東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2020年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

Googleキーワードプランナーの使い方

SEO対策でまず、重要なことは、どのキーワードでSEO対策をしていくかを決めることです。

そこで利用するのがGoogle adwordsのキーワードプランナーと言うツールです。

Google adwordsとは、Googleのリスティング広告を出稿するときに使うもので、GMAILアカウントを取得し、
https://ads.google.com/ こちらにアクセスすれば誰でも使えるようになります。

そしてキーワードプランナーは、Google検索の各キーワードの検索ボリュームがわかるツールです。これを使うことで、より的を絞った的確な対策を行うことが可能となるでしょう。

 

キーワードプランナー使用法

googleadwords

↑このログイン画面からGoogle adwordsにログインします。ログイン前に、Gmailのアカウントを取得しましょう。

 

↑ログインするとこの画面に行きます。そこで、”ツールと設定”から”プランニング”をクリックすると、”キーワードプランナー”が出てくるのでここをクリックします。

 

キーワードを見つける

↑“新しいキーワードを見つける”の欄に、対策ワードとその類似ワード等入れていきます。試しに”SEO対策”のキーワードを入れて見ましょう。

 

SEOキーワード結果

↑このように、”SEO対策”以外にGoogleの方で他の月間検索件数のあるワードを色々と出してくれます。GoogleAdwordsの広告を出稿していると上図のように細かい月間平均検索ボリュームが出てきますが、広告を出稿していない場合、ざっくりと1万~10万の検索件数、1~1000の検索件数としか表示されません。

 

SEOキーワード検索結果無料

無料バージョンでもザックリとはそのキーワードがビックワードかミドルワードかスモールワードかはわかります。

ワード検索する場合、何度か色々なワードで検索をかけましょう。検索結果に出てくるワード結果はその調べるワードごとに違ってきます。また、キーワードでの検索だけでなく、URLからも検索することができます。

 

 

ここにURLをいれると、このサイトに適しているキーワードをGoogleが表示してくれます。この機能で、逆にこのURLのサイトは、このキーワードで強く認識されているのだと逆に現在のサイト状況を認識することもできます。これらの機能を利用して、他社が気づかないニッチなワードやロングテールの複合ワードなども見つけていくといいです。

 

SEO対策のお申込みボタン

 

 

キーワード決定のポイント

キーワードを見るポイントは「検索ボリューム」「競合性」「関連性」「入札単価」になります。

検索ボリューム 一番大事な指標です。この検索ボリュームが多いキーワードがよくユーザーに検索されているキーワードなので、検索ボリュームが多いワードで上位表示に成功すればサイトへの流入が大幅に増えます。
競合性 この競合性が高いほど、自然検索の表示においても表示が難しくなるであろうと推測できます。
入札単価 Googleのリスティング広告を出稿するときの平均入札単価です。この値段が高ければ高いほど、1クリックの単価が高いのでそのキーワードが収益につながるワードで競合も多くなることが推測できます。

 

他にも、地域別・言語別・日本以外の海外諸国のGoogle検索結果も調べることができます。海外SEOを行う場合にも場所をアメリカに設定し、言語も日本語ではなくて、英語に変更して調査できます。

 

それ以外の機能にフィルタ機能があり、各項目を次のように指定すれば絞り込みも可能です。

  • キーワードテキスト
  • キーワードの除外の設定
  • アダルト向けキーワードの除外設定
  • プランのキーワードの除外設定
  • 月間平均検索ボリュームの確認
  • 競合性の確認
  • 広告インプレッション
  • Googleリスティング広告のページ上部掲載の入札単価(低額帯)
  • Googleリスティング広告のページ上部掲載の入札単価(高額帯)
  • オーガニック検索(SEO)のインプレッション シェア
  • オーガニック検索(SEO)の平均掲載順位

 

このように、条件を細かく設定して候補となるキーワードがたくさんある場合や広告を出稿した時の結果をもとにキーワードをチェックすることもできます。

 

最近対策サイトへの流入が少ないなと感じたら、一度、キーワードの見直しをしてみましょう。

 

格安SEO対策の東京SEOメーカー

検索数の多いキーワードから

Webサイト内の文章コンテンツを作成する際、「言い回しが数種類存在する言葉」の取り扱いについてみていきましょう。ケースごとに意味や使い道が明確に定められている単語ならば状況に合わせて選べばよいので迷うことはないでしょうが、どれも似たような意味で状況に当てはまる単語がいくつもある時、どれを使ったらいいのか迷う場合が考えられます。

まず思い浮かぶのが同義語あるいは類義語とされる単語でしょう。そのような時の基本的な選定基準として、検索ボリュームの多いものをメインと考え重要キーワードと決め、その他の言葉も不自然にならない程度にページ内で盛り込んでおくことで、SEO的には良い結果を生みやすい傾向にあります。ただし検索ボリュームが多く競合も多い言葉の場合、上位表示が厳しい場合もあります。状況に応じ判断しましょう。

注意点としては、似たような言葉でありながら示す意味が異なる言葉の存在に気を付けることです。例えば、「聞く」と「聴く」。聞くは、一般的に自然に聞こえてくる時に使い、聴くは音楽などを積極的に、もしくは周囲の物音を注意深く「聴く」というときに使います。似た意味ながら使い道が異なる言葉です。

他にも「趣旨(何か物事をやろうとするときの理由・目的など)」と「主旨(文章や考えなどの中心に位置する事柄など)」などが挙げられます。このような言葉を使う時にその意味を取り違えると、検索順位の上位表示はおろか、ユーザーに間違った情報を与えてしまうことにもなりかねません。迷ったらすぐ、辞典などで言葉の意味を調べる癖をつけましょう。

 

文章作成は質と同様に量も大事

検索サイトで結果表示上位を目指すために、コンテンツ作りで行うWebライティングで留意すべき点が多々あります。中でも、文章の「質」と「量」に気を配りながら進めていくのが大切です。

近年のSEO対策では一般的に「質さえ整っていれば、量は問題にならない」と言われています。ですが実際の検索結果で「上位を達成しているWebサイト」と、「上位表示できていないWebサイト」で比較した場合、必ずしもそうとも言えない実態が浮かび上がってきます。ある程度は文章量が必要だというのが実感です。

また良いコンテンツとしてよく言われる「ユーザーにとって役に立つコンテンツ」という表現ではありますが、この「役に立つ」ということがはっきりと定義されていないのが現実です。そのため同程度に質を確保されているコンテンツ間で、優劣の差が出てくるのは量しかないと言わざるを得ません。もちろん、内容のない言葉をだらだら記述している、いわゆる“中身のない文章”は論外です。

通常のWebサイトの画面領域ではメニューとコンテンツの二つに分類できます。この中でメニュー部分に各Webサイトで差が出てくることはほとんどありません。コンテンツ部分の質と量をいかに充実させられるかが重要です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る