデータとは?

コンテンツマーケティングにおいては、ターゲットが求める情報を継続的に発信し、検索上位に表示させることで、ユーザー認知とコンバージョンを獲得することが重要です。

 

しかし、ただコンテンツを作るだけではユーザーニーズの把握や競合との差別化は難しいでしょう。

 

 

海外SEOコンサルタントそこで本記事では、コンテンツマーケティングを有利に進められるデータや、活用する上でのメリット・デメリットを解説していきます。

 

コンテンツマーケティングの強みはデータ活用にある 

 

メディアに掲載するコンテンツは、一見すると万人受けする内容の方が効果的にも思えますが、実際のところは自社のサービスによってニーズが満たせるユーザーを特定して、刺さるようなコンテンツ作りを意識するのが理想的です。

 

したがって、勘や経験則だけを頼りにするのではなく、コンバージョンや人気獲得に結びついている要素、あるいは不人気ページを洗い出して、最適な改善施策を講じるデータドリブンの運営が重要となります

 

一方、コンテンツマーケティングの強みはデータ活用にあるといっても過言ではなく、数値という明確な指標に基づいて調査と効果測定を繰り返していくことで、着実に収益向上や認知度の拡大に繋がるでしょう。

 

参考: 記事コンテンツの制作方法とは?成功させるために必要な5ステップ

 

コンテンツマーケティングでデータを活用するメリット

 

ここからは、コンテンツマーケティングにおけるデータ活用で得られるメリットを解説していきます。確実な成果を得るには重要なポイントであるため、しっかり押さえておきましょう。

 

ユーザーニーズを満たすコンテンツが作れる

 

マーケティングを成功させるためには、ユーザーが抱えている悩みや不満に対する解決策を提供する必要があります。的を射ていないコンテンツではむしろ企業のイメージを損なってしまうリスクも発生します。

 

一方、データを活用すれば、ユーザーニーズ把握が可能となり、サービスを購入する必要性をターゲットに訴求できる「刺さるコンテンツ」を作ることができるでしょう。

 

また、既にユーザーが自覚している顕在ニーズはもちろん、それまで考えるきっかけや強い理由がなかったことから、あまり表面化していなかった潜在ニーズの引き出しにも繋がるため、より多くの層にリーチして販路が拡大する期待も持てます。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

コンテンツの効果検証で費用対効果を高める

 

マーケティングにおいては費用対効果(ROI)も重要な指標の1つといえるでしょう。

 

せっかくコストを投じてコンテンツを作成しても、収益や顧客行動といった結果が伴っていなければ効率的な運営には繋がらず、逆に資金を浪費してしまうことになります。

 

しかし、データを活用して効果検証を行えば、集中的に投資を行うべき人気ページや、収益性の低い広告配信の判別が可能です。

 

たとえば、クリック数や滞在している度合いを色で可視化できる「ヒートマップ」を用いれば、企業の意図と実態の見えないユーザーの興味関心がマッチしているかの把握ができるため、新たなレイアウトやコンテンツの切り替えを講じて、コンバージョンを増やし、投資額に対する効果を高めることに繋がります。

 

コンテンツマーケティングでデータを活用するデメリット 

 

ここまではメリットを解説してきましたが、データを活用する上ではデメリットに関しても把握しておかなければなりません。ただデータを用いるだけでは効果的な運用には繋がらないため、是非参考にして下さい。

 

論理的で面白みのないコンテンツになりがち

 

データばかりに頼ったコンテンツは、洗練された情報や網羅性を備えた内容になる一方、論理的過ぎてユーザーが面白みを感じないコンテンツになりがちです。

 

たとえば、人気ページで用いられている手法を把握して他のページに流用するのは、基本動作である一方、工夫を凝らさずシステマチックに多用してしまうと全体的に特色のないサイトが出来上がってしまうでしょう。

 

そのため、データドリブンの運用は実践しつつも、「つい読み進めてしまうテキスト」や「思わずクリックしたくなるバナー広告」といった、ユーザーの感情に働きかける個性を持ったコンテンツ作りも心掛けて下さい

 

データ整備に時間がかかる

 

現在は多彩な分析ツールがリリースされており、無料提供されているものもあることから、多くの企業が積極的に利用しています。

 

具体的には、「ターゲットキーワードが月間でどの程度検索されているか」の判断ができるキーワードツール、そしてサイト訪問者の属性や流入経路、コンバージョン率等を把握できるGoogleアナリティクス等がメジャーなところでしょう。

 

一方、自社サイトの検索順位のチェックが可能なGRCもおすすめですが、デメリットとなるのは収集した膨大な量のデータを統合、そして整備するには一定の時間がかかるというポイントであり、手間を惜しんで大まかにまとめてしまうと、効果的な検証は困難となります。

 

また、Googleアナリティクスにおいてはリアルタイムレポート以外の更新頻度が24~48時間程度であることから、データをピックアップするタイミングについても気を配らなくてはなりません。

 

関連記事: Googleアナリティクスとは?導入手順・使い方・用語の意味まで

 

コンテンツマーケティングで活用できるデータ 

ここからは、市場調査と効果測定といったシーン毎に活用できるデータを解説します。

コンテンツマーケティングにおいては必要不可欠な要素であるため、しっかり押さえておきましょう。

 

コンテンツ作成の市場調査で活用できるデータ

 

コンテンツ作成時の市場調査で活用できるデータは以下の通りです。

 

検索ボリューム

 

検索ボリュームは、Google等の検索エンジンで指定したキーワードが月間で検索された回数を指します。

キーワード難易度

 

ターゲットキーワードで検索上位を獲得する難易度の指標であり、一見すると検索数の多さ=難易度が高いと思われがちですが、正しくは軸キーワード+複合キーワードの需要に比例しています。

 

具体的には、「コンテンツ 対策」「コンテンツSEO 委託」といった需要が高そうな組み合わせは他の競合サイトでも対策が講じられやすいため、検索上位を獲得することが難しくなるという仕組みです。

上位文字数

 

検索上位に表示されているページの平均文字数を指しています。

 

ちなみにSEO対策においては直接的な影響を与えませんが、検索上位ページは基本的にユーザーが求める情報を網羅しており、必然的に文字数が多い傾向です。

 

そのため、どの程度のボリュームが必要かどうかの判断に繋がるでしょう。

 

コンテンツの効果測定で活用できるデータ

 

次は効果測定時に活用できるデータを確認しておきましょう。

 

検索順位

 

検索順位は自社サイトに施した対策が実際に効果を発揮しているかが判断できる指標です。後述するクリック数は検索順位に比例するため、SEOでは最も重要な指標とされます。

クリック数

 

検索結果に表示されたスニペットがどれだけクリックされているかを表したデータとなります。

クリック率(CTR: Click Through Rate)

 

クリック率(CTR)は、広告等が表示された回数の中で、どの程度クリックされたかを表した割合です。

ページ滞在時間

 

ユーザーがどの程度自社サイトのページに滞在していたかが把握できる指標であり、ユーザーの興味度を計ることが可能です。

直帰率

 

ウェブサイトの最初に表示されるページのみを閲覧して離脱した割合を表しています。

よく似た指標の「離脱率」は、サイト訪問者が「どのページで」離脱したかの指標となるため、有効に使い分けて下さい。

CV(コンバージョン)

 

CV(コンバージョン)数とは、ユーザーがサービスの購入、資料請求、サブスクリプションの登録といった、運営者にとっての成果に繋がった数を示しています。

コンバージョン率(CVR: Conversion Rate)

 

CVR(コンバージョンレート)は、ユーザーがクリックしたうちのどの程度がコンバージョンに結びついたかを表す指標です。

 

関連記事: Webサイトの分析で見るべき指標とは?分析のポイントと注意点を解説

 

コンテンツマーケティングのデータ収集ツール(コンテンツ作成時) 

 

ここからは、コンテンツ作成時のデータ収集で活用できるツールを見ていきましょう。

競合調査や検索ボリュームのチェックにも役立つため、是非参考にして下さい。

 

Ahrefs(有料)

 

Ahrefs(エイチレフス)は被リンク調査に加えて、キーワードエクスプローラーを用いれば競合サイトが獲得しているキーワード難易度、そして検索ボリューム等の把握が可能です。

 

また、検索エンジンからの信頼度の指標となるドメインパワーも分析できるスペックを備えている一方、毎月最低でも1万円程度の費用が発生するため、予算にあわせて検討して下さい。

 

参考: Ahrefs公式ページ

Googleキーワードプランナー(無料)

 

Google気ワードプランナーはGoogleが提供している無料ツールであり、サイトURL、あるいはキーワードを入力するだけで、簡単に検索ボリュームや関連キーワードの調査が可能です。

 

また、広告が1クリックされた際の平均費用であるCPC(クリック単価)も算出できる機能も利便性が高いポイントといえるでしょう。

 

参考: Googleキーワードプランナー公式ページ

 

コンテンツマーケティングのデータ収集ツール(効果測定時) 

ここからは、コンテンツを運営する上での効果測定で活用できるツールを見ていきましょう。

 

Google Analytics(無料)

 

Google Analyticsは無料ツールでありながら、ページ滞在時間や直帰率、CVとCVR等が一目で分かる機能を備えており、オーガニック検索やSNSといった流入元の調査にも活かせるため、集客効率を高める対策にも役立つでしょう。

 

また、Google Analyticsを用いればクリックされた順番に広告が表示できることから、どの程度コンバージョンに寄与しているかの分析にも適しています。

 

参考: Google Analytics公式ページ

Google Search Console(無料) 

 

Google Search Consoleは、参照元ドメインやトラフィックの多いページが調査できることから、ユーザーに対するコンテンツの最適化に活用できるでしょう。

 

また、「検索パフォーマンス」という機能では、自社サイトが検索されたキーワード、表示回数、そしてクリック数とクリック率に関してもグラフでチェックが可能となり、初心者でも比較的簡単に利用できるツールです。

 

ちなみにGAと組み合わせることでより効率的なデータ収集に繋がるため、是非参考にして下さい。

 

参考: Google Search Console公式ページ

GRC(有料) 

 

GRCは指定したキーワードにおける日々の順位測定が可能となり、サイトのランキングまでが網羅できるツールです。

 

また、競合サイトの順位も分析できることから、大変利便性の高いツールである上に、ベーシックプランで毎月5,000円程度、上位プランでも約15,000円と安価なポイントも魅力といえるでしょう。

 

参考: GRC公式ページ

 

海外SEOコンサルタント【まとめ】認知度やコンバージョン数を高めるためには、ただ闇雲にコンテンツを配信するのではなく、データを通してユーザーの興味関心を把握し、ニーズにマッチした情報を提供しなくてはなりません。そして、そのためにはツールを用いてデータを活用するのが大変効果的であるため、本記事の内容を参考に、さっそく取り入れてみて下さい。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

海外SEOコンサルタント

海外SEOコンサルタント サファウェット パヴィーナ(suphawet paveena)

タイのアサンプションインターナショナル大学(BBA in Business Information Systems at Assumtion Internation University (Bangkok) 卒業後、英国大学院留学。英国のグリニッジ大学大学院国際ビジネス学科(MA in Internation Business Management at Greenwich University (London))卒業後、米国エクゾンモービル社タイ支局勤務。英語、タイ語、日本語のトリリンガル。海外SEOの実績多数。